SlideShare a Scribd company logo
1 of 9
Download to read offline
Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004




                       デバイスモデル
                     LED(発光ダイオード
                           ダイオード)
                     LED(発光ダイオード)




                          株式会社ビー・テクノロジー



                                   Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004


ご依頼の方法について


 お客様に準備して頂くものは以下の 2 点です。


① データシートまたは、仕様書
半導体メーカーが公開しているデータシート、あるいはカスタム品の場合は、電気的特性が
記述されている仕様書です。


必要な情報として以下のものがあります。
□ 順方向特性のグラフ(VF vs IF)
□ VRM の値(Reverse Voltage)
□ IR の値(Reverse Current)


② LED のサンプルを 3 個
対象となる LED を 3 個準備して下さい。計測をする際に予備として準備して頂きます。また、
3 個準備出来ない場合はご相談下さい。


お客様より準備して頂いた後にデバイスモデリングを実施致します。


当社からお客様にご提供する納品物は以下の通りです。


① デバイスモデル(スパイスモデル)
② デバイスモデリング・レポート
以下の 3 つの特性を評価検証し、ご報告致します。
Forward Current Characteristic
Junction Capacitance Characteristic
Reverse Recovery Characteristic
③ 回路図シンボル
注意)




次ページ以降にデバイスモデリング・レポートのサンプルを掲載致します。


                                      Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004




                Device Modeling Report




             COMPONENTS: Light-Emitting Diode (LED)
             PART NUMBER: FA3863X
             MANUFACTURER: STANLEY




                           Bee Technologies Inc.

                                          Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004

Forward Current Characteristic

Circuit simulation result




Evaluation circuit


                            R1

                            0.01m


            V1
    0Vdc                            D1

                                    DFA3863X




                     0




                                     Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004

Circuit simulation result
Comparison graph




Simulation Result

    IF(A)                         VF(V)
                    Measurement     Simulation          Error (%)
     10u                 1.6            1.6                 0
     20u               1.635          1.6303            0.287462
     50u               1.675          1.6708            0.250746
    100u                 1.7          1.7011            0.064706
    200u                1.73          1.7323            0.132948
    500u                1.77           1.773            0.169492
     1m                  1.8          1.8067            0.372222
     2m                1.835          1.8427            0.419619
     5m                  1.9          1.9011            0.057895
    10m                1.965          1.9596            0.274809
    20m                2.065          2.0517            0.644068
    50m                 2.26          2.2663            0.278761


                                       Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004

Junction Capacitance Characteristic

Circuit simulation result




Evaluation circuit


                                V1


                                     0Vdc

    V1 = 0
                     V2
    V2 = 5                                  D1
    TD = 0
    TR = 10n                          DFA3863X
    TF = 10n
    PW = 2u
    PER = 5u



                            0




                                                 Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004

Circuit simulation result


Comparison graph




Simulation Result

   Vrev(V)                         Cj(pF)
                     Measurement    Simulation          Error (%)
      0.5               3.853          3.8509           0.054503
       1                3.775          3.7699           0.135099
       2                3.668          3.6693           0.035442
       3                 3.6           3.6006           0.016667
       4                3.549          3.5508           0.050719




                                      Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004

Reverse Recovery Characteristic
Circuit simulation result




Simulation Result

                            R1

                            50

      V1 = -0.3
                  V2
      V2 = 4.25                          D1
      TD = 0
      TR = 1n                           DFA3863X
      TF = 2.5n
      PW = 2u
      PER = 5u



                       0


Compare Measurement VS. Simulation
    Trj+Trb (Measurement)        Trr(s) Simulation         Error (%)
                  24(ns)                24.114(ns)           0.475


                                                   Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004

Reverse Recovery Characteristic                                        Reference



                                                  Measurement




trj=14(ns) trb=10(ns)
Conditions:Ifwd=Irev=0.04(A),Rl=50(ohm)


               Relation between trj and trb
                                                   Example




                                              Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.

More Related Content

What's hot

What's hot (16)

電子回路シミュレータ(LTspice)の講義資料
電子回路シミュレータ(LTspice)の講義資料電子回路シミュレータ(LTspice)の講義資料
電子回路シミュレータ(LTspice)の講義資料
 
About SPICE Model of Diode
About SPICE Model of DiodeAbout SPICE Model of Diode
About SPICE Model of Diode
 
太陽光シミュレーションセミナー資料(マルツエレック主催2013年12月13日開催)
太陽光シミュレーションセミナー資料(マルツエレック主催2013年12月13日開催)太陽光シミュレーションセミナー資料(マルツエレック主催2013年12月13日開催)
太陽光シミュレーションセミナー資料(マルツエレック主催2013年12月13日開催)
 
トランスのスパイスモデル
トランスのスパイスモデルトランスのスパイスモデル
トランスのスパイスモデル
 
回路設計者向けご提案書(2004)
回路設計者向けご提案書(2004)回路設計者向けご提案書(2004)
回路設計者向けご提案書(2004)
 
太陽光システムの影のシミュレーション(直列並列接続構成)
太陽光システムの影のシミュレーション(直列並列接続構成)太陽光システムの影のシミュレーション(直列並列接続構成)
太陽光システムの影のシミュレーション(直列並列接続構成)
 
ビー・テクノロジーの事業内容2012
ビー・テクノロジーの事業内容2012ビー・テクノロジーの事業内容2012
ビー・テクノロジーの事業内容2012
 
発表原稿(ビー・テクノロジー)06DEC2012
発表原稿(ビー・テクノロジー)06DEC2012発表原稿(ビー・テクノロジー)06DEC2012
発表原稿(ビー・テクノロジー)06DEC2012
 
レーザーダイオードのスパイスモデル
レーザーダイオードのスパイスモデルレーザーダイオードのスパイスモデル
レーザーダイオードのスパイスモデル
 
ビー・テクノロジー事業内容(29NOV2011)
ビー・テクノロジー事業内容(29NOV2011)ビー・テクノロジー事業内容(29NOV2011)
ビー・テクノロジー事業内容(29NOV2011)
 
PSpiceアプリケーションセミナー(06DEC2012)
PSpiceアプリケーションセミナー(06DEC2012)PSpiceアプリケーションセミナー(06DEC2012)
PSpiceアプリケーションセミナー(06DEC2012)
 
回路解析シミュレータの活用方法と 最新プロジェクト事例
回路解析シミュレータの活用方法と 最新プロジェクト事例回路解析シミュレータの活用方法と 最新プロジェクト事例
回路解析シミュレータの活用方法と 最新プロジェクト事例
 
SPICE MODEL of Transformer
SPICE MODEL of TransformerSPICE MODEL of Transformer
SPICE MODEL of Transformer
 
トランスのスパイスモデルについて
トランスのスパイスモデルについてトランスのスパイスモデルについて
トランスのスパイスモデルについて
 
Bee Style:vol.003
Bee Style:vol.003Bee Style:vol.003
Bee Style:vol.003
 
Bee Style:vol.039
Bee Style:vol.039Bee Style:vol.039
Bee Style:vol.039
 

Similar to LEDのスタンダードモデル

Similar to LEDのスタンダードモデル (20)

フォトダイオードのスパイスモデルについて
フォトダイオードのスパイスモデルについてフォトダイオードのスパイスモデルについて
フォトダイオードのスパイスモデルについて
 
Junction FETのスパイスモデル
Junction FETのスパイスモデルJunction FETのスパイスモデル
Junction FETのスパイスモデル
 
ボルテージリファレンスのスパイスモデル
ボルテージリファレンスのスパイスモデルボルテージリファレンスのスパイスモデル
ボルテージリファレンスのスパイスモデル
 
ダイオードのプロフェッショナルモデルについて
ダイオードのプロフェッショナルモデルについてダイオードのプロフェッショナルモデルについて
ダイオードのプロフェッショナルモデルについて
 
チョークコイルのスパイスモデル
チョークコイルのスパイスモデルチョークコイルのスパイスモデル
チョークコイルのスパイスモデル
 
コモンモードチョークコイルのスパイスモデル
コモンモードチョークコイルのスパイスモデルコモンモードチョークコイルのスパイスモデル
コモンモードチョークコイルのスパイスモデル
 
太陽光シミュレーションセミナー資料
太陽光シミュレーションセミナー資料太陽光シミュレーションセミナー資料
太陽光シミュレーションセミナー資料
 
太陽光シミュレーションセミナー資料
太陽光シミュレーションセミナー資料太陽光シミュレーションセミナー資料
太陽光シミュレーションセミナー資料
 
太陽光シミュレーションセミナーの資料
太陽光シミュレーションセミナーの資料太陽光シミュレーションセミナーの資料
太陽光シミュレーションセミナーの資料
 
コイルのスパイスモデル
コイルのスパイスモデルコイルのスパイスモデル
コイルのスパイスモデル
 
ニッケル水素電池のスパイスモデル
ニッケル水素電池のスパイスモデルニッケル水素電池のスパイスモデル
ニッケル水素電池のスパイスモデル
 
Delayの等価回路モデル
Delayの等価回路モデルDelayの等価回路モデル
Delayの等価回路モデル
 
セラミックコンデンサのスパイスモデル
セラミックコンデンサのスパイスモデルセラミックコンデンサのスパイスモデル
セラミックコンデンサのスパイスモデル
 
LEDのデバイスモデリングセミナーの資料(2010)
LEDのデバイスモデリングセミナーの資料(2010)LEDのデバイスモデリングセミナーの資料(2010)
LEDのデバイスモデリングセミナーの資料(2010)
 
フィルムコンデンサのスパイスモデル
フィルムコンデンサのスパイスモデルフィルムコンデンサのスパイスモデル
フィルムコンデンサのスパイスモデル
 
LED Simulation
LED SimulationLED Simulation
LED Simulation
 
電解コンデンサのスパイスモデル
電解コンデンサのスパイスモデル電解コンデンサのスパイスモデル
電解コンデンサのスパイスモデル
 
ツェナダイオードのスタンダードモデル
ツェナダイオードのスタンダードモデルツェナダイオードのスタンダードモデル
ツェナダイオードのスタンダードモデル
 
About SPICE Model of SBD
About SPICE Model of SBDAbout SPICE Model of SBD
About SPICE Model of SBD
 
ビー・テクノロジーの事業内容(2011)
ビー・テクノロジーの事業内容(2011)ビー・テクノロジーの事業内容(2011)
ビー・テクノロジーの事業内容(2011)
 

More from Tsuyoshi Horigome

More from Tsuyoshi Horigome (20)

FedExで書類を送付する場合の設定について(オンライン受付にて登録する場合について)
FedExで書類を送付する場合の設定について(オンライン受付にて登録する場合について)FedExで書類を送付する場合の設定について(オンライン受付にて登録する場合について)
FedExで書類を送付する場合の設定について(オンライン受付にて登録する場合について)
 
Update 46 models(Solar Cell) in SPICE PARK(MAY2024)
Update 46 models(Solar Cell) in SPICE PARK(MAY2024)Update 46 models(Solar Cell) in SPICE PARK(MAY2024)
Update 46 models(Solar Cell) in SPICE PARK(MAY2024)
 
SPICE PARK APR2024 ( 6,793 SPICE Models )
SPICE PARK APR2024 ( 6,793 SPICE Models )SPICE PARK APR2024 ( 6,793 SPICE Models )
SPICE PARK APR2024 ( 6,793 SPICE Models )
 
Update 22 models(Schottky Rectifier ) in SPICE PARK(APR2024)
Update 22 models(Schottky Rectifier ) in SPICE PARK(APR2024)Update 22 models(Schottky Rectifier ) in SPICE PARK(APR2024)
Update 22 models(Schottky Rectifier ) in SPICE PARK(APR2024)
 
SPICE PARK APR2024 ( 6,747 SPICE Models )
SPICE PARK APR2024 ( 6,747 SPICE Models )SPICE PARK APR2024 ( 6,747 SPICE Models )
SPICE PARK APR2024 ( 6,747 SPICE Models )
 
Update 31 models(Diode/General ) in SPICE PARK(MAR2024)
Update 31 models(Diode/General ) in SPICE PARK(MAR2024)Update 31 models(Diode/General ) in SPICE PARK(MAR2024)
Update 31 models(Diode/General ) in SPICE PARK(MAR2024)
 
SPICE PARK MAR2024 ( 6,725 SPICE Models )
SPICE PARK MAR2024 ( 6,725 SPICE Models )SPICE PARK MAR2024 ( 6,725 SPICE Models )
SPICE PARK MAR2024 ( 6,725 SPICE Models )
 
Update 29 models(Solar cell) in SPICE PARK(FEB2024)
Update 29 models(Solar cell) in SPICE PARK(FEB2024)Update 29 models(Solar cell) in SPICE PARK(FEB2024)
Update 29 models(Solar cell) in SPICE PARK(FEB2024)
 
SPICE PARK FEB2024 ( 6,694 SPICE Models )
SPICE PARK FEB2024 ( 6,694 SPICE Models )SPICE PARK FEB2024 ( 6,694 SPICE Models )
SPICE PARK FEB2024 ( 6,694 SPICE Models )
 
Circuit simulation using LTspice(Case study)
Circuit simulation using LTspice(Case study)Circuit simulation using LTspice(Case study)
Circuit simulation using LTspice(Case study)
 
Mindmap of Semiconductor sales business(15FEB2024)
Mindmap of Semiconductor sales business(15FEB2024)Mindmap of Semiconductor sales business(15FEB2024)
Mindmap of Semiconductor sales business(15FEB2024)
 
2-STAGE COCKCROFT-WALTON [SCHEMATIC] using LTspice
2-STAGE COCKCROFT-WALTON [SCHEMATIC] using LTspice2-STAGE COCKCROFT-WALTON [SCHEMATIC] using LTspice
2-STAGE COCKCROFT-WALTON [SCHEMATIC] using LTspice
 
PSpice simulation of power supply for TI is Error
PSpice simulation of power supply  for TI is ErrorPSpice simulation of power supply  for TI is Error
PSpice simulation of power supply for TI is Error
 
IGBT Simulation of Results from Rgext or Rgint
IGBT Simulation of Results from Rgext or RgintIGBT Simulation of Results from Rgext or Rgint
IGBT Simulation of Results from Rgext or Rgint
 
Electronic component sales method centered on alternative proposals
Electronic component sales method centered on alternative proposalsElectronic component sales method centered on alternative proposals
Electronic component sales method centered on alternative proposals
 
Electronic component sales method focused on new hires
Electronic component sales method focused on new hiresElectronic component sales method focused on new hires
Electronic component sales method focused on new hires
 
Mindmap(electronics parts sales visions)
Mindmap(electronics parts sales visions)Mindmap(electronics parts sales visions)
Mindmap(electronics parts sales visions)
 
Chat GPTによる伝達関数の導出
Chat GPTによる伝達関数の導出Chat GPTによる伝達関数の導出
Chat GPTによる伝達関数の導出
 
伝達関数の理解(Chatgpt)
伝達関数の理解(Chatgpt)伝達関数の理解(Chatgpt)
伝達関数の理解(Chatgpt)
 
DXセミナー(2024年1月17日開催)のメモ
DXセミナー(2024年1月17日開催)のメモDXセミナー(2024年1月17日開催)のメモ
DXセミナー(2024年1月17日開催)のメモ
 

Recently uploaded

Recently uploaded (8)

ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
 
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 

LEDのスタンダードモデル

  • 1. Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004 デバイスモデル LED(発光ダイオード ダイオード) LED(発光ダイオード) 株式会社ビー・テクノロジー Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
  • 2. Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004 ご依頼の方法について お客様に準備して頂くものは以下の 2 点です。 ① データシートまたは、仕様書 半導体メーカーが公開しているデータシート、あるいはカスタム品の場合は、電気的特性が 記述されている仕様書です。 必要な情報として以下のものがあります。 □ 順方向特性のグラフ(VF vs IF) □ VRM の値(Reverse Voltage) □ IR の値(Reverse Current) ② LED のサンプルを 3 個 対象となる LED を 3 個準備して下さい。計測をする際に予備として準備して頂きます。また、 3 個準備出来ない場合はご相談下さい。 お客様より準備して頂いた後にデバイスモデリングを実施致します。 当社からお客様にご提供する納品物は以下の通りです。 ① デバイスモデル(スパイスモデル) ② デバイスモデリング・レポート 以下の 3 つの特性を評価検証し、ご報告致します。 Forward Current Characteristic Junction Capacitance Characteristic Reverse Recovery Characteristic ③ 回路図シンボル 注意) 次ページ以降にデバイスモデリング・レポートのサンプルを掲載致します。 Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
  • 3. Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004 Device Modeling Report COMPONENTS: Light-Emitting Diode (LED) PART NUMBER: FA3863X MANUFACTURER: STANLEY Bee Technologies Inc. Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
  • 4. Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004 Forward Current Characteristic Circuit simulation result Evaluation circuit R1 0.01m V1 0Vdc D1 DFA3863X 0 Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
  • 5. Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004 Circuit simulation result Comparison graph Simulation Result IF(A) VF(V) Measurement Simulation Error (%) 10u 1.6 1.6 0 20u 1.635 1.6303 0.287462 50u 1.675 1.6708 0.250746 100u 1.7 1.7011 0.064706 200u 1.73 1.7323 0.132948 500u 1.77 1.773 0.169492 1m 1.8 1.8067 0.372222 2m 1.835 1.8427 0.419619 5m 1.9 1.9011 0.057895 10m 1.965 1.9596 0.274809 20m 2.065 2.0517 0.644068 50m 2.26 2.2663 0.278761 Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
  • 6. Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004 Junction Capacitance Characteristic Circuit simulation result Evaluation circuit V1 0Vdc V1 = 0 V2 V2 = 5 D1 TD = 0 TR = 10n DFA3863X TF = 10n PW = 2u PER = 5u 0 Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
  • 7. Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004 Circuit simulation result Comparison graph Simulation Result Vrev(V) Cj(pF) Measurement Simulation Error (%) 0.5 3.853 3.8509 0.054503 1 3.775 3.7699 0.135099 2 3.668 3.6693 0.035442 3 3.6 3.6006 0.016667 4 3.549 3.5508 0.050719 Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
  • 8. Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004 Reverse Recovery Characteristic Circuit simulation result Simulation Result R1 50 V1 = -0.3 V2 V2 = 4.25 D1 TD = 0 TR = 1n DFA3863X TF = 2.5n PW = 2u PER = 5u 0 Compare Measurement VS. Simulation Trj+Trb (Measurement) Trr(s) Simulation Error (%) 24(ns) 24.114(ns) 0.475 Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
  • 9. Doc no WJLEDS001 09 Jul 2004 Reverse Recovery Characteristic Reference Measurement trj=14(ns) trb=10(ns) Conditions:Ifwd=Irev=0.04(A),Rl=50(ohm) Relation between trj and trb Example Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.