Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
脱初心者!
経験は人狼力を向上させるのか?
~データから見るベテランの実力~
鳥海不二夫,稲葉通将
隆博澤大,輔大上片,祐孝田篠
ニコニコ学会βデータ研究会@NII
2015年04月12日
人工知能は
人に勝てるのか?
コンピュータvs人間の歴史
• 1997年チェス
– ディープブルーがチェスチャンピオンに勝利
• 2013年将棋
– コンピュータがプロ棋士に勝利
• 2015年テレビゲーム
– GoogleのDQNが多くのレトロゲームを自動学習
• 205...
コンピュータvs人間の歴史
• 2001年
– HAL9000の反乱
• 2004年
– SkyNetによる核戦争勃発
• 2005年
– ステルス戦闘機「F/A-37タロン」の暴走
• 2050年
– MATRIXによる人類支配
将棋の次は
人狼だ
完全情報
↓
不完全情報
人狼知能
プロジェクト
人狼知能プロジェクト
• 脱初心者!経験は人狼力を向上させるの
か?データから見るベテランの実力
• 人狼における能力者の戦闘力の推定
• 人狼でわかるコミュ力の正体
• 初音ミクに人狼をやらせてみた
恐ろしい夜がやってきました
• この村には,人間の姿に化けられる人喰い人
狼が潜んでいる
• 人狼は人間と同じ姿をしており,昼間には区
別がつかず,夜になると村人たちを一人ずつ
襲っていく
• 村人たちは疑心暗鬼になりながら,話し合い
によって...
人狼とは(1/3)
• 村人に隠れた人狼を見つけ出す
• 人間13人vs人狼3匹
• 勝利条件
– 村人陣営:人狼を全員処刑する
– 人狼陣営:村人陣営の数を人狼以下にする
• 与えられる情報
– 村人には自分の役のみ(誰が人狼であるかは不
明...
人狼とは(2/3)
• 誰が人狼かを一定時間の対話で推測
• 各ターンごとに以下の行動が可能
– 全体:人狼っぽいプレイヤー1人を投票により追放
– 人狼:毎晩一人村人を襲撃(ゲームから脱落)
• 村人:会話をヒントに人狼を追放
• 人狼:追放...
人狼とは(3/3)
• プレイヤー役職(能力)
– 村人:能力無し
– 占い師(予言者):毎ターン一人のプレイヤーが人狼
かどうか知ることが出来る
– 霊媒師(霊能者):前回追放したプレイヤーが人狼か
どうか知ることが出来る
– 狩人(ボディガ...
対面人狼・オンライン人狼
カード型人狼:パーティゲーム
• 一試合十数分程度
– 短い会話で嘘がつけるか
• 顔が見える環境での競争
– 相手の性格や反応を見る
• 狼同士の会話はジェスチャ
オンライン型人狼:言語ゲーム
• 一試合数日間
– ...
人狼ゲームのデータ分析
• 人狼知能実現に向けた課題の一つ
– 人狼とはどのようなゲームなのか?
– 人狼は運ゲーなのか?
• 人狼ゲームの解析
– 人狼BBSのデータを利用
– 統計的分析
人狼の学習可能性
経験とプレイの変化
人狼BBSの分析
• 15人によるゲーム限定
– 村人6,人狼3,共有者2,占い,狩人,霊媒,狂人各1
データ種類 値
総ゲーム数 4778回
総プレイヤ数 14,416人
平均ゲーム終了日数 8.4日
村人の勝率 59.5%
プレイ回数の分布
初心者
中級者
上級者
経験と勝利の関係
• 村人側と狼側で経験に差があるとどうなるか
– 村人側の平均プレイ回数:𝑃𝑣
– 人狼側の平均プレイ回数:𝑃𝑤
• 村人ベテラン率
– 𝑉𝑣 = 𝑃𝑣/𝑃𝑤
– 村人ベテラン率が高い→村人にベテランが多い
• 人狼ベテラン率...
人狼のベテラン率による勝率の変化
村人のベテラン率による勝率の変化
経験と勝率
• 経験が高いほど勝率は上昇する
– 人狼側でその傾向は顕著
人狼は運ゲーではない
※運ゲー:運によってのみ決まるゲーム.じゃんけんなど
経験は何をもたらすのか?
• 経験と生存率
• 経験と発話量
• 経験と語彙数
• 経験とプレイスキル
– 占い師のスキル
– 狩人のスキル
– 投票スキル
• 集団的知性としての人狼
経験と生存率
3,4日目の初心者
の死亡率が高い
初心者の追放率
• 初心者が追放される確率が高い
– 初心者の初日追放率:16%
– 初心者以外の初日追放率:11%
• 初心者は疑われやすい?
– ゲームになれていないため行動が変
– 発話が少ないなど・・・
• ゲームに慣れると追放されない...
経験は何をもたらすのか?
• 経験と生存率
• 経験と発話量
• 経験と語彙数
• 経験とプレイスキル
– 占い師のスキル
– 狩人のスキル
– 投票スキル
• 集団的知性としての人狼
経験と発話数
経験と語彙数
経験とコミュニケーション
• 3回目程度までは発話数語彙数ともに増加
– 3回くらいプレイすると慣れてくる?
• 比較的容易に対話の技術を習得可能
経験は何をもたらすのか?
• 経験と生存率
• 経験と発話量
• 経験と語彙数
• 経験とプレイスキル
– 占い師のスキル
– 狩人のスキル
– 投票スキル
• 集団的知性としての人狼
個人のスキルの向上
• 経験の増加→スキルの獲得?
– 占い師スキル
• 人狼を的中させる確率
– 護衛スキル
• 護衛を成功させる確率
– 投票スキル
• 人狼へ投票する確率
人狼占い率
• 経験による有意差無し
護衛成功率
• 初心者と上級者の間で有意差あり(1%水準)
– 護衛は経験とともにスキルが向上する
人狼への投票率
• 初心者と中・上級者の間で有意差あり(1%水準)
– 若干ながら人狼を当てる能力は向上(1.2ポイント)
経験は何をもたらすのか?
• 経験と生存率
• 経験と発話量
• 経験と語彙数
• 経験とプレイスキル
– 占い師のスキル
– 狩人のスキル
– 投票スキル
• 集団的知性としての人狼
集団的知性の効果
• 人狼は集団によるチームプレイ
– 上級者による議論の誘導
• 嘘は一人が見破れればよい
– 集団のスキルに注目
• 集団としての経験
– 平均プレイ回数1~2:初心者集団
– 平均プレイ回数3~9:中級者集団
– 平均プレ...
人狼占い率
• 集団の経験による有意差無し
人狼への投票率
• 初心集団と中・上級集団の間で有意差あり(1%水準)
– 人狼を当てる能力は向上(27%->29.7%->31.8%)
集団的知性
• 人狼を見破る確率
– 上級者集団・中級者集団>初心者集団
– 経験豊富な集団は嘘を見破りやすくなる
• 話し合いの成果
– 議論によって正解に近づく可能性
– 人狼の邪魔も上級者の知識には勝てない?
個人の経験よりも集団の経験
結論
• 人狼は経験によってスキルが上達
– プレイ回数が勝率に寄与する
• 経験は数回のプレイで十分に上昇
– ゲーム構造を理解することが容易
– 発話数・語彙数などが上昇
• 上級者集団は高いスキルを持つ
– 人狼発見率が上昇
今後の方針
• より詳細なデータ分析
– 人狼における一般戦略の発見
– 戦略の進化
– 人狼用語の発展
• エージェントによる学習と戦略
– 高々4000ゲームでは全状態は網羅不可
– 学習による最適戦略の発見
人狼知能プロジェクトへの招待
• 学習用のデータの配布
– 人狼BBSでプレーされた4778ゲームのデータ
• エージェント作成チュートリアル
– 2015年6月27日@大阪府立大学i-Siteなんば
– 2015年7月4日@国立情報学研究所
...
詳細情報はこちら
http://aiwolf.org/
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

脱初心者! 経験は人狼力を向上させるのか? ~データから見るベテランの実力~

19,756 views

Published on

人狼知能におけるデータ分析
人狼BBSから経験が人狼のプレイに与える影響を分析した.

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

脱初心者! 経験は人狼力を向上させるのか? ~データから見るベテランの実力~

  1. 1. 脱初心者! 経験は人狼力を向上させるのか? ~データから見るベテランの実力~ 鳥海不二夫,稲葉通将 隆博澤大,輔大上片,祐孝田篠 ニコニコ学会βデータ研究会@NII 2015年04月12日
  2. 2. 人工知能は 人に勝てるのか?
  3. 3. コンピュータvs人間の歴史 • 1997年チェス – ディープブルーがチェスチャンピオンに勝利 • 2013年将棋 – コンピュータがプロ棋士に勝利 • 2015年テレビゲーム – GoogleのDQNが多くのレトロゲームを自動学習 • 2050年サッカー – ロボットによるチームが ワールドカップ優勝チームに勝利(予定)
  4. 4. コンピュータvs人間の歴史 • 2001年 – HAL9000の反乱 • 2004年 – SkyNetによる核戦争勃発 • 2005年 – ステルス戦闘機「F/A-37タロン」の暴走 • 2050年 – MATRIXによる人類支配
  5. 5. 将棋の次は 人狼だ
  6. 6. 完全情報 ↓ 不完全情報
  7. 7. 人狼知能 プロジェクト
  8. 8. 人狼知能プロジェクト • 脱初心者!経験は人狼力を向上させるの か?データから見るベテランの実力 • 人狼における能力者の戦闘力の推定 • 人狼でわかるコミュ力の正体 • 初音ミクに人狼をやらせてみた
  9. 9. 恐ろしい夜がやってきました • この村には,人間の姿に化けられる人喰い人 狼が潜んでいる • 人狼は人間と同じ姿をしており,昼間には区 別がつかず,夜になると村人たちを一人ずつ 襲っていく • 村人たちは疑心暗鬼になりながら,話し合い によって人狼と思われる人物を1人ずつ処刑 していくことにした・・・ 「汝は人狼なりや」カバーストーリー
  10. 10. 人狼とは(1/3) • 村人に隠れた人狼を見つけ出す • 人間13人vs人狼3匹 • 勝利条件 – 村人陣営:人狼を全員処刑する – 人狼陣営:村人陣営の数を人狼以下にする • 与えられる情報 – 村人には自分の役のみ(誰が人狼であるかは不 明) – 人狼陣営には誰が人狼の情報 10
  11. 11. 人狼とは(2/3) • 誰が人狼かを一定時間の対話で推測 • 各ターンごとに以下の行動が可能 – 全体:人狼っぽいプレイヤー1人を投票により追放 – 人狼:毎晩一人村人を襲撃(ゲームから脱落) • 村人:会話をヒントに人狼を追放 • 人狼:追放されないように村人 のフリをする
  12. 12. 人狼とは(3/3) • プレイヤー役職(能力) – 村人:能力無し – 占い師(予言者):毎ターン一人のプレイヤーが人狼 かどうか知ることが出来る – 霊媒師(霊能者):前回追放したプレイヤーが人狼か どうか知ることが出来る – 狩人(ボディガード):毎ターン一人を人狼の襲撃から 守る – 共有者:お互いが共有者であることを知っているペア – 人狼:毎ターン誰かを襲撃できる – 狂人:能力は無いが,人狼陣営に所属 • 能力を駆使して所属する陣営を勝利させる 12
  13. 13. 対面人狼・オンライン人狼 カード型人狼:パーティゲーム • 一試合十数分程度 – 短い会話で嘘がつけるか • 顔が見える環境での競争 – 相手の性格や反応を見る • 狼同士の会話はジェスチャ オンライン型人狼:言語ゲーム • 一試合数日間 – 熟慮した発言が可能 • キャラクターによる匿名化 – 性別や見た目の影響排除 • 狼同士の会話を平衡で行う – コミュニケーションミスの排除
  14. 14. 人狼ゲームのデータ分析 • 人狼知能実現に向けた課題の一つ – 人狼とはどのようなゲームなのか? – 人狼は運ゲーなのか? • 人狼ゲームの解析 – 人狼BBSのデータを利用 – 統計的分析 人狼の学習可能性 経験とプレイの変化
  15. 15. 人狼BBSの分析 • 15人によるゲーム限定 – 村人6,人狼3,共有者2,占い,狩人,霊媒,狂人各1 データ種類 値 総ゲーム数 4778回 総プレイヤ数 14,416人 平均ゲーム終了日数 8.4日 村人の勝率 59.5%
  16. 16. プレイ回数の分布 初心者 中級者 上級者
  17. 17. 経験と勝利の関係 • 村人側と狼側で経験に差があるとどうなるか – 村人側の平均プレイ回数:𝑃𝑣 – 人狼側の平均プレイ回数:𝑃𝑤 • 村人ベテラン率 – 𝑉𝑣 = 𝑃𝑣/𝑃𝑤 – 村人ベテラン率が高い→村人にベテランが多い • 人狼ベテラン率 – 𝑉𝑤 = 𝑃𝑤/𝑃𝑣 – 人狼ベテラン率が高い→人狼にベテランが多い
  18. 18. 人狼のベテラン率による勝率の変化
  19. 19. 村人のベテラン率による勝率の変化
  20. 20. 経験と勝率 • 経験が高いほど勝率は上昇する – 人狼側でその傾向は顕著 人狼は運ゲーではない ※運ゲー:運によってのみ決まるゲーム.じゃんけんなど
  21. 21. 経験は何をもたらすのか? • 経験と生存率 • 経験と発話量 • 経験と語彙数 • 経験とプレイスキル – 占い師のスキル – 狩人のスキル – 投票スキル • 集団的知性としての人狼
  22. 22. 経験と生存率 3,4日目の初心者 の死亡率が高い
  23. 23. 初心者の追放率 • 初心者が追放される確率が高い – 初心者の初日追放率:16% – 初心者以外の初日追放率:11% • 初心者は疑われやすい? – ゲームになれていないため行動が変 – 発話が少ないなど・・・ • ゲームに慣れると追放されないか? – プレイ回数と生存日数の相関は0.021 – 初心者は死にやすいが,それ以降は変化無し
  24. 24. 経験は何をもたらすのか? • 経験と生存率 • 経験と発話量 • 経験と語彙数 • 経験とプレイスキル – 占い師のスキル – 狩人のスキル – 投票スキル • 集団的知性としての人狼
  25. 25. 経験と発話数
  26. 26. 経験と語彙数
  27. 27. 経験とコミュニケーション • 3回目程度までは発話数語彙数ともに増加 – 3回くらいプレイすると慣れてくる? • 比較的容易に対話の技術を習得可能
  28. 28. 経験は何をもたらすのか? • 経験と生存率 • 経験と発話量 • 経験と語彙数 • 経験とプレイスキル – 占い師のスキル – 狩人のスキル – 投票スキル • 集団的知性としての人狼
  29. 29. 個人のスキルの向上 • 経験の増加→スキルの獲得? – 占い師スキル • 人狼を的中させる確率 – 護衛スキル • 護衛を成功させる確率 – 投票スキル • 人狼へ投票する確率
  30. 30. 人狼占い率 • 経験による有意差無し
  31. 31. 護衛成功率 • 初心者と上級者の間で有意差あり(1%水準) – 護衛は経験とともにスキルが向上する
  32. 32. 人狼への投票率 • 初心者と中・上級者の間で有意差あり(1%水準) – 若干ながら人狼を当てる能力は向上(1.2ポイント)
  33. 33. 経験は何をもたらすのか? • 経験と生存率 • 経験と発話量 • 経験と語彙数 • 経験とプレイスキル – 占い師のスキル – 狩人のスキル – 投票スキル • 集団的知性としての人狼
  34. 34. 集団的知性の効果 • 人狼は集団によるチームプレイ – 上級者による議論の誘導 • 嘘は一人が見破れればよい – 集団のスキルに注目 • 集団としての経験 – 平均プレイ回数1~2:初心者集団 – 平均プレイ回数3~9:中級者集団 – 平均プレイ回数10~:上級者集団
  35. 35. 人狼占い率 • 集団の経験による有意差無し
  36. 36. 人狼への投票率 • 初心集団と中・上級集団の間で有意差あり(1%水準) – 人狼を当てる能力は向上(27%->29.7%->31.8%)
  37. 37. 集団的知性 • 人狼を見破る確率 – 上級者集団・中級者集団>初心者集団 – 経験豊富な集団は嘘を見破りやすくなる • 話し合いの成果 – 議論によって正解に近づく可能性 – 人狼の邪魔も上級者の知識には勝てない? 個人の経験よりも集団の経験
  38. 38. 結論 • 人狼は経験によってスキルが上達 – プレイ回数が勝率に寄与する • 経験は数回のプレイで十分に上昇 – ゲーム構造を理解することが容易 – 発話数・語彙数などが上昇 • 上級者集団は高いスキルを持つ – 人狼発見率が上昇
  39. 39. 今後の方針 • より詳細なデータ分析 – 人狼における一般戦略の発見 – 戦略の進化 – 人狼用語の発展 • エージェントによる学習と戦略 – 高々4000ゲームでは全状態は網羅不可 – 学習による最適戦略の発見
  40. 40. 人狼知能プロジェクトへの招待 • 学習用のデータの配布 – 人狼BBSでプレーされた4778ゲームのデータ • エージェント作成チュートリアル – 2015年6月27日@大阪府立大学i-Siteなんば – 2015年7月4日@国立情報学研究所 • 2015年度夏・人狼知能大会 参加者募集中
  41. 41. 詳細情報はこちら http://aiwolf.org/

×