SlideShare a Scribd company logo
1 of 24
Download to read offline
FRBR&RDA勉強会復習スライド
2014年06月12日
国立教育政策研究所
江草由佳
What is RDA
• RDA: Resource Description and Access
• RDAはAACR2に取って変わる新しい目録規則
– AACR2: Anglo‐American Cataloguing Rules, 2 edtion
(英米目録規則第2版)
• RDAの全体的な目的は:資料発見の支援のた
めのデータ標準化のガイドラインおよび規則 “a 
set of guidelines and instructions on formulating 
data to support resource discovery”(0.0)
AACR2とここが違う!
1. FRBRとFRADという理論的なフレームワークに
基づいている
2. ディジタル環境のためにデザインされている
3. AACR2より広い範囲を対象としている
→図書館だけじゃない、英語圏だけじゃない
(ただし、AACR2と強くリンクもしている)
1. FRBRとFRADという理論的なフレーム
ワークに基づいている
• ユーザ
– 大規模な書誌データ、典拠データを使う人(+作る人)
• ユーザのタスク
– 大規模な書誌データを使うときによくあるタスク
• find, identify, select, obtain
– 大規模な典拠データを使うときによくあるタスク
• find, identify, contextualize (clarify), justify(understand)
• 記録される書誌or典拠データ・・・ERモデルで
– Entity(Work, Expression, Manifestation, Item, Person…)
– Relationship(Work expressed…)
– Attribute(Title proper...)
ER(Entity‐Relationship)モデル
• Entity: 利用者が興味のある”key object”
• Attribute:Entityについての情報
• Relationship:Entity と Entity の関係
Work
Preferred title of the work:
ハリーポッターと賢者の石
Person
Name of the person: 
J.K. ローリング
Is created by 
Entity
Entity
FRBRで定義されている 10
Work
Expression
Manifestation
Item
Person
Corporate Body
Concept
Object
Event
Place
Entity
Entity: the key object of interest to users of 
bibliographic data
Work
a distinct intellectual or 
artistic creation
Expression
the intellectual or artistic 
realization of a work
Manifestation
the physical embodiment 
of an expression of 
a work
Item
a single exemplar of a 
manifestation
Group 1
content
physical form
内容そのもの
表現そのもの
音声や文字な
どの具体表現
まだ、メディア
には
のってない
何らかのメディ
アに載ったもの
を抽象的に表
したもの
(クラス)
実際のものそ
のもの
(インスタンス)
w1: ハリーポッターと賢者の石
e1:テキスト(文字)(英語)
m1:Bloomsbury出版[本]
(ISBN:9780747532699)
i1:愛知県立大学所蔵の本
i2:会津大学所蔵の本
e2:読み上げ音声
m1:オーディオブック[CD]
(ISBN:190754500X)
m2:オーディオブック[カセット]
(ISBN:1855493942)
e3:日本語版テキスト
m1:静山社 出版[本]
(ISBN:9784915512490)
i1:足立区立図書館所蔵の本1
i2:足立区立図書館所蔵の本2
Entityのうち資料や作品を表すもの
ER(Entity‐Relationship)モデル
• Entity: 利用者が興味のある”key object”
• Attribute:Entityについての情報
• Relationship:Entity と Entity の関係
Work
Preferred title of the work:
ハリーポッターと賢者の石
Person
Name of the person: 
J.K. ローリング
Is created by 
Attribute Attribute
たとえば:
Entity: WorkのAttribute
• Title of the Work
– Work のタイトル
– 例:Harry Potter and the Philosopher's Stone
• Form of Work
– Workが属するクラス
– 例:novel, play, poem,…
• Date of the Work
– Workが作られた日
Work
Preferred title of the work:
ハリーポッターと賢者の石
Attribute
ER(Entity‐Relationship)モデル
• Entity: 利用者が興味のある”key object”
• Attribute:Entityについての情報
• Relationship:Entity と Entity の関係
Work
Preferred title of the work:
ハリーポッターと賢者の石
Person
Name of the person: 
J.K. ローリング
Is created by 
Relationship
例えば:
Entityの定義と対のPrimary Relationships
Work
Expression
Manifestation
Item
is realized through is a realization of
is embodied in
is an embodiment of
is a single exemplar ofis exemplified by
図の見方:矢印の手前から矢印の方向に読みます。
(注:冠詞は適宜付与必要)
realize:
具現する
『新英和大辞典』
embody:
具体化する、体現する
『新英和大辞典』
exemplify:
例示する
『新英和大辞典』
たとえば:
続き, 映画化をあらわすRelationship
W1.1: ハリーポッターと賢者の石
W1.2: ハリーポッターと秘密の部屋
W1.3: ハリーポッターとアズカバンの囚人
W1.4: ハリーポッターと炎のゴブレット
W1.5: ハリーポッターと不死鳥の騎士団
W1.6: ハリーポッターと謎のプリンス
W1.7: ハリーポッターと死の秘宝
W1.1.1: ハリーポッターと賢者の石(映画)
W1.2.1: ハリーポッターと秘密の部屋(映画)
W1.3.1: ハリーポッターとアズカバンの囚人(映画)
W1.4.1: ハリーポッターと炎のゴブレット(映画)
W1.5.1: ハリーポッターと不死鳥の騎士団(映画)
W1.6.1: ハリーポッターと謎のプリンス(映画)
W1.7.1: ハリーポッターと死の秘宝(映画)
ER(Entity‐Relationship)モデル(まとめ)
• Entity: 利用者が興味のある”key object”
• Attribute:Entityについての情報
• Relationship:Entity と Entity の関係
• →この3つが
– (FRBR)書誌データ
– (FRAD)典拠データ を表すために定義されている
Work
Preferred title of the work:
ハリーポッターと賢者の石
Person
Name of the person: 
J.K. ローリング
Is created by 
Entity
Entity
Relationship
Attribute Attribute
FRBR&FRADとRDA
• RDAでは、FRBRとFRADのEntity,Attribute,Relationship
やユーザタスク使って、様々な説明が展開される
• RDAでは
– どんな Element があり
(ある Entity の Attribute か、
どの Entity 間の Relationship かなど)
– その Element に何を記述するか
(どこからとるか、どのように記述するか)
– その Element は何のためにあり
(どのユーザータスクのために必要か?)
• についての説明がある
Element の例:Title Proper(2)
‐‐目次より:FRBRやFRDAとの関係‐‐
• Section 1: Recording Attributes of Manifestation 
& Item
– Chapter 1: General Guidelines on Recording 
Attributes of Manifestations and Items
– Chapter 2 :Identifying Manifestation and Items
• 2.0 Purpose and Scope
This chapter provides general guidelines and instructions 
on recording the attributes of manifestations and items 
that are most often used to identify a resource. ・・・
• ・・・・
• 2.3 Title
– 2.3.1 Basic Instructions on Recording Titles
– 2.3.2 Title Proper
Attribute EntityEntity
Entity Entity
User Task
Element
Element の例:Title Proper(1)
どんなElementがあ
るか?=Title Proper
Core element 
最低限必要
どんなことを書くか
どこからとるか
Work:w1
Related work (contained in):w2
Related work (contains) :w1
Work:w2
Creator:p1
Manifestation of work:m1
Expression of work:e1
Work expressed:w2
Expression:e1
Manifestation of expression:m1
Expression manifested:e1
Work manifested:w2
Manifestation:m1
Exemplar of manifestation:i1
Manifestation exemplified:m1
Item:i1
Preferred title of the work: 新・図書館学シリーズ
Preferred title of the work: 情報検索演習
Title Proper: 情報検索演習
Language of Expression: 日本語
Person:p1
赤字:
Attribute的
青字:
Relationship的
なぜか片道
RDA chapter 0
• 0.0 Purpose and Scope
– RDAとは何か、ユーザータスク
• 0.1 Key features
• 0.2 他の標準との関係
• 0.3 Conceptual Models underlying RDA
– FRBRとFRADを元にしている
• 0.4 Objective and Principles Governing RDA
• 0.5 Structure
– RDAの全体構造の説明(目次)
• 0.6 Core Element
– 最低限必要な element 
0.7 Access Points
• RDAは、Work, expression, person, family, corporate 
bodyに対する統制アクセスポイント及び非統制アク
セスポイントのインストラクションを提供
• RDAが提供する統制アクセスポイント:
– Manifestation  work, expression の間の書誌階層関係
– 資料  person, family, corporate body の間の関係
– Work同士、Expression同士、Manifestation同士、Item同
士の間の関係(映画化など?)
– person同士、family同士、corporate body同士の関係
• RDAは、アクセスポイントとして、タイトル(title 
proper, parallel title etc.)を利用する際のガイドを提
供(その他は指定しない)
0.8 Alternatives and Options
• RDAのガイドライン、インストラクションには、
alternativeまたはoptionとラベル付けられるものが複
数ある。
– そのガイドラインは直前に書かれたインストラクションに対
するものとして提供される
• オプションインストラクションには以下のいずれかのた
めのものとなる:
– A) オプションで追加されるデータ:
– B) オプションで省略できるデータ:
• データ作成に責任を持つ機関は、以下のいずれかを
選択する:
– A) 別法・オプションの適用に関するポリシーを作成する
– B) 目録作成者の判断に任せる
0.9 Exceptions
• RDAには「Exceptions」(例外)とラベル付けさ
れたインストラクションもある。
– 特定の種類の資料、状況に適用されるよう、直前
のインストラクションに優先するインストラクション
として定義される
0.10 Examples
• 例はそのインストラクションに係るデータのみを例示
– ただし、関連エレメントのほうは注釈として書くことも
• 例においては通常、ISBD表現で必要とされる先行する
句読点、囲む句読記号法は示していない
– ただし、ISBD区切り記号は、関連する資料の構造化され
た記述を例示する例として用いる。
• 統制アクセスポイント及び非統制アクセスポイントの
構築を例示するにあたっては、AACR2における区切り
法を用いる
• すべての例はエレメントが英語を第一言語とする機関
が記述するものとして例示
• … etc
0.11 Internalization
• RDAは国際的に使われることを想定。
• RDAでは、以下の4つをサポートする
– 言語と文字
– 数値
– 日付
– 測定単位
• 基本はそのまま転記、データ作成機関による
方針のものに差し替え、もしくは追加でもよい
0.12 Encoding RDA Data
• RDAは図書館アプリケーションとして使われる、さまざ
まな符号化スキーマで使われるよう設計されている。
• 付録D、EにRDAからMARC21形式の書誌・典拠データ
とのマッピングがある
• RDA外部の語彙符号化スキーマを参照していることも
– 例:文字、または言語内容を表現する文字を表現する場
合には、ISO15924を参照する
• 特定のエレメントにあっては、RDAの記録指示がRDA
内の語彙符号化スキーマを含む場合がある
• RDAで使われるように定義された用語の統制リスト
– これらのエレメントにおいて、別の語彙符号化スキーマが
出てきた場合、それにおきかえられる場合もある。

More Related Content

More from Yuka Egusa

2017-09-28 LODチャレンジ2017キックオフ 教科書LODの紹介
2017-09-28 LODチャレンジ2017キックオフ 教科書LODの紹介2017-09-28 LODチャレンジ2017キックオフ 教科書LODの紹介
2017-09-28 LODチャレンジ2017キックオフ 教科書LODの紹介
Yuka Egusa
 
2013-10-30saveMLAKフォーラム:saveMLAKメソッドとは
2013-10-30saveMLAKフォーラム:saveMLAKメソッドとは2013-10-30saveMLAKフォーラム:saveMLAKメソッドとは
2013-10-30saveMLAKフォーラム:saveMLAKメソッドとは
Yuka Egusa
 
2013-09-01_Wiki協同入力を阻害する3つの恐怖症とその対策―saveMLAKを例として―
2013-09-01_Wiki協同入力を阻害する3つの恐怖症とその対策―saveMLAKを例として―2013-09-01_Wiki協同入力を阻害する3つの恐怖症とその対策―saveMLAKを例として―
2013-09-01_Wiki協同入力を阻害する3つの恐怖症とその対策―saveMLAKを例として―
Yuka Egusa
 
2013-06-30_saveMLAK2013報告会_図書館
2013-06-30_saveMLAK2013報告会_図書館2013-06-30_saveMLAK2013報告会_図書館
2013-06-30_saveMLAK2013報告会_図書館
Yuka Egusa
 
2013-05-29_FRBR&RDA勉強会復習スライド
2013-05-29_FRBR&RDA勉強会復習スライド2013-05-29_FRBR&RDA勉強会復習スライド
2013-05-29_FRBR&RDA勉強会復習スライド
Yuka Egusa
 
2013-04-02_FRBR&RDA勉強会
2013-04-02_FRBR&RDA勉強会2013-04-02_FRBR&RDA勉強会
2013-04-02_FRBR&RDA勉強会
Yuka Egusa
 
2013-03-24_code4lib2013報告会
2013-03-24_code4lib2013報告会2013-03-24_code4lib2013報告会
2013-03-24_code4lib2013報告会
Yuka Egusa
 
2013-02-19_FRBR&RDA勉強会復習
2013-02-19_FRBR&RDA勉強会復習2013-02-19_FRBR&RDA勉強会復習
2013-02-19_FRBR&RDA勉強会復習
Yuka Egusa
 
2013-02-03_Wikimedia_Conference_Japan_2013
2013-02-03_Wikimedia_Conference_Japan_20132013-02-03_Wikimedia_Conference_Japan_2013
2013-02-03_Wikimedia_Conference_Japan_2013
Yuka Egusa
 
2013-01-16_FRBR&RDA勉強会復習
2013-01-16_FRBR&RDA勉強会復習2013-01-16_FRBR&RDA勉強会復習
2013-01-16_FRBR&RDA勉強会復習
Yuka Egusa
 
2012-12-04_saveMLAKと名取市図書館支援
2012-12-04_saveMLAKと名取市図書館支援2012-12-04_saveMLAKと名取市図書館支援
2012-12-04_saveMLAKと名取市図書館支援
Yuka Egusa
 
2012-10-07_2012年度大橘会交流会・公開シンポジウム
2012-10-07_2012年度大橘会交流会・公開シンポジウム2012-10-07_2012年度大橘会交流会・公開シンポジウム
2012-10-07_2012年度大橘会交流会・公開シンポジウム
Yuka Egusa
 
2012-09-25_dlw_街並みの今をアーカイブする
2012-09-25_dlw_街並みの今をアーカイブする2012-09-25_dlw_街並みの今をアーカイブする
2012-09-25_dlw_街並みの今をアーカイブする
Yuka Egusa
 
2012-09-14_第10回までのFRBR&RDA勉強会復習
2012-09-14_第10回までのFRBR&RDA勉強会復習2012-09-14_第10回までのFRBR&RDA勉強会復習
2012-09-14_第10回までのFRBR&RDA勉強会復習
Yuka Egusa
 

More from Yuka Egusa (20)

2018-10-30 図書館総合展2018 トークイベント saveMLAKとは
2018-10-30 図書館総合展2018 トークイベント saveMLAKとは2018-10-30 図書館総合展2018 トークイベント saveMLAKとは
2018-10-30 図書館総合展2018 トークイベント saveMLAKとは
 
2018-06-24 saveMLAK Wiki Tutorial for Veteran
2018-06-24 saveMLAK Wiki Tutorial for Veteran2018-06-24 saveMLAK Wiki Tutorial for Veteran
2018-06-24 saveMLAK Wiki Tutorial for Veteran
 
2018-06-24 saveMLAK Wiki Tutorial
2018-06-24 saveMLAK Wiki Tutorial2018-06-24 saveMLAK Wiki Tutorial
2018-06-24 saveMLAK Wiki Tutorial
 
2017-09-28 LODチャレンジ2017キックオフ 教科書LODの紹介
2017-09-28 LODチャレンジ2017キックオフ 教科書LODの紹介2017-09-28 LODチャレンジ2017キックオフ 教科書LODの紹介
2017-09-28 LODチャレンジ2017キックオフ 教科書LODの紹介
 
2017-09-03 c4ljp-教科書LOD
2017-09-03 c4ljp-教科書LOD2017-09-03 c4ljp-教科書LOD
2017-09-03 c4ljp-教科書LOD
 
2016-09-11-c4ljp2016-勉強会のすすめ
2016-09-11-c4ljp2016-勉強会のすすめ2016-09-11-c4ljp2016-勉強会のすすめ
2016-09-11-c4ljp2016-勉強会のすすめ
 
2016-09-03-saveMLAK ウィキチュートリアル
2016-09-03-saveMLAK ウィキチュートリアル2016-09-03-saveMLAK ウィキチュートリアル
2016-09-03-saveMLAK ウィキチュートリアル
 
2013-10-30saveMLAKフォーラム:saveMLAKメソッドとは
2013-10-30saveMLAKフォーラム:saveMLAKメソッドとは2013-10-30saveMLAKフォーラム:saveMLAKメソッドとは
2013-10-30saveMLAKフォーラム:saveMLAKメソッドとは
 
2013-09-01_Wiki協同入力を阻害する3つの恐怖症とその対策―saveMLAKを例として―
2013-09-01_Wiki協同入力を阻害する3つの恐怖症とその対策―saveMLAKを例として―2013-09-01_Wiki協同入力を阻害する3つの恐怖症とその対策―saveMLAKを例として―
2013-09-01_Wiki協同入力を阻害する3つの恐怖症とその対策―saveMLAKを例として―
 
2013-06-30_saveMLAK2013報告会_図書館
2013-06-30_saveMLAK2013報告会_図書館2013-06-30_saveMLAK2013報告会_図書館
2013-06-30_saveMLAK2013報告会_図書館
 
2013-05-29_FRBR&RDA勉強会復習スライド
2013-05-29_FRBR&RDA勉強会復習スライド2013-05-29_FRBR&RDA勉強会復習スライド
2013-05-29_FRBR&RDA勉強会復習スライド
 
2013-04-02_FRBR&RDA勉強会
2013-04-02_FRBR&RDA勉強会2013-04-02_FRBR&RDA勉強会
2013-04-02_FRBR&RDA勉強会
 
2013-03-24_code4lib2013報告会
2013-03-24_code4lib2013報告会2013-03-24_code4lib2013報告会
2013-03-24_code4lib2013報告会
 
2013-02-19_FRBR&RDA勉強会復習
2013-02-19_FRBR&RDA勉強会復習2013-02-19_FRBR&RDA勉強会復習
2013-02-19_FRBR&RDA勉強会復習
 
2013-02-03_Wikimedia_Conference_Japan_2013
2013-02-03_Wikimedia_Conference_Japan_20132013-02-03_Wikimedia_Conference_Japan_2013
2013-02-03_Wikimedia_Conference_Japan_2013
 
2013-01-16_FRBR&RDA勉強会復習
2013-01-16_FRBR&RDA勉強会復習2013-01-16_FRBR&RDA勉強会復習
2013-01-16_FRBR&RDA勉強会復習
 
2012-12-04_saveMLAKと名取市図書館支援
2012-12-04_saveMLAKと名取市図書館支援2012-12-04_saveMLAKと名取市図書館支援
2012-12-04_saveMLAKと名取市図書館支援
 
2012-10-07_2012年度大橘会交流会・公開シンポジウム
2012-10-07_2012年度大橘会交流会・公開シンポジウム2012-10-07_2012年度大橘会交流会・公開シンポジウム
2012-10-07_2012年度大橘会交流会・公開シンポジウム
 
2012-09-25_dlw_街並みの今をアーカイブする
2012-09-25_dlw_街並みの今をアーカイブする2012-09-25_dlw_街並みの今をアーカイブする
2012-09-25_dlw_街並みの今をアーカイブする
 
2012-09-14_第10回までのFRBR&RDA勉強会復習
2012-09-14_第10回までのFRBR&RDA勉強会復習2012-09-14_第10回までのFRBR&RDA勉強会復習
2012-09-14_第10回までのFRBR&RDA勉強会復習
 

Recently uploaded

研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
atsushi061452
 

Recently uploaded (14)

LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
 
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
 

2014-06-12_FRBR&RDA勉強会復習スライド