SlideShare a Scribd company logo
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.
CloudShell内で動かしてるサービスを
公開してみた
2020年12月29日
木村健一郎
(@show_m001)
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.
名前:木村健一郎(しょーちゃん)
所属:株式会社オルターブース
JAWS-UG福岡
SORACOM-UG九州
娘ちゃんのパパ(3歳5ヶ月)
お仕事:テクニカルアーキテクト
好きなAWSサービス: Lambda
好きなSORACOMサービス:Funk
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.
AWS CloudShellとは
皆さんが沢山話されてると思うので省略
(持ち時間5分しかないし)
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.
re:Inventでの発表を聞いて思ったこと
・たぶんコンテナで実行してるんだろうな
・Amazon Linux2で色々インストールして
いいってならあれこれ動くか入れてみるか
・まぁインバウンドは閉じられてるだろうね
・アイコンのデザインと位置がAzureの(ry
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.
やってみた(1)
>たぶんコンテナで実行してるんやろうな
PID1がコマンドなのでコンテナっぽいですね
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.
やってみた(2)
>あれこれ動くか入れてみるか
SOCACOM cliはダウンロードしてきたバイナリがそのまま動きました
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.
やってみた(3)
>あれこれ動くか入れてみるか
Pipでいくつかパッケージを追加すればazure cliも動きます
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.
インバウンド
ネットワークアクセス
セッションはインターネットへのアウトバウンド接続
を確率できますが、インバウンド接続はどの種類でも
許可しません。現在、セッションはプライベート VPC
サブネット内のリソースに接続できませんが、近日中
に接続できるようになる予定です。
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/aws-cloudshell-command-line-access-to-aws-resources/
まぁそうですよね
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.
インバウンドが開いていないなら
トンネル掘ってこじ開ければいい
じゃない
(古いハッカーの言葉)
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.
みんな大好きngrok
・Ngrok exposes local servers behind NATs and
firewalls to the public internet over secure
tunnels.
(公式ページより)
・ngrokコマンドをダウンロードしてきてローカル
マシンで実行する
・ngrokコマンドがngrokサーバに接続して、ローカル
サーバとの間にトンネルを掘る
・ngrokサーバが一時的にグローバルIPアドレスを
付与してくれるのでそこにアクセスする
・https://ngrok.com/
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.
やってみた(4)
pythonのFlaskアプリでサンプルのWebサービスを動かす
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.
やってみた(5)
別のタブでngrokを動かす
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.
やってみた(6)
ブラウザからアクセスしてみる
やったね!
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.
まとめ
・ngrok超優秀
外部サービスからのインバウンドアクセスが必要な
デバッグが捗る
・AWS CloudShell何でも動く
・AWS CloudShellのインバウンドは
制限されてるけどngrokでこじ開けることは可能
(sshも普通にいけます)
・つまり
そういうことです
・用量用法を守って正しく使いましょう
Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.

More Related Content

Similar to Cloudshell 20201229

【13-C-7】 Developers [Media] Summit InfoQ のコンセプト
【13-C-7】 Developers [Media] Summit InfoQ のコンセプト【13-C-7】 Developers [Media] Summit InfoQ のコンセプト
【13-C-7】 Developers [Media] Summit InfoQ のコンセプト
devsumi2009
 
Oracle Unconference 松下 4/22
Oracle Unconference 松下 4/22Oracle Unconference 松下 4/22
Oracle Unconference 松下 4/22
matsushita
 
【12-D-6】 Silverlight によるハイグレードなLOB/BI実現のためのコンポーネント活用法
【12-D-6】 Silverlight によるハイグレードなLOB/BI実現のためのコンポーネント活用法【12-D-6】 Silverlight によるハイグレードなLOB/BI実現のためのコンポーネント活用法
【12-D-6】 Silverlight によるハイグレードなLOB/BI実現のためのコンポーネント活用法
devsumi2009
 
Kintone 導入サービス キャンペーン_20140903-1
Kintone 導入サービス キャンペーン_20140903-1Kintone 導入サービス キャンペーン_20140903-1
Kintone 導入サービス キャンペーン_20140903-1
denet_tech_tokyo
 
Dynamic Language による Silverlight2 アプリケーション開発
Dynamic Language による Silverlight2 アプリケーション開発Dynamic Language による Silverlight2 アプリケーション開発
Dynamic Language による Silverlight2 アプリケーション開発
terurou
 
とある高専出身の過去現在未来
とある高専出身の過去現在未来とある高専出身の過去現在未来
とある高専出身の過去現在未来
Satoshi Hirata
 
【12-B-4】 並列処理開発を支援するコンパイラの機能
【12-B-4】 並列処理開発を支援するコンパイラの機能【12-B-4】 並列処理開発を支援するコンパイラの機能
【12-B-4】 並列処理開発を支援するコンパイラの機能
devsumi2009
 
Open Source Type Pad Mobile
Open Source Type Pad MobileOpen Source Type Pad Mobile
Open Source Type Pad Mobile
Hiroshi Sakai
 

Similar to Cloudshell 20201229 (20)

Fleet Hub for AWS IoT Device Management のご紹介
Fleet Hub for AWS IoT Device Management のご紹介Fleet Hub for AWS IoT Device Management のご紹介
Fleet Hub for AWS IoT Device Management のご紹介
 
【13-C-7】 Developers [Media] Summit InfoQ のコンセプト
【13-C-7】 Developers [Media] Summit InfoQ のコンセプト【13-C-7】 Developers [Media] Summit InfoQ のコンセプト
【13-C-7】 Developers [Media] Summit InfoQ のコンセプト
 
Cloud Computing - クラウドコンピューティング(会津産学懇話会)
Cloud Computing - クラウドコンピューティング(会津産学懇話会)Cloud Computing - クラウドコンピューティング(会津産学懇話会)
Cloud Computing - クラウドコンピューティング(会津産学懇話会)
 
Oracle Unconference 松下 4/22
Oracle Unconference 松下 4/22Oracle Unconference 松下 4/22
Oracle Unconference 松下 4/22
 
AWS IoT Greengrass V2 の紹介
AWS IoT Greengrass V2 の紹介AWS IoT Greengrass V2 の紹介
AWS IoT Greengrass V2 の紹介
 
Oracle Cloudで実現できる High Performance Computing 最新情報
Oracle Cloudで実現できる High Performance Computing 最新情報Oracle Cloudで実現できる High Performance Computing 最新情報
Oracle Cloudで実現できる High Performance Computing 最新情報
 
ZOZOTOWNのマルチクラウドへの挑戦と挫折、そして未来
ZOZOTOWNのマルチクラウドへの挑戦と挫折、そして未来ZOZOTOWNのマルチクラウドへの挑戦と挫折、そして未来
ZOZOTOWNのマルチクラウドへの挑戦と挫折、そして未来
 
AWS re:Invent 2020 IoT Update - 20201223
AWS re:Invent 2020 IoT Update - 20201223AWS re:Invent 2020 IoT Update - 20201223
AWS re:Invent 2020 IoT Update - 20201223
 
【12-D-6】 Silverlight によるハイグレードなLOB/BI実現のためのコンポーネント活用法
【12-D-6】 Silverlight によるハイグレードなLOB/BI実現のためのコンポーネント活用法【12-D-6】 Silverlight によるハイグレードなLOB/BI実現のためのコンポーネント活用法
【12-D-6】 Silverlight によるハイグレードなLOB/BI実現のためのコンポーネント活用法
 
20210119 io t lt atom hub
20210119 io t lt atom hub20210119 io t lt atom hub
20210119 io t lt atom hub
 
Kintone 導入サービス キャンペーン_20140903-1
Kintone 導入サービス キャンペーン_20140903-1Kintone 導入サービス キャンペーン_20140903-1
Kintone 導入サービス キャンペーン_20140903-1
 
Dynamic Language による Silverlight2 アプリケーション開発
Dynamic Language による Silverlight2 アプリケーション開発Dynamic Language による Silverlight2 アプリケーション開発
Dynamic Language による Silverlight2 アプリケーション開発
 
とある高専出身の過去現在未来
とある高専出身の過去現在未来とある高専出身の過去現在未来
とある高専出身の過去現在未来
 
【12-B-4】 並列処理開発を支援するコンパイラの機能
【12-B-4】 並列処理開発を支援するコンパイラの機能【12-B-4】 並列処理開発を支援するコンパイラの機能
【12-B-4】 並列処理開発を支援するコンパイラの機能
 
Open Source Type Pad Mobile
Open Source Type Pad MobileOpen Source Type Pad Mobile
Open Source Type Pad Mobile
 
Vsug Leaders Summit 2008:A.Fukui
Vsug Leaders Summit 2008:A.FukuiVsug Leaders Summit 2008:A.Fukui
Vsug Leaders Summit 2008:A.Fukui
 
090309seminar talk about Cloud Computing
090309seminar talk about Cloud Computing090309seminar talk about Cloud Computing
090309seminar talk about Cloud Computing
 
Glass Fish Portfolio Launch(Japanese)
Glass Fish Portfolio Launch(Japanese)Glass Fish Portfolio Launch(Japanese)
Glass Fish Portfolio Launch(Japanese)
 
20210113「アウトプットしないのは知的な便秘」の影響力 -2020年版- ~How To Output Intellectual Constipa...
20210113「アウトプットしないのは知的な便秘」の影響力 -2020年版-  ~How To Output Intellectual Constipa...20210113「アウトプットしないのは知的な便秘」の影響力 -2020年版-  ~How To Output Intellectual Constipa...
20210113「アウトプットしないのは知的な便秘」の影響力 -2020年版- ~How To Output Intellectual Constipa...
 
P2P Bug Tracking with SD
P2P Bug Tracking with SDP2P Bug Tracking with SD
P2P Bug Tracking with SD
 

More from Ken'ichirou Kimura

More from Ken'ichirou Kimura (20)

SORACOM UG紹介
SORACOM UG紹介SORACOM UG紹介
SORACOM UG紹介
 
SORACOM UGの運営メンバーになってみませんか?
SORACOM UGの運営メンバーになってみませんか?SORACOM UGの運営メンバーになってみませんか?
SORACOM UGの運営メンバーになってみませんか?
 
SORACOM LTE-M Buttonならびにシミュレータについて
SORACOM LTE-M ButtonならびにシミュレータについてSORACOM LTE-M Buttonならびにシミュレータについて
SORACOM LTE-M Buttonならびにシミュレータについて
 
SORACOM LTE-M Button for Enterpriseシミュレータについて
SORACOM LTE-M Button for EnterpriseシミュレータについてSORACOM LTE-M Button for Enterpriseシミュレータについて
SORACOM LTE-M Button for Enterpriseシミュレータについて
 
スマートフォンでもSORACOM Arc!
スマートフォンでもSORACOM Arc!スマートフォンでもSORACOM Arc!
スマートフォンでもSORACOM Arc!
 
AWS App RunnerでASP.NET Core Webアプリケーションを動かしてみた
AWS App RunnerでASP.NET Core Webアプリケーションを動かしてみたAWS App RunnerでASP.NET Core Webアプリケーションを動かしてみた
AWS App RunnerでASP.NET Core Webアプリケーションを動かしてみた
 
ひげボタンをAzure IoT Centralにつないでみる
ひげボタンをAzure IoT CentralにつないでみるひげボタンをAzure IoT Centralにつないでみる
ひげボタンをAzure IoT Centralにつないでみる
 
Fukuoka Engineers Day 2021 SORACOM UG紹介
Fukuoka Engineers Day 2021 SORACOM UG紹介Fukuoka Engineers Day 2021 SORACOM UG紹介
Fukuoka Engineers Day 2021 SORACOM UG紹介
 
AWS IoT Eventsで遊んでみた
AWS IoT Eventsで遊んでみたAWS IoT Eventsで遊んでみた
AWS IoT Eventsで遊んでみた
 
Soracomug 20200701
Soracomug 20200701Soracomug 20200701
Soracomug 20200701
 
AWSで画像認識をやってみる~DL3分クッキング~
AWSで画像認識をやってみる~DL3分クッキング~AWSで画像認識をやってみる~DL3分クッキング~
AWSで画像認識をやってみる~DL3分クッキング~
 
Fukuten 20200117 up
Fukuten 20200117 upFukuten 20200117 up
Fukuten 20200117 up
 
Amazon Forecastで未来を予測しよう
Amazon Forecastで未来を予測しようAmazon Forecastで未来を予測しよう
Amazon Forecastで未来を予測しよう
 
SORACOM-UG岡山 LT資料 2019-08-17
SORACOM-UG岡山 LT資料 2019-08-17SORACOM-UG岡山 LT資料 2019-08-17
SORACOM-UG岡山 LT資料 2019-08-17
 
Serverless meetuplt 201903_up
Serverless meetuplt 201903_upServerless meetuplt 201903_up
Serverless meetuplt 201903_up
 
あのボタンで子育て支援!
あのボタンで子育て支援!あのボタンで子育て支援!
あのボタンで子育て支援!
 
LogicAppsでお天気ボットを作ろう
LogicAppsでお天気ボットを作ろうLogicAppsでお天気ボットを作ろう
LogicAppsでお天気ボットを作ろう
 
API Gateway + LambdaでLINE通知サービス構築
API Gateway + LambdaでLINE通知サービス構築API Gateway + LambdaでLINE通知サービス構築
API Gateway + LambdaでLINE通知サービス構築
 
Jawsug福岡 201606 up
Jawsug福岡 201606 upJawsug福岡 201606 up
Jawsug福岡 201606 up
 
SESとLambdaでメールをSlackに通知してみよう
SESとLambdaでメールをSlackに通知してみようSESとLambdaでメールをSlackに通知してみよう
SESとLambdaでメールをSlackに通知してみよう
 

Recently uploaded

Recently uploaded (20)

ODC, Data Fabric and Architecture User Group
ODC, Data Fabric and Architecture User GroupODC, Data Fabric and Architecture User Group
ODC, Data Fabric and Architecture User Group
 
UiPath Test Automation using UiPath Test Suite series, part 1
UiPath Test Automation using UiPath Test Suite series, part 1UiPath Test Automation using UiPath Test Suite series, part 1
UiPath Test Automation using UiPath Test Suite series, part 1
 
The architecture of Generative AI for enterprises.pdf
The architecture of Generative AI for enterprises.pdfThe architecture of Generative AI for enterprises.pdf
The architecture of Generative AI for enterprises.pdf
 
IOS-PENTESTING-BEGINNERS-PRACTICAL-GUIDE-.pptx
IOS-PENTESTING-BEGINNERS-PRACTICAL-GUIDE-.pptxIOS-PENTESTING-BEGINNERS-PRACTICAL-GUIDE-.pptx
IOS-PENTESTING-BEGINNERS-PRACTICAL-GUIDE-.pptx
 
Transforming The New York Times: Empowering Evolution through UX
Transforming The New York Times: Empowering Evolution through UXTransforming The New York Times: Empowering Evolution through UX
Transforming The New York Times: Empowering Evolution through UX
 
To Graph or Not to Graph Knowledge Graph Architectures and LLMs
To Graph or Not to Graph Knowledge Graph Architectures and LLMsTo Graph or Not to Graph Knowledge Graph Architectures and LLMs
To Graph or Not to Graph Knowledge Graph Architectures and LLMs
 
Kubernetes & AI - Beauty and the Beast !?! @KCD Istanbul 2024
Kubernetes & AI - Beauty and the Beast !?! @KCD Istanbul 2024Kubernetes & AI - Beauty and the Beast !?! @KCD Istanbul 2024
Kubernetes & AI - Beauty and the Beast !?! @KCD Istanbul 2024
 
Speed Wins: From Kafka to APIs in Minutes
Speed Wins: From Kafka to APIs in MinutesSpeed Wins: From Kafka to APIs in Minutes
Speed Wins: From Kafka to APIs in Minutes
 
Motion for AI: Creating Empathy in Technology
Motion for AI: Creating Empathy in TechnologyMotion for AI: Creating Empathy in Technology
Motion for AI: Creating Empathy in Technology
 
SOQL 201 for Admins & Developers: Slice & Dice Your Org’s Data With Aggregate...
SOQL 201 for Admins & Developers: Slice & Dice Your Org’s Data With Aggregate...SOQL 201 for Admins & Developers: Slice & Dice Your Org’s Data With Aggregate...
SOQL 201 for Admins & Developers: Slice & Dice Your Org’s Data With Aggregate...
 
AI presentation and introduction - Retrieval Augmented Generation RAG 101
AI presentation and introduction - Retrieval Augmented Generation RAG 101AI presentation and introduction - Retrieval Augmented Generation RAG 101
AI presentation and introduction - Retrieval Augmented Generation RAG 101
 
10 Differences between Sales Cloud and CPQ, Blanka Doktorová
10 Differences between Sales Cloud and CPQ, Blanka Doktorová10 Differences between Sales Cloud and CPQ, Blanka Doktorová
10 Differences between Sales Cloud and CPQ, Blanka Doktorová
 
Optimizing NoSQL Performance Through Observability
Optimizing NoSQL Performance Through ObservabilityOptimizing NoSQL Performance Through Observability
Optimizing NoSQL Performance Through Observability
 
IoT Analytics Company Presentation May 2024
IoT Analytics Company Presentation May 2024IoT Analytics Company Presentation May 2024
IoT Analytics Company Presentation May 2024
 
Knowledge engineering: from people to machines and back
Knowledge engineering: from people to machines and backKnowledge engineering: from people to machines and back
Knowledge engineering: from people to machines and back
 
PLAI - Acceleration Program for Generative A.I. Startups
PLAI - Acceleration Program for Generative A.I. StartupsPLAI - Acceleration Program for Generative A.I. Startups
PLAI - Acceleration Program for Generative A.I. Startups
 
Enterprise Security Monitoring, And Log Management.
Enterprise Security Monitoring, And Log Management.Enterprise Security Monitoring, And Log Management.
Enterprise Security Monitoring, And Log Management.
 
Measures in SQL (a talk at SF Distributed Systems meetup, 2024-05-22)
Measures in SQL (a talk at SF Distributed Systems meetup, 2024-05-22)Measures in SQL (a talk at SF Distributed Systems meetup, 2024-05-22)
Measures in SQL (a talk at SF Distributed Systems meetup, 2024-05-22)
 
Intro in Product Management - Коротко про професію продакт менеджера
Intro in Product Management - Коротко про професію продакт менеджераIntro in Product Management - Коротко про професію продакт менеджера
Intro in Product Management - Коротко про професію продакт менеджера
 
Integrating Telephony Systems with Salesforce: Insights and Considerations, B...
Integrating Telephony Systems with Salesforce: Insights and Considerations, B...Integrating Telephony Systems with Salesforce: Insights and Considerations, B...
Integrating Telephony Systems with Salesforce: Insights and Considerations, B...
 

Cloudshell 20201229

  • 1. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved. CloudShell内で動かしてるサービスを 公開してみた 2020年12月29日 木村健一郎 (@show_m001)
  • 2. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved. 名前:木村健一郎(しょーちゃん) 所属:株式会社オルターブース JAWS-UG福岡 SORACOM-UG九州 娘ちゃんのパパ(3歳5ヶ月) お仕事:テクニカルアーキテクト 好きなAWSサービス: Lambda 好きなSORACOMサービス:Funk
  • 3. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved. AWS CloudShellとは 皆さんが沢山話されてると思うので省略 (持ち時間5分しかないし)
  • 4. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved. re:Inventでの発表を聞いて思ったこと ・たぶんコンテナで実行してるんだろうな ・Amazon Linux2で色々インストールして いいってならあれこれ動くか入れてみるか ・まぁインバウンドは閉じられてるだろうね ・アイコンのデザインと位置がAzureの(ry
  • 5. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved. やってみた(1) >たぶんコンテナで実行してるんやろうな PID1がコマンドなのでコンテナっぽいですね
  • 6. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved. やってみた(2) >あれこれ動くか入れてみるか SOCACOM cliはダウンロードしてきたバイナリがそのまま動きました
  • 7. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved. やってみた(3) >あれこれ動くか入れてみるか Pipでいくつかパッケージを追加すればazure cliも動きます
  • 8. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved. インバウンド ネットワークアクセス セッションはインターネットへのアウトバウンド接続 を確率できますが、インバウンド接続はどの種類でも 許可しません。現在、セッションはプライベート VPC サブネット内のリソースに接続できませんが、近日中 に接続できるようになる予定です。 https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/aws-cloudshell-command-line-access-to-aws-resources/ まぁそうですよね
  • 9. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved. インバウンドが開いていないなら トンネル掘ってこじ開ければいい じゃない (古いハッカーの言葉)
  • 10. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved. みんな大好きngrok ・Ngrok exposes local servers behind NATs and firewalls to the public internet over secure tunnels. (公式ページより) ・ngrokコマンドをダウンロードしてきてローカル マシンで実行する ・ngrokコマンドがngrokサーバに接続して、ローカル サーバとの間にトンネルを掘る ・ngrokサーバが一時的にグローバルIPアドレスを 付与してくれるのでそこにアクセスする ・https://ngrok.com/
  • 11. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved. やってみた(4) pythonのFlaskアプリでサンプルのWebサービスを動かす
  • 12. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved. やってみた(5) 別のタブでngrokを動かす
  • 13. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved. やってみた(6) ブラウザからアクセスしてみる やったね!
  • 14. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved. まとめ ・ngrok超優秀 外部サービスからのインバウンドアクセスが必要な デバッグが捗る ・AWS CloudShell何でも動く ・AWS CloudShellのインバウンドは 制限されてるけどngrokでこじ開けることは可能 (sshも普通にいけます) ・つまり そういうことです ・用量用法を守って正しく使いましょう
  • 15. Copyright © 2015-2020 ALTERBOOTH inc. All Rights Reserved.