SlideShare a Scribd company logo
ソリューション・サービス開発本部
秋山 浩一
分解について
© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
~ テスト要求分析の基本となる、分解の実践的な考え方と演習 ~
2016年6月19日(日) WACATE 2016 夏
1
 各種SNS、ブログ、ご自由に
 Twitter: @akiyama924
 上記にスライド(PDF)へのリンク張りました
 演習は紙でもパソコンでもご自由に
 個人演習のみでグループ演習はありません
自己紹介
2
 1985年4月 富士ゼロックス入社
 HAYST法のコンサルティング業務に従事(テスト上流系)
 D-Caseを用いた「機能安全ケース」等の合意形成手法
 NPO ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER) 理事
 JaSST東京実行委員(2003~、今はアドバイザ)
日本最大のテストシンポジウム1600名の動員
 JSTQBステアリング委員(2006年~)
テスト技術者資格認定を行う国際組織(ISTQB)の日本支部
 日科技連 SW品質管理(SQiP)研究会 委員長(2011~2013年)
 テスト分科会主査・副主査(2008~)
 ISO/IEC JTC 1/SC7 WG26委員(2009年~)
ソフトウェアテストの国際標準「ISO/IEC/IEEE 29119」の策定
 共著書『ソフトウェアテストHAYST法入門』(2007年)
日経品質管理文献賞受賞
著書『ソフトウェアテスト技法ドリル』(2010年)
『事例とツールで学ぶHAYST法』(2014年)※いずれも日科技連出版社
 博士(工学):信頼性情報システム工学専攻、日本品質管理学会代議員
© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
ウォーミングアップ問題(3分×2回) 都道府県名
3© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
二回目(ヒントつき)一回目(ノーヒント)
ウォーミングアップ問題(3分×2回) 都道府県名
4© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
二回目(ヒント)
1. 北海道・東北(7)
2. 関東(7)
3. 中部(東海・中部・北陸)(10)
4. 関西(6)
5. 中国(山陰・山陽)(5)
6. 四国(4)
7. 九州(8)
1都1道2府43県=47都道府県
分解できるようになるとうれしいこと
5
 要求が分かる(「走りきるテスト設計」の『テスト(要求)分析』が上達)
 要求するほうも分かっていない(分解して聞き出す=分解の意図大事)
 例) 「自動販売機がほしい」
← 要求が大きすぎる(小さく分解すると分かるようになる)
← 「どんな自動販売機がほしいの?」と聞かれても困る(答えられない)
← だから分解する(たとえばUSDMでは次の4つの方法を紹介している)
 時系列に分解(コインを投入、商品を選択、商品とおつりを受け取る)UC的
 構成で分解(コイン投入口・金庫+金額計算、商品格納ラック+温度制御)、
 状態で分解(販売員が商品をセット、購入待ち、購入中、ルーレット動作中)
 共通部分をくくりだすことで分解(エラー処理、ログ、本部との売上情報通信)
 要求を説明できる(1ページにまとめなおす←無視する人が多いが大切)
 上手く分解すると仕事が何十倍も楽になる
 共通理解(ステークホルダー全員で1枚を共有)
 部分理解で済む(他との相互関係がないから)
 仕事が分担できる(場所・時間・人)
 小さいものは理解しやすいし、作りやすいし、テストしやすい
(場合が多い、、、反例はGoogle検索とか自由度が高いもの)
© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
分解の極意1 分解
6
 分解の意図が大事(自然に分かれるはウソ)
→ 思い付きで分割してもうまくいかないので既存フレームワークを使う
 USDM(清水吉男氏): 時系列、構成、状況、共通部分
 VSTeP(※1)のCBIFW: 条件、振る舞い、テスト対象、失敗、魅力
 Ostrandの4つのビュー(※2) : ユーザ、仕様、設計・実装、バグ
 オブジェクト指向: ビジネスの視点、仕様の視点、実装の視点
 品質特性: 機能適合性、性能効率性、互換性(共存性、相互運用性)、
使用性、信頼性、セキュリティ、保守性、移植性(ISO 25010より)
 区分原理(=分解の意図、QCの7つ道具で言えば、層別)
→ 分解には原則が4つある(Wikipediaより引用)
 一貫性の原則 - 各段階における区分原理はただ1つでなければならない
 相互排除の原則 - 区分肢は互いに排他的でなければならない
(MECE:次ページ)
 一致の原則 - 区分肢は全ての場合を網羅する(枚挙:次ページ)
 漸進の原則 - 区分は順序通りに上位概念から下位概念に進むべきで、飛躍
してはならない
© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
※1: VSTeP: http://qualab.jp/vstep/
※2: 情報処理 Vol.49 No.2 Feb. 2008 pp.127-132
分解の極意2 枚挙
7
 MECE
→ (ミッシーもしくはミーシー: Mutually Exclusive and Collectively
Exhaustive の略)とは「モレなし、ダブリなし」の意味
 漏れなく(重要)
 個人が一気に作る(スピードが必要)
 対称を考える(Aと非Aなど、補集合、意地悪漢字←ググってね)
 ダブりなく(個人作業では神経質にならない、組織間では注意)
 他組織との間のダブり: 開発とテストで同じテストをしないように
 工程間のダブり: 統合テストとシステムテストで同じテストをしない
ように
 一致の原則
→ 区分肢は全ての場合を網羅する(レビューしてみんなの知恵を集める)
 兄弟ノードは同じ粒度にすること
 ツリーを下から追って、子ノードをまとめて「~だから(So what ?)
」親ノードになっているといえるか(論理の飛躍はないか)
 ツリーを上から追って、親のノードを展開すると子ノードは「なぜなら~
(Why so ?)」の関係でしっくりくるか(前提条件の抜けはないか)
© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
分解の極意2 枚挙の図
8© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
分解の極意3 綜合
9
 要素を出してまとめる方法
→ たくさん思い付きを挙げてからグルーピングする
 要素はインスタンス、グループはクラス(次ページ演習)
 綜合のステップ
1. 例を挙げる
2. 綜合する
3. 構造がわかる
4. (自分がソレを)理解する
5. (他人にソレを)説明できる
 KJ法
 ポストイット
 モデレータ大切
© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
問題(10分) 綜合 「木戸に立てかけし衣食住」(雑談)
10© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
 木 気候や季節の話
 戸 道楽(趣味)の話
 に ニュースの話
 立 旅の話
 て 天気の話
 か 家族の話
 け 健康の話
 し 仕事の話
 衣 ファッションの話
 食 食べ物の話
 住 住まいの話
 上記をグルーピングしツリーを作り、グループに名前をつける
(脳の中のモヤモヤネットワーク → 階層構造 → シリアル)
衣食住
衣
食
住
「ちゃんとテストした?」に答えられますか?
11
 従来のテストはちゃんとしているか?
① 仕様書を順番に動作確認する(仕様書がなければマニュアル、
マニュアルもなければ画面上の一つ一つのメニュー)
→ 単機能の問題は全て見つかる (※ 開発者テストと重複)
→ 市場導入後に「条件」の漏れが見つかる
(「〜と同様」という仕様書、「〜の場合」が漏れる)
② テストの終了基準
→ リリース日から逆算して終わる
→ 信頼度成長曲線で95%のバグ収束(誰も信じていない)
→ 客観的網羅(C0,C1,MC/DC:制御フローカバレッジ)
 例) HAYST法
 目的で分解 → 2~3機能間組合せで綜合
 条件との組合せをテスト(xx動作中、yyの環境下)
 組合せ網羅率で品質を確認(枚挙結果の数値化)
© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
問題(10分) 自動車
12© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
派生開発時のテストを分解道路を分解(自動運転)

More Related Content

What's hot

Teaser - Re-collection of embedded software QA in the last decade
Teaser - Re-collection of embedded software QA in the last decadeTeaser - Re-collection of embedded software QA in the last decade
Teaser - Re-collection of embedded software QA in the last decade
Yasuharu Nishi
 
複雑なIoTソフトウェアを効率よく開発運用保守するために必要なトレーサビリの確保に向けて
複雑なIoTソフトウェアを効率よく開発運用保守するために必要なトレーサビリの確保に向けて複雑なIoTソフトウェアを効率よく開発運用保守するために必要なトレーサビリの確保に向けて
複雑なIoTソフトウェアを効率よく開発運用保守するために必要なトレーサビリの確保に向けて
Hironori Washizaki
 
SSR平成28年度成果報告会 クラウドを含む複雑なネットワークシステムのためのパターンを中心としたセキュリティ&プライバシ知識の扱い
SSR平成28年度成果報告会 クラウドを含む複雑なネットワークシステムのためのパターンを中心としたセキュリティ&プライバシ知識の扱いSSR平成28年度成果報告会 クラウドを含む複雑なネットワークシステムのためのパターンを中心としたセキュリティ&プライバシ知識の扱い
SSR平成28年度成果報告会 クラウドを含む複雑なネットワークシステムのためのパターンを中心としたセキュリティ&プライバシ知識の扱い
Hironori Washizaki
 
正統なソフトウェア品質エンジニアであるためにSQiP研究会に入るべき7つの理由
正統なソフトウェア品質エンジニアであるためにSQiP研究会に入るべき7つの理由正統なソフトウェア品質エンジニアであるためにSQiP研究会に入るべき7つの理由
正統なソフトウェア品質エンジニアであるためにSQiP研究会に入るべき7つの理由
Hironori Washizaki
 
脆弱性診断研究会 第34回セミナー資料
脆弱性診断研究会 第34回セミナー資料脆弱性診断研究会 第34回セミナー資料
脆弱性診断研究会 第34回セミナー資料
脆弱性診断研究会
 
ユーザビリティテストをやってみよう
ユーザビリティテストをやってみようユーザビリティテストをやってみよう
ユーザビリティテストをやってみよう
scarletplover
 
SWEBOKにみるソフトウェアエンジニアリングの全体、および、 つながる時代のソフトウェアモデリング&品質
SWEBOKにみるソフトウェアエンジニアリングの全体、および、 つながる時代のソフトウェアモデリング&品質 SWEBOKにみるソフトウェアエンジニアリングの全体、および、 つながる時代のソフトウェアモデリング&品質
SWEBOKにみるソフトウェアエンジニアリングの全体、および、 つながる時代のソフトウェアモデリング&品質
Hironori Washizaki
 
【18-C-3】システムアーキテクチャ構築の実践手法
【18-C-3】システムアーキテクチャ構築の実践手法【18-C-3】システムアーキテクチャ構築の実践手法
【18-C-3】システムアーキテクチャ構築の実践手法Developers Summit
 
20131201 テスト自動化カンファレンスLT「激しいUI変更との戦い」
20131201 テスト自動化カンファレンスLT「激しいUI変更との戦い」20131201 テスト自動化カンファレンスLT「激しいUI変更との戦い」
20131201 テスト自動化カンファレンスLT「激しいUI変更との戦い」
Hiroko Tamagawa
 
20150418 システムテスト自動化 第二章
20150418 システムテスト自動化 第二章20150418 システムテスト自動化 第二章
20150418 システムテスト自動化 第二章
atsushi ishiji
 
【システムテスト自動化カンファレンス2015】 楽天の品質改善を加速する継続的システムテストパターン #stac2015
【システムテスト自動化カンファレンス2015】 楽天の品質改善を加速する継続的システムテストパターン #stac2015【システムテスト自動化カンファレンス2015】 楽天の品質改善を加速する継続的システムテストパターン #stac2015
【システムテスト自動化カンファレンス2015】 楽天の品質改善を加速する継続的システムテストパターン #stac2015
Kotaro Ogino
 
組み込み開発でのシステムテスト自動化の一つの考え方(STAC)
組み込み開発でのシステムテスト自動化の一つの考え方(STAC)組み込み開発でのシステムテスト自動化の一つの考え方(STAC)
組み込み開発でのシステムテスト自動化の一つの考え方(STAC)
H Iseri
 
Agileツール適合化分科会(テスト自動化ツール)
Agileツール適合化分科会(テスト自動化ツール)Agileツール適合化分科会(テスト自動化ツール)
Agileツール適合化分科会(テスト自動化ツール)masanori kataoka
 
Automation test.ssf alpha
Automation test.ssf alphaAutomation test.ssf alpha
Automation test.ssf alpha
ryuji koyama
 

What's hot (15)

Teaser - Re-collection of embedded software QA in the last decade
Teaser - Re-collection of embedded software QA in the last decadeTeaser - Re-collection of embedded software QA in the last decade
Teaser - Re-collection of embedded software QA in the last decade
 
複雑なIoTソフトウェアを効率よく開発運用保守するために必要なトレーサビリの確保に向けて
複雑なIoTソフトウェアを効率よく開発運用保守するために必要なトレーサビリの確保に向けて複雑なIoTソフトウェアを効率よく開発運用保守するために必要なトレーサビリの確保に向けて
複雑なIoTソフトウェアを効率よく開発運用保守するために必要なトレーサビリの確保に向けて
 
SSR平成28年度成果報告会 クラウドを含む複雑なネットワークシステムのためのパターンを中心としたセキュリティ&プライバシ知識の扱い
SSR平成28年度成果報告会 クラウドを含む複雑なネットワークシステムのためのパターンを中心としたセキュリティ&プライバシ知識の扱いSSR平成28年度成果報告会 クラウドを含む複雑なネットワークシステムのためのパターンを中心としたセキュリティ&プライバシ知識の扱い
SSR平成28年度成果報告会 クラウドを含む複雑なネットワークシステムのためのパターンを中心としたセキュリティ&プライバシ知識の扱い
 
正統なソフトウェア品質エンジニアであるためにSQiP研究会に入るべき7つの理由
正統なソフトウェア品質エンジニアであるためにSQiP研究会に入るべき7つの理由正統なソフトウェア品質エンジニアであるためにSQiP研究会に入るべき7つの理由
正統なソフトウェア品質エンジニアであるためにSQiP研究会に入るべき7つの理由
 
脆弱性診断研究会 第34回セミナー資料
脆弱性診断研究会 第34回セミナー資料脆弱性診断研究会 第34回セミナー資料
脆弱性診断研究会 第34回セミナー資料
 
ユーザビリティテストをやってみよう
ユーザビリティテストをやってみようユーザビリティテストをやってみよう
ユーザビリティテストをやってみよう
 
SWEBOKにみるソフトウェアエンジニアリングの全体、および、 つながる時代のソフトウェアモデリング&品質
SWEBOKにみるソフトウェアエンジニアリングの全体、および、 つながる時代のソフトウェアモデリング&品質 SWEBOKにみるソフトウェアエンジニアリングの全体、および、 つながる時代のソフトウェアモデリング&品質
SWEBOKにみるソフトウェアエンジニアリングの全体、および、 つながる時代のソフトウェアモデリング&品質
 
【18-C-3】システムアーキテクチャ構築の実践手法
【18-C-3】システムアーキテクチャ構築の実践手法【18-C-3】システムアーキテクチャ構築の実践手法
【18-C-3】システムアーキテクチャ構築の実践手法
 
20131201 テスト自動化カンファレンスLT「激しいUI変更との戦い」
20131201 テスト自動化カンファレンスLT「激しいUI変更との戦い」20131201 テスト自動化カンファレンスLT「激しいUI変更との戦い」
20131201 テスト自動化カンファレンスLT「激しいUI変更との戦い」
 
Stac2013 開会挨拶
Stac2013 開会挨拶Stac2013 開会挨拶
Stac2013 開会挨拶
 
20150418 システムテスト自動化 第二章
20150418 システムテスト自動化 第二章20150418 システムテスト自動化 第二章
20150418 システムテスト自動化 第二章
 
【システムテスト自動化カンファレンス2015】 楽天の品質改善を加速する継続的システムテストパターン #stac2015
【システムテスト自動化カンファレンス2015】 楽天の品質改善を加速する継続的システムテストパターン #stac2015【システムテスト自動化カンファレンス2015】 楽天の品質改善を加速する継続的システムテストパターン #stac2015
【システムテスト自動化カンファレンス2015】 楽天の品質改善を加速する継続的システムテストパターン #stac2015
 
組み込み開発でのシステムテスト自動化の一つの考え方(STAC)
組み込み開発でのシステムテスト自動化の一つの考え方(STAC)組み込み開発でのシステムテスト自動化の一つの考え方(STAC)
組み込み開発でのシステムテスト自動化の一つの考え方(STAC)
 
Agileツール適合化分科会(テスト自動化ツール)
Agileツール適合化分科会(テスト自動化ツール)Agileツール適合化分科会(テスト自動化ツール)
Agileツール適合化分科会(テスト自動化ツール)
 
Automation test.ssf alpha
Automation test.ssf alphaAutomation test.ssf alpha
Automation test.ssf alpha
 

Similar to 20160619 wacate

【eLV勉強会】 ITアーキテクトへの第一歩  ~「システム思考」に学ぶ真の解決策~
【eLV勉強会】 ITアーキテクトへの第一歩  ~「システム思考」に学ぶ真の解決策~【eLV勉強会】 ITアーキテクトへの第一歩  ~「システム思考」に学ぶ真の解決策~
【eLV勉強会】 ITアーキテクトへの第一歩  ~「システム思考」に学ぶ真の解決策~
満徳 関
 
スクラムプロジェクト準備(公開用) No.31
スクラムプロジェクト準備(公開用) No.31スクラムプロジェクト準備(公開用) No.31
スクラムプロジェクト準備(公開用) No.31
Sukusuku Scrum
 
Introduction to GAN model
Introduction to GAN modelIntroduction to GAN model
Introduction to GAN model
WEBFARMER. ltd.
 
企業内の組織行動20170731
企業内の組織行動20170731企業内の組織行動20170731
企業内の組織行動20170731
openrtm
 
eXtremeProgramming入門
eXtremeProgramming入門eXtremeProgramming入門
eXtremeProgramming入門
You&I
 
グループディスカッションの巻
グループディスカッションの巻グループディスカッションの巻
グループディスカッションの巻Takashi Abe
 
推し技術書「ユースケース駆動開発実践ガイド」
推し技術書「ユースケース駆動開発実践ガイド」推し技術書「ユースケース駆動開発実践ガイド」
推し技術書「ユースケース駆動開発実践ガイド」
keitasudo1
 
最新 20160709 組織開発研究会ライブ
最新 20160709 組織開発研究会ライブ最新 20160709 組織開発研究会ライブ
最新 20160709 組織開発研究会ライブ
株式会社キャリアプロデュース
 
Naitou sakai 20120825
Naitou sakai 20120825Naitou sakai 20120825
Naitou sakai 20120825nextedujimu
 
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキアジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ
You&I
 
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
陽一 滝川
 
WACATE 2010夏 ゆもつよ講演スライド
WACATE 2010夏 ゆもつよ講演スライドWACATE 2010夏 ゆもつよ講演スライド
WACATE 2010夏 ゆもつよ講演スライドTsuyoshi Yumoto
 
[社内セッション]DevOps時代の僕の生き方、働き方
[社内セッション]DevOps時代の僕の生き方、働き方[社内セッション]DevOps時代の僕の生き方、働き方
[社内セッション]DevOps時代の僕の生き方、働き方
Shigeki Morizane
 
研究と実践2.0 服部さんのプレゼン
研究と実践2.0 服部さんのプレゼン研究と実践2.0 服部さんのプレゼン
研究と実践2.0 服部さんのプレゼンJun Nakahara
 
強化学習@PyData.Tokyo
強化学習@PyData.Tokyo強化学習@PyData.Tokyo
強化学習@PyData.Tokyo
Naoto Yoshida
 
20211006 ROSJP LT大会 中国のROS企業やコミュニティ
20211006 ROSJP LT大会 中国のROS企業やコミュニティ20211006 ROSJP LT大会 中国のROS企業やコミュニティ
20211006 ROSJP LT大会 中国のROS企業やコミュニティ
Nico-Tech Shenzhen/ニコ技深圳コミュニティ
 
ThemeStudy ― CHI2017-2018分析 + CHI2018速報
ThemeStudy ― CHI2017-2018分析 + CHI2018速報ThemeStudy ― CHI2017-2018分析 + CHI2018速報
ThemeStudy ― CHI2017-2018分析 + CHI2018速報
cvpaper. challenge
 
3年使ってわかったco-meeting
3年使ってわかったco-meeting3年使ってわかったco-meeting
3年使ってわかったco-meeting
Satoshi Furuichi
 
論文に関する基礎知識2015
論文に関する基礎知識2015論文に関する基礎知識2015
論文に関する基礎知識2015
Mai Otsuki
 
(SPI JAPAN 2020) 組織と個人が内発的動機で継続的に成長し続けるための実践手法
(SPI JAPAN 2020) 組織と個人が内発的動機で継続的に成長し続けるための実践手法(SPI JAPAN 2020) 組織と個人が内発的動機で継続的に成長し続けるための実践手法
(SPI JAPAN 2020) 組織と個人が内発的動機で継続的に成長し続けるための実践手法
Yusuke Kojima
 

Similar to 20160619 wacate (20)

【eLV勉強会】 ITアーキテクトへの第一歩  ~「システム思考」に学ぶ真の解決策~
【eLV勉強会】 ITアーキテクトへの第一歩  ~「システム思考」に学ぶ真の解決策~【eLV勉強会】 ITアーキテクトへの第一歩  ~「システム思考」に学ぶ真の解決策~
【eLV勉強会】 ITアーキテクトへの第一歩  ~「システム思考」に学ぶ真の解決策~
 
スクラムプロジェクト準備(公開用) No.31
スクラムプロジェクト準備(公開用) No.31スクラムプロジェクト準備(公開用) No.31
スクラムプロジェクト準備(公開用) No.31
 
Introduction to GAN model
Introduction to GAN modelIntroduction to GAN model
Introduction to GAN model
 
企業内の組織行動20170731
企業内の組織行動20170731企業内の組織行動20170731
企業内の組織行動20170731
 
eXtremeProgramming入門
eXtremeProgramming入門eXtremeProgramming入門
eXtremeProgramming入門
 
グループディスカッションの巻
グループディスカッションの巻グループディスカッションの巻
グループディスカッションの巻
 
推し技術書「ユースケース駆動開発実践ガイド」
推し技術書「ユースケース駆動開発実践ガイド」推し技術書「ユースケース駆動開発実践ガイド」
推し技術書「ユースケース駆動開発実践ガイド」
 
最新 20160709 組織開発研究会ライブ
最新 20160709 組織開発研究会ライブ最新 20160709 組織開発研究会ライブ
最新 20160709 組織開発研究会ライブ
 
Naitou sakai 20120825
Naitou sakai 20120825Naitou sakai 20120825
Naitou sakai 20120825
 
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキアジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ
 
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
 
WACATE 2010夏 ゆもつよ講演スライド
WACATE 2010夏 ゆもつよ講演スライドWACATE 2010夏 ゆもつよ講演スライド
WACATE 2010夏 ゆもつよ講演スライド
 
[社内セッション]DevOps時代の僕の生き方、働き方
[社内セッション]DevOps時代の僕の生き方、働き方[社内セッション]DevOps時代の僕の生き方、働き方
[社内セッション]DevOps時代の僕の生き方、働き方
 
研究と実践2.0 服部さんのプレゼン
研究と実践2.0 服部さんのプレゼン研究と実践2.0 服部さんのプレゼン
研究と実践2.0 服部さんのプレゼン
 
強化学習@PyData.Tokyo
強化学習@PyData.Tokyo強化学習@PyData.Tokyo
強化学習@PyData.Tokyo
 
20211006 ROSJP LT大会 中国のROS企業やコミュニティ
20211006 ROSJP LT大会 中国のROS企業やコミュニティ20211006 ROSJP LT大会 中国のROS企業やコミュニティ
20211006 ROSJP LT大会 中国のROS企業やコミュニティ
 
ThemeStudy ― CHI2017-2018分析 + CHI2018速報
ThemeStudy ― CHI2017-2018分析 + CHI2018速報ThemeStudy ― CHI2017-2018分析 + CHI2018速報
ThemeStudy ― CHI2017-2018分析 + CHI2018速報
 
3年使ってわかったco-meeting
3年使ってわかったco-meeting3年使ってわかったco-meeting
3年使ってわかったco-meeting
 
論文に関する基礎知識2015
論文に関する基礎知識2015論文に関する基礎知識2015
論文に関する基礎知識2015
 
(SPI JAPAN 2020) 組織と個人が内発的動機で継続的に成長し続けるための実践手法
(SPI JAPAN 2020) 組織と個人が内発的動機で継続的に成長し続けるための実践手法(SPI JAPAN 2020) 組織と個人が内発的動機で継続的に成長し続けるための実践手法
(SPI JAPAN 2020) 組織と個人が内発的動機で継続的に成長し続けるための実践手法
 

More from Kouichi Akiyama

業務状態遷移テストを語る夕べ
業務状態遷移テストを語る夕べ業務状態遷移テストを語る夕べ
業務状態遷移テストを語る夕べ
Kouichi Akiyama
 
Ralph's Chart連結
Ralph's Chart連結Ralph's Chart連結
Ralph's Chart連結
Kouichi Akiyama
 
20180421 Issueの書き方と伝えかた勉強会
20180421 Issueの書き方と伝えかた勉強会20180421 Issueの書き方と伝えかた勉強会
20180421 Issueの書き方と伝えかた勉強会
Kouichi Akiyama
 
Oa mat
Oa matOa mat
20170203 test analysisdesign
20170203 test analysisdesign20170203 test analysisdesign
20170203 test analysisdesign
Kouichi Akiyama
 
20160619 wacate 解答
20160619 wacate   解答20160619 wacate   解答
20160619 wacate 解答
Kouichi Akiyama
 
20160607 SS2016 FP
20160607 SS2016 FP20160607 SS2016 FP
20160607 SS2016 FP
Kouichi Akiyama
 
SS2016 Workshop
SS2016 WorkshopSS2016 Workshop
SS2016 Workshop
Kouichi Akiyama
 
よいアーキテクチャ、よいライブラリ、よいテスター
よいアーキテクチャ、よいライブラリ、よいテスターよいアーキテクチャ、よいライブラリ、よいテスター
よいアーキテクチャ、よいライブラリ、よいテスター
Kouichi Akiyama
 
20150424 jasst新潟基調講演
20150424 jasst新潟基調講演20150424 jasst新潟基調講演
20150424 jasst新潟基調講演Kouichi Akiyama
 
20080615 wacate
20080615 wacate20080615 wacate
20080615 wacate
Kouichi Akiyama
 
Answer
AnswerAnswer
20081024 ja sst-sapporo
20081024 ja sst-sapporo20081024 ja sst-sapporo
20081024 ja sst-sapporo
Kouichi Akiyama
 
N-Switchカバレッジテストの問題点と解決策
N-Switchカバレッジテストの問題点と解決策N-Switchカバレッジテストの問題点と解決策
N-Switchカバレッジテストの問題点と解決策
Kouichi Akiyama
 
とてか2
とてか2とてか2
とてか2
Kouichi Akiyama
 

More from Kouichi Akiyama (16)

業務状態遷移テストを語る夕べ
業務状態遷移テストを語る夕べ業務状態遷移テストを語る夕べ
業務状態遷移テストを語る夕べ
 
Ralph's Chart連結
Ralph's Chart連結Ralph's Chart連結
Ralph's Chart連結
 
20180421 Issueの書き方と伝えかた勉強会
20180421 Issueの書き方と伝えかた勉強会20180421 Issueの書き方と伝えかた勉強会
20180421 Issueの書き方と伝えかた勉強会
 
Oa mat
Oa matOa mat
Oa mat
 
20170203 test analysisdesign
20170203 test analysisdesign20170203 test analysisdesign
20170203 test analysisdesign
 
20160619 wacate 解答
20160619 wacate   解答20160619 wacate   解答
20160619 wacate 解答
 
20160607 SS2016 FP
20160607 SS2016 FP20160607 SS2016 FP
20160607 SS2016 FP
 
SS2016 Workshop
SS2016 WorkshopSS2016 Workshop
SS2016 Workshop
 
よいアーキテクチャ、よいライブラリ、よいテスター
よいアーキテクチャ、よいライブラリ、よいテスターよいアーキテクチャ、よいライブラリ、よいテスター
よいアーキテクチャ、よいライブラリ、よいテスター
 
20150424 jasst新潟基調講演
20150424 jasst新潟基調講演20150424 jasst新潟基調講演
20150424 jasst新潟基調講演
 
20080615 wacate
20080615 wacate20080615 wacate
20080615 wacate
 
20140610 秋山-ss2014
20140610 秋山-ss201420140610 秋山-ss2014
20140610 秋山-ss2014
 
Answer
AnswerAnswer
Answer
 
20081024 ja sst-sapporo
20081024 ja sst-sapporo20081024 ja sst-sapporo
20081024 ja sst-sapporo
 
N-Switchカバレッジテストの問題点と解決策
N-Switchカバレッジテストの問題点と解決策N-Switchカバレッジテストの問題点と解決策
N-Switchカバレッジテストの問題点と解決策
 
とてか2
とてか2とてか2
とてか2
 

20160619 wacate

  • 1. ソリューション・サービス開発本部 秋山 浩一 分解について © 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved. ~ テスト要求分析の基本となる、分解の実践的な考え方と演習 ~ 2016年6月19日(日) WACATE 2016 夏 1  各種SNS、ブログ、ご自由に  Twitter: @akiyama924  上記にスライド(PDF)へのリンク張りました  演習は紙でもパソコンでもご自由に  個人演習のみでグループ演習はありません
  • 2. 自己紹介 2  1985年4月 富士ゼロックス入社  HAYST法のコンサルティング業務に従事(テスト上流系)  D-Caseを用いた「機能安全ケース」等の合意形成手法  NPO ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER) 理事  JaSST東京実行委員(2003~、今はアドバイザ) 日本最大のテストシンポジウム1600名の動員  JSTQBステアリング委員(2006年~) テスト技術者資格認定を行う国際組織(ISTQB)の日本支部  日科技連 SW品質管理(SQiP)研究会 委員長(2011~2013年)  テスト分科会主査・副主査(2008~)  ISO/IEC JTC 1/SC7 WG26委員(2009年~) ソフトウェアテストの国際標準「ISO/IEC/IEEE 29119」の策定  共著書『ソフトウェアテストHAYST法入門』(2007年) 日経品質管理文献賞受賞 著書『ソフトウェアテスト技法ドリル』(2010年) 『事例とツールで学ぶHAYST法』(2014年)※いずれも日科技連出版社  博士(工学):信頼性情報システム工学専攻、日本品質管理学会代議員 © 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
  • 3. ウォーミングアップ問題(3分×2回) 都道府県名 3© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved. 二回目(ヒントつき)一回目(ノーヒント)
  • 4. ウォーミングアップ問題(3分×2回) 都道府県名 4© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved. 二回目(ヒント) 1. 北海道・東北(7) 2. 関東(7) 3. 中部(東海・中部・北陸)(10) 4. 関西(6) 5. 中国(山陰・山陽)(5) 6. 四国(4) 7. 九州(8) 1都1道2府43県=47都道府県
  • 5. 分解できるようになるとうれしいこと 5  要求が分かる(「走りきるテスト設計」の『テスト(要求)分析』が上達)  要求するほうも分かっていない(分解して聞き出す=分解の意図大事)  例) 「自動販売機がほしい」 ← 要求が大きすぎる(小さく分解すると分かるようになる) ← 「どんな自動販売機がほしいの?」と聞かれても困る(答えられない) ← だから分解する(たとえばUSDMでは次の4つの方法を紹介している)  時系列に分解(コインを投入、商品を選択、商品とおつりを受け取る)UC的  構成で分解(コイン投入口・金庫+金額計算、商品格納ラック+温度制御)、  状態で分解(販売員が商品をセット、購入待ち、購入中、ルーレット動作中)  共通部分をくくりだすことで分解(エラー処理、ログ、本部との売上情報通信)  要求を説明できる(1ページにまとめなおす←無視する人が多いが大切)  上手く分解すると仕事が何十倍も楽になる  共通理解(ステークホルダー全員で1枚を共有)  部分理解で済む(他との相互関係がないから)  仕事が分担できる(場所・時間・人)  小さいものは理解しやすいし、作りやすいし、テストしやすい (場合が多い、、、反例はGoogle検索とか自由度が高いもの) © 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
  • 6. 分解の極意1 分解 6  分解の意図が大事(自然に分かれるはウソ) → 思い付きで分割してもうまくいかないので既存フレームワークを使う  USDM(清水吉男氏): 時系列、構成、状況、共通部分  VSTeP(※1)のCBIFW: 条件、振る舞い、テスト対象、失敗、魅力  Ostrandの4つのビュー(※2) : ユーザ、仕様、設計・実装、バグ  オブジェクト指向: ビジネスの視点、仕様の視点、実装の視点  品質特性: 機能適合性、性能効率性、互換性(共存性、相互運用性)、 使用性、信頼性、セキュリティ、保守性、移植性(ISO 25010より)  区分原理(=分解の意図、QCの7つ道具で言えば、層別) → 分解には原則が4つある(Wikipediaより引用)  一貫性の原則 - 各段階における区分原理はただ1つでなければならない  相互排除の原則 - 区分肢は互いに排他的でなければならない (MECE:次ページ)  一致の原則 - 区分肢は全ての場合を網羅する(枚挙:次ページ)  漸進の原則 - 区分は順序通りに上位概念から下位概念に進むべきで、飛躍 してはならない © 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved. ※1: VSTeP: http://qualab.jp/vstep/ ※2: 情報処理 Vol.49 No.2 Feb. 2008 pp.127-132
  • 7. 分解の極意2 枚挙 7  MECE → (ミッシーもしくはミーシー: Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive の略)とは「モレなし、ダブリなし」の意味  漏れなく(重要)  個人が一気に作る(スピードが必要)  対称を考える(Aと非Aなど、補集合、意地悪漢字←ググってね)  ダブりなく(個人作業では神経質にならない、組織間では注意)  他組織との間のダブり: 開発とテストで同じテストをしないように  工程間のダブり: 統合テストとシステムテストで同じテストをしない ように  一致の原則 → 区分肢は全ての場合を網羅する(レビューしてみんなの知恵を集める)  兄弟ノードは同じ粒度にすること  ツリーを下から追って、子ノードをまとめて「~だから(So what ?) 」親ノードになっているといえるか(論理の飛躍はないか)  ツリーを上から追って、親のノードを展開すると子ノードは「なぜなら~ (Why so ?)」の関係でしっくりくるか(前提条件の抜けはないか) © 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
  • 8. 分解の極意2 枚挙の図 8© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
  • 9. 分解の極意3 綜合 9  要素を出してまとめる方法 → たくさん思い付きを挙げてからグルーピングする  要素はインスタンス、グループはクラス(次ページ演習)  綜合のステップ 1. 例を挙げる 2. 綜合する 3. 構造がわかる 4. (自分がソレを)理解する 5. (他人にソレを)説明できる  KJ法  ポストイット  モデレータ大切 © 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
  • 10. 問題(10分) 綜合 「木戸に立てかけし衣食住」(雑談) 10© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.  木 気候や季節の話  戸 道楽(趣味)の話  に ニュースの話  立 旅の話  て 天気の話  か 家族の話  け 健康の話  し 仕事の話  衣 ファッションの話  食 食べ物の話  住 住まいの話  上記をグルーピングしツリーを作り、グループに名前をつける (脳の中のモヤモヤネットワーク → 階層構造 → シリアル) 衣食住 衣 食 住
  • 11. 「ちゃんとテストした?」に答えられますか? 11  従来のテストはちゃんとしているか? ① 仕様書を順番に動作確認する(仕様書がなければマニュアル、 マニュアルもなければ画面上の一つ一つのメニュー) → 単機能の問題は全て見つかる (※ 開発者テストと重複) → 市場導入後に「条件」の漏れが見つかる (「〜と同様」という仕様書、「〜の場合」が漏れる) ② テストの終了基準 → リリース日から逆算して終わる → 信頼度成長曲線で95%のバグ収束(誰も信じていない) → 客観的網羅(C0,C1,MC/DC:制御フローカバレッジ)  例) HAYST法  目的で分解 → 2~3機能間組合せで綜合  条件との組合せをテスト(xx動作中、yyの環境下)  組合せ網羅率で品質を確認(枚挙結果の数値化) © 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
  • 12. 問題(10分) 自動車 12© 2016 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved. 派生開発時のテストを分解道路を分解(自動運転)