SlideShare a Scribd company logo
1 of 37
Download to read offline
おはようございます


   ©Copyright 2012 Asuka Kamijo
        All rights reserved
セッション名は
 同じです!
  ©Copyright 2012 Asuka Kamijo
       All rights reserved
準備はよい?

  ©Copyright 2012 Asuka Kamijo
       All rights reserved
これ、なんて読みますか?


      男の娘
     と結婚する


Introduction
             ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
テスト分析はじめの一歩




                      2012.12.16

        上條 飛鳥
ワーク作成支援 上田 卓由
                WACATE実行委員会




                   elcome          ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
About me   上條 飛鳥 (Kamijo ♂ Asuka)
            ねこだま (@nekoasuka)
                    エンプラ系エンジニア・コンサルタント

           何してるの?


                          要件定義~保守 + インフラ少々


           いつからしてるの?


                                    お仕事は3年前から


           他には?


                    先生、ライター、占い師、演劇・イベントスタッフ
                             ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
Agenda
                                             5.
                3.                          発表!
              仕様書を
  1.
              汚すという
?→設計
               こと        4.
 →開発     2.
                       他の人は
       男の娘
                      どう考えた?
       と結婚
        する

                         ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
さぁ、はじめましょう!




              ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
Agenda
                                              5.
                3.                           発表!
              仕様書を
  1.
              汚すという
?→設計
               こと        4.
 →実装     2.
                      他のスーパーSE
       男の娘
                      はどう考えた?
       と結婚
        する

                          ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
テストの担当者に選ばれました!
 テスト実行
   早速              テスト実装
                    手始めに
 テスト環境を            テスト実行の
  触り出す             手順書を作る
           テスト工程
            あなたは
         最初に何をしますか?

 テスト設計
  まず               テスト分析
                    とりあえず
どんな種類のテスト             仕様書を
をするか纏める                    読む
                   ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
テストの担当者に選ばれました!
 テスト実行
   早速              テスト実装
                    手始めに
 テスト環境を            テスト実行の
  触り出す             手順書を作る
           テスト工程
            あなたは
         最初に何をしますか?

 テスト設計
  まず               テスト分析
                    とりあえず
どんな種類のテスト             仕様書を
をするか纏める                    読む
                   ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
ちょっと待ってよ
仕様書なんて今更読んで
   どうするのさ?
前や他のプロジェクトの
 テストケースがあるし、
それを使えばいいだろ?




               ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
そんな事は断じて無い。
テストケースの流用は
漏れが出る上に、非効率だ。
プロジェクトで作られた資料を
読み込み、どのようなテストを
行うのが効率的か、徹底的に
考えるべきだ。
まずはどんなテストをやると
よいか考えてみなさい。




     ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
Agenda
                                              5.
                3.                           発表!
              仕様書を
  1.
              汚すという
?→設計
               こと        4.
 →開発     2.
                      他のスーパーSE
       男の娘
                      はどう考えた?
       と結婚
        する

                          ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
これ、なんて読みましたか?


     男の娘
    と結婚する

オトコノムスメ     オトコノコ
 と結婚する      と結婚する
             ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
そもそもどうして読み違いが出るのか
                        アキバ系? 一般人?
•   ドメインが違うから   仕様書に書かれた「思い」や「愚痴」
•   余計な情報が多いから   各人が考えた構成管理の爪跡
                     女性そのものを表す娘か、
•   同じ言葉を違う意味で使うから 女性っぽさを表す娘か。
•   同じ意味を違う表現で記述するから       段落やシート
                                                        ごとに違うと
•   具体的な内容が記載されていないから                                   か多いよね

•   文章が長すぎるから  こんな1文。

                      で?
                       ○○処理については、××
                       の処理同様、△△の■■

•   指示語が多すぎるから         と??を参照し、@@が+
                       +であればAを、@@が*
                       *であればBを、その他の
                       場合についてはCを△△の             って言いたく
上記処理実行後、正常に終了していた      ##に反映し、$$データ

場合、項目No.100に対して更新処理を
                       ベースを更新した後に、次             なる文たち
                         画面へ遷移する。
 行う。詳細は別紙『xx』参照。とか。
                              ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
3色ボールペン法を使ってみよう
• 資料を読み解く方法の1つ
 – 3色(赤・青・緑)を以下の意味で使い、
   資料へ書き込む
 →情報が整理され、理解が進む
• 絶対大事(赤)
 – 客観的に、主軸となる内容であること
• まぁ、大事(青)
 – 客観的に見て、それなりに重要なこと
• 何これ気になる(緑)
 – 主観的に見て、おかしいと感じたこと
                  ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
早速使ってみましょう!




  ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
例題
ついでに買ってきてアプリ@スマホ版
• 出かける人に、行先でついでに買ってきても
  らう内容を伝え、買ってきてもらう為のアプリ

• 出かける人は、「お出かけリスト」に出かける
  先を登録する

• ある画面のボタン項目「お出かけリスト」につ
  いての仕様書の抜粋を、次頁に示す

               ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
例題
ついでに買ってきてアプリ@スマホ版
【項目お出かけリスト】

• お出かけリスト

• タップするとお出かけリスト画面に遷移する。

• 新規お願いがある場合は、お願い数が

 数字で表示される。
               ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
わたしの例




        ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
わたしの例
項番 どんなテストをしたいか?  左記補足          どんなキーワードから思いついたか?
1  「お出かけリスト」の保存  最大何件登録可能か。    『お出かけリスト』
   が何件まで正しく保存され  「お出かけリスト」にはどの
   るか。           ような情報を保存するのか。
                 を確認したい。
2   タップ・スワイプ操作によ タップやスワップは、実行す 『タップすると、』
    る挙動          る指の本数によって挙動が変
                 わる場合がある。
3   お願いの状態遷移テスト  お願いという情報について、 『新規お願い』
                 少なくとも「新規」という状
                 態がある。他にどのような状
                 態があるのか、どのような時
                 に状態が変化するのか確認が
                 必要。
4   画面遷移の確認      どの画面から、どのような情 『お出かけリスト画面に遷移する』
                 報を持って遷移するか書かれ
                 ていないため、不安に思った。
5   パフォーマンス       「お出かけリスト」を多量に 項番1.左記補足内の『最大何件登録可
                  登録した場合、その表示レス 能か』
                  ポンスが気になる。
6   文字種類          文字に重なりがあったりはし 『表示される。』
                  ないか?
                  見づらくないか?
                  データが多くなった時に項目
                  名を隠さないか?      ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
3色ボールペン法の先
3色ボールペン法を独自の方法へ昇華する

                例えば
       3色ボールペン法で資料を
             読解しながら
             1枚の紙へと
        整理した結果を転記する

           転記のフォーマットは
            マインドマップでも
               イラストでも
                 文章でも

  自分に合う表現方法を探しましょう!
         ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
Agenda
                                              5.
                3.                           発表!
              仕様書を
  1.
              汚すという
?→設計
               こと        4.
 →開発     2.
                      他のスーパーSE
       男の娘
                      はどう考えた?
       と結婚
        する

                          ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
配布資料の説明
• 「ついでに買ってきてシステム」仕様書 1式
• 分析結果まとめシート 2枚
• 白紙(A4) 2枚




                ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
さぁ、実践です!
• 「テストしたいこと」を洗い出しましょう
• 『分析結果まとめシート』へ書き出しましょう
• 「どんなキーワードから思いついたか?」
  を必ず記入してください
 – 後半のグループワークで発表や共有をします!


※仕様書を汚した結果を参考にしましょう
※途中で仕様書を汚しに戻っても構いません
                ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
仕様書を汚しましょう!        気になる部分を


                  緑でたくさん
  制限時間
                        書き出して
  20                    みましょう

   分
           3色
         ボールペン法
          を使って
          みましょう

                  ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
どんなキー
                   ワードから思
「何故」をまとめましょう!      いついたか?

                       を必ず
制限時間                 埋めましょう!

 20                                   仕様書を
 分
       テストしたい                          汚しに
                                      戻っても
         こと
                                      OKです!
        を洗い出し
        ましょう!


                ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
Agenda
                                             5.
                3.                          発表!
              仕様書を
  1.
              汚すという
?→設計
               こと        4.
 →開発     2.
                       他の人は
       男の娘
                      どう考えた?
       と結婚
        する

                         ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
他の人と共有しよう!
• 仕様書を汚した結果と、
  分析結果まとめシートの内容を共有しましょう
• 共有した後、「他の班に是非知って欲しい
  分析時のポイント」を2,3点ピックアップして
  ください

※班内の共有は若手から順に行ってください
※最後にピックアップしたポイントを発表します
                ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
配布資料の説明
• 分析結果まとめシート 5枚




                  ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
グループワークです!

        若手から
         共有
       してください
                他の班に知って
                欲しい分析時の
制限時間            ポイントを2,3
                点ピックアップ
午前               してください
いっぱい

                 ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
カレーを食べつつ考えられましたか?
• 他の班の話を聞いてみて、
  やっぱり自分の班のここがすごい!という点
• 自分の班の傾向
• 参加者のドメインによる考え方違いについて

→これらを各班に発表していただきます
※発表者(モデレータ)の選定もお願いします

       ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights
                     reserved
Agenda
                                             5.
                3.                          発表!
              仕様書を
  1.
              汚すという
?→設計
               こと        4.
 →開発     2.
                       他の人は
       男の娘
                      どう考えた?
       と結婚
        する

                         ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
みんなに発表
制限時間
                 質疑応答
 6                込みの
 分                時間です
                 発表と質疑の
                 配分は自由!
       発表者は
       若手か
       初参加
        から

              ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
That’s All!
                                             5.
                3.                          発表!
              仕様書を
  1.
              汚すという
?→設計
               こと        4.
 →開発     2.
                       他の人は
       男の娘
                      どう考えた?
       と結婚
        する

                         ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
実行委員の結果も共有します
• 後日WACATEのSNSでPDFを少し公開します!




                                                        +1




                  ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved

More Related Content

Similar to テスト分析はじめの一歩 公開版

PFを通して見えたもの[PFParty2012]
PFを通して見えたもの[PFParty2012]PFを通して見えたもの[PFParty2012]
PFを通して見えたもの[PFParty2012]Naoya Maekawa
 
ものづくり寄席「組織力について」
ものづくり寄席「組織力について」ものづくり寄席「組織力について」
ものづくり寄席「組織力について」Yoshie Tanabe
 
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawa
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawaJasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawa
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawaNaoya Maekawa
 
Josug advent calender20121219
Josug advent calender20121219Josug advent calender20121219
Josug advent calender20121219Ayumi Oka
 
Gd seminar-goodfind-ito
Gd seminar-goodfind-itoGd seminar-goodfind-ito
Gd seminar-goodfind-itoYUTAKA ITO
 
文章がよい理由
文章がよい理由文章がよい理由
文章がよい理由saizou0907
 
本学部でのアクティブラーニングの導入事例
~コンセプトは「多読と発表」「原理と概念の理解」
本学部でのアクティブラーニングの導入事例
~コンセプトは「多読と発表」「原理と概念の理解」本学部でのアクティブラーニングの導入事例
~コンセプトは「多読と発表」「原理と概念の理解」
本学部でのアクティブラーニングの導入事例
~コンセプトは「多読と発表」「原理と概念の理解」Susumu Yamazaki
 
Goで始める言語処理系実装入門
Goで始める言語処理系実装入門Goで始める言語処理系実装入門
Goで始める言語処理系実装入門虎の穴 開発室
 
品川アジャイル
品川アジャイル品川アジャイル
品川アジャイルIwao Harada
 
Globishセミナー 0516 web
Globishセミナー 0516 webGlobishセミナー 0516 web
Globishセミナー 0516 webitas_solution
 
サービス開発者の読書会#4
サービス開発者の読書会#4サービス開発者の読書会#4
サービス開発者の読書会#4Sosuke Kimura
 
議論を描く技術「ファシリテーショングラフィック」
議論を描く技術「ファシリテーショングラフィック」議論を描く技術「ファシリテーショングラフィック」
議論を描く技術「ファシリテーショングラフィック」nishikawa_makoto7
 
エンジニア vs ディレクターの戦いに終止符を!日々を穏やかに過ごすコツ教えます
エンジニア vs ディレクターの戦いに終止符を!日々を穏やかに過ごすコツ教えますエンジニア vs ディレクターの戦いに終止符を!日々を穏やかに過ごすコツ教えます
エンジニア vs ディレクターの戦いに終止符を!日々を穏やかに過ごすコツ教えますYuka Masaki
 
スライドシェア用 スクリーンテキスト 201307研修効果を最大化ポイントセミナー(人事実務シリーズ2013:wb)
スライドシェア用 スクリーンテキスト 201307研修効果を最大化ポイントセミナー(人事実務シリーズ2013:wb)スライドシェア用 スクリーンテキスト 201307研修効果を最大化ポイントセミナー(人事実務シリーズ2013:wb)
スライドシェア用 スクリーンテキスト 201307研修効果を最大化ポイントセミナー(人事実務シリーズ2013:wb)kkcolumn
 
プレゼンテーション用資料作成のプレゼンテーション資料
プレゼンテーション用資料作成のプレゼンテーション資料プレゼンテーション用資料作成のプレゼンテーション資料
プレゼンテーション用資料作成のプレゼンテーション資料hiroshioda
 

Similar to テスト分析はじめの一歩 公開版 (20)

PFを通して見えたもの[PFParty2012]
PFを通して見えたもの[PFParty2012]PFを通して見えたもの[PFParty2012]
PFを通して見えたもの[PFParty2012]
 
ものづくり寄席「組織力について」
ものづくり寄席「組織力について」ものづくり寄席「組織力について」
ものづくり寄席「組織力について」
 
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawa
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawaJasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawa
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawa
 
Josug advent calender20121219
Josug advent calender20121219Josug advent calender20121219
Josug advent calender20121219
 
Gd seminar-goodfind-ito
Gd seminar-goodfind-itoGd seminar-goodfind-ito
Gd seminar-goodfind-ito
 
文章がよい理由
文章がよい理由文章がよい理由
文章がよい理由
 
とてか2
とてか2とてか2
とてか2
 
本学部でのアクティブラーニングの導入事例
~コンセプトは「多読と発表」「原理と概念の理解」
本学部でのアクティブラーニングの導入事例
~コンセプトは「多読と発表」「原理と概念の理解」本学部でのアクティブラーニングの導入事例
~コンセプトは「多読と発表」「原理と概念の理解」
本学部でのアクティブラーニングの導入事例
~コンセプトは「多読と発表」「原理と概念の理解」
 
Xp20120915
Xp20120915Xp20120915
Xp20120915
 
Goで始める言語処理系実装入門
Goで始める言語処理系実装入門Goで始める言語処理系実装入門
Goで始める言語処理系実装入門
 
品川アジャイル
品川アジャイル品川アジャイル
品川アジャイル
 
Globishセミナー 0516 web
Globishセミナー 0516 webGlobishセミナー 0516 web
Globishセミナー 0516 web
 
サービス開発者の読書会#4
サービス開発者の読書会#4サービス開発者の読書会#4
サービス開発者の読書会#4
 
20120515 アジャイルサムライ読書会 第4回
20120515 アジャイルサムライ読書会 第4回20120515 アジャイルサムライ読書会 第4回
20120515 アジャイルサムライ読書会 第4回
 
議論を描く技術「ファシリテーショングラフィック」
議論を描く技術「ファシリテーショングラフィック」議論を描く技術「ファシリテーショングラフィック」
議論を描く技術「ファシリテーショングラフィック」
 
研究紹介 2014年版
研究紹介 2014年版研究紹介 2014年版
研究紹介 2014年版
 
エンジニア vs ディレクターの戦いに終止符を!日々を穏やかに過ごすコツ教えます
エンジニア vs ディレクターの戦いに終止符を!日々を穏やかに過ごすコツ教えますエンジニア vs ディレクターの戦いに終止符を!日々を穏やかに過ごすコツ教えます
エンジニア vs ディレクターの戦いに終止符を!日々を穏やかに過ごすコツ教えます
 
スライドシェア用 スクリーンテキスト 201307研修効果を最大化ポイントセミナー(人事実務シリーズ2013:wb)
スライドシェア用 スクリーンテキスト 201307研修効果を最大化ポイントセミナー(人事実務シリーズ2013:wb)スライドシェア用 スクリーンテキスト 201307研修効果を最大化ポイントセミナー(人事実務シリーズ2013:wb)
スライドシェア用 スクリーンテキスト 201307研修効果を最大化ポイントセミナー(人事実務シリーズ2013:wb)
 
Bootcamp-Empathize-
Bootcamp-Empathize-Bootcamp-Empathize-
Bootcamp-Empathize-
 
プレゼンテーション用資料作成のプレゼンテーション資料
プレゼンテーション用資料作成のプレゼンテーション資料プレゼンテーション用資料作成のプレゼンテーション資料
プレゼンテーション用資料作成のプレゼンテーション資料
 

More from Asuka (飛鳥) Kamijo (上條)

質問されない資料にするための4ステップ
質問されない資料にするための4ステップ質問されない資料にするための4ステップ
質問されない資料にするための4ステップAsuka (飛鳥) Kamijo (上條)
 
メンテナンスしやすいと思っているInterface dataの作り方
メンテナンスしやすいと思っているInterface dataの作り方メンテナンスしやすいと思っているInterface dataの作り方
メンテナンスしやすいと思っているInterface dataの作り方Asuka (飛鳥) Kamijo (上條)
 
プラクティス体験ゲーム ルールブック
プラクティス体験ゲーム ルールブックプラクティス体験ゲーム ルールブック
プラクティス体験ゲーム ルールブックAsuka (飛鳥) Kamijo (上條)
 
クリアな履歴とコードために  -Git 入門編-
クリアな履歴とコードために  -Git 入門編-クリアな履歴とコードために  -Git 入門編-
クリアな履歴とコードために  -Git 入門編-Asuka (飛鳥) Kamijo (上條)
 

More from Asuka (飛鳥) Kamijo (上條) (15)

質問されない資料にするための4ステップ
質問されない資料にするための4ステップ質問されない資料にするための4ステップ
質問されない資料にするための4ステップ
 
TOCfEを職場で使って思ったこと
TOCfEを職場で使って思ったことTOCfEを職場で使って思ったこと
TOCfEを職場で使って思ったこと
 
メンテナンスしやすいと思っているInterface dataの作り方
メンテナンスしやすいと思っているInterface dataの作り方メンテナンスしやすいと思っているInterface dataの作り方
メンテナンスしやすいと思っているInterface dataの作り方
 
一段深い心で人と関わろう
一段深い心で人と関わろう一段深い心で人と関わろう
一段深い心で人と関わろう
 
Prezentation boot camp #01
Prezentation boot camp #01Prezentation boot camp #01
Prezentation boot camp #01
 
仕事だけじゃない力を
仕事だけじゃない力を仕事だけじゃない力を
仕事だけじゃない力を
 
仕事で使えるインドネシア語
仕事で使えるインドネシア語仕事で使えるインドネシア語
仕事で使えるインドネシア語
 
より素敵なスライドを迎えよう
より素敵なスライドを迎えようより素敵なスライドを迎えよう
より素敵なスライドを迎えよう
 
Wacate2013w 伝えるために出来るコト
Wacate2013w 伝えるために出来るコトWacate2013w 伝えるために出来るコト
Wacate2013w 伝えるために出来るコト
 
テストクエスト
テストクエストテストクエスト
テストクエスト
 
プラクティス体験ゲーム ルールブック
プラクティス体験ゲーム ルールブックプラクティス体験ゲーム ルールブック
プラクティス体験ゲーム ルールブック
 
クリアな履歴とコードために  -Git 入門編-
クリアな履歴とコードために  -Git 入門編-クリアな履歴とコードために  -Git 入門編-
クリアな履歴とコードために  -Git 入門編-
 
W2A agenda
W2A agendaW2A agenda
W2A agenda
 
WtoA an ad
WtoA an adWtoA an ad
WtoA an ad
 
しくみ化、ふせん化、みせる化
しくみ化、ふせん化、みせる化しくみ化、ふせん化、みせる化
しくみ化、ふせん化、みせる化
 

Recently uploaded

部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員Sadaomi Nishi
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用KLab Inc. / Tech
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一瑛一 西口
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperleger Tokyo Meetup
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdfAyachika Kitazaki
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521Satoshi Makita
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)keikoitakurag
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計atsushi061452
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルCRI Japan, Inc.
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )iwashiira2ctf
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイントonozaty
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdkokinagano2
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑Akihiro Kadohata
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose EstimationToru Tamaki
 
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfTakayuki Nakayama
 

Recently uploaded (16)

部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
 
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
 
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
 

テスト分析はじめの一歩 公開版

  • 1. おはようございます ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 2. セッション名は 同じです! ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 3. 準備はよい? ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 4. これ、なんて読みますか? 男の娘 と結婚する Introduction ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 5. テスト分析はじめの一歩 2012.12.16 上條 飛鳥 ワーク作成支援 上田 卓由 WACATE実行委員会 elcome ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 6. About me 上條 飛鳥 (Kamijo ♂ Asuka) ねこだま (@nekoasuka) エンプラ系エンジニア・コンサルタント 何してるの? 要件定義~保守 + インフラ少々 いつからしてるの? お仕事は3年前から 他には? 先生、ライター、占い師、演劇・イベントスタッフ ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 7. Agenda 5. 3. 発表! 仕様書を 1. 汚すという ?→設計 こと 4. →開発 2. 他の人は 男の娘 どう考えた? と結婚 する ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 8. さぁ、はじめましょう! ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 9. Agenda 5. 3. 発表! 仕様書を 1. 汚すという ?→設計 こと 4. →実装 2. 他のスーパーSE 男の娘 はどう考えた? と結婚 する ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 10. テストの担当者に選ばれました! テスト実行 早速 テスト実装 手始めに テスト環境を テスト実行の 触り出す 手順書を作る テスト工程 あなたは 最初に何をしますか? テスト設計 まず テスト分析 とりあえず どんな種類のテスト 仕様書を をするか纏める 読む ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 11. テストの担当者に選ばれました! テスト実行 早速 テスト実装 手始めに テスト環境を テスト実行の 触り出す 手順書を作る テスト工程 あなたは 最初に何をしますか? テスト設計 まず テスト分析 とりあえず どんな種類のテスト 仕様書を をするか纏める 読む ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 12. ちょっと待ってよ 仕様書なんて今更読んで どうするのさ? 前や他のプロジェクトの テストケースがあるし、 それを使えばいいだろ? ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 14. Agenda 5. 3. 発表! 仕様書を 1. 汚すという ?→設計 こと 4. →開発 2. 他のスーパーSE 男の娘 はどう考えた? と結婚 する ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 15. これ、なんて読みましたか? 男の娘 と結婚する オトコノムスメ オトコノコ と結婚する と結婚する ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 16. そもそもどうして読み違いが出るのか アキバ系? 一般人? • ドメインが違うから 仕様書に書かれた「思い」や「愚痴」 • 余計な情報が多いから 各人が考えた構成管理の爪跡 女性そのものを表す娘か、 • 同じ言葉を違う意味で使うから 女性っぽさを表す娘か。 • 同じ意味を違う表現で記述するから 段落やシート ごとに違うと • 具体的な内容が記載されていないから か多いよね • 文章が長すぎるから こんな1文。 で? ○○処理については、×× の処理同様、△△の■■ • 指示語が多すぎるから と??を参照し、@@が+ +であればAを、@@が* *であればBを、その他の 場合についてはCを△△の って言いたく 上記処理実行後、正常に終了していた ##に反映し、$$データ 場合、項目No.100に対して更新処理を ベースを更新した後に、次 なる文たち 画面へ遷移する。 行う。詳細は別紙『xx』参照。とか。 ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 17. 3色ボールペン法を使ってみよう • 資料を読み解く方法の1つ – 3色(赤・青・緑)を以下の意味で使い、 資料へ書き込む →情報が整理され、理解が進む • 絶対大事(赤) – 客観的に、主軸となる内容であること • まぁ、大事(青) – 客観的に見て、それなりに重要なこと • 何これ気になる(緑) – 主観的に見て、おかしいと感じたこと ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 18. 早速使ってみましょう! ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 19. 例題 ついでに買ってきてアプリ@スマホ版 • 出かける人に、行先でついでに買ってきても らう内容を伝え、買ってきてもらう為のアプリ • 出かける人は、「お出かけリスト」に出かける 先を登録する • ある画面のボタン項目「お出かけリスト」につ いての仕様書の抜粋を、次頁に示す ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 20. 例題 ついでに買ってきてアプリ@スマホ版 【項目お出かけリスト】 • お出かけリスト • タップするとお出かけリスト画面に遷移する。 • 新規お願いがある場合は、お願い数が 数字で表示される。 ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 21. わたしの例 ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 22. わたしの例 項番 どんなテストをしたいか? 左記補足 どんなキーワードから思いついたか? 1 「お出かけリスト」の保存 最大何件登録可能か。 『お出かけリスト』 が何件まで正しく保存され 「お出かけリスト」にはどの るか。 ような情報を保存するのか。 を確認したい。 2 タップ・スワイプ操作によ タップやスワップは、実行す 『タップすると、』 る挙動 る指の本数によって挙動が変 わる場合がある。 3 お願いの状態遷移テスト お願いという情報について、 『新規お願い』 少なくとも「新規」という状 態がある。他にどのような状 態があるのか、どのような時 に状態が変化するのか確認が 必要。 4 画面遷移の確認 どの画面から、どのような情 『お出かけリスト画面に遷移する』 報を持って遷移するか書かれ ていないため、不安に思った。 5 パフォーマンス 「お出かけリスト」を多量に 項番1.左記補足内の『最大何件登録可 登録した場合、その表示レス 能か』 ポンスが気になる。 6 文字種類 文字に重なりがあったりはし 『表示される。』 ないか? 見づらくないか? データが多くなった時に項目 名を隠さないか? ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 23. 3色ボールペン法の先 3色ボールペン法を独自の方法へ昇華する 例えば 3色ボールペン法で資料を 読解しながら 1枚の紙へと 整理した結果を転記する 転記のフォーマットは マインドマップでも イラストでも 文章でも 自分に合う表現方法を探しましょう! ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 24. Agenda 5. 3. 発表! 仕様書を 1. 汚すという ?→設計 こと 4. →開発 2. 他のスーパーSE 男の娘 はどう考えた? と結婚 する ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 25. 配布資料の説明 • 「ついでに買ってきてシステム」仕様書 1式 • 分析結果まとめシート 2枚 • 白紙(A4) 2枚 ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 26. さぁ、実践です! • 「テストしたいこと」を洗い出しましょう • 『分析結果まとめシート』へ書き出しましょう • 「どんなキーワードから思いついたか?」 を必ず記入してください – 後半のグループワークで発表や共有をします! ※仕様書を汚した結果を参考にしましょう ※途中で仕様書を汚しに戻っても構いません ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 27. 仕様書を汚しましょう! 気になる部分を 緑でたくさん 制限時間 書き出して 20 みましょう 分 3色 ボールペン法 を使って みましょう ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 28. どんなキー ワードから思 「何故」をまとめましょう! いついたか? を必ず 制限時間 埋めましょう! 20 仕様書を 分 テストしたい 汚しに 戻っても こと OKです! を洗い出し ましょう! ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 29. Agenda 5. 3. 発表! 仕様書を 1. 汚すという ?→設計 こと 4. →開発 2. 他の人は 男の娘 どう考えた? と結婚 する ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 30. 他の人と共有しよう! • 仕様書を汚した結果と、 分析結果まとめシートの内容を共有しましょう • 共有した後、「他の班に是非知って欲しい 分析時のポイント」を2,3点ピックアップして ください ※班内の共有は若手から順に行ってください ※最後にピックアップしたポイントを発表します ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 31. 配布資料の説明 • 分析結果まとめシート 5枚 ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 32. グループワークです! 若手から 共有 してください 他の班に知って 欲しい分析時の 制限時間 ポイントを2,3 点ピックアップ 午前 してください いっぱい ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 33. カレーを食べつつ考えられましたか? • 他の班の話を聞いてみて、 やっぱり自分の班のここがすごい!という点 • 自分の班の傾向 • 参加者のドメインによる考え方違いについて →これらを各班に発表していただきます ※発表者(モデレータ)の選定もお願いします ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 34. Agenda 5. 3. 発表! 仕様書を 1. 汚すという ?→設計 こと 4. →開発 2. 他の人は 男の娘 どう考えた? と結婚 する ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 35. みんなに発表 制限時間 質疑応答 6 込みの 分 時間です 発表と質疑の 配分は自由! 発表者は 若手か 初参加 から ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved
  • 36. That’s All! 5. 3. 発表! 仕様書を 1. 汚すという ?→設計 こと 4. →開発 2. 他の人は 男の娘 どう考えた? と結婚 する ©Copyright 2012 Asuka Kamijo All rights reserved