SlideShare a Scribd company logo
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
全部繋がるIoT時代はビジネスチャンスやで
〜IoT最新動向と勝手にタイトルついてるけど適当にしゃべります〜
株式会社 ウフル
専務執行役員 IoTイノベーションセンター所長兼
エグゼクティブコンサルタント
八子知礼
2017年 4月28日
NO IoT NO FUTURE
第2回すだちくん勉強会
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
八子知礼 (株)ウフル 専務執行役員
IoTイノベーションセンター所長 兼 エグゼクティブコンサルタント
 松下電工株式会社にて通信機器の企画開発や新規サービス事業の立ち上げに従事
 複数のコンサルティング会社で合計15年を超えるコンサルティング経験
 10年以上通信キャリア、サービスプロバイダ、ハイテク業界を担当
 新規事業戦略立案、顧客/商品/マーケティング戦略、バリューチェーン再編等を多数経験
 2014年にシスコシステムズ合同会社にてシスココンサルティングサービスの立ち上げに参画
 2016年4月1日(株)ウフル IoTイノベーションセンター 所長就任
 クラウド利用促進機構 運営委員、日本英語検定協会 理事、mRuby普及促進協会アドバイザ
2016年度経産省ものづくり競争力研究会 委員、日本OMGエバンジェリスト
Wireless Wire News
日本のIoTを変える99人
日刊工業新聞社ニュースイッチ
IoTのファシリテーター
「モバイルクラウド」
出版
「図解クラウド早わ
かり」出版
ビジネスノマドジャーナル
インタビュー記事
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
IoTコンサルティング・コミュニティの運営
services
IoTプラットフォーム開発・PoCの支援
services
クラウドシステムの販売・開発・導入
Partners
マーケティング支援・
ソーシャルリスニングによる調査分析
services
広告クリエイティブ・Web等の制作
services
データアナリティクス・AI開発
services
(株)ウフルの事業:
マーケティング/クラウド事業をIoT事業軸に収斂したインテグレータ/コンサル
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 4
IoTに取り組む背景やらなんやら
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 5
Connected Deviceが爆発的に急増
SOURCE: ZK Research, 2016
500億台
100億台10億台2億台
センサーの数は
1兆個へ
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 6
ソフトバンクの御大もこうおっしゃってます
今後20年間で
1兆個のIoT向け
チップを提供
http://jp.reuters.com/article/softbank-son-arm-
idJPKBN1661NF
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
すべてがつながるIoTの時代=境目がなくなっていくこと
上司と部下
IT企業と事業会社
広告とコンテンツ
業界と他業界
ハードとソフト
リアルと
バーチャル
社内と社外 コンシューマと法人
男性と女性とLGBT
人間とロボット
データをリアルタイ
ムに活用する
データ
デバイスと
オブジェクトが
相互につながる
モノ
適切な情報を
適切な人とマシンに
自動連携する
プロセス
人々とモノがつながって
継続的に価値を生む
ヒト
IoT
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
• 国内IoT市場は2021年まで年間平均成長率17.0%で成長、市場規模は11兆円に達する
• 新たなユースケースの立ち上げに向けて、産業分野の開拓や新興企業との提携が必要に
8
国内IoT市場規模は今から4年で2倍になるからチャンスやで〜
出典:IDC Japan 2017年2月20日「国内IoT市場ユースケース別/産業分野別予測」より
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 9
国内IoT市場で最も伸びる業界は運輸(自動車)、製造、エンタメ
23,030
3,760
10,500 6,570 5,000
13,350
17,000
7,000
21,000
8,000
13,730
32,000
9,200 8,800
16,450
24,000
14,510
10,400
193,550
13,040
77,320
50,000
40,000
128,970 130,000
30,000
140,000
80,000
72,190
269,000
128,600
32,000
134,950
166,980
206,320
70,000
0
50000
100000
150000
200000
250000
300000
2015年(実績) 2016年(見込) 2017年(予測) 2018年(推定) 2020年(推定)出典:総合プランニング「2017年版IoT関連市場の将来予測」 2016年11月
そのあたりのIoTビジネスやっとくとええことあるで〜
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
• 製造業、サービス業、流通・物流はIoTビジネスでクラウドけっこう伸びる感じ
10
クラウドなみんな、IoTで伸びるからチャンスやで〜
出典:総合プランニング「2017年版IoT関連市場の将来予測」 2016年11月
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
分類 プラットフォーム名称 提供企業 コメント URL
ベンチャー系
プラットフォー
マー
Inventit Inventit MDMから始まった実績あるプラットフォーマー。フットワーク軽い。 http://www.yourinventit.com/
toami 日本システムウエア 幅広にアライアンスをしている米ThingWorxの日本語版。SI会社。 http://www.toami.jp
Kii Kii グローバルに展開しているプラットフォーム。実績も豊富。 http://www.kii.com
IQP 日本IQP IBM、KDDIにも採用された柔軟性高いプラットフォーム http://iqpiot.com/makers/
Fastio Ecomot エコモット クラウドインテグレータのTerraskyが出資した会社。実績有り。 http://www.fastio.jp/
M2M Grid サン電子 イスラエル企業のプラットフォームを担ぐ。画面が悪い。 http://www.sun-denshi.co.jp/m2mgrid/
IoT PaaS One Bunnyhop どちらかというとモノよりのPaaS。 https://iot.bunnyhop.jp/
SEP ILC どちらかというと組み込み系に近いプラットフォーム http://www.ilc.co.jp/commodity/sep/aboutsep.html
Milkcocoa Technical Rockstars 技術者に人気の高い実績あるプラットフォーム。ウフルが買収。 https://mlkcca.com/
Cariot Flect クルマ向けのIoTプラットフォーム。CONNEXIOと共同で。 http://iot.flect.co.jp/cariot/
Scalenics UPR デバイス管理系から始まったプラットフォーム http://scalenics.io/
Enebular Uhuru モノやデータのオーケストレーションサービス。 https://enebular.com/
Mythings Yahoo B2C向け、WebサービスのAPI連携が中心のプラットフォーム http://mythings.yahoo.co.jp/
EveryStamp EverySense IoTのアプリマーケット構想を持つプラットフォーム http://every-sense.com/
Strobo IoT Suite Strobo 家電向けの簡単なアプリを提供するプラットフォーマー http://strobo.io/
BlueRabbit UlSystems 米DataStax社のインメモリPFに対応したリアルタイムプラットフォーム https://b-rabbit.jp/
メガベンダー系
プラットフォー
マー
Azure IoT Suite Microsoft 一式揃った使いやすい環境。コマツ、竹中工務店などの事例有り。 https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/products-Microsoft-Azure-IoT-Service.aspx
AWS IoT AWS プログラマブルなIoT環境。スシローなどの事例有り。 http://aws.amazon.com/jp/iot/
IoT Cloud Salesforce.com ヒトとも繋がることがコンセプト。サトーHDなどの事例有り。 http://www.salesforce.com/jp/iot/overview/
Bluemix IBM 豊富なライブラリを揃えたNode−RedベースのIoT環境。 http://www.ibm.com/developerworks/jp/bluemix/
IoT Cloud Oracle DBと連携するM2Mモジュールを保有。キヤノンなどで事例有り。 http://www.oracle.com/jp/solutions/internetofthings/overview/index.html
Field Cloud NTT PC フィールド系のM2Mプラットフォーム。 http://www.nttpc.co.jp/service/fieldcloud/iot_platform/
MM Cloud 安川情報 フィールド系のM2Mプラットフォーム。水管理などで実績有り。 http://www.ysknet.co.jp/product/type/networkboard/mmcloud/index.html
Cloud IoT Platform Fujitsu クラウドプラットフォームをIoT向けに味付けしたもの。 http://jp.fujitsu.com/solutions/cloud/paas/iot-platform/
Connexive NEC 古くからあるM2Mプラットフォームサービス。 http://jpn.nec.com/solution/m2m/index.html
分析・BI系 3rd Party Data Gallery ウイングアーク1st 第3者のデータを販売、流通している企業。 http://www.wingarc.com/service/dg/
Motion Board ウイングアーク1st 世界最速の描画パフォーマンスを誇る分析・ビジュアル化ツール http://www.wingarc.com/product/motionboard/
Tableau Tableau 幅広いユーザーに受けているオープンな分析ツール http://get.tableau.com/ja-jp/trial/tableau-software.html
QlickView QlickView 幅広いユーザーに受けている分析ツール http://global.qlik.com/jp/explore/products/qlikview
Data Diver データビークル 特殊な分析ツールなくても自然言語でデータの勘所を探れるツール http://www.dtvcl.com/
Treasure Data Treasure Data AWS上で動作する、日本人が米国で起業したBigData分析環境 https://www.treasuredata.com/jp/
Talend Talend 表示よりも統合寄りのビッグデータ統合プラットフォーム http://jp.talend.com/products
Yellowfin Yellowfin Japan 美しいグラフィカルデザインが特徴のBIツール http://www.japan.yellowfin.bi/
11
いろんなIoTクラウドプラットフォーマーが出てるからチャンスやで〜
クラウドは知っている
人達ばっかりやろー
なので本日は割愛!
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
• 従来型の開発やシステムの考え方が通用しないのがIoTシステムのポイント。
12
IoTシステム構築はこれまでの考え方とは異なる
従来の基幹システムなど IoTのシステム
• 中央に集約されたリソースを活用する
• デバイスの数はたかだか従業員数
• データは連携ツールで連携か、バッチシステム
• RDBで管理可能な構造化・標準化されたデータ
• 企業のオフィス内での利用を前提としたシステム
• ウォーターフォール型の開発
• ローカルに分散化されたリソースを活用する
• 接続されるデバイスの数が圧倒的に多い
• データが断続的、または連続的に上がってくる
• 欠損等が存在する非構造化・非標準化データ
• 設置環境、通信環境に制約がある事が多い
• アジャイル型の開発
2〜3
n
n
m
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 13
今日はエッチなはなしをします♡
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
クラウドの次、モバイルの次が見えているか?
SOURCE:ITPro 八子モバイルクラウド研究所第10回(2010年3月)に加筆
セ
ン
タ
ー
処
理
ロ
ー
カ
ル
処
理
メインフレーム:約50年
クライアントサーバ:約20年
クラウド
コンピューティング
10年?
WEBコンピューティング
:約15年
新たな
コンピューティング
トレンド
ホストコンピュータ
の時代
エンドユーザ
コンピューティングの時代
2017~2007~20171993~2007199319701960
今
マイクロデバイス?
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 15
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 16
今日はエッチなはなしをします♡
今日はエッジなはなしをします(キリッ)
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
• デバイス数が爆発的に増加するため、既存の中央集権型アーキテクチャでは、ネットワークトラ
フィックとデータ保管コストの増加に耐えられません。
17
IoT時代にはクラウドからエッジへシフトするからチャンスやで〜
従来のITアーキテクチャ(集中モデル) IoTアーキテクチャ (分散協調モデル)
agent
Cloud
クラウドを介さ
ずにエッジデバ
イス間が直接通
信
クラウドでのエッジデ
バイス管理(アクティ
ベーション)と自動的
な処理配置の最適化
agent
agent
agent
agent
Device
Manageme
nt
エッジ側でのコ
ンピューティン
グ処理による迅
速なレスポンス
Wearables
Industrial
Devices
Telematics
Homes,
Appliance
s, etc.
Cloud
IoT Hub
エッジへのフィー
ドバックは常にク
ラウド経由
データは基本
的にクラウド
に集約
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
弊社事例から:クラウド側とエッジ側でのデータ・処理配置の最適化
エッジ分散型
エッジを高機能化
バランス型
全体コスト最適化
クラウド集中型
エッジは最低限の機能のみ
データ蓄積
エッジ側で長時間データ蓄積
(大容量メモリ、ストレージ)
エッジ側で一定時間データ蓄積
(適切なメモリ、ストレージ容量)
クラウド側でデータ蓄積
データ集計
エッジ側で実施
(バッチデータ量1/10)
クラウド側で実施データ分析
アプリケーション処理
データ通信 エッジ側にインテリジェントなデータ通信 エッジ側に機能なし
データ圧縮
エッジ側にデータ圧縮機能あり
(50%)
エッジ側にデータ圧縮機能あり(25%) エッジ側にデータ圧縮機能なし
通信モジュール 1万円/台 5000円/台 3000円/台
※クラウド運用コストは影響が少ないため一定とする
※見守りサービスの通信費はユーザー負担とする
86%
4%
10%
61%
8%
31%36%
7%
57%
通信コスト
クラウドコスト
通信モジュール
コスト
全てをクラウドに上げるわけでもなくエッジ側でも処理するアーキテクチャの考え方が必要
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
• スマフォ、家電、産業用機器から車載まで、多くのARMアーキテクチャのチップが搭載されています
• 今後、IoTの分野、特にマイコンクラスのエッジデバイスではARMが主流になると予想されます。
19
エッジデバイスの本命?!ARM
SOURCE:ARM
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
• 2004年の発表から2016年末までに、250億個弱のチップが出荷されています。
• 2015年末までの時点では、約150億個であったため、出荷数は加速度的に増加しています。
20
エッジデバイス向けARMチップ(Cortex-M)の出荷数
SOURCE:ARM
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 21
データを暗号化するだけでは・・・
• ファームウェア書き換えられるとか
• デバイスの動作を守れないとか
詳しくは
セキュリティの御大
河野さんやすだちくんに
ぶん投げ
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
• TrustZoneは、メモリの論理アドレスとCPU実行権限の分割を行い、セキュアにデータを取り扱うこと
を可能にする技術です。モバイルペイメントなどで広く使われています。 Cortex-Mには第8世代から
TrustZoneが導入され、小さなデバイスでもワンチップでセキュリティを担保できるようになります。
22
ARMのセキュリティ技術:TrustZone
SOURCE:ARM
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
• ARM社が提供するmbed cloudは、 TrustZoneと連携することで、チップレベルのセキュリティを担
保することができるSaaSです。
23
エッジデバイスのセキュアな管理、アップデートを可能にするmbed cloud
こんなすごいあなた(クラウド)、見たことな〜〜い ♡♡♡
SOURCE:ARM
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
クラウドとエッジを共通手法で開発できるようになるからチャンスやで〜
• クラウドとエッジの境目に存在する人材・技術・ビジネスにギャップあってこれが解決されつつある
エッジ
センサー機能
追加の開発の
難しさ
通信容量・コスト
の拡大
クラウド経由の
処理の遅延
クラウド
開発手法の違い
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 25
事例とか地方とかコミュニティとか
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
• センサやデバイスが手の届く範囲の値段になってきました。
• 安価にIoTモデルを構築し、データを活用したビジネスができる時代です。
26
いろいろなセンサやデバイスが安価に出てきてチャンスやで〜
オムロンの環境複合センサとアプリ
• センサ単体の可視化は可能
• センサの状態から読み取っ
て状態を判断
(加速度や気圧から)
• 居室空間内でのセンシング
結果をクラウドに上げてノウ
ハウ化することが必要。
車のテレマティクスサービスが
3500円/台から
SOURCE: http://www.geotab.jp/
主なルール設定の項目例
• エンジン回転数の上限
• 不要なアイドリング
• スピードの出し過ぎ
• 急ブレーキ・急加速
• 急ハンドルなどの危険運転
• シートベルト未装着
• バック運転
• 時間外使用
• 目的地での延着や早出発
• 無許可の自宅利用
• オフィスでの長時間待機や長時間ラン
チ
• 就業時間内での長時間停車
1台から利用可能
タクシー、バスなどの運行管理で活用
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
• ノウハウが継承できてなかったが、温度や潮流を判断して水揚げ・出荷可能に。
一般事例:ICTブイで三陸の牡蠣養殖を復興へ:アンデックスの取組
アンデックス社の
モバイルアプリ
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
部品一つから、3Dデータを送付すれば30秒で見積もり納期が回答される
28
一般事例:ミスミのマスカスタマイズド部品販売ECプラットフォーム:meviy
出展:https://meviy.misumi-ec.com/
サービスの裏で工場内では設備や人材、在庫がすべてつながっているわけで・・・
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 29
ウフルの事例:三菱重工 風力発電事業 IoTモニタリングシステム導入
enebularを利用して、
データの収集から保管・表示
分析・活用までの連携を実現
Salesforce App Cloudで
構築した業務アプリに連携し
運転状況を可視化
風車タービンに設置された
回転数、振動等の
センサーデータを集約
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
複数のソースから発生したデータを一元的に集約し時系列に沿ってリアルタイムに可視化
30
ウフルの導入事例:
enebularと可視化機能INFOMOTIONによるリアルタイムENERGYダッシュボード
https://youtu.be/k_z8U_GBqHk
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
• フリーアドレスにしたので社員がどこに居るかわからない(笑)ので居場所確認できるように。
31
ウフルの自社導入事例:社員の居場所、貸出機器のトラッキング「オフィスIoT」
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
• 地方での課題は多少の差はあれど共通的な課題も多いのが実情です。
• 地方のIT人材や現場の皆さんと一緒にIoTでビジネスを創っていくチャンスが一杯あります。
32
地方版IoT推進ラボが立ち上がりまくっていて、チャンスやで〜
参考:「地方版IoT推進ラボ」の第一弾選定結果(2016年8月開示;29自治体)
北海道札幌市/北海道釧路市/北海道士幌町/宮城県/福島県会津若松市/茨城県/富山県/石川県/石川県加賀市/福井県/長野県伊那市/
岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/京都府京都市/大阪府大阪市/兵庫県神戸市/奈良県/和歌山県/島根県/広島県/高知県/福岡県/福岡
県北九州市/福岡県福岡市/熊本県/鹿児島県/沖縄県
第2弾選定結果(2017年3月13日開示;24自治体)
北海道函館市/宮城県仙台市/秋田県仙北市/埼玉県/千葉県/神奈川県/神奈川県横浜市/神奈川県相模原市/神奈川県横須賀市/神奈川県
湘南地域(藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町)/新潟県/石川県白山市/福井県鯖江市/愛知県名古屋市/愛知県豊田市/滋賀県/大阪府/山口県/福岡
県嘉飯桂地域(飯塚市・嘉麻市・桂川町)/佐賀県/長崎県/長崎県長崎市/大分県/宮崎県
養殖・水産資源の見える化
農地や作業進捗の見える化
インバウンド外国人向け多言語誘導サービス
■地方におけるIoT関連の課題で代表的なもの10こ
中山間部過疎地域への見守りサービス
鳥獣被害対策
地場製造業向け取引拡大プラットフォーム
商店街の回遊支援共同アプリ 商用車の稼働状態管理
河川、ダム、森林災害防止 自治体向け災害対策アプリケーション
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 33
2つのエッジ系デバイスのUsers Group始めました、これもチャンスやで〜
• 先週設立して3日ほどでどちらも参加者が100人超えました。是非ご参加を!
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 34
ONE MORE THING・・・
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
• ヒロコ先生も講師♫やで
http://uhuru.co.jp/edu/iot-basic/
35
「IoTイノベーションスクール」始まるから勉強するチャンスやで〜
ウフルIoTイノベーションセンター所属
フリー素材「ぱくたそ」モデル土本寛子
https://www.pakutaso.com/hiroko_tsuchi.html
• 毎週開催
• 1.5時間/回
• 全8回
• 20万円♫
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 36
ONE MORE THING・・・
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
2017.06.24sat-25sun
近日参加申し込み開始
XXXXXXXXXXXXXX実施決定!これはチャンスやで〜
5/8発表予定
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 38
FINAL THING・・・
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved.
第25回八子クラウド座談会
5月20日(土)開催よ♫
テーマは「クラウド×AI」
この週末中に募集開始
ウフルIoTイノベーションセンター所属
フリー素材「ぱくたそ」モデル土本寛子
https://www.pakutaso.com/hiroko_tsuchi.html
Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 40
NO IoT
NO
FUTUREiot@uhuru.jp

More Related Content

What's hot

「あなたの身近にもIoT」地域IoTサミット2016in天草 161111
「あなたの身近にもIoT」地域IoTサミット2016in天草 161111「あなたの身近にもIoT」地域IoTサミット2016in天草 161111
「あなたの身近にもIoT」地域IoTサミット2016in天草 161111
知礼 八子
 
「IoTで創造する新しい産業」高知家フューチャーセミナー 161107
「IoTで創造する新しい産業」高知家フューチャーセミナー 161107「IoTで創造する新しい産業」高知家フューチャーセミナー 161107
「IoTで創造する新しい産業」高知家フューチャーセミナー 161107
知礼 八子
 
「IoTで実現する新しいビジネス」 沖縄IT経営カンファレンス 170306
「IoTで実現する新しいビジネス」 沖縄IT経営カンファレンス 170306「IoTで実現する新しいビジネス」 沖縄IT経営カンファレンス 170306
「IoTで実現する新しいビジネス」 沖縄IT経営カンファレンス 170306
知礼 八子
 
IoTとAIが牽引するエンタープライズシステムの新展開
IoTとAIが牽引するエンタープライズシステムの新展開IoTとAIが牽引するエンタープライズシステムの新展開
IoTとAIが牽引するエンタープライズシステムの新展開
Miki Yutani
 
八子クラウド座談会 事前配布・趣旨説明  20170617
八子クラウド座談会 事前配布・趣旨説明  20170617八子クラウド座談会 事前配布・趣旨説明  20170617
八子クラウド座談会 事前配布・趣旨説明  20170617
知礼 八子
 
IoTの「I」をカタチにする~インターネット企業が取り組むスピーディなIoT参入への挑戦~
IoTの「I」をカタチにする~インターネット企業が取り組むスピーディなIoT参入への挑戦~ IoTの「I」をカタチにする~インターネット企業が取り組むスピーディなIoT参入への挑戦~
IoTの「I」をカタチにする~インターネット企業が取り組むスピーディなIoT参入への挑戦~
Koichi Sasaki
 
IoTシステムを支えるワンストップ基盤 Plat'Data Processing
IoTシステムを支えるワンストップ基盤 Plat'Data ProcessingIoTシステムを支えるワンストップ基盤 Plat'Data Processing
IoTシステムを支えるワンストップ基盤 Plat'Data Processing
Kohei MATSUSHITA
 
「IoTで広がる未来への可能性」熊本IoTアライアンスキックオフセミナー 170112
「IoTで広がる未来への可能性」熊本IoTアライアンスキックオフセミナー 170112「IoTで広がる未来への可能性」熊本IoTアライアンスキックオフセミナー 170112
「IoTで広がる未来への可能性」熊本IoTアライアンスキックオフセミナー 170112
知礼 八子
 
モバイル・IoT・VR、今後のデバイスに向けた開発手法について ~スマホの次を見据えて~
モバイル・IoT・VR、今後のデバイスに向けた開発手法について ~スマホの次を見据えて~モバイル・IoT・VR、今後のデバイスに向けた開発手法について ~スマホの次を見据えて~
モバイル・IoT・VR、今後のデバイスに向けた開発手法について ~スマホの次を見据えて~
Koichi Sasaki
 
デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会 デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
IoTビジネス共創ラボ
 
「IoT時代のデータのあり方と活用の方向性」名古屋大学エネルギーシステムシンポジウム 170222
「IoT時代のデータのあり方と活用の方向性」名古屋大学エネルギーシステムシンポジウム 170222「IoT時代のデータのあり方と活用の方向性」名古屋大学エネルギーシステムシンポジウム 170222
「IoT時代のデータのあり方と活用の方向性」名古屋大学エネルギーシステムシンポジウム 170222
知礼 八子
 
IoTデータ活用のフィードバックループ
IoTデータ活用のフィードバックループIoTデータ活用のフィードバックループ
IoTデータ活用のフィードバックループ
Koichi Sasaki
 
『IoTをビジネスの力に』 IoTビジネスの実態とIoTセンサ
『IoTをビジネスの力に』 IoTビジネスの実態とIoTセンサ『IoTをビジネスの力に』 IoTビジネスの実態とIoTセンサ
『IoTをビジネスの力に』 IoTビジネスの実態とIoTセンサ
Kohei MATSUSHITA
 
第26回八子クラウド座談会当日メモ付き_20180407
第26回八子クラウド座談会当日メモ付き_20180407第26回八子クラウド座談会当日メモ付き_20180407
第26回八子クラウド座談会当日メモ付き_20180407
知礼 八子
 
IoT ビジネス共創ラボの趣旨説明、地方共創ラボ紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
IoT ビジネス共創ラボの趣旨説明、地方共創ラボ紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会 IoT ビジネス共創ラボの趣旨説明、地方共創ラボ紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
IoT ビジネス共創ラボの趣旨説明、地方共創ラボ紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
IoTビジネス共創ラボ
 
「IoTがもたらすインパクトと企業が取り組むべき方向性」新潟県IT経営カンファレンス 170125
「IoTがもたらすインパクトと企業が取り組むべき方向性」新潟県IT経営カンファレンス 170125「IoTがもたらすインパクトと企業が取り組むべき方向性」新潟県IT経営カンファレンス 170125
「IoTがもたらすインパクトと企業が取り組むべき方向性」新潟県IT経営カンファレンス 170125
知礼 八子
 
ウェアラブルデバイス、IoTがもたらす産業変革
ウェアラブルデバイス、IoTがもたらす産業変革ウェアラブルデバイス、IoTがもたらす産業変革
ウェアラブルデバイス、IoTがもたらす産業変革
Toshiya Jitsuzumi
 
Io tのお困りごとを解決「ニフティiotデザインセンター」_iotの実現をサポートするニフティの取り組み
Io tのお困りごとを解決「ニフティiotデザインセンター」_iotの実現をサポートするニフティの取り組みIo tのお困りごとを解決「ニフティiotデザインセンター」_iotの実現をサポートするニフティの取り組み
Io tのお困りごとを解決「ニフティiotデザインセンター」_iotの実現をサポートするニフティの取り組み
iot_nifty
 
IoT時代のビジネスチャンスのとらえ方
IoT時代のビジネスチャンスのとらえ方IoT時代のビジネスチャンスのとらえ方
IoT時代のビジネスチャンスのとらえ方
Japan External Trade Oragnization, Switzerland
 
高知 IoT概論 活用事例セミナ―
高知 IoT概論 活用事例セミナ―高知 IoT概論 活用事例セミナ―
高知 IoT概論 活用事例セミナ―
Masahiro Takechi
 

What's hot (20)

「あなたの身近にもIoT」地域IoTサミット2016in天草 161111
「あなたの身近にもIoT」地域IoTサミット2016in天草 161111「あなたの身近にもIoT」地域IoTサミット2016in天草 161111
「あなたの身近にもIoT」地域IoTサミット2016in天草 161111
 
「IoTで創造する新しい産業」高知家フューチャーセミナー 161107
「IoTで創造する新しい産業」高知家フューチャーセミナー 161107「IoTで創造する新しい産業」高知家フューチャーセミナー 161107
「IoTで創造する新しい産業」高知家フューチャーセミナー 161107
 
「IoTで実現する新しいビジネス」 沖縄IT経営カンファレンス 170306
「IoTで実現する新しいビジネス」 沖縄IT経営カンファレンス 170306「IoTで実現する新しいビジネス」 沖縄IT経営カンファレンス 170306
「IoTで実現する新しいビジネス」 沖縄IT経営カンファレンス 170306
 
IoTとAIが牽引するエンタープライズシステムの新展開
IoTとAIが牽引するエンタープライズシステムの新展開IoTとAIが牽引するエンタープライズシステムの新展開
IoTとAIが牽引するエンタープライズシステムの新展開
 
八子クラウド座談会 事前配布・趣旨説明  20170617
八子クラウド座談会 事前配布・趣旨説明  20170617八子クラウド座談会 事前配布・趣旨説明  20170617
八子クラウド座談会 事前配布・趣旨説明  20170617
 
IoTの「I」をカタチにする~インターネット企業が取り組むスピーディなIoT参入への挑戦~
IoTの「I」をカタチにする~インターネット企業が取り組むスピーディなIoT参入への挑戦~ IoTの「I」をカタチにする~インターネット企業が取り組むスピーディなIoT参入への挑戦~
IoTの「I」をカタチにする~インターネット企業が取り組むスピーディなIoT参入への挑戦~
 
IoTシステムを支えるワンストップ基盤 Plat'Data Processing
IoTシステムを支えるワンストップ基盤 Plat'Data ProcessingIoTシステムを支えるワンストップ基盤 Plat'Data Processing
IoTシステムを支えるワンストップ基盤 Plat'Data Processing
 
「IoTで広がる未来への可能性」熊本IoTアライアンスキックオフセミナー 170112
「IoTで広がる未来への可能性」熊本IoTアライアンスキックオフセミナー 170112「IoTで広がる未来への可能性」熊本IoTアライアンスキックオフセミナー 170112
「IoTで広がる未来への可能性」熊本IoTアライアンスキックオフセミナー 170112
 
モバイル・IoT・VR、今後のデバイスに向けた開発手法について ~スマホの次を見据えて~
モバイル・IoT・VR、今後のデバイスに向けた開発手法について ~スマホの次を見据えて~モバイル・IoT・VR、今後のデバイスに向けた開発手法について ~スマホの次を見据えて~
モバイル・IoT・VR、今後のデバイスに向けた開発手法について ~スマホの次を見据えて~
 
デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会 デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
 
「IoT時代のデータのあり方と活用の方向性」名古屋大学エネルギーシステムシンポジウム 170222
「IoT時代のデータのあり方と活用の方向性」名古屋大学エネルギーシステムシンポジウム 170222「IoT時代のデータのあり方と活用の方向性」名古屋大学エネルギーシステムシンポジウム 170222
「IoT時代のデータのあり方と活用の方向性」名古屋大学エネルギーシステムシンポジウム 170222
 
IoTデータ活用のフィードバックループ
IoTデータ活用のフィードバックループIoTデータ活用のフィードバックループ
IoTデータ活用のフィードバックループ
 
『IoTをビジネスの力に』 IoTビジネスの実態とIoTセンサ
『IoTをビジネスの力に』 IoTビジネスの実態とIoTセンサ『IoTをビジネスの力に』 IoTビジネスの実態とIoTセンサ
『IoTをビジネスの力に』 IoTビジネスの実態とIoTセンサ
 
第26回八子クラウド座談会当日メモ付き_20180407
第26回八子クラウド座談会当日メモ付き_20180407第26回八子クラウド座談会当日メモ付き_20180407
第26回八子クラウド座談会当日メモ付き_20180407
 
IoT ビジネス共創ラボの趣旨説明、地方共創ラボ紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
IoT ビジネス共創ラボの趣旨説明、地方共創ラボ紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会 IoT ビジネス共創ラボの趣旨説明、地方共創ラボ紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
IoT ビジネス共創ラボの趣旨説明、地方共創ラボ紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
 
「IoTがもたらすインパクトと企業が取り組むべき方向性」新潟県IT経営カンファレンス 170125
「IoTがもたらすインパクトと企業が取り組むべき方向性」新潟県IT経営カンファレンス 170125「IoTがもたらすインパクトと企業が取り組むべき方向性」新潟県IT経営カンファレンス 170125
「IoTがもたらすインパクトと企業が取り組むべき方向性」新潟県IT経営カンファレンス 170125
 
ウェアラブルデバイス、IoTがもたらす産業変革
ウェアラブルデバイス、IoTがもたらす産業変革ウェアラブルデバイス、IoTがもたらす産業変革
ウェアラブルデバイス、IoTがもたらす産業変革
 
Io tのお困りごとを解決「ニフティiotデザインセンター」_iotの実現をサポートするニフティの取り組み
Io tのお困りごとを解決「ニフティiotデザインセンター」_iotの実現をサポートするニフティの取り組みIo tのお困りごとを解決「ニフティiotデザインセンター」_iotの実現をサポートするニフティの取り組み
Io tのお困りごとを解決「ニフティiotデザインセンター」_iotの実現をサポートするニフティの取り組み
 
IoT時代のビジネスチャンスのとらえ方
IoT時代のビジネスチャンスのとらえ方IoT時代のビジネスチャンスのとらえ方
IoT時代のビジネスチャンスのとらえ方
 
高知 IoT概論 活用事例セミナ―
高知 IoT概論 活用事例セミナ―高知 IoT概論 活用事例セミナ―
高知 IoT概論 活用事例セミナ―
 

Similar to 第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料

ISID IIoT Forum_180628
ISID  IIoT Forum_180628ISID  IIoT Forum_180628
ISID IIoT Forum_180628
知礼 八子
 
【kintone hive 上海】ウィングアーク上海講演資料_160918
【kintone hive 上海】ウィングアーク上海講演資料_160918【kintone hive 上海】ウィングアーク上海講演資料_160918
【kintone hive 上海】ウィングアーク上海講演資料_160918
Cybozucommunity
 
The way to a smart factory armed with data utilization
The way to a smart factory armed with data utilizationThe way to a smart factory armed with data utilization
The way to a smart factory armed with data utilization
DataWorks Summit
 
分析のモダナイズへのヒント:データ価値を最大化するビジュアル分析とエンタープライズ組織への展開 - 経営課題解決シンポジウム (2018/09/28)
分析のモダナイズへのヒント:データ価値を最大化するビジュアル分析とエンタープライズ組織への展開 - 経営課題解決シンポジウム (2018/09/28)分析のモダナイズへのヒント:データ価値を最大化するビジュアル分析とエンタープライズ組織への展開 - 経営課題解決シンポジウム (2018/09/28)
分析のモダナイズへのヒント:データ価値を最大化するビジュアル分析とエンタープライズ組織への展開 - 経営課題解決シンポジウム (2018/09/28)
Ryusuke Ashiya
 
クラウド座談会資料
クラウド座談会資料クラウド座談会資料
クラウド座談会資料
知礼 八子
 
【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)
【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)
【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)
appliedelectronics
 
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
Yoshihito Kuranuki
 
インタリオカンファレンス案内(修正版)3
インタリオカンファレンス案内(修正版)3インタリオカンファレンス案内(修正版)3
インタリオカンファレンス案内(修正版)3
Tomoaki Sawada
 
TECH Streetますます機能拡充するPower Automate for desktopの概要と最新情報
TECH Streetますます機能拡充するPower Automate for desktopの概要と最新情報TECH Streetますます機能拡充するPower Automate for desktopの概要と最新情報
TECH Streetますます機能拡充するPower Automate for desktopの概要と最新情報
Yuto Kawabata
 
MLOps NYC 2019 and Strata Data Conference NY 2019 report nttdata
MLOps NYC 2019 and Strata Data Conference NY 2019 report nttdataMLOps NYC 2019 and Strata Data Conference NY 2019 report nttdata
MLOps NYC 2019 and Strata Data Conference NY 2019 report nttdata
NTT DATA Technology & Innovation
 
【会社概要資料】STC.pdf
【会社概要資料】STC.pdf【会社概要資料】STC.pdf
【会社概要資料】STC.pdf
KosukeWada1
 
Ms retail update ra 20191030
Ms retail update ra 20191030Ms retail update ra 20191030
Ms retail update ra 20191030
Microsoft Azure Japan
 
Automation with SoftLayer and Zabbix
Automation with SoftLayer and ZabbixAutomation with SoftLayer and Zabbix
Automation with SoftLayer and Zabbix
softlayerjp
 
リクルートにおけるPaaS活用事例
リクルートにおけるPaaS活用事例リクルートにおけるPaaS活用事例
リクルートにおけるPaaS活用事例
Recruit Technologies
 
【KSKアナリティクス】Pentaho紹介
【KSKアナリティクス】Pentaho紹介【KSKアナリティクス】Pentaho紹介
【KSKアナリティクス】Pentaho紹介
KSK Analytics Inc.
 
基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」
Cybozucommunity
 
商用導入実績世界1位! ミランティスが提供するOpenStackとお客様の導入事例
商用導入実績世界1位! ミランティスが提供するOpenStackとお客様の導入事例商用導入実績世界1位! ミランティスが提供するOpenStackとお客様の導入事例
商用導入実績世界1位! ミランティスが提供するOpenStackとお客様の導入事例
Ataru Shimodaira
 
Smfl20201001
Smfl20201001Smfl20201001
電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213
電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213
電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213
小川 雄太郎
 
ビジネスとデザイン ~ビジネスは悪くない~
ビジネスとデザイン ~ビジネスは悪くない~ビジネスとデザイン ~ビジネスは悪くない~
ビジネスとデザイン ~ビジネスは悪くない~
Ken Azuma
 

Similar to 第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料 (20)

ISID IIoT Forum_180628
ISID  IIoT Forum_180628ISID  IIoT Forum_180628
ISID IIoT Forum_180628
 
【kintone hive 上海】ウィングアーク上海講演資料_160918
【kintone hive 上海】ウィングアーク上海講演資料_160918【kintone hive 上海】ウィングアーク上海講演資料_160918
【kintone hive 上海】ウィングアーク上海講演資料_160918
 
The way to a smart factory armed with data utilization
The way to a smart factory armed with data utilizationThe way to a smart factory armed with data utilization
The way to a smart factory armed with data utilization
 
分析のモダナイズへのヒント:データ価値を最大化するビジュアル分析とエンタープライズ組織への展開 - 経営課題解決シンポジウム (2018/09/28)
分析のモダナイズへのヒント:データ価値を最大化するビジュアル分析とエンタープライズ組織への展開 - 経営課題解決シンポジウム (2018/09/28)分析のモダナイズへのヒント:データ価値を最大化するビジュアル分析とエンタープライズ組織への展開 - 経営課題解決シンポジウム (2018/09/28)
分析のモダナイズへのヒント:データ価値を最大化するビジュアル分析とエンタープライズ組織への展開 - 経営課題解決シンポジウム (2018/09/28)
 
クラウド座談会資料
クラウド座談会資料クラウド座談会資料
クラウド座談会資料
 
【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)
【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)
【FKEYセミナー 20150205 基調講演】「今こそクラウド活用」 講師:大和 敏彦 氏 (株式会社アイティアイ 代表取締役)
 
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
 
インタリオカンファレンス案内(修正版)3
インタリオカンファレンス案内(修正版)3インタリオカンファレンス案内(修正版)3
インタリオカンファレンス案内(修正版)3
 
TECH Streetますます機能拡充するPower Automate for desktopの概要と最新情報
TECH Streetますます機能拡充するPower Automate for desktopの概要と最新情報TECH Streetますます機能拡充するPower Automate for desktopの概要と最新情報
TECH Streetますます機能拡充するPower Automate for desktopの概要と最新情報
 
MLOps NYC 2019 and Strata Data Conference NY 2019 report nttdata
MLOps NYC 2019 and Strata Data Conference NY 2019 report nttdataMLOps NYC 2019 and Strata Data Conference NY 2019 report nttdata
MLOps NYC 2019 and Strata Data Conference NY 2019 report nttdata
 
【会社概要資料】STC.pdf
【会社概要資料】STC.pdf【会社概要資料】STC.pdf
【会社概要資料】STC.pdf
 
Ms retail update ra 20191030
Ms retail update ra 20191030Ms retail update ra 20191030
Ms retail update ra 20191030
 
Automation with SoftLayer and Zabbix
Automation with SoftLayer and ZabbixAutomation with SoftLayer and Zabbix
Automation with SoftLayer and Zabbix
 
リクルートにおけるPaaS活用事例
リクルートにおけるPaaS活用事例リクルートにおけるPaaS活用事例
リクルートにおけるPaaS活用事例
 
【KSKアナリティクス】Pentaho紹介
【KSKアナリティクス】Pentaho紹介【KSKアナリティクス】Pentaho紹介
【KSKアナリティクス】Pentaho紹介
 
基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」
 
商用導入実績世界1位! ミランティスが提供するOpenStackとお客様の導入事例
商用導入実績世界1位! ミランティスが提供するOpenStackとお客様の導入事例商用導入実績世界1位! ミランティスが提供するOpenStackとお客様の導入事例
商用導入実績世界1位! ミランティスが提供するOpenStackとお客様の導入事例
 
Smfl20201001
Smfl20201001Smfl20201001
Smfl20201001
 
電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213
電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213
電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213
 
ビジネスとデザイン ~ビジネスは悪くない~
ビジネスとデザイン ~ビジネスは悪くない~ビジネスとデザイン ~ビジネスは悪くない~
ビジネスとデザイン ~ビジネスは悪くない~
 

More from 知礼 八子

第36回八子クラウド座談会「SALES TECH」の事前配布資料です。2024年4月6日開催
第36回八子クラウド座談会「SALES TECH」の事前配布資料です。2024年4月6日開催第36回八子クラウド座談会「SALES TECH」の事前配布資料です。2024年4月6日開催
第36回八子クラウド座談会「SALES TECH」の事前配布資料です。2024年4月6日開催
知礼 八子
 
座談会資料(事前配布)_20231209.pdf
座談会資料(事前配布)_20231209.pdf座談会資料(事前配布)_20231209.pdf
座談会資料(事前配布)_20231209.pdf
知礼 八子
 
座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf
座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf
座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf
知礼 八子
 
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
知礼 八子
 
八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf
八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf
八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf
知礼 八子
 
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
知礼 八子
 
八子クラウド座談会230408事前配布
八子クラウド座談会230408事前配布八子クラウド座談会230408事前配布
八子クラウド座談会230408事前配布
知礼 八子
 
八子クラウド座談会事前配布 20191214
八子クラウド座談会事前配布 20191214八子クラウド座談会事前配布 20191214
八子クラウド座談会事前配布 20191214
知礼 八子
 
第31回八子クラウド座談会事前配布 20190928
第31回八子クラウド座談会事前配布 20190928第31回八子クラウド座談会事前配布 20190928
第31回八子クラウド座談会事前配布 20190928
知礼 八子
 
八子クラウド座談会 in 広島 事前配布資料 20190727
八子クラウド座談会 in 広島 事前配布資料 20190727八子クラウド座談会 in 広島 事前配布資料 20190727
八子クラウド座談会 in 広島 事前配布資料 20190727
知礼 八子
 
第30回八子クラウド座談会(当日メモ付き)190413
第30回八子クラウド座談会(当日メモ付き)190413第30回八子クラウド座談会(当日メモ付き)190413
第30回八子クラウド座談会(当日メモ付き)190413
知礼 八子
 
第30回八子クラウド座談会 MaaS特集 事前配付資料
第30回八子クラウド座談会 MaaS特集 事前配付資料第30回八子クラウド座談会 MaaS特集 事前配付資料
第30回八子クラウド座談会 MaaS特集 事前配付資料
知礼 八子
 
第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)
第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)
第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)
知礼 八子
 
第8回八子クラウド座談会in関西(事前配布) 190202
第8回八子クラウド座談会in関西(事前配布) 190202第8回八子クラウド座談会in関西(事前配布) 190202
第8回八子クラウド座談会in関西(事前配布) 190202
知礼 八子
 
第29回八子クラウド座談会(当日討議メモ付き) 20181215
第29回八子クラウド座談会(当日討議メモ付き) 20181215第29回八子クラウド座談会(当日討議メモ付き) 20181215
第29回八子クラウド座談会(当日討議メモ付き) 20181215
知礼 八子
 
八子クラウド座談会資料(当日討議メモ付き) 20180929
八子クラウド座談会資料(当日討議メモ付き) 20180929八子クラウド座談会資料(当日討議メモ付き) 20180929
八子クラウド座談会資料(当日討議メモ付き) 20180929
知礼 八子
 
Yakocloud(pre deliv) 20181215
Yakocloud(pre deliv) 20181215Yakocloud(pre deliv) 20181215
Yakocloud(pre deliv) 20181215
知礼 八子
 
八子クラウド座談会事前配布資料20180929
八子クラウド座談会事前配布資料20180929八子クラウド座談会事前配布資料20180929
八子クラウド座談会事前配布資料20180929
知礼 八子
 
八子クラウド座談会 当日討議メモ付き資料 20180721
八子クラウド座談会 当日討議メモ付き資料 20180721八子クラウド座談会 当日討議メモ付き資料 20180721
八子クラウド座談会 当日討議メモ付き資料 20180721
知礼 八子
 
八子クラウド座談会Health Tech導入プレゼン
八子クラウド座談会Health Tech導入プレゼン八子クラウド座談会Health Tech導入プレゼン
八子クラウド座談会Health Tech導入プレゼン
知礼 八子
 

More from 知礼 八子 (20)

第36回八子クラウド座談会「SALES TECH」の事前配布資料です。2024年4月6日開催
第36回八子クラウド座談会「SALES TECH」の事前配布資料です。2024年4月6日開催第36回八子クラウド座談会「SALES TECH」の事前配布資料です。2024年4月6日開催
第36回八子クラウド座談会「SALES TECH」の事前配布資料です。2024年4月6日開催
 
座談会資料(事前配布)_20231209.pdf
座談会資料(事前配布)_20231209.pdf座談会資料(事前配布)_20231209.pdf
座談会資料(事前配布)_20231209.pdf
 
座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf
座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf
座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf
 
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
 
八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf
八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf
八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf
 
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
 
八子クラウド座談会230408事前配布
八子クラウド座談会230408事前配布八子クラウド座談会230408事前配布
八子クラウド座談会230408事前配布
 
八子クラウド座談会事前配布 20191214
八子クラウド座談会事前配布 20191214八子クラウド座談会事前配布 20191214
八子クラウド座談会事前配布 20191214
 
第31回八子クラウド座談会事前配布 20190928
第31回八子クラウド座談会事前配布 20190928第31回八子クラウド座談会事前配布 20190928
第31回八子クラウド座談会事前配布 20190928
 
八子クラウド座談会 in 広島 事前配布資料 20190727
八子クラウド座談会 in 広島 事前配布資料 20190727八子クラウド座談会 in 広島 事前配布資料 20190727
八子クラウド座談会 in 広島 事前配布資料 20190727
 
第30回八子クラウド座談会(当日メモ付き)190413
第30回八子クラウド座談会(当日メモ付き)190413第30回八子クラウド座談会(当日メモ付き)190413
第30回八子クラウド座談会(当日メモ付き)190413
 
第30回八子クラウド座談会 MaaS特集 事前配付資料
第30回八子クラウド座談会 MaaS特集 事前配付資料第30回八子クラウド座談会 MaaS特集 事前配付資料
第30回八子クラウド座談会 MaaS特集 事前配付資料
 
第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)
第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)
第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)
 
第8回八子クラウド座談会in関西(事前配布) 190202
第8回八子クラウド座談会in関西(事前配布) 190202第8回八子クラウド座談会in関西(事前配布) 190202
第8回八子クラウド座談会in関西(事前配布) 190202
 
第29回八子クラウド座談会(当日討議メモ付き) 20181215
第29回八子クラウド座談会(当日討議メモ付き) 20181215第29回八子クラウド座談会(当日討議メモ付き) 20181215
第29回八子クラウド座談会(当日討議メモ付き) 20181215
 
八子クラウド座談会資料(当日討議メモ付き) 20180929
八子クラウド座談会資料(当日討議メモ付き) 20180929八子クラウド座談会資料(当日討議メモ付き) 20180929
八子クラウド座談会資料(当日討議メモ付き) 20180929
 
Yakocloud(pre deliv) 20181215
Yakocloud(pre deliv) 20181215Yakocloud(pre deliv) 20181215
Yakocloud(pre deliv) 20181215
 
八子クラウド座談会事前配布資料20180929
八子クラウド座談会事前配布資料20180929八子クラウド座談会事前配布資料20180929
八子クラウド座談会事前配布資料20180929
 
八子クラウド座談会 当日討議メモ付き資料 20180721
八子クラウド座談会 当日討議メモ付き資料 20180721八子クラウド座談会 当日討議メモ付き資料 20180721
八子クラウド座談会 当日討議メモ付き資料 20180721
 
八子クラウド座談会Health Tech導入プレゼン
八子クラウド座談会Health Tech導入プレゼン八子クラウド座談会Health Tech導入プレゼン
八子クラウド座談会Health Tech導入プレゼン
 

Recently uploaded

【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
TsuyoshiSaito7
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
Takuya Minagawa
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
TsuyoshiSaito7
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 

Recently uploaded (10)

【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 

第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料

  • 1. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 全部繋がるIoT時代はビジネスチャンスやで 〜IoT最新動向と勝手にタイトルついてるけど適当にしゃべります〜 株式会社 ウフル 専務執行役員 IoTイノベーションセンター所長兼 エグゼクティブコンサルタント 八子知礼 2017年 4月28日 NO IoT NO FUTURE 第2回すだちくん勉強会
  • 2. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 八子知礼 (株)ウフル 専務執行役員 IoTイノベーションセンター所長 兼 エグゼクティブコンサルタント  松下電工株式会社にて通信機器の企画開発や新規サービス事業の立ち上げに従事  複数のコンサルティング会社で合計15年を超えるコンサルティング経験  10年以上通信キャリア、サービスプロバイダ、ハイテク業界を担当  新規事業戦略立案、顧客/商品/マーケティング戦略、バリューチェーン再編等を多数経験  2014年にシスコシステムズ合同会社にてシスココンサルティングサービスの立ち上げに参画  2016年4月1日(株)ウフル IoTイノベーションセンター 所長就任  クラウド利用促進機構 運営委員、日本英語検定協会 理事、mRuby普及促進協会アドバイザ 2016年度経産省ものづくり競争力研究会 委員、日本OMGエバンジェリスト Wireless Wire News 日本のIoTを変える99人 日刊工業新聞社ニュースイッチ IoTのファシリテーター 「モバイルクラウド」 出版 「図解クラウド早わ かり」出版 ビジネスノマドジャーナル インタビュー記事
  • 3. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. IoTコンサルティング・コミュニティの運営 services IoTプラットフォーム開発・PoCの支援 services クラウドシステムの販売・開発・導入 Partners マーケティング支援・ ソーシャルリスニングによる調査分析 services 広告クリエイティブ・Web等の制作 services データアナリティクス・AI開発 services (株)ウフルの事業: マーケティング/クラウド事業をIoT事業軸に収斂したインテグレータ/コンサル
  • 4. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 4 IoTに取り組む背景やらなんやら
  • 5. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 5 Connected Deviceが爆発的に急増 SOURCE: ZK Research, 2016 500億台 100億台10億台2億台 センサーの数は 1兆個へ
  • 6. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 6 ソフトバンクの御大もこうおっしゃってます 今後20年間で 1兆個のIoT向け チップを提供 http://jp.reuters.com/article/softbank-son-arm- idJPKBN1661NF
  • 7. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. すべてがつながるIoTの時代=境目がなくなっていくこと 上司と部下 IT企業と事業会社 広告とコンテンツ 業界と他業界 ハードとソフト リアルと バーチャル 社内と社外 コンシューマと法人 男性と女性とLGBT 人間とロボット データをリアルタイ ムに活用する データ デバイスと オブジェクトが 相互につながる モノ 適切な情報を 適切な人とマシンに 自動連携する プロセス 人々とモノがつながって 継続的に価値を生む ヒト IoT
  • 8. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. • 国内IoT市場は2021年まで年間平均成長率17.0%で成長、市場規模は11兆円に達する • 新たなユースケースの立ち上げに向けて、産業分野の開拓や新興企業との提携が必要に 8 国内IoT市場規模は今から4年で2倍になるからチャンスやで〜 出典:IDC Japan 2017年2月20日「国内IoT市場ユースケース別/産業分野別予測」より
  • 9. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 9 国内IoT市場で最も伸びる業界は運輸(自動車)、製造、エンタメ 23,030 3,760 10,500 6,570 5,000 13,350 17,000 7,000 21,000 8,000 13,730 32,000 9,200 8,800 16,450 24,000 14,510 10,400 193,550 13,040 77,320 50,000 40,000 128,970 130,000 30,000 140,000 80,000 72,190 269,000 128,600 32,000 134,950 166,980 206,320 70,000 0 50000 100000 150000 200000 250000 300000 2015年(実績) 2016年(見込) 2017年(予測) 2018年(推定) 2020年(推定)出典:総合プランニング「2017年版IoT関連市場の将来予測」 2016年11月 そのあたりのIoTビジネスやっとくとええことあるで〜
  • 10. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. • 製造業、サービス業、流通・物流はIoTビジネスでクラウドけっこう伸びる感じ 10 クラウドなみんな、IoTで伸びるからチャンスやで〜 出典:総合プランニング「2017年版IoT関連市場の将来予測」 2016年11月
  • 11. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 分類 プラットフォーム名称 提供企業 コメント URL ベンチャー系 プラットフォー マー Inventit Inventit MDMから始まった実績あるプラットフォーマー。フットワーク軽い。 http://www.yourinventit.com/ toami 日本システムウエア 幅広にアライアンスをしている米ThingWorxの日本語版。SI会社。 http://www.toami.jp Kii Kii グローバルに展開しているプラットフォーム。実績も豊富。 http://www.kii.com IQP 日本IQP IBM、KDDIにも採用された柔軟性高いプラットフォーム http://iqpiot.com/makers/ Fastio Ecomot エコモット クラウドインテグレータのTerraskyが出資した会社。実績有り。 http://www.fastio.jp/ M2M Grid サン電子 イスラエル企業のプラットフォームを担ぐ。画面が悪い。 http://www.sun-denshi.co.jp/m2mgrid/ IoT PaaS One Bunnyhop どちらかというとモノよりのPaaS。 https://iot.bunnyhop.jp/ SEP ILC どちらかというと組み込み系に近いプラットフォーム http://www.ilc.co.jp/commodity/sep/aboutsep.html Milkcocoa Technical Rockstars 技術者に人気の高い実績あるプラットフォーム。ウフルが買収。 https://mlkcca.com/ Cariot Flect クルマ向けのIoTプラットフォーム。CONNEXIOと共同で。 http://iot.flect.co.jp/cariot/ Scalenics UPR デバイス管理系から始まったプラットフォーム http://scalenics.io/ Enebular Uhuru モノやデータのオーケストレーションサービス。 https://enebular.com/ Mythings Yahoo B2C向け、WebサービスのAPI連携が中心のプラットフォーム http://mythings.yahoo.co.jp/ EveryStamp EverySense IoTのアプリマーケット構想を持つプラットフォーム http://every-sense.com/ Strobo IoT Suite Strobo 家電向けの簡単なアプリを提供するプラットフォーマー http://strobo.io/ BlueRabbit UlSystems 米DataStax社のインメモリPFに対応したリアルタイムプラットフォーム https://b-rabbit.jp/ メガベンダー系 プラットフォー マー Azure IoT Suite Microsoft 一式揃った使いやすい環境。コマツ、竹中工務店などの事例有り。 https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/products-Microsoft-Azure-IoT-Service.aspx AWS IoT AWS プログラマブルなIoT環境。スシローなどの事例有り。 http://aws.amazon.com/jp/iot/ IoT Cloud Salesforce.com ヒトとも繋がることがコンセプト。サトーHDなどの事例有り。 http://www.salesforce.com/jp/iot/overview/ Bluemix IBM 豊富なライブラリを揃えたNode−RedベースのIoT環境。 http://www.ibm.com/developerworks/jp/bluemix/ IoT Cloud Oracle DBと連携するM2Mモジュールを保有。キヤノンなどで事例有り。 http://www.oracle.com/jp/solutions/internetofthings/overview/index.html Field Cloud NTT PC フィールド系のM2Mプラットフォーム。 http://www.nttpc.co.jp/service/fieldcloud/iot_platform/ MM Cloud 安川情報 フィールド系のM2Mプラットフォーム。水管理などで実績有り。 http://www.ysknet.co.jp/product/type/networkboard/mmcloud/index.html Cloud IoT Platform Fujitsu クラウドプラットフォームをIoT向けに味付けしたもの。 http://jp.fujitsu.com/solutions/cloud/paas/iot-platform/ Connexive NEC 古くからあるM2Mプラットフォームサービス。 http://jpn.nec.com/solution/m2m/index.html 分析・BI系 3rd Party Data Gallery ウイングアーク1st 第3者のデータを販売、流通している企業。 http://www.wingarc.com/service/dg/ Motion Board ウイングアーク1st 世界最速の描画パフォーマンスを誇る分析・ビジュアル化ツール http://www.wingarc.com/product/motionboard/ Tableau Tableau 幅広いユーザーに受けているオープンな分析ツール http://get.tableau.com/ja-jp/trial/tableau-software.html QlickView QlickView 幅広いユーザーに受けている分析ツール http://global.qlik.com/jp/explore/products/qlikview Data Diver データビークル 特殊な分析ツールなくても自然言語でデータの勘所を探れるツール http://www.dtvcl.com/ Treasure Data Treasure Data AWS上で動作する、日本人が米国で起業したBigData分析環境 https://www.treasuredata.com/jp/ Talend Talend 表示よりも統合寄りのビッグデータ統合プラットフォーム http://jp.talend.com/products Yellowfin Yellowfin Japan 美しいグラフィカルデザインが特徴のBIツール http://www.japan.yellowfin.bi/ 11 いろんなIoTクラウドプラットフォーマーが出てるからチャンスやで〜 クラウドは知っている 人達ばっかりやろー なので本日は割愛!
  • 12. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. • 従来型の開発やシステムの考え方が通用しないのがIoTシステムのポイント。 12 IoTシステム構築はこれまでの考え方とは異なる 従来の基幹システムなど IoTのシステム • 中央に集約されたリソースを活用する • デバイスの数はたかだか従業員数 • データは連携ツールで連携か、バッチシステム • RDBで管理可能な構造化・標準化されたデータ • 企業のオフィス内での利用を前提としたシステム • ウォーターフォール型の開発 • ローカルに分散化されたリソースを活用する • 接続されるデバイスの数が圧倒的に多い • データが断続的、または連続的に上がってくる • 欠損等が存在する非構造化・非標準化データ • 設置環境、通信環境に制約がある事が多い • アジャイル型の開発 2〜3 n n m
  • 13. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 13 今日はエッチなはなしをします♡
  • 14. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. クラウドの次、モバイルの次が見えているか? SOURCE:ITPro 八子モバイルクラウド研究所第10回(2010年3月)に加筆 セ ン タ ー 処 理 ロ ー カ ル 処 理 メインフレーム:約50年 クライアントサーバ:約20年 クラウド コンピューティング 10年? WEBコンピューティング :約15年 新たな コンピューティング トレンド ホストコンピュータ の時代 エンドユーザ コンピューティングの時代 2017~2007~20171993~2007199319701960 今 マイクロデバイス?
  • 15. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 15
  • 16. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 16 今日はエッチなはなしをします♡ 今日はエッジなはなしをします(キリッ)
  • 17. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. • デバイス数が爆発的に増加するため、既存の中央集権型アーキテクチャでは、ネットワークトラ フィックとデータ保管コストの増加に耐えられません。 17 IoT時代にはクラウドからエッジへシフトするからチャンスやで〜 従来のITアーキテクチャ(集中モデル) IoTアーキテクチャ (分散協調モデル) agent Cloud クラウドを介さ ずにエッジデバ イス間が直接通 信 クラウドでのエッジデ バイス管理(アクティ ベーション)と自動的 な処理配置の最適化 agent agent agent agent Device Manageme nt エッジ側でのコ ンピューティン グ処理による迅 速なレスポンス Wearables Industrial Devices Telematics Homes, Appliance s, etc. Cloud IoT Hub エッジへのフィー ドバックは常にク ラウド経由 データは基本 的にクラウド に集約
  • 18. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 弊社事例から:クラウド側とエッジ側でのデータ・処理配置の最適化 エッジ分散型 エッジを高機能化 バランス型 全体コスト最適化 クラウド集中型 エッジは最低限の機能のみ データ蓄積 エッジ側で長時間データ蓄積 (大容量メモリ、ストレージ) エッジ側で一定時間データ蓄積 (適切なメモリ、ストレージ容量) クラウド側でデータ蓄積 データ集計 エッジ側で実施 (バッチデータ量1/10) クラウド側で実施データ分析 アプリケーション処理 データ通信 エッジ側にインテリジェントなデータ通信 エッジ側に機能なし データ圧縮 エッジ側にデータ圧縮機能あり (50%) エッジ側にデータ圧縮機能あり(25%) エッジ側にデータ圧縮機能なし 通信モジュール 1万円/台 5000円/台 3000円/台 ※クラウド運用コストは影響が少ないため一定とする ※見守りサービスの通信費はユーザー負担とする 86% 4% 10% 61% 8% 31%36% 7% 57% 通信コスト クラウドコスト 通信モジュール コスト 全てをクラウドに上げるわけでもなくエッジ側でも処理するアーキテクチャの考え方が必要
  • 19. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. • スマフォ、家電、産業用機器から車載まで、多くのARMアーキテクチャのチップが搭載されています • 今後、IoTの分野、特にマイコンクラスのエッジデバイスではARMが主流になると予想されます。 19 エッジデバイスの本命?!ARM SOURCE:ARM
  • 20. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. • 2004年の発表から2016年末までに、250億個弱のチップが出荷されています。 • 2015年末までの時点では、約150億個であったため、出荷数は加速度的に増加しています。 20 エッジデバイス向けARMチップ(Cortex-M)の出荷数 SOURCE:ARM
  • 21. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 21 データを暗号化するだけでは・・・ • ファームウェア書き換えられるとか • デバイスの動作を守れないとか 詳しくは セキュリティの御大 河野さんやすだちくんに ぶん投げ
  • 22. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. • TrustZoneは、メモリの論理アドレスとCPU実行権限の分割を行い、セキュアにデータを取り扱うこと を可能にする技術です。モバイルペイメントなどで広く使われています。 Cortex-Mには第8世代から TrustZoneが導入され、小さなデバイスでもワンチップでセキュリティを担保できるようになります。 22 ARMのセキュリティ技術:TrustZone SOURCE:ARM
  • 23. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. • ARM社が提供するmbed cloudは、 TrustZoneと連携することで、チップレベルのセキュリティを担 保することができるSaaSです。 23 エッジデバイスのセキュアな管理、アップデートを可能にするmbed cloud こんなすごいあなた(クラウド)、見たことな〜〜い ♡♡♡ SOURCE:ARM
  • 24. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. クラウドとエッジを共通手法で開発できるようになるからチャンスやで〜 • クラウドとエッジの境目に存在する人材・技術・ビジネスにギャップあってこれが解決されつつある エッジ センサー機能 追加の開発の 難しさ 通信容量・コスト の拡大 クラウド経由の 処理の遅延 クラウド 開発手法の違い
  • 25. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 25 事例とか地方とかコミュニティとか
  • 26. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. • センサやデバイスが手の届く範囲の値段になってきました。 • 安価にIoTモデルを構築し、データを活用したビジネスができる時代です。 26 いろいろなセンサやデバイスが安価に出てきてチャンスやで〜 オムロンの環境複合センサとアプリ • センサ単体の可視化は可能 • センサの状態から読み取っ て状態を判断 (加速度や気圧から) • 居室空間内でのセンシング 結果をクラウドに上げてノウ ハウ化することが必要。 車のテレマティクスサービスが 3500円/台から SOURCE: http://www.geotab.jp/ 主なルール設定の項目例 • エンジン回転数の上限 • 不要なアイドリング • スピードの出し過ぎ • 急ブレーキ・急加速 • 急ハンドルなどの危険運転 • シートベルト未装着 • バック運転 • 時間外使用 • 目的地での延着や早出発 • 無許可の自宅利用 • オフィスでの長時間待機や長時間ラン チ • 就業時間内での長時間停車 1台から利用可能 タクシー、バスなどの運行管理で活用
  • 27. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. • ノウハウが継承できてなかったが、温度や潮流を判断して水揚げ・出荷可能に。 一般事例:ICTブイで三陸の牡蠣養殖を復興へ:アンデックスの取組 アンデックス社の モバイルアプリ
  • 28. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 部品一つから、3Dデータを送付すれば30秒で見積もり納期が回答される 28 一般事例:ミスミのマスカスタマイズド部品販売ECプラットフォーム:meviy 出展:https://meviy.misumi-ec.com/ サービスの裏で工場内では設備や人材、在庫がすべてつながっているわけで・・・
  • 29. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 29 ウフルの事例:三菱重工 風力発電事業 IoTモニタリングシステム導入 enebularを利用して、 データの収集から保管・表示 分析・活用までの連携を実現 Salesforce App Cloudで 構築した業務アプリに連携し 運転状況を可視化 風車タービンに設置された 回転数、振動等の センサーデータを集約
  • 30. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 複数のソースから発生したデータを一元的に集約し時系列に沿ってリアルタイムに可視化 30 ウフルの導入事例: enebularと可視化機能INFOMOTIONによるリアルタイムENERGYダッシュボード https://youtu.be/k_z8U_GBqHk
  • 31. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. • フリーアドレスにしたので社員がどこに居るかわからない(笑)ので居場所確認できるように。 31 ウフルの自社導入事例:社員の居場所、貸出機器のトラッキング「オフィスIoT」
  • 32. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. • 地方での課題は多少の差はあれど共通的な課題も多いのが実情です。 • 地方のIT人材や現場の皆さんと一緒にIoTでビジネスを創っていくチャンスが一杯あります。 32 地方版IoT推進ラボが立ち上がりまくっていて、チャンスやで〜 参考:「地方版IoT推進ラボ」の第一弾選定結果(2016年8月開示;29自治体) 北海道札幌市/北海道釧路市/北海道士幌町/宮城県/福島県会津若松市/茨城県/富山県/石川県/石川県加賀市/福井県/長野県伊那市/ 岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/京都府京都市/大阪府大阪市/兵庫県神戸市/奈良県/和歌山県/島根県/広島県/高知県/福岡県/福岡 県北九州市/福岡県福岡市/熊本県/鹿児島県/沖縄県 第2弾選定結果(2017年3月13日開示;24自治体) 北海道函館市/宮城県仙台市/秋田県仙北市/埼玉県/千葉県/神奈川県/神奈川県横浜市/神奈川県相模原市/神奈川県横須賀市/神奈川県 湘南地域(藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町)/新潟県/石川県白山市/福井県鯖江市/愛知県名古屋市/愛知県豊田市/滋賀県/大阪府/山口県/福岡 県嘉飯桂地域(飯塚市・嘉麻市・桂川町)/佐賀県/長崎県/長崎県長崎市/大分県/宮崎県 養殖・水産資源の見える化 農地や作業進捗の見える化 インバウンド外国人向け多言語誘導サービス ■地方におけるIoT関連の課題で代表的なもの10こ 中山間部過疎地域への見守りサービス 鳥獣被害対策 地場製造業向け取引拡大プラットフォーム 商店街の回遊支援共同アプリ 商用車の稼働状態管理 河川、ダム、森林災害防止 自治体向け災害対策アプリケーション
  • 33. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 33 2つのエッジ系デバイスのUsers Group始めました、これもチャンスやで〜 • 先週設立して3日ほどでどちらも参加者が100人超えました。是非ご参加を!
  • 34. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 34 ONE MORE THING・・・
  • 35. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. • ヒロコ先生も講師♫やで http://uhuru.co.jp/edu/iot-basic/ 35 「IoTイノベーションスクール」始まるから勉強するチャンスやで〜 ウフルIoTイノベーションセンター所属 フリー素材「ぱくたそ」モデル土本寛子 https://www.pakutaso.com/hiroko_tsuchi.html • 毎週開催 • 1.5時間/回 • 全8回 • 20万円♫
  • 36. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 36 ONE MORE THING・・・
  • 37. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 2017.06.24sat-25sun 近日参加申し込み開始 XXXXXXXXXXXXXX実施決定!これはチャンスやで〜 5/8発表予定
  • 38. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 38 FINAL THING・・・
  • 39. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 第25回八子クラウド座談会 5月20日(土)開催よ♫ テーマは「クラウド×AI」 この週末中に募集開始 ウフルIoTイノベーションセンター所属 フリー素材「ぱくたそ」モデル土本寛子 https://www.pakutaso.com/hiroko_tsuchi.html
  • 40. Copyright © 2017 Uhuru Corporation, All Right Reserved. 40 NO IoT NO FUTUREiot@uhuru.jp