SlideShare a Scribd company logo
rvm で bundlerと仲良くする
                     Kanazawa.rb #4 LT 資料
                     井澤 ゆきみつ




                     「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを

12年12月2日日曜日
bundler とは

  •   Rails3から標準になった依存関係管理理ツール
       •   特に、Rails  の必要なgemパッケージを固定す
           るのに使われている。
  • 名前はbundlerだけどコマンドはbundle
  • カレントディレクトリのGemfileを読む




                      「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを   2
12年12月2日日曜日
bundlerの使い方

   •   bundle  install  …  gem  をインスコ
       •   bundle  だけでもいいよ
       •   -‐‑‒-‐‑‒path  vendor/bundler  つけておくといいよ
   • bundle  list  …  gemのリスト
   • bundle  update  …  再インスコ

   • bundle  exec  …  現在のgem  環境下でコマ

     ンド実⾏行行


                           「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを   3
12年12月2日日曜日
bundle exec の例

   •   bundle  exec  rails  console  とか。




                         「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを   4
12年12月2日日曜日
bundle exec の例

   •   bundle  exec  rails  console  とか。

 毎回「bundle  exec」って打つのめんどくね?




                         「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを   4
12年12月2日日曜日
bundle exec の例

   •   bundle  exec  rails  console  とか。

 毎回「bundle  exec」って打つのめんどくね?

   •     じゃぁ、alias  be=ʼ’bundle  execʼ’  とか?




                         「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを   4
12年12月2日日曜日
bundle exec の例

   •   bundle  exec  rails  console  とか。

 毎回「bundle  exec」って打つのめんどくね?

   •     じゃぁ、alias  be=ʼ’bundle  execʼ’  とか?
 毎回「be」って打つのめんどくね?




                         「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを   4
12年12月2日日曜日
解決法:rvm に頑張ってもらう

   •   rvm  は最新ですか?
        •   ふつー  head  だよね?
        •   rvm  get  head  を今すぐ実⾏行行ナウ!
   •   ~∼/.rvm/hooks/after_̲cd_̲bundler  に実⾏行行
       ビットを⽴立立てましょう。
        •   chmod  a+x  ~∼/.rvm/hooks/
            after_̲cd_̲bundler


                            「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを   5
12年12月2日日曜日
解決法:bundler 側でコマンドを用意

   •   bundlerが呼ぶべきコマンド(のstab)をイ
       ンスコします。

   •   bundle  install  -‐‑‒-‐‑‒binstubs

   • .bundle/  と  bin/  が新しく掘られます。
   • bin/{rails,  rake,  rdoc,  ri,  thor,  ...}  




                             「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを   6
12年12月2日日曜日
準備は整った

   •   rvmの  after_̲cd_̲bundlerは、カレントディレ
       クトリに、.bundle  が存在すると実⾏行行されま
       す。
   •   cd  した先に  binstub  がある環境だった
       ら、そのstubの実⾏行行が⾃自動的に優先される
       ようになります。




                      「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを   7
12年12月2日日曜日
準備は整った

   •    rvmの  after_̲cd_̲bundlerは、カレントディレ
        クトリに、.bundle  が存在すると実⾏行行されま
        す。
   •    cd  した先に  binstub  がある環境だった
        ら、そのstubの実⾏行行が⾃自動的に優先される
        ようになります。

    •   bundle  exe  も  be  もしなくて良良いよー!


                       「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを   7
12年12月2日日曜日
•   Thank  You!
        •   If  you  have  any  comments,
              •   please  send  to:
                   •   Mail:  izawa@izawa.org  /  izawa@clwit.co.jp
                   •   Twitter:  @Yukimitsu_̲Izawa




                                          「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを   8
12年12月2日日曜日

More Related Content

What's hot

クラウドのようなVPS 「ConoHa」 を使ってみよう。
クラウドのようなVPS 「ConoHa」 を使ってみよう。クラウドのようなVPS 「ConoHa」 を使ってみよう。
クラウドのようなVPS 「ConoHa」 を使ってみよう。
Hironobu Saitoh
 
このべん第一回 ~ 「ConoHaってどんなVPS?」を勉強して3,000円クーポンをもらっちゃおうの会
このべん第一回 ~ 「ConoHaってどんなVPS?」を勉強して3,000円クーポンをもらっちゃおうの会このべん第一回 ~ 「ConoHaってどんなVPS?」を勉強して3,000円クーポンをもらっちゃおうの会
このべん第一回 ~ 「ConoHaってどんなVPS?」を勉強して3,000円クーポンをもらっちゃおうの会
ConoHa, GMO INTERNET
 
20200528.jaws ug kyushu
20200528.jaws ug kyushu20200528.jaws ug kyushu
20200528.jaws ug kyushu
Kazuhiro Uchimura
 
WordPressのサーバーの選び方
WordPressのサーバーの選び方WordPressのサーバーの選び方
WordPressのサーバーの選び方
Endoh Shingo
 
Climbどこでもセミナー「物理・仮想・クラウド保護の最適解は?環境に合わせたバックアップの選び方」
Climbどこでもセミナー「物理・仮想・クラウド保護の最適解は?環境に合わせたバックアップの選び方」Climbどこでもセミナー「物理・仮想・クラウド保護の最適解は?環境に合わせたバックアップの選び方」
Climbどこでもセミナー「物理・仮想・クラウド保護の最適解は?環境に合わせたバックアップの選び方」
株式会社クライム
 
負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!
負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!
負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!
株式会社クライム
 
20130417 movbale type_seminar
20130417 movbale type_seminar20130417 movbale type_seminar
20130417 movbale type_seminarSix Apart
 
後期第二回ネットワークチーム講座資料
後期第二回ネットワークチーム講座資料後期第二回ネットワークチーム講座資料
後期第二回ネットワークチーム講座資料
densan_teacher
 
脱VM!! リモートコンテナによる開発
脱VM!! リモートコンテナによる開発脱VM!! リモートコンテナによる開発
脱VM!! リモートコンテナによる開発
HIRA
 
Firebug×smart release20120904
Firebug×smart release20120904Firebug×smart release20120904
Firebug×smart release20120904Masayuki Abe
 
Varnishの使い方~All Aboutでの使い方を例に~
Varnishの使い方~All Aboutでの使い方を例に~Varnishの使い方~All Aboutでの使い方を例に~
Varnishの使い方~All Aboutでの使い方を例に~
Kazuto Ohara
 
JAWS-UG CLI #07 VPC
JAWS-UG CLI #07 VPCJAWS-UG CLI #07 VPC
JAWS-UG CLI #07 VPC
Operation Lab, LLC.
 
pbuilder, cowbuilder, lxcで作るお手軽サンドボックス
pbuilder, cowbuilder, lxcで作るお手軽サンドボックスpbuilder, cowbuilder, lxcで作るお手軽サンドボックス
pbuilder, cowbuilder, lxcで作るお手軽サンドボックス
Tsuyoshi Yamada
 
クライムどこでもセミナー「Veeam新機能 徹底解説 Part 3:Veeam + AWS連携セミナー」
クライムどこでもセミナー「Veeam新機能 徹底解説 Part 3:Veeam + AWS連携セミナー」クライムどこでもセミナー「Veeam新機能 徹底解説 Part 3:Veeam + AWS連携セミナー」
クライムどこでもセミナー「Veeam新機能 徹底解説 Part 3:Veeam + AWS連携セミナー」
株式会社クライム
 
ファイルサーバを高速バックアップ!Veeam NASバックアップのここがスゴイ!
ファイルサーバを高速バックアップ!Veeam NASバックアップのここがスゴイ!ファイルサーバを高速バックアップ!Veeam NASバックアップのここがスゴイ!
ファイルサーバを高速バックアップ!Veeam NASバックアップのここがスゴイ!
株式会社クライム
 
OSC2012Kansai@Kyoto 自宅SAN友の会 - インフラエンジニアなら知っておきたい ストレージのはなし
OSC2012Kansai@Kyoto 自宅SAN友の会 - インフラエンジニアなら知っておきたい ストレージのはなしOSC2012Kansai@Kyoto 自宅SAN友の会 - インフラエンジニアなら知っておきたい ストレージのはなし
OSC2012Kansai@Kyoto 自宅SAN友の会 - インフラエンジニアなら知っておきたい ストレージのはなしSatoshi Shimazaki
 
ちゃんとWeb会議
ちゃんとWeb会議ちゃんとWeb会議
ちゃんとWeb会議
Masayuki Abe
 
ファイルサーバーをクラウド化したい
ファイルサーバーをクラウド化したいファイルサーバーをクラウド化したい
ファイルサーバーをクラウド化したい
mokudai masayuki
 

What's hot (20)

クラウドのようなVPS 「ConoHa」 を使ってみよう。
クラウドのようなVPS 「ConoHa」 を使ってみよう。クラウドのようなVPS 「ConoHa」 を使ってみよう。
クラウドのようなVPS 「ConoHa」 を使ってみよう。
 
このべん第一回 ~ 「ConoHaってどんなVPS?」を勉強して3,000円クーポンをもらっちゃおうの会
このべん第一回 ~ 「ConoHaってどんなVPS?」を勉強して3,000円クーポンをもらっちゃおうの会このべん第一回 ~ 「ConoHaってどんなVPS?」を勉強して3,000円クーポンをもらっちゃおうの会
このべん第一回 ~ 「ConoHaってどんなVPS?」を勉強して3,000円クーポンをもらっちゃおうの会
 
20200528.jaws ug kyushu
20200528.jaws ug kyushu20200528.jaws ug kyushu
20200528.jaws ug kyushu
 
WordPressのサーバーの選び方
WordPressのサーバーの選び方WordPressのサーバーの選び方
WordPressのサーバーの選び方
 
Climbどこでもセミナー「物理・仮想・クラウド保護の最適解は?環境に合わせたバックアップの選び方」
Climbどこでもセミナー「物理・仮想・クラウド保護の最適解は?環境に合わせたバックアップの選び方」Climbどこでもセミナー「物理・仮想・クラウド保護の最適解は?環境に合わせたバックアップの選び方」
Climbどこでもセミナー「物理・仮想・クラウド保護の最適解は?環境に合わせたバックアップの選び方」
 
負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!
負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!
負荷軽減!整合性もバッチリ!Veeamのストレージ連携セミナー!!
 
Nakama
NakamaNakama
Nakama
 
20130417 movbale type_seminar
20130417 movbale type_seminar20130417 movbale type_seminar
20130417 movbale type_seminar
 
後期第二回ネットワークチーム講座資料
後期第二回ネットワークチーム講座資料後期第二回ネットワークチーム講座資料
後期第二回ネットワークチーム講座資料
 
脱VM!! リモートコンテナによる開発
脱VM!! リモートコンテナによる開発脱VM!! リモートコンテナによる開発
脱VM!! リモートコンテナによる開発
 
Firebug×smart release20120904
Firebug×smart release20120904Firebug×smart release20120904
Firebug×smart release20120904
 
OSC 2012 Fukuoka
OSC 2012 FukuokaOSC 2012 Fukuoka
OSC 2012 Fukuoka
 
Varnishの使い方~All Aboutでの使い方を例に~
Varnishの使い方~All Aboutでの使い方を例に~Varnishの使い方~All Aboutでの使い方を例に~
Varnishの使い方~All Aboutでの使い方を例に~
 
JAWS-UG CLI #07 VPC
JAWS-UG CLI #07 VPCJAWS-UG CLI #07 VPC
JAWS-UG CLI #07 VPC
 
pbuilder, cowbuilder, lxcで作るお手軽サンドボックス
pbuilder, cowbuilder, lxcで作るお手軽サンドボックスpbuilder, cowbuilder, lxcで作るお手軽サンドボックス
pbuilder, cowbuilder, lxcで作るお手軽サンドボックス
 
クライムどこでもセミナー「Veeam新機能 徹底解説 Part 3:Veeam + AWS連携セミナー」
クライムどこでもセミナー「Veeam新機能 徹底解説 Part 3:Veeam + AWS連携セミナー」クライムどこでもセミナー「Veeam新機能 徹底解説 Part 3:Veeam + AWS連携セミナー」
クライムどこでもセミナー「Veeam新機能 徹底解説 Part 3:Veeam + AWS連携セミナー」
 
ファイルサーバを高速バックアップ!Veeam NASバックアップのここがスゴイ!
ファイルサーバを高速バックアップ!Veeam NASバックアップのここがスゴイ!ファイルサーバを高速バックアップ!Veeam NASバックアップのここがスゴイ!
ファイルサーバを高速バックアップ!Veeam NASバックアップのここがスゴイ!
 
OSC2012Kansai@Kyoto 自宅SAN友の会 - インフラエンジニアなら知っておきたい ストレージのはなし
OSC2012Kansai@Kyoto 自宅SAN友の会 - インフラエンジニアなら知っておきたい ストレージのはなしOSC2012Kansai@Kyoto 自宅SAN友の会 - インフラエンジニアなら知っておきたい ストレージのはなし
OSC2012Kansai@Kyoto 自宅SAN友の会 - インフラエンジニアなら知っておきたい ストレージのはなし
 
ちゃんとWeb会議
ちゃんとWeb会議ちゃんとWeb会議
ちゃんとWeb会議
 
ファイルサーバーをクラウド化したい
ファイルサーバーをクラウド化したいファイルサーバーをクラウド化したい
ファイルサーバーをクラウド化したい
 

Similar to rvm でbundlerと仲良くする

このべん第二回 ~「できない子ほどかわいくしたい!ConoHa補完計画」勉強会
このべん第二回 ~「できない子ほどかわいくしたい!ConoHa補完計画」勉強会このべん第二回 ~「できない子ほどかわいくしたい!ConoHa補完計画」勉強会
このべん第二回 ~「できない子ほどかわいくしたい!ConoHa補完計画」勉強会
ConoHa, GMO INTERNET
 
次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解く
次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解く次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解く
次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解くShin Takeuchi
 
Ansibleで始めるインフラ構築自動化
Ansibleで始めるインフラ構築自動化Ansibleで始めるインフラ構築自動化
Ansibleで始めるインフラ構築自動化
dcubeio
 
WordCampOsaka2012セッション資料
WordCampOsaka2012セッション資料WordCampOsaka2012セッション資料
WordCampOsaka2012セッション資料horike37
 
Carton について何か話す
Carton について何か話すCarton について何か話す
Carton について何か話す
Masaki Nakagawa
 
Fukuoka debianstudy02 / 福岡Debian勉強会 02
Fukuoka debianstudy02 / 福岡Debian勉強会 02Fukuoka debianstudy02 / 福岡Debian勉強会 02
Fukuoka debianstudy02 / 福岡Debian勉強会 02
Aya Komuro
 
WEBアプリケーションビルド・ テストツール YEOMAN
WEBアプリケーションビルド・ テストツール YEOMAN WEBアプリケーションビルド・ テストツール YEOMAN
WEBアプリケーションビルド・ テストツール YEOMAN
kamiyam .
 
Railsの開発環境作るぞ
Railsの開発環境作るぞRailsの開発環境作るぞ
Railsの開発環境作るぞ
Yoichi Toyota
 
BluemixでDockerを試してみる
BluemixでDockerを試してみるBluemixでDockerを試してみる
BluemixでDockerを試してみる
Shisei Hanai
 
Alpine linuxを触ってみよう
Alpine linuxを触ってみようAlpine linuxを触ってみよう
Alpine linuxを触ってみよう
Ryo Adachi
 
ioMemoryとAtomic Writeによるデータベース高速化
ioMemoryとAtomic Writeによるデータベース高速化ioMemoryとAtomic Writeによるデータベース高速化
ioMemoryとAtomic Writeによるデータベース高速化
IIJ
 
マルチテナント化に向けたHadoopの最新セキュリティ事情 #hcj2014
マルチテナント化に向けたHadoopの最新セキュリティ事情 #hcj2014マルチテナント化に向けたHadoopの最新セキュリティ事情 #hcj2014
マルチテナント化に向けたHadoopの最新セキュリティ事情 #hcj2014
Cloudera Japan
 
RVM with Server Environment
RVM with Server EnvironmentRVM with Server Environment
RVM with Server Environment
Yukimitsu Izawa
 
マルチデバイス時代の高速化
マルチデバイス時代の高速化マルチデバイス時代の高速化
マルチデバイス時代の高速化
Shin Takeuchi
 
docxをmdで書こう
docxをmdで書こうdocxをmdで書こう
docxをmdで書こう
Yukimitsu Izawa
 
Nseg20120825
Nseg20120825Nseg20120825
Nseg20120825hiro345
 
Djangoとweb2pyをapacheに組込む
Djangoとweb2pyをapacheに組込むDjangoとweb2pyをapacheに組込む
Djangoとweb2pyをapacheに組込む2bo 2bo
 
RubyでDSL
RubyでDSLRubyでDSL
RubyでDSL
Yukimitsu Izawa
 
Seminar report (Building a Linux server and AWS SDK for Ruby)
Seminar report (Building a Linux server and AWS SDK for Ruby)Seminar report (Building a Linux server and AWS SDK for Ruby)
Seminar report (Building a Linux server and AWS SDK for Ruby)
Tamotsu Furuya
 

Similar to rvm でbundlerと仲良くする (20)

このべん第二回 ~「できない子ほどかわいくしたい!ConoHa補完計画」勉強会
このべん第二回 ~「できない子ほどかわいくしたい!ConoHa補完計画」勉強会このべん第二回 ~「できない子ほどかわいくしたい!ConoHa補完計画」勉強会
このべん第二回 ~「できない子ほどかわいくしたい!ConoHa補完計画」勉強会
 
次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解く
次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解く次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解く
次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解く
 
Ansibleで始めるインフラ構築自動化
Ansibleで始めるインフラ構築自動化Ansibleで始めるインフラ構築自動化
Ansibleで始めるインフラ構築自動化
 
WordCampOsaka2012セッション資料
WordCampOsaka2012セッション資料WordCampOsaka2012セッション資料
WordCampOsaka2012セッション資料
 
Carton について何か話す
Carton について何か話すCarton について何か話す
Carton について何か話す
 
Fukuoka debianstudy02 / 福岡Debian勉強会 02
Fukuoka debianstudy02 / 福岡Debian勉強会 02Fukuoka debianstudy02 / 福岡Debian勉強会 02
Fukuoka debianstudy02 / 福岡Debian勉強会 02
 
WEBアプリケーションビルド・ テストツール YEOMAN
WEBアプリケーションビルド・ テストツール YEOMAN WEBアプリケーションビルド・ テストツール YEOMAN
WEBアプリケーションビルド・ テストツール YEOMAN
 
Railsの開発環境作るぞ
Railsの開発環境作るぞRailsの開発環境作るぞ
Railsの開発環境作るぞ
 
BluemixでDockerを試してみる
BluemixでDockerを試してみるBluemixでDockerを試してみる
BluemixでDockerを試してみる
 
Alpine linuxを触ってみよう
Alpine linuxを触ってみようAlpine linuxを触ってみよう
Alpine linuxを触ってみよう
 
JUC2012
JUC2012JUC2012
JUC2012
 
ioMemoryとAtomic Writeによるデータベース高速化
ioMemoryとAtomic Writeによるデータベース高速化ioMemoryとAtomic Writeによるデータベース高速化
ioMemoryとAtomic Writeによるデータベース高速化
 
マルチテナント化に向けたHadoopの最新セキュリティ事情 #hcj2014
マルチテナント化に向けたHadoopの最新セキュリティ事情 #hcj2014マルチテナント化に向けたHadoopの最新セキュリティ事情 #hcj2014
マルチテナント化に向けたHadoopの最新セキュリティ事情 #hcj2014
 
RVM with Server Environment
RVM with Server EnvironmentRVM with Server Environment
RVM with Server Environment
 
マルチデバイス時代の高速化
マルチデバイス時代の高速化マルチデバイス時代の高速化
マルチデバイス時代の高速化
 
docxをmdで書こう
docxをmdで書こうdocxをmdで書こう
docxをmdで書こう
 
Nseg20120825
Nseg20120825Nseg20120825
Nseg20120825
 
Djangoとweb2pyをapacheに組込む
Djangoとweb2pyをapacheに組込むDjangoとweb2pyをapacheに組込む
Djangoとweb2pyをapacheに組込む
 
RubyでDSL
RubyでDSLRubyでDSL
RubyでDSL
 
Seminar report (Building a Linux server and AWS SDK for Ruby)
Seminar report (Building a Linux server and AWS SDK for Ruby)Seminar report (Building a Linux server and AWS SDK for Ruby)
Seminar report (Building a Linux server and AWS SDK for Ruby)
 

More from Yukimitsu Izawa

IoTタグで遊んでみよう
IoTタグで遊んでみようIoTタグで遊んでみよう
IoTタグで遊んでみよう
Yukimitsu Izawa
 
最新プロトコル HTT/2 とは
最新プロトコル HTT/2 とは最新プロトコル HTT/2 とは
最新プロトコル HTT/2 とは
Yukimitsu Izawa
 
RubyとEyeTribeで視線追跡をする
RubyとEyeTribeで視線追跡をするRubyとEyeTribeで視線追跡をする
RubyとEyeTribeで視線追跡をする
Yukimitsu Izawa
 
Rubyでオートマトン
RubyでオートマトンRubyでオートマトン
Rubyでオートマトン
Yukimitsu Izawa
 
Ghissuesのご紹介
Ghissuesのご紹介Ghissuesのご紹介
Ghissuesのご紹介
Yukimitsu Izawa
 
Log-modeのご紹介
Log-modeのご紹介Log-modeのご紹介
Log-modeのご紹介
Yukimitsu Izawa
 
Octopress簡単スタートガイド
Octopress簡単スタートガイドOctopress簡単スタートガイド
Octopress簡単スタートガイド
Yukimitsu Izawa
 
RubyからFFIを使ってみた
RubyからFFIを使ってみたRubyからFFIを使ってみた
RubyからFFIを使ってみた
Yukimitsu Izawa
 
NTPを使ったDDoSについて
NTPを使ったDDoSについてNTPを使ったDDoSについて
NTPを使ったDDoSについてYukimitsu Izawa
 
Getting Started with Ruby on Rails4 + Twitter Bootstrap3
Getting Started with Ruby on Rails4 + Twitter Bootstrap3Getting Started with Ruby on Rails4 + Twitter Bootstrap3
Getting Started with Ruby on Rails4 + Twitter Bootstrap3Yukimitsu Izawa
 
テストとは
テストとはテストとは
テストとは
Yukimitsu Izawa
 
MacRubyとHotCocoaでMacのアプリを作ってみた
MacRubyとHotCocoaでMacのアプリを作ってみたMacRubyとHotCocoaでMacのアプリを作ってみた
MacRubyとHotCocoaでMacのアプリを作ってみた
Yukimitsu Izawa
 

More from Yukimitsu Izawa (14)

IoTタグで遊んでみよう
IoTタグで遊んでみようIoTタグで遊んでみよう
IoTタグで遊んでみよう
 
最新プロトコル HTT/2 とは
最新プロトコル HTT/2 とは最新プロトコル HTT/2 とは
最新プロトコル HTT/2 とは
 
RubyとEyeTribeで視線追跡をする
RubyとEyeTribeで視線追跡をするRubyとEyeTribeで視線追跡をする
RubyとEyeTribeで視線追跡をする
 
Rubyでオートマトン
RubyでオートマトンRubyでオートマトン
Rubyでオートマトン
 
Ghissuesのご紹介
Ghissuesのご紹介Ghissuesのご紹介
Ghissuesのご紹介
 
Log-modeのご紹介
Log-modeのご紹介Log-modeのご紹介
Log-modeのご紹介
 
Octopress簡単スタートガイド
Octopress簡単スタートガイドOctopress簡単スタートガイド
Octopress簡単スタートガイド
 
RubyからFFIを使ってみた
RubyからFFIを使ってみたRubyからFFIを使ってみた
RubyからFFIを使ってみた
 
NTPを使ったDDoSについて
NTPを使ったDDoSについてNTPを使ったDDoSについて
NTPを使ったDDoSについて
 
Getting Started with Ruby on Rails4 + Twitter Bootstrap3
Getting Started with Ruby on Rails4 + Twitter Bootstrap3Getting Started with Ruby on Rails4 + Twitter Bootstrap3
Getting Started with Ruby on Rails4 + Twitter Bootstrap3
 
テストとは
テストとはテストとは
テストとは
 
Pow
PowPow
Pow
 
Try
TryTry
Try
 
MacRubyとHotCocoaでMacのアプリを作ってみた
MacRubyとHotCocoaでMacのアプリを作ってみたMacRubyとHotCocoaでMacのアプリを作ってみた
MacRubyとHotCocoaでMacのアプリを作ってみた
 

Recently uploaded

ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
Toru Tamaki
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
Osaka University
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
嶋 是一 (Yoshikazu SHIMA)
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
tazaki1
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
osamut
 
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
harmonylab
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
azuma satoshi
 

Recently uploaded (9)

ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
 
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
 

rvm でbundlerと仲良くする

  • 1. rvm で bundlerと仲良くする Kanazawa.rb #4 LT 資料 井澤 ゆきみつ 「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを 12年12月2日日曜日
  • 2. bundler とは • Rails3から標準になった依存関係管理理ツール • 特に、Rails  の必要なgemパッケージを固定す るのに使われている。 • 名前はbundlerだけどコマンドはbundle • カレントディレクトリのGemfileを読む 「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを 2 12年12月2日日曜日
  • 3. bundlerの使い方 • bundle  install  …  gem  をインスコ • bundle  だけでもいいよ • -‐‑‒-‐‑‒path  vendor/bundler  つけておくといいよ • bundle  list  …  gemのリスト • bundle  update  …  再インスコ • bundle  exec  …  現在のgem  環境下でコマ ンド実⾏行行 「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを 3 12年12月2日日曜日
  • 4. bundle exec の例 • bundle  exec  rails  console  とか。 「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを 4 12年12月2日日曜日
  • 5. bundle exec の例 • bundle  exec  rails  console  とか。 毎回「bundle  exec」って打つのめんどくね? 「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを 4 12年12月2日日曜日
  • 6. bundle exec の例 • bundle  exec  rails  console  とか。 毎回「bundle  exec」って打つのめんどくね? •  じゃぁ、alias  be=ʼ’bundle  execʼ’  とか? 「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを 4 12年12月2日日曜日
  • 7. bundle exec の例 • bundle  exec  rails  console  とか。 毎回「bundle  exec」って打つのめんどくね? •  じゃぁ、alias  be=ʼ’bundle  execʼ’  とか? 毎回「be」って打つのめんどくね? 「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを 4 12年12月2日日曜日
  • 8. 解決法:rvm に頑張ってもらう • rvm  は最新ですか? • ふつー  head  だよね? • rvm  get  head  を今すぐ実⾏行行ナウ! • ~∼/.rvm/hooks/after_̲cd_̲bundler  に実⾏行行 ビットを⽴立立てましょう。 • chmod  a+x  ~∼/.rvm/hooks/ after_̲cd_̲bundler 「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを 5 12年12月2日日曜日
  • 9. 解決法:bundler 側でコマンドを用意 • bundlerが呼ぶべきコマンド(のstab)をイ ンスコします。 • bundle  install  -‐‑‒-‐‑‒binstubs • .bundle/  と  bin/  が新しく掘られます。 • bin/{rails,  rake,  rdoc,  ri,  thor,  ...}   「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを 6 12年12月2日日曜日
  • 10. 準備は整った • rvmの  after_̲cd_̲bundlerは、カレントディレ クトリに、.bundle  が存在すると実⾏行行されま す。 • cd  した先に  binstub  がある環境だった ら、そのstubの実⾏行行が⾃自動的に優先される ようになります。 「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを 7 12年12月2日日曜日
  • 11. 準備は整った • rvmの  after_̲cd_̲bundlerは、カレントディレ クトリに、.bundle  が存在すると実⾏行行されま す。 • cd  した先に  binstub  がある環境だった ら、そのstubの実⾏行行が⾃自動的に優先される ようになります。 • bundle  exe  も  be  もしなくて良良いよー! 「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを 7 12年12月2日日曜日
  • 12. Thank  You! • If  you  have  any  comments, • please  send  to: • Mail:  izawa@izawa.org  /  izawa@clwit.co.jp • Twitter:  @Yukimitsu_̲Izawa 「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを 8 12年12月2日日曜日