SlideShare a Scribd company logo
1 of 33
Voicepic – Project Manager


Manabu Shimobe
 @Manabu_GT



                             http://voicepic.me
簡単に自己紹介




             下邊 学 → しもべ まなぶ

                   ※“しもなべ”ではありません!!


  • 2009年5月にジョージア工科大学を卒業
  • 2009年に新卒で日本マイクロソフトにエンジニアとして入社
  • 2010年7月にUIEvolution K.K.に転職、現在に至る
  • Voicepicではサービスの企画、プロジェクト全体のマネジメント、
   サーバーサイド以外の開発全般を担当(主にiOS、Flash)




                                         2
Agenda-1




  1. Voicepicの簡単な紹介
  2. システム構成
  3. 開発体制&開発ワークフロー
  4. Crashlyticsなど、クライアントで使っている外
     部サービスやライブラリの紹介




                                   3
Agenda-2



   5. 開発において苦労した点
      1. 他SNSサイトでのVoicepicの見え方
           1. Facebook – OGP Custom Action and Object
           2. Twitter – Twitter Player Card
      2. 2重アップロード問題
   6. ブラッシュアップ、PV作成の際のエピソード、海外
      のサイトへのレビュー依頼の話など
   7. Q&A


                                                        4
Voicepic




           写真+音声=

            写真と音声を撮る(録る)




             共有する        送る




               ※対応したい   ※準備中



                               5
とりあえず見せます




    シンプルでわかりやすいUXデザイン
    サーバ、アプリで最適化された快適なパフォーマンス

                                6
システム構成


                                                                                                  (DNS) – Route53
                     CloudFront



                                                                                (Load Balancer) - ELB


    (Storage)
        S3                                                                                        (Front)
                                                         ……..                                       EC2
                                                                                                  Nginx, Node
                     ----------------------------------------------------------------------------------

  Parse.com
Push Notifications
                                      Cache                                                      RDS - MySQL

                         ElastiCache Node


                                                                                                                    7
開発体制(ピーク時)




  • PM
     • 1名(自分)
  • iOS
     • 2名(自分+1名)
  • Website
     • 1名
  • Server
     • 1名
  • Design
     • 1名          合計5人!

                           8
開発ワークフロー
                                                                        For iOS



                                               Build
                      Git push                 & run unit test          Distribute
                         &

                  Pull request
                  for code review          Test Result

   Developer/Designer
                                                                 Jenkins CI
             Assign
                                    Complete/Reject                  Deploy




  Project Management Tool

                                                                                     9
使用しているライブラリなど

        Crasylytics – リアルタイムバグトラッキング




                                       10
使用しているライブラリなど

          iRate – レビュー依頼のダイアログを表示してくれる




                   評価の数は
                   ソーシャルプルーフ
                   として
                   サイト上に表示




                                     ウェブサイト
         表示のタイミングをカスタマイズ可能
Voicepicだと20回以上コンテンツを再生すると表示される

                                              11
使用しているライブラリなど

            JSONKit – 高速なJsonParser




                                      12
使用しているライブラリなど


  • ASIHttpRequest – 通信系
     • 2011/5以降、更新が止まっている
     • ARC非対応
     • なので、今ならAFNetworking等を使うことを検討すべし
  • EGOTableViewPullRefresh – よくある引っ張って更新を実現
     • iOS6だと標準でUIRefreshControl使って実現可能
  • SVProgressHUD – 読み込み中表示




                                               13
Voicepic on Facebook

                       Facebookでの表示




                                      モバイルアプリ
                 Web
                                                14
Custom Action and Custom Object - 1


                                      • 申請前に一度投稿する必要あり
                                        • アクションの詳細手順が必要




                                                          15
Custom Action and Custom Object - 2




                                      16
Voicepic on Twitter




                           モバイルTwitter公式アプリ
      PC – Twitterウェブサイト

                                              17
Twitter Player Card


    •   Twitter指定のMetaタグをHTMLページに埋め込む。
    •   実際に使うにはTwitterのApproveが必要
    •   Photo Cardに比べ、Player Cardは審査に通りにくい
    •   Voicepicの場合、色々ありSubmitからApproveまで約2ヶ月弱かかった




                              実際にサイトで使われているもの
                              をお見せします。




                                                     18
2重アップロード問題




                 画像+音声アップロード




             ×             保存成功

     アプリ                          サーバー




     •   アプリ側は失敗と判定し、失敗ダイアログを表示する
     •   ユーザーは失敗したと認識するので、投稿をリトライする
     •   同じコンテンツが再びサーバーにアップロードされる
     •   投稿一覧を見ると同じ投稿が2個表示されてしまう


                                         19
解決策
                          画像、音声のバイト列からMD5
                          チェックサムを生成し、サーバーに送付




            画像+音声アップロード




            ×             保存成功
                                 サーバー
      アプリ

            Memcacheにユーザーの過去30分の投稿のチェックサムを保存。
            既に同一のがある場合は新規にレコードを作成せずに上書きする




                                                20
ログイン率問題

           Facebookログインのみ&認証ダイアログが2枚のとき
           →半分以上の人がログインしてくれず 。゚(゚´Д`゚)゚。




   1.ログイン画面                 2.認証ダイアログ1枚目   3.認証ダイアログ2枚目
Facebookのみという時点であきらめる人も
メールやレビューでFacebook以外のオプション            ここで離脱する率 → 52%
を追加して欲しいというリクエストが届く              半分以上の人がログインしてくれない        21
ログイン率問題-改善1


         ログインしなくてもコンテンツを体験でき、
         どんなサービスなのか理解できるように




                                22
ログイン率問題-改善2




  Twitter, Emailでのログインにも対応   リクエストするPermissionは最低限に!
  ユーザーのログイン方法の割合
                               離脱率が約35%に低下。
       Facebook – 43%
                                 (約15%の改善)
         Email – 33%
        Twitter – 24%                                  23
PVの話
       まずは見てください




                   24
PVの話



  • PathっぽいPVを作ってみたいというデザイナの発言から
       始まり、自分も乗り気にw
  • Mashup Awardで○回優勝しないと回収できない制作費


                         ○百万円だと?
                        来年は個人で出場
                        して回収してこい
                           By 社長




                                     25
PVの話




  • 外国人子役タレント、母親役のオーディションにも参加
       • 5、6人の候補から面接で決定
       • 日本人より1.5~2倍のギャラ
  • ビデオの中の英語はNativeの友人にも相談して決定
  • 喋りは制作会社に頼むと高いので、職場の同僚が
       通っている英会話スクールの先生達にお願いした




                                 26
海外のメディアで取り上げられるには?


                                Voicepicの掲載実績

  • AppAdvice
  http://appadvice.com/appnn/tag/voicepic
  “Instagram with Sound”

  • GeekWire
  http://www.geekwire.com/2012/add-audio-favorite-photos-voicepic-app/

  • Mashable
  http://mashable.com/2012/06/13/kid-friendly-road-trip-apps/?sf4657559=1&replytocom=18192655

  • Tech in Asia
  http://www.techinasia.com/voicepic-iphone-app/

  •   Theiphoneappreviewとか

              載った日にはダウンロード数が100以上増えた!
              流入効果は一日程度。



                                                                                           27
どうやったか?




     • レビューサイトが用意しているレビュー依頼用の
       フォームからコンタクト

     • 記者や特定のレビューアーに直接コンタクト



          全部で10人くらいに送りました




                                28
ちょっとしたアドバイスなど-1




• 間違った英語を書いて送るくらいなら、gengo.comに
 依頼して翻訳してもらおう
• 記者に直接送る場合は、その人が過去にどんなジャンルの
 アプリの記事を書いているかなど確認しよう
• 明確な理由がないならHTMLでなくテキストメールにしよう
• 本文にまだ公になっていない今後の展開についてとかを
 記載しとくとプラス




                                 29
ちょっとしたアドバイスなど-2



• AppStoreでFeaturedされたとか、賞をとったとかは
 アピール材料になる
• 記者がアプリをダウンロードしなくてもアプリの魅力を
 伝えられる動画のリンクを含めよう(操作ビデオとか)
• 記事に使えそうなアセット類(ロゴ、スクリーンショット)は
 zipにでもまとめてそれのリンクも含めよう
• 最初の1、2センテンスでアプリの概要を伝えよう
• 何が面白い・ユニークなのか、なぜユーザーはこのアプリを
 使おうと思うのかなど、簡潔にポイントを書く


                                    30
ちょっとしたアドバイスなど-3




    当たり前だけど、絶対にやってはいけないこと

  • 同じ内容のものを繰り返し送る

  • 単にコピペしたものをそのまま別の記者に送る

  • メールの先頭で記者の名前をスペルミス

  • AppStoreのリンクを記載しない(記者はわざわざ検索してくれない)




                                          31
ちょっとしたアドバイスなど-4




 日本在住の記者

  • Serkan Toto (TechCrunch)
  • Rick Martin (Tech in Asia, The Japan Times)


 アジア/日本のスタートアップに興味があるTechCrunchの記者

  •   John Biggs (US)
  •   Kim Mai Cutler (US)
  •   Victoria Ho (Asia)
  •   Catherine Shu (Asia)




                                                  32
“音で彩る、特別な一枚を”




                33

More Related Content

What's hot

Redmineサーバ統合事例
Redmineサーバ統合事例Redmineサーバ統合事例
Redmineサーバ統合事例Yuuki Nara
 
【B 5】x pages extension library じゃぱ〜〜ん!コミュニティ動向2014ば〜〜ん!
【B 5】x pages extension library じゃぱ〜〜ん!コミュニティ動向2014ば〜〜ん!【B 5】x pages extension library じゃぱ〜〜ん!コミュニティ動向2014ば〜〜ん!
【B 5】x pages extension library じゃぱ〜〜ん!コミュニティ動向2014ば〜〜ん!Masahiko Sato
 
ゲームサーバ開発現場の考え方
ゲームサーバ開発現場の考え方ゲームサーバ開発現場の考え方
ゲームサーバ開発現場の考え方Daisaku Mochizuki
 
エンジニアという職業について
エンジニアという職業についてエンジニアという職業について
エンジニアという職業についてHisatoshi Kikumoto
 
Spring Day 2016 springの現在過去未来
Spring Day 2016 springの現在過去未来Spring Day 2016 springの現在過去未来
Spring Day 2016 springの現在過去未来Yuichi Hasegawa
 
楽しいゲーム開発管理
楽しいゲーム開発管理楽しいゲーム開発管理
楽しいゲーム開発管理Maki Koiwa
 
自宅で出来る!ゲームサーバの作り方
自宅で出来る!ゲームサーバの作り方自宅で出来る!ゲームサーバの作り方
自宅で出来る!ゲームサーバの作り方光晶 上原
 
2015年GMOペパボ新卒エンジニア研修 Webオペレーション研修イントロダクション
2015年GMOペパボ新卒エンジニア研修 Webオペレーション研修イントロダクション2015年GMOペパボ新卒エンジニア研修 Webオペレーション研修イントロダクション
2015年GMOペパボ新卒エンジニア研修 Webオペレーション研修イントロダクションTakahiro Okumura
 
Redmine本家コピー+投票サイト作成(Python-Redmine利用事例)
Redmine本家コピー+投票サイト作成(Python-Redmine利用事例)Redmine本家コピー+投票サイト作成(Python-Redmine利用事例)
Redmine本家コピー+投票サイト作成(Python-Redmine利用事例)Yuuki Nara
 
Dev camp2012jpn day2special
Dev camp2012jpn day2specialDev camp2012jpn day2special
Dev camp2012jpn day2specialKatsuhito Katoh
 
Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...
Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...
Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...Developer Camp 2012 Japan Fall
 
技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割Toru Yamaguchi
 
CrystalFantasiaを支えきった技術と技術だけではどうにもならなかった話
CrystalFantasiaを支えきった技術と技術だけではどうにもならなかった話CrystalFantasiaを支えきった技術と技術だけではどうにもならなかった話
CrystalFantasiaを支えきった技術と技術だけではどうにもならなかった話Keisuke Utsumi
 
Firefox OSアーキテクチャクイックツアー - FxOSコードリーディングミートアップ#21向け追記版
Firefox OSアーキテクチャクイックツアー - FxOSコードリーディングミートアップ#21向け追記版Firefox OSアーキテクチャクイックツアー - FxOSコードリーディングミートアップ#21向け追記版
Firefox OSアーキテクチャクイックツアー - FxOSコードリーディングミートアップ#21向け追記版Masami Yabushita
 
Lineにおけるspring frameworkの活用
Lineにおけるspring frameworkの活用Lineにおけるspring frameworkの活用
Lineにおけるspring frameworkの活用Tokuhiro Matsuno
 
XPagesDay2013 【B-4】 Dojo 徹底解剖! ~ XPages で Dojo を有効活用するには ~
XPagesDay2013 【B-4】 Dojo 徹底解剖! ~ XPages で Dojo を有効活用するには ~XPagesDay2013 【B-4】 Dojo 徹底解剖! ~ XPages で Dojo を有効活用するには ~
XPagesDay2013 【B-4】 Dojo 徹底解剖! ~ XPages で Dojo を有効活用するには ~Atsushi Ono
 
ゲームインフラコンテナ実践導入
ゲームインフラコンテナ実践導入ゲームインフラコンテナ実践導入
ゲームインフラコンテナ実践導入Hiroki Tamiya
 
Rails on Dockerとの戦い
Rails on Dockerとの戦いRails on Dockerとの戦い
Rails on Dockerとの戦いYasutomo Uemori
 
2014年を振り返る 今年の技術トレンドとDockerについて
2014年を振り返る 今年の技術トレンドとDockerについて2014年を振り返る 今年の技術トレンドとDockerについて
2014年を振り返る 今年の技術トレンドとDockerについてMasahito Zembutsu
 
2015/11/15 Javaでwebアプリケーション入門
2015/11/15 Javaでwebアプリケーション入門2015/11/15 Javaでwebアプリケーション入門
2015/11/15 Javaでwebアプリケーション入門Asami Abe
 

What's hot (20)

Redmineサーバ統合事例
Redmineサーバ統合事例Redmineサーバ統合事例
Redmineサーバ統合事例
 
【B 5】x pages extension library じゃぱ〜〜ん!コミュニティ動向2014ば〜〜ん!
【B 5】x pages extension library じゃぱ〜〜ん!コミュニティ動向2014ば〜〜ん!【B 5】x pages extension library じゃぱ〜〜ん!コミュニティ動向2014ば〜〜ん!
【B 5】x pages extension library じゃぱ〜〜ん!コミュニティ動向2014ば〜〜ん!
 
ゲームサーバ開発現場の考え方
ゲームサーバ開発現場の考え方ゲームサーバ開発現場の考え方
ゲームサーバ開発現場の考え方
 
エンジニアという職業について
エンジニアという職業についてエンジニアという職業について
エンジニアという職業について
 
Spring Day 2016 springの現在過去未来
Spring Day 2016 springの現在過去未来Spring Day 2016 springの現在過去未来
Spring Day 2016 springの現在過去未来
 
楽しいゲーム開発管理
楽しいゲーム開発管理楽しいゲーム開発管理
楽しいゲーム開発管理
 
自宅で出来る!ゲームサーバの作り方
自宅で出来る!ゲームサーバの作り方自宅で出来る!ゲームサーバの作り方
自宅で出来る!ゲームサーバの作り方
 
2015年GMOペパボ新卒エンジニア研修 Webオペレーション研修イントロダクション
2015年GMOペパボ新卒エンジニア研修 Webオペレーション研修イントロダクション2015年GMOペパボ新卒エンジニア研修 Webオペレーション研修イントロダクション
2015年GMOペパボ新卒エンジニア研修 Webオペレーション研修イントロダクション
 
Redmine本家コピー+投票サイト作成(Python-Redmine利用事例)
Redmine本家コピー+投票サイト作成(Python-Redmine利用事例)Redmine本家コピー+投票サイト作成(Python-Redmine利用事例)
Redmine本家コピー+投票サイト作成(Python-Redmine利用事例)
 
Dev camp2012jpn day2special
Dev camp2012jpn day2specialDev camp2012jpn day2special
Dev camp2012jpn day2special
 
Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...
Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...
Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...
 
技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割
 
CrystalFantasiaを支えきった技術と技術だけではどうにもならなかった話
CrystalFantasiaを支えきった技術と技術だけではどうにもならなかった話CrystalFantasiaを支えきった技術と技術だけではどうにもならなかった話
CrystalFantasiaを支えきった技術と技術だけではどうにもならなかった話
 
Firefox OSアーキテクチャクイックツアー - FxOSコードリーディングミートアップ#21向け追記版
Firefox OSアーキテクチャクイックツアー - FxOSコードリーディングミートアップ#21向け追記版Firefox OSアーキテクチャクイックツアー - FxOSコードリーディングミートアップ#21向け追記版
Firefox OSアーキテクチャクイックツアー - FxOSコードリーディングミートアップ#21向け追記版
 
Lineにおけるspring frameworkの活用
Lineにおけるspring frameworkの活用Lineにおけるspring frameworkの活用
Lineにおけるspring frameworkの活用
 
XPagesDay2013 【B-4】 Dojo 徹底解剖! ~ XPages で Dojo を有効活用するには ~
XPagesDay2013 【B-4】 Dojo 徹底解剖! ~ XPages で Dojo を有効活用するには ~XPagesDay2013 【B-4】 Dojo 徹底解剖! ~ XPages で Dojo を有効活用するには ~
XPagesDay2013 【B-4】 Dojo 徹底解剖! ~ XPages で Dojo を有効活用するには ~
 
ゲームインフラコンテナ実践導入
ゲームインフラコンテナ実践導入ゲームインフラコンテナ実践導入
ゲームインフラコンテナ実践導入
 
Rails on Dockerとの戦い
Rails on Dockerとの戦いRails on Dockerとの戦い
Rails on Dockerとの戦い
 
2014年を振り返る 今年の技術トレンドとDockerについて
2014年を振り返る 今年の技術トレンドとDockerについて2014年を振り返る 今年の技術トレンドとDockerについて
2014年を振り返る 今年の技術トレンドとDockerについて
 
2015/11/15 Javaでwebアプリケーション入門
2015/11/15 Javaでwebアプリケーション入門2015/11/15 Javaでwebアプリケーション入門
2015/11/15 Javaでwebアプリケーション入門
 

Viewers also liked

Latin 7 wonders of the world final version
Latin 7 wonders of the world final versionLatin 7 wonders of the world final version
Latin 7 wonders of the world final versionProy14
 
Latin 7 wonders of the world final version1
Latin 7 wonders of the world final version1Latin 7 wonders of the world final version1
Latin 7 wonders of the world final version1Proy14
 
Cornual ectopic case series
Cornual ectopic case seriesCornual ectopic case series
Cornual ectopic case seriesAnkur Shah
 
Ca cervix evaluation and staging
Ca cervix evaluation and stagingCa cervix evaluation and staging
Ca cervix evaluation and stagingAnkur Shah
 
The 7 Ancient and my Modern Wonders of the World
The 7 Ancient and my Modern Wonders of the WorldThe 7 Ancient and my Modern Wonders of the World
The 7 Ancient and my Modern Wonders of the WorldProy14
 
Innovior- Corporate Presentation
Innovior- Corporate PresentationInnovior- Corporate Presentation
Innovior- Corporate PresentationRajiv Ranjan
 
First trimester bleeding
First trimester bleedingFirst trimester bleeding
First trimester bleedingAnkur Shah
 
Никто не забыт, ничто не забыто!
Никто не забыт, ничто не забыто!Никто не забыт, ничто не забыто!
Никто не забыт, ничто не забыто!chechulinani
 
Voicepic@FacebookNight
Voicepic@FacebookNightVoicepic@FacebookNight
Voicepic@FacebookNightManabu Shimobe
 
RCRJ 353 Sample Court Case Brief
RCRJ 353 Sample Court Case BriefRCRJ 353 Sample Court Case Brief
RCRJ 353 Sample Court Case BriefDennis Huang
 
Dez sugestõe para viver bem
Dez sugestõe para viver bemDez sugestõe para viver bem
Dez sugestõe para viver bemLuiz Carlos Dias
 
casa inteligente
casa inteligentecasa inteligente
casa inteligentedanny
 
Hatshepsut a misteriosa faraó
Hatshepsut a misteriosa faraóHatshepsut a misteriosa faraó
Hatshepsut a misteriosa faraóLuiz Carlos Dias
 
Can You Guess WHO?
Can You Guess WHO?Can You Guess WHO?
Can You Guess WHO?Noi Everain
 

Viewers also liked (20)

Mechanical
MechanicalMechanical
Mechanical
 
Latin 7 wonders of the world final version
Latin 7 wonders of the world final versionLatin 7 wonders of the world final version
Latin 7 wonders of the world final version
 
Plegable final
Plegable finalPlegable final
Plegable final
 
Latin 7 wonders of the world final version1
Latin 7 wonders of the world final version1Latin 7 wonders of the world final version1
Latin 7 wonders of the world final version1
 
Cornual ectopic case series
Cornual ectopic case seriesCornual ectopic case series
Cornual ectopic case series
 
Ca cervix evaluation and staging
Ca cervix evaluation and stagingCa cervix evaluation and staging
Ca cervix evaluation and staging
 
The 7 Ancient and my Modern Wonders of the World
The 7 Ancient and my Modern Wonders of the WorldThe 7 Ancient and my Modern Wonders of the World
The 7 Ancient and my Modern Wonders of the World
 
Innovior- Corporate Presentation
Innovior- Corporate PresentationInnovior- Corporate Presentation
Innovior- Corporate Presentation
 
First trimester bleeding
First trimester bleedingFirst trimester bleeding
First trimester bleeding
 
Никто не забыт, ничто не забыто!
Никто не забыт, ничто не забыто!Никто не забыт, ничто не забыто!
Никто не забыт, ничто не забыто!
 
04 lejar
04 lejar04 lejar
04 lejar
 
Voicepic@FacebookNight
Voicepic@FacebookNightVoicepic@FacebookNight
Voicepic@FacebookNight
 
RCRJ 353 Sample Court Case Brief
RCRJ 353 Sample Court Case BriefRCRJ 353 Sample Court Case Brief
RCRJ 353 Sample Court Case Brief
 
Syse i universidades
Syse i  universidadesSyse i  universidades
Syse i universidades
 
naturaleza
naturalezanaturaleza
naturaleza
 
Dez sugestõe para viver bem
Dez sugestõe para viver bemDez sugestõe para viver bem
Dez sugestõe para viver bem
 
casa inteligente
casa inteligentecasa inteligente
casa inteligente
 
Hatshepsut a misteriosa faraó
Hatshepsut a misteriosa faraóHatshepsut a misteriosa faraó
Hatshepsut a misteriosa faraó
 
Passagem
PassagemPassagem
Passagem
 
Can You Guess WHO?
Can You Guess WHO?Can You Guess WHO?
Can You Guess WHO?
 

Similar to Voicepic@FukuiMASeminar

Intalio japan special cloud workshop
Intalio japan special cloud workshopIntalio japan special cloud workshop
Intalio japan special cloud workshopDaisuke Sugai
 
誰にでもできるパフォーマンスチューニング
誰にでもできるパフォーマンスチューニング誰にでもできるパフォーマンスチューニング
誰にでもできるパフォーマンスチューニングKiyokazu Kaba
 
Effective web performance tuning for smartphone
Effective web performance tuning for smartphoneEffective web performance tuning for smartphone
Effective web performance tuning for smartphonedena_study
 
PostgreSQLではじめるOSS開発@OSC 2014 Hiroshima
PostgreSQLではじめるOSS開発@OSC 2014 HiroshimaPostgreSQLではじめるOSS開発@OSC 2014 Hiroshima
PostgreSQLではじめるOSS開発@OSC 2014 HiroshimaShigeru Hanada
 
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー決済金融から始めるデータドリブンカンパニー
決済金融から始めるデータドリブンカンパニーTokuhiro Eto
 
AITCシニア技術者勉強会 「今さら聞けないWebサイト開発」 vol2
AITCシニア技術者勉強会 「今さら聞けないWebサイト開発」 vol2AITCシニア技術者勉強会 「今さら聞けないWebサイト開発」 vol2
AITCシニア技術者勉強会 「今さら聞けないWebサイト開発」 vol2近藤 繁延
 
devsami kansai 2012 #c2
devsami kansai 2012 #c2devsami kansai 2012 #c2
devsami kansai 2012 #c2Yushi_Takagi
 
Robotium を使った UI テスト
Robotium を使った UI テストRobotium を使った UI テスト
Robotium を使った UI テスト健一 辰濱
 
iQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナー
iQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナーiQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナー
iQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナーImamura Masayuki
 
おすすめインフラ! for スタートアップ
おすすめインフラ! for スタートアップおすすめインフラ! for スタートアップ
おすすめインフラ! for スタートアップKoichiro Sumi
 
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境Fumihito Yokoyama
 
災害監視無人機システムと 災害監視無人機システムとFOSS4Gとの関わり ((独)宇宙航空研究開発機構 都甲 様)
災害監視無人機システムと 災害監視無人機システムとFOSS4Gとの関わり ((独)宇宙航空研究開発機構 都甲 様)災害監視無人機システムと 災害監視無人機システムとFOSS4Gとの関わり ((独)宇宙航空研究開発機構 都甲 様)
災害監視無人機システムと 災害監視無人機システムとFOSS4Gとの関わり ((独)宇宙航空研究開発機構 都甲 様)OSgeo Japan
 
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版DIVE INTO CODE Corp.
 
JavaScript And Keywords
JavaScript And KeywordsJavaScript And Keywords
JavaScript And Keywordsuupaa
 
Web frontend performance tuning
Web frontend      performance tuningWeb frontend      performance tuning
Web frontend performance tuningssuser3c214d
 
ユーザ・デザイナーから見たPlone CMSのアピールポイント
ユーザ・デザイナーから見たPlone CMSのアピールポイントユーザ・デザイナーから見たPlone CMSのアピールポイント
ユーザ・デザイナーから見たPlone CMSのアピールポイントMasaki NIWA
 
ブラウザからWeb OSへ〜Web - TV連携事例からその可能性を探る〜
ブラウザからWeb OSへ〜Web - TV連携事例からその可能性を探る〜ブラウザからWeb OSへ〜Web - TV連携事例からその可能性を探る〜
ブラウザからWeb OSへ〜Web - TV連携事例からその可能性を探る〜Kensaku Komatsu
 
とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例agileware_jp
 
WebIntentsにより拓かれる次のWeb
WebIntentsにより拓かれる次のWebWebIntentsにより拓かれる次のWeb
WebIntentsにより拓かれる次のWebKensaku Komatsu
 

Similar to Voicepic@FukuiMASeminar (20)

Intalio japan special cloud workshop
Intalio japan special cloud workshopIntalio japan special cloud workshop
Intalio japan special cloud workshop
 
誰にでもできるパフォーマンスチューニング
誰にでもできるパフォーマンスチューニング誰にでもできるパフォーマンスチューニング
誰にでもできるパフォーマンスチューニング
 
Effective web performance tuning for smartphone
Effective web performance tuning for smartphoneEffective web performance tuning for smartphone
Effective web performance tuning for smartphone
 
PostgreSQLではじめるOSS開発@OSC 2014 Hiroshima
PostgreSQLではじめるOSS開発@OSC 2014 HiroshimaPostgreSQLではじめるOSS開発@OSC 2014 Hiroshima
PostgreSQLではじめるOSS開発@OSC 2014 Hiroshima
 
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー決済金融から始めるデータドリブンカンパニー
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー
 
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー #yjmu
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー #yjmu決済金融から始めるデータドリブンカンパニー #yjmu
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー #yjmu
 
AITCシニア技術者勉強会 「今さら聞けないWebサイト開発」 vol2
AITCシニア技術者勉強会 「今さら聞けないWebサイト開発」 vol2AITCシニア技術者勉強会 「今さら聞けないWebサイト開発」 vol2
AITCシニア技術者勉強会 「今さら聞けないWebサイト開発」 vol2
 
devsami kansai 2012 #c2
devsami kansai 2012 #c2devsami kansai 2012 #c2
devsami kansai 2012 #c2
 
Robotium を使った UI テスト
Robotium を使った UI テストRobotium を使った UI テスト
Robotium を使った UI テスト
 
iQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナー
iQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナーiQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナー
iQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナー
 
おすすめインフラ! for スタートアップ
おすすめインフラ! for スタートアップおすすめインフラ! for スタートアップ
おすすめインフラ! for スタートアップ
 
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
 
災害監視無人機システムと 災害監視無人機システムとFOSS4Gとの関わり ((独)宇宙航空研究開発機構 都甲 様)
災害監視無人機システムと 災害監視無人機システムとFOSS4Gとの関わり ((独)宇宙航空研究開発機構 都甲 様)災害監視無人機システムと 災害監視無人機システムとFOSS4Gとの関わり ((独)宇宙航空研究開発機構 都甲 様)
災害監視無人機システムと 災害監視無人機システムとFOSS4Gとの関わり ((独)宇宙航空研究開発機構 都甲 様)
 
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
 
JavaScript And Keywords
JavaScript And KeywordsJavaScript And Keywords
JavaScript And Keywords
 
Web frontend performance tuning
Web frontend      performance tuningWeb frontend      performance tuning
Web frontend performance tuning
 
ユーザ・デザイナーから見たPlone CMSのアピールポイント
ユーザ・デザイナーから見たPlone CMSのアピールポイントユーザ・デザイナーから見たPlone CMSのアピールポイント
ユーザ・デザイナーから見たPlone CMSのアピールポイント
 
ブラウザからWeb OSへ〜Web - TV連携事例からその可能性を探る〜
ブラウザからWeb OSへ〜Web - TV連携事例からその可能性を探る〜ブラウザからWeb OSへ〜Web - TV連携事例からその可能性を探る〜
ブラウザからWeb OSへ〜Web - TV連携事例からその可能性を探る〜
 
とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例
 
WebIntentsにより拓かれる次のWeb
WebIntentsにより拓かれる次のWebWebIntentsにより拓かれる次のWeb
WebIntentsにより拓かれる次のWeb
 

Recently uploaded

ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521Satoshi Makita
 
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayersToru Tamaki
 
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptxssuserbefd24
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑Akihiro Kadohata
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )iwashiira2ctf
 
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)keikoitakurag
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdfAyachika Kitazaki
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一瑛一 西口
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員Sadaomi Nishi
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイントonozaty
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose EstimationToru Tamaki
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計atsushi061452
 

Recently uploaded (12)

ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
 
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
 
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
 
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
 

Voicepic@FukuiMASeminar

  • 1. Voicepic – Project Manager Manabu Shimobe @Manabu_GT http://voicepic.me
  • 2. 簡単に自己紹介 下邊 学 → しもべ まなぶ ※“しもなべ”ではありません!! • 2009年5月にジョージア工科大学を卒業 • 2009年に新卒で日本マイクロソフトにエンジニアとして入社 • 2010年7月にUIEvolution K.K.に転職、現在に至る • Voicepicではサービスの企画、プロジェクト全体のマネジメント、 サーバーサイド以外の開発全般を担当(主にiOS、Flash) 2
  • 3. Agenda-1 1. Voicepicの簡単な紹介 2. システム構成 3. 開発体制&開発ワークフロー 4. Crashlyticsなど、クライアントで使っている外 部サービスやライブラリの紹介 3
  • 4. Agenda-2 5. 開発において苦労した点 1. 他SNSサイトでのVoicepicの見え方 1. Facebook – OGP Custom Action and Object 2. Twitter – Twitter Player Card 2. 2重アップロード問題 6. ブラッシュアップ、PV作成の際のエピソード、海外 のサイトへのレビュー依頼の話など 7. Q&A 4
  • 5. Voicepic 写真+音声= 写真と音声を撮る(録る) 共有する 送る ※対応したい ※準備中 5
  • 6. とりあえず見せます  シンプルでわかりやすいUXデザイン  サーバ、アプリで最適化された快適なパフォーマンス 6
  • 7. システム構成 (DNS) – Route53 CloudFront (Load Balancer) - ELB (Storage) S3 (Front) …….. EC2 Nginx, Node ---------------------------------------------------------------------------------- Parse.com Push Notifications Cache RDS - MySQL ElastiCache Node 7
  • 8. 開発体制(ピーク時) • PM • 1名(自分) • iOS • 2名(自分+1名) • Website • 1名 • Server • 1名 • Design • 1名 合計5人! 8
  • 9. 開発ワークフロー For iOS Build Git push & run unit test Distribute & Pull request for code review Test Result Developer/Designer Jenkins CI Assign Complete/Reject Deploy Project Management Tool 9
  • 10. 使用しているライブラリなど Crasylytics – リアルタイムバグトラッキング 10
  • 11. 使用しているライブラリなど iRate – レビュー依頼のダイアログを表示してくれる 評価の数は ソーシャルプルーフ として サイト上に表示 ウェブサイト 表示のタイミングをカスタマイズ可能 Voicepicだと20回以上コンテンツを再生すると表示される 11
  • 12. 使用しているライブラリなど JSONKit – 高速なJsonParser 12
  • 13. 使用しているライブラリなど • ASIHttpRequest – 通信系 • 2011/5以降、更新が止まっている • ARC非対応 • なので、今ならAFNetworking等を使うことを検討すべし • EGOTableViewPullRefresh – よくある引っ張って更新を実現 • iOS6だと標準でUIRefreshControl使って実現可能 • SVProgressHUD – 読み込み中表示 13
  • 14. Voicepic on Facebook Facebookでの表示 モバイルアプリ Web 14
  • 15. Custom Action and Custom Object - 1 • 申請前に一度投稿する必要あり • アクションの詳細手順が必要 15
  • 16. Custom Action and Custom Object - 2 16
  • 17. Voicepic on Twitter モバイルTwitter公式アプリ PC – Twitterウェブサイト 17
  • 18. Twitter Player Card • Twitter指定のMetaタグをHTMLページに埋め込む。 • 実際に使うにはTwitterのApproveが必要 • Photo Cardに比べ、Player Cardは審査に通りにくい • Voicepicの場合、色々ありSubmitからApproveまで約2ヶ月弱かかった 実際にサイトで使われているもの をお見せします。 18
  • 19. 2重アップロード問題 画像+音声アップロード × 保存成功 アプリ サーバー • アプリ側は失敗と判定し、失敗ダイアログを表示する • ユーザーは失敗したと認識するので、投稿をリトライする • 同じコンテンツが再びサーバーにアップロードされる • 投稿一覧を見ると同じ投稿が2個表示されてしまう 19
  • 20. 解決策 画像、音声のバイト列からMD5 チェックサムを生成し、サーバーに送付 画像+音声アップロード × 保存成功 サーバー アプリ Memcacheにユーザーの過去30分の投稿のチェックサムを保存。 既に同一のがある場合は新規にレコードを作成せずに上書きする 20
  • 21. ログイン率問題 Facebookログインのみ&認証ダイアログが2枚のとき →半分以上の人がログインしてくれず 。゚(゚´Д`゚)゚。 1.ログイン画面 2.認証ダイアログ1枚目 3.認証ダイアログ2枚目 Facebookのみという時点であきらめる人も メールやレビューでFacebook以外のオプション ここで離脱する率 → 52% を追加して欲しいというリクエストが届く 半分以上の人がログインしてくれない 21
  • 22. ログイン率問題-改善1 ログインしなくてもコンテンツを体験でき、 どんなサービスなのか理解できるように 22
  • 23. ログイン率問題-改善2 Twitter, Emailでのログインにも対応 リクエストするPermissionは最低限に! ユーザーのログイン方法の割合 離脱率が約35%に低下。 Facebook – 43% (約15%の改善) Email – 33% Twitter – 24% 23
  • 24. PVの話 まずは見てください 24
  • 25. PVの話 • PathっぽいPVを作ってみたいというデザイナの発言から 始まり、自分も乗り気にw • Mashup Awardで○回優勝しないと回収できない制作費 ○百万円だと? 来年は個人で出場 して回収してこい By 社長 25
  • 26. PVの話 • 外国人子役タレント、母親役のオーディションにも参加 • 5、6人の候補から面接で決定 • 日本人より1.5~2倍のギャラ • ビデオの中の英語はNativeの友人にも相談して決定 • 喋りは制作会社に頼むと高いので、職場の同僚が 通っている英会話スクールの先生達にお願いした 26
  • 27. 海外のメディアで取り上げられるには? Voicepicの掲載実績 • AppAdvice http://appadvice.com/appnn/tag/voicepic “Instagram with Sound” • GeekWire http://www.geekwire.com/2012/add-audio-favorite-photos-voicepic-app/ • Mashable http://mashable.com/2012/06/13/kid-friendly-road-trip-apps/?sf4657559=1&replytocom=18192655 • Tech in Asia http://www.techinasia.com/voicepic-iphone-app/ • Theiphoneappreviewとか 載った日にはダウンロード数が100以上増えた! 流入効果は一日程度。 27
  • 28. どうやったか? • レビューサイトが用意しているレビュー依頼用の フォームからコンタクト • 記者や特定のレビューアーに直接コンタクト 全部で10人くらいに送りました 28
  • 29. ちょっとしたアドバイスなど-1 • 間違った英語を書いて送るくらいなら、gengo.comに 依頼して翻訳してもらおう • 記者に直接送る場合は、その人が過去にどんなジャンルの アプリの記事を書いているかなど確認しよう • 明確な理由がないならHTMLでなくテキストメールにしよう • 本文にまだ公になっていない今後の展開についてとかを 記載しとくとプラス 29
  • 30. ちょっとしたアドバイスなど-2 • AppStoreでFeaturedされたとか、賞をとったとかは アピール材料になる • 記者がアプリをダウンロードしなくてもアプリの魅力を 伝えられる動画のリンクを含めよう(操作ビデオとか) • 記事に使えそうなアセット類(ロゴ、スクリーンショット)は zipにでもまとめてそれのリンクも含めよう • 最初の1、2センテンスでアプリの概要を伝えよう • 何が面白い・ユニークなのか、なぜユーザーはこのアプリを 使おうと思うのかなど、簡潔にポイントを書く 30
  • 31. ちょっとしたアドバイスなど-3 当たり前だけど、絶対にやってはいけないこと • 同じ内容のものを繰り返し送る • 単にコピペしたものをそのまま別の記者に送る • メールの先頭で記者の名前をスペルミス • AppStoreのリンクを記載しない(記者はわざわざ検索してくれない) 31
  • 32. ちょっとしたアドバイスなど-4 日本在住の記者 • Serkan Toto (TechCrunch) • Rick Martin (Tech in Asia, The Japan Times) アジア/日本のスタートアップに興味があるTechCrunchの記者 • John Biggs (US) • Kim Mai Cutler (US) • Victoria Ho (Asia) • Catherine Shu (Asia) 32