SlideShare a Scribd company logo
データ可視化作品を「みること」と「つくること」
in 「伝わるデータ」のつくりかた
Excelだけじゃない! データ可視化の手法と威力を知
る
2019年12月5日
代表 五十嵐康伸
博士(理学)
役割分担
https://www.irasutoya.com/2013/02/blog-post_3147.html
https://www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_5119.html
ロゴス
論理
パトス
情念
×
Mashup!
E2D3って何?
ユーザー数 10億人のExcelから
GUIのみで操作可能
Microsoft Office App Store から
誰でも無料に利用可能
現在グラフ数:100個
Twitter, FB share, Web 埋め込み可能
by 市民 ハッカソン駆動開発
under the sea
http://a.e2d3.org/chart.html#under-the-sea!js!csv
E2D3.org って何?
データ可視化好き(Geek)が集まる 大人の部活
ヤフーさんとも以前にコラボ
おたくが100人集まると
科学し始める=集めて、分けて、学ぶ
https://www.irasutoya.com/2016/09/blog-post_420.html
https://www.irasutoya.com/2017/10/blog-post_160.html
量を増やす仕組み by 25名
情報処理学会 デジタルプラクティス
https://www.ipsj.or.jp/dp/contents/publication/32/S0804-T03.html
質を上げる仕組み by 31名
人工知能学会 合同研究会
https://sigcci.github.io/sigcci/conf6/
「伝わるデータ」のつくりかた
https://www.irasutoya.com/2017/08/blog-post_927.html
https://www.irasutoya.com/2014/08/blog-post_364.html
「みること」 = whatを学
ぶ
「つくること」 = howを学
ぶ
気候data vizの最前線
https://www.visualisingdata.com/2018/01/little-visualisation-design-part-47/
20172008
19571948
• Creator: Zachary Labe (Cornell Univ., Climate
Scientist)
• last 70-years of autumn temperature anomalies(異
常) in the Arctic(北極圏)
• departure from a 1981-2010 climatological average
• Type: Slice Chart
• Feature:並べる
http://www.climate-lab-book.ac.uk/files/2018/12/spiral_2018_WMO_large.gif
World Meteorological Organization
世界気象機関 in 国連
• Creator:Ed Hawkins (Univ. of Reading, Climate
Scientist)
• パリ協定(2015)産業革命前からの世界の平均気温上
昇を2度未満、できれば1.5度未満
• 年が進むにつれ、温暖化は加速している
• Type:Colorful spiral chart
• Feature:螺旋状にlineを引く
https://earthobservatory.nasa.gov/blogs/earthmatters/2016/09/12/
heres-how-the-warmest-august-in-136-years-looks-in-chart-form/
8月
• Creator: Joshua Stevens (NASA Earth)
• Data NASA’s Goddard Institute for Space Studies
(GISS)
• 2016年8月は136年間で最も暖かい8月
• 2016年8月の気温は、前回の最も暖かい8月(2014
年)よりも0.16℃暖かい
• また、この月は、1951〜1980年の8月の平均気温よ
りも0.98℃暖かい
• Type:Colorful overlayed line chart
• Feature:線を重ねて引く
https://twitter.com/darshan_h_sheth/status/1182236973668323328
• Creator: Antti Lipponen(Physicist、Finnish
Meteorological Institute)
• Type:Colorful overlayed line chart with countries
• Feature:各国(Japan)があり、自分ごとに
https://twitter.com/anttilip/status/1095765312253935618
• Creator: Antti Lipponen(Physicist、Finnish
Meteorological Institute)
• The future temperatures will look like if we
continue "business as usual" (RCP4.5 / CMIP5
simulations).
• Type:Colorful overlayed future line chart with countries
• Feature:未来予測
https://visme.co/blog/climate-change-facts/Antti Lipponen
http://www.climate-lab-book.ac.uk/files/2018/12/spiral_2018_WMO_large.gif
World Meteorological Organization
世界気象機関 in 国連
https://visme.co/blog/climate-change-facts/Ed Hawkins in a Damn Museum
https://charts.animateddata.com/uktemperaturelines/
• Creator: Peter Cook (Freelance Data Visualisation)
<Maximum>
• July(7月) 2006 stands as the warmest month since records began in 1659
causing damage to road surfaces and buckling of rail lines.
• It's been estimated that excess deaths due to the heat was 680 people.
< Minimum>
• The UK suffered a harsh(厳しい) winter in 1946/47 bringing large snow drifts
causing roads and railways to be blocked.
• As warmer weather reached the UK the melt water caused floods, damaging
hundreds of homes.
• Type:Scrolling line chart
• Feature:一つの都市での比較
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/temperature/
https://www.facebook.com/kazuki.ogiwara.1/posts/1852901811480871
https://twitter.com/neilrkaye/status/1174681008643461120
北極海の氷の範囲
• Creator: Neil Kaye (Climate data scientist 、 Met
Office イギリスの国立気象機関)
• 過去40年間、北極海の最小海氷は年間平均約
87000km²減少
• この減少がヨーロッパ上にあるかのように表示
• このままでは失うエリアはアイスランド、ポルトガル、
アイルランド、スペイン、イギリス、フランス、ドイツ、イ
タリア、スウェーデン、ノルウェーなどに至ります
• Type:Pseudo overlayed Map
• Feature: 自分の国、行った国があれば、自分ごとに
世界自然保護基金 異常気象
ひどい干ばつ
35億 41億
少なくとも_年毎に1回
熱波、熱気団
https://www.wwf.org.uk/updates/our-warming-world-how-much-difference-will-half-degree-really-make
https://www.visualcapitalist.com/all-the-worlds-carbon-emissions-in-one-chart/
炭素排出量国別内訳
• Creator: Iman Ghosh (Researcher and writer at
Visual Capitalist )
• Large economies such as China, the United States,
and India alone account for almost half the world’s
emissions.
• It’s even clearer that just a handful of countries
are responsible for the majority of emissions.
• Type:Circle Treemap
• Feature: 面積で、割合で、責任がわかる
石油生産量Top20国の推移、1965→2017
年
https://twitter.com/Kelangdbn/status/1174447055479066625
https://twitter.com/kamogawaPisuke/status/1093499103688839169
https://togetter.com/li/1317003
温度上昇だけでも、11種類の可視化方
法
どれを使えば「データが伝わる」のか?
ここまで調べて、考えれば
セクシーにできるやろう!
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000165029.html
政府にE2D3とのコラボを売り込んでくれる人、募集中!
「伝わるデータ」のつくりかた
https://www.irasutoya.com/2017/08/blog-post_927.html
https://www.irasutoya.com/2014/08/blog-post_364.html
「みること」 = whatを学
ぶ
「つくること」 = howを学
ぶ
2016-12 名古屋工業大学
• 時間:90分
– 「30分 x 3回」「10分 x 9回」の量を1テーマで話さなければいけ
ない
• 講義内容を決めるために大事にしたいこと
– 大学院生(Data Vizを初めて聞く人)の人生にとっ て、いつか
役に立つように
– Data Viz(データ・ビジュアライゼーション、データ可視化)が教
育対象、研究対象になりうるように
– 世界(広がり)と歴史(深さ)を“体系的”に
– Data Vizを学問に https://www.slideshare.net/YasunobuIgarashi/ss-70234487
Data Vizの世界 (広がり) と
歴史 (深さ) の体系
表現種類 Tree・
Network
地図 統計グラフ・
チャート
Infograhics
Pictogram
PhotoViz
古代 1 4 7 10
中世 2 5 8 11
現代 3 6 9 12
作成ツール Cytoscape
Gephi
ArcGIS
QGIS
Carto
Tablueau
PowerBI
Plotly
Infogram
E2D3
人類がどのような課題を解決するために
どのようなデータ可視化手法を開発してきたのかを
まとめた137頁のスライド!
https://www.slideshare.net/YasunobuIgarashi/2018123-99021822
世界初、データ可視化ツール(how)を一度に比較できる本を出版
統計グラフ 地図 インフォグラフィッ
ク
ネットワーク Webツール
Power BI
小林
QGIS
朝日
Infogram
萩原
Cytoscape
大野
IHME
小野
Tableau
東
Bing Maps
小林
E2D3
中根
Gephi
本田
RESAS
松岡
Gapminder
河原
Arc GIS
布川 パラパラめくって
どれでも良いから好きなツールを使って見る
Amazon 表計算ソフト 新着ランキング
13日連続1位!
読んで頂ければ嬉しいです m(_ _)m
大人の部活 E2D3.org に入って、一緒に活動されたい方は
一言メッセを添えて、友達申請してください
Closed FB Groupに招待します
Twitter
B_T_Budo
FB
yasunobu.igarashi

More Related Content

More from E2D3.org

小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法E2D3.org
 
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会いE2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会いE2D3.org
 
勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン
勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン
E2D3.org
 
プロジェクトマネージメントはすごく楽しい
プロジェクトマネージメントはすごく楽しいプロジェクトマネージメントはすごく楽しい
プロジェクトマネージメントはすごく楽しいE2D3.org
 
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!E2D3.org
 
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」E2D3.org
 
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料E2D3.org
 
日本統計学会-統計教育賞
日本統計学会-統計教育賞日本統計学会-統計教育賞
日本統計学会-統計教育賞E2D3.org
 
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」E2D3.org
 
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディングプロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディングE2D3.org
 
名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料E2D3.org
 
人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション
人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション
人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーションE2D3.org
 
今あなたが使っている グラフを開発した人間のドラマ
今あなたが使っている グラフを開発した人間のドラマ 今あなたが使っている グラフを開発した人間のドラマ
今あなたが使っている グラフを開発した人間のドラマ E2D3.org
 
統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案
統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案
統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案E2D3.org
 
名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料E2D3.org
 
「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」
「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」
「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」E2D3.org
 
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?E2D3.org
 
データをどうやって見せるか?
データをどうやって見せるか?データをどうやって見せるか?
データをどうやって見せるか?E2D3.org
 
E2D3 2016年1-6月-活動報告書
E2D3 2016年1-6月-活動報告書E2D3 2016年1-6月-活動報告書
E2D3 2016年1-6月-活動報告書E2D3.org
 
グラフ共有コミュニティー E2D3にみる "教育・共創・オープンテクノロジー"
グラフ共有コミュニティーE2D3にみる"教育・共創・オープンテクノロジー"グラフ共有コミュニティーE2D3にみる"教育・共創・オープンテクノロジー"
グラフ共有コミュニティー E2D3にみる "教育・共創・オープンテクノロジー"E2D3.org
 

More from E2D3.org (20)

小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
 
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会いE2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
 
勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン
勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

 
プロジェクトマネージメントはすごく楽しい
プロジェクトマネージメントはすごく楽しいプロジェクトマネージメントはすごく楽しい
プロジェクトマネージメントはすごく楽しい
 
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
 
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
 
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
 
日本統計学会-統計教育賞
日本統計学会-統計教育賞日本統計学会-統計教育賞
日本統計学会-統計教育賞
 
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
 
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディングプロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
 
名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料
 
人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション
人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション
人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション
 
今あなたが使っている グラフを開発した人間のドラマ
今あなたが使っている グラフを開発した人間のドラマ 今あなたが使っている グラフを開発した人間のドラマ
今あなたが使っている グラフを開発した人間のドラマ
 
統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案
統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案
統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案
 
名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料
 
「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」
「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」
「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」
 
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
 
データをどうやって見せるか?
データをどうやって見せるか?データをどうやって見せるか?
データをどうやって見せるか?
 
E2D3 2016年1-6月-活動報告書
E2D3 2016年1-6月-活動報告書E2D3 2016年1-6月-活動報告書
E2D3 2016年1-6月-活動報告書
 
グラフ共有コミュニティー E2D3にみる "教育・共創・オープンテクノロジー"
グラフ共有コミュニティーE2D3にみる"教育・共創・オープンテクノロジー"グラフ共有コミュニティーE2D3にみる"教育・共創・オープンテクノロジー"
グラフ共有コミュニティー E2D3にみる "教育・共創・オープンテクノロジー"
 

データ可視化作品を「みること」と「つくること」