SlideShare a Scribd company logo
1 of 20
Tokyo Electron
Software
Technologies Limited

勝つための計画づくり
東京エレクトロン
ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

すずき あつし
計画づくりの事例紹介
戦略
ポートフフォリオ
プロダクト
リリース
イテレーション
今日

本日のターゲット
イテレーション計画づくり
目的:
 詳細で短期間の視野を得る
 タスクを共有し
 やりとげられる気持ちになる
イテレーション

2週間

試してみて見通しが立てやすかった
計画ゲーム開始・・・
今回のイテレーションタスク
担当者

タスク

○○

○○ を調査する

○○

○○ を作成する

○○

○○ を実装する

ユースケース 2

○○

○○ を設計する

画面 A

○○

画面仕様書を作成する

・・・

・・・

・・・

ユースケース 1

ふむふむ、
今回はこんな
タスクがあるんだ
ね
うまくいっている
ポイントその 1

純粋開発日
私は今回これだけ作りこみます
前回の開発工数分布
鈴木

計画、研修など
要求、設計、実装、テストなど
%

イテレーションデータ

今回は、
 純粋開発日
 修正 & レ
ビュー
何日です

純粋開発日 =
イテレーション日 × 開発 %× 純粋開発 %
イテレーション
うまくいっている
ポイントその 2

小さくタスク作成
1 つのタスクは 1 時間から 1 日程度に
タスクカード

見積もり

実績

修正&レビュー
修正&レビュー
コミットメント!

今回の
イテレーションは
勝ったも同然!

確認事項
・合計日数
・サイズ
見通しが立ち、
やりとげられる気持ちになる!
うまくいっている
ポイントその 3

朝会 0.25h 報告
1 分も無駄にしません!
朝会

昨日やったこと
今日やること
問題点を
報告してください
昨日は、タスク A に○時
間
タスク B に○時間
タスク C のレビューに
○ 時間つかいました。
今日は、タスク B を
完了させて帰ります!
かんばん
TODO

DOING

レビュー
中
勝つための計画づくり…
約束を守り、
価値あるソフトウェアを
 早く提供し続ける
守りに入らず、攻めの気持ちで
、
 計画づくりしてます!
勝つため!
5minutes パターン
3 人目の動き
修正ペアプロ

純粋開発日
小さくタスク作成

只今レビュー中

小さくコードレビュー

朝会 0.25h 報告

ばっちこいシート
チームメンバのいいところ
リファクタリング
勝つための開発

― 勝つために役立つことをする
― 勝つために役立たないことはしない

チーム行動指針

目的

シンプル

プロ意識
その他うまくいっているポイント

5minutes パターン

3 人目の動き

その要求変更 5 分で対応します

対立したらもう一人の意見を

朝の輪読会

ばっちこいシート
守備範囲をひろげますよー
ランク

メジャー
マイナー
ルーキー
解説者

More Related Content

Similar to 勝つための計画づくり 20110415(鈴木)

【いまこそ】エンジニアとデザイナー【立ち上がれ】
【いまこそ】エンジニアとデザイナー【立ち上がれ】	【いまこそ】エンジニアとデザイナー【立ち上がれ】
【いまこそ】エンジニアとデザイナー【立ち上がれ】 Yuki Kuroki
 
InnerSource Learning Path (Japanese)
InnerSource Learning Path (Japanese)InnerSource Learning Path (Japanese)
InnerSource Learning Path (Japanese)Yoshitake Kobayashi
 
【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化
【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化
【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化智治 長沢
 
UnityLecture @Kyushu University
UnityLecture @Kyushu UniversityUnityLecture @Kyushu University
UnityLecture @Kyushu UniversityKosuke Kaneko
 
第2回 すくすく・スクラム
第2回 すくすく・スクラム第2回 すくすく・スクラム
第2回 すくすく・スクラムKazumasa EBATA
 
卒論パワポVer3 伊東純平
卒論パワポVer3 伊東純平卒論パワポVer3 伊東純平
卒論パワポVer3 伊東純平純平 伊東
 
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップアジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップYou&I
 
二求の塾 プログラミング講座(2019-08-10)
二求の塾 プログラミング講座(2019-08-10)二求の塾 プログラミング講座(2019-08-10)
二求の塾 プログラミング講座(2019-08-10)Atsuo Yamasaki
 
苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 enchant.jsでゲーム作り 1
苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 enchant.jsでゲーム作り 1苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 enchant.jsでゲーム作り 1
苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 enchant.jsでゲーム作り 1Takuya Mukohira
 
エンジニアのためのSketch入門 vol1
エンジニアのためのSketch入門 vol1エンジニアのためのSketch入門 vol1
エンジニアのためのSketch入門 vol1Masato Kawaguchi
 
リアルタイムリモートデバッグ環境によるゲーム開発イテレーションの高速化【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
リアルタイムリモートデバッグ環境によるゲーム開発イテレーションの高速化【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】リアルタイムリモートデバッグ環境によるゲーム開発イテレーションの高速化【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
リアルタイムリモートデバッグ環境によるゲーム開発イテレーションの高速化【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】DeNA
 
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキアジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキYou&I
 
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発Developers Summit
 
ユニットテスト_2日目
ユニットテスト_2日目ユニットテスト_2日目
ユニットテスト_2日目Yoshiki Shibukawa
 
Scrumワークショップ
ScrumワークショップScrumワークショップ
ScrumワークショップYou&I
 
Project 15 - Algyan May 2022.pdf
Project 15 - Algyan May 2022.pdfProject 15 - Algyan May 2022.pdf
Project 15 - Algyan May 2022.pdfYasuhiroHanda2
 
ゆるロボ製作所開発事例 – ドローコール削減
ゆるロボ製作所開発事例 – ドローコール削減 ゆるロボ製作所開発事例 – ドローコール削減
ゆるロボ製作所開発事例 – ドローコール削減 Mikito Yoshiya
 
袋井市Bpr研修(第2回)
袋井市Bpr研修(第2回)袋井市Bpr研修(第2回)
袋井市Bpr研修(第2回)Hiroyuki Ichikawa
 
コロナ禍の開発勉強会~社内教育ツールの開発と実装
コロナ禍の開発勉強会~社内教育ツールの開発と実装コロナ禍の開発勉強会~社内教育ツールの開発と実装
コロナ禍の開発勉強会~社内教育ツールの開発と実装IIJ
 

Similar to 勝つための計画づくり 20110415(鈴木) (20)

【いまこそ】エンジニアとデザイナー【立ち上がれ】
【いまこそ】エンジニアとデザイナー【立ち上がれ】	【いまこそ】エンジニアとデザイナー【立ち上がれ】
【いまこそ】エンジニアとデザイナー【立ち上がれ】
 
InnerSource Learning Path (Japanese)
InnerSource Learning Path (Japanese)InnerSource Learning Path (Japanese)
InnerSource Learning Path (Japanese)
 
【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化
【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化
【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化
 
UnityLecture @Kyushu University
UnityLecture @Kyushu UniversityUnityLecture @Kyushu University
UnityLecture @Kyushu University
 
第2回 すくすく・スクラム
第2回 すくすく・スクラム第2回 すくすく・スクラム
第2回 すくすく・スクラム
 
卒論パワポVer3 伊東純平
卒論パワポVer3 伊東純平卒論パワポVer3 伊東純平
卒論パワポVer3 伊東純平
 
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップアジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
 
二求の塾 プログラミング講座(2019-08-10)
二求の塾 プログラミング講座(2019-08-10)二求の塾 プログラミング講座(2019-08-10)
二求の塾 プログラミング講座(2019-08-10)
 
苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 enchant.jsでゲーム作り 1
苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 enchant.jsでゲーム作り 1苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 enchant.jsでゲーム作り 1
苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 enchant.jsでゲーム作り 1
 
Techhills 6.18
Techhills 6.18Techhills 6.18
Techhills 6.18
 
エンジニアのためのSketch入門 vol1
エンジニアのためのSketch入門 vol1エンジニアのためのSketch入門 vol1
エンジニアのためのSketch入門 vol1
 
リアルタイムリモートデバッグ環境によるゲーム開発イテレーションの高速化【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
リアルタイムリモートデバッグ環境によるゲーム開発イテレーションの高速化【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】リアルタイムリモートデバッグ環境によるゲーム開発イテレーションの高速化【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
リアルタイムリモートデバッグ環境によるゲーム開発イテレーションの高速化【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
 
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキアジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ
アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ
 
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
 
ユニットテスト_2日目
ユニットテスト_2日目ユニットテスト_2日目
ユニットテスト_2日目
 
Scrumワークショップ
ScrumワークショップScrumワークショップ
Scrumワークショップ
 
Project 15 - Algyan May 2022.pdf
Project 15 - Algyan May 2022.pdfProject 15 - Algyan May 2022.pdf
Project 15 - Algyan May 2022.pdf
 
ゆるロボ製作所開発事例 – ドローコール削減
ゆるロボ製作所開発事例 – ドローコール削減 ゆるロボ製作所開発事例 – ドローコール削減
ゆるロボ製作所開発事例 – ドローコール削減
 
袋井市Bpr研修(第2回)
袋井市Bpr研修(第2回)袋井市Bpr研修(第2回)
袋井市Bpr研修(第2回)
 
コロナ禍の開発勉強会~社内教育ツールの開発と実装
コロナ禍の開発勉強会~社内教育ツールの開発と実装コロナ禍の開発勉強会~社内教育ツールの開発と実装
コロナ禍の開発勉強会~社内教育ツールの開発と実装
 

勝つための計画づくり 20110415(鈴木)

Editor's Notes

  1. 東京エレクトロンのすずきあつしです。 今日は 「勝つための計画づくり」と題しまして、 事例紹介をさせていただきます。
  2. 今日、紹介したいことは 講演会や書籍から得た内容を実践している 「計画づくり」についてです。 本日のターゲットはイテレーションとデイリーの計画づくりについてです。
  3. 詳細で短期間の視野を得ること タスクを共有し、やり遂げられる気持ちになること を目的として計画づくりをしています。
  4. 1イテレーションを2週間で実施しています。 期間は、いろいろ試してみて、一番見通しが立てやすかった期間にしました。
  5. イテレーション計画ゲームでは、 まず、今回のイテレーションで実施するタスクについて チームで意識合わせします。
  6. イテレーション計画ゲームでは、 まず、今回のイテレーションで実施するタスクについて チームで意識合わせします。
  7. そのあと、 前回の開発工数の分布を個人ごとに確認します。 確認する理由は、純粋開発にどれだけさけれたかを確認することです 純粋開発とは 非開発は、計画、研修などを示し、 それ以外の開発に割り当てられた比率を確認します。 開発の中でも レビューと修正にさいた割合と それ以外に担当タスクに割り当てられたものを純粋開発として確認します。 純粋開発工数をもとに タスクがどれだけ実施できるかを決定しています。
  8. 前回の開発工数分布をもとに 今回の純粋開発日数を決定します。 %は前回までを参考にしますが、 今回のタスクの内容も考慮して 感覚で決定します。
  9. タスクカードを作成して ポストイットに 朝会で実績、レビュー修正を記入している
  10. タスクカードを作成して ポストイットに 朝会で実績、レビュー修正を記入している
  11. 朝会の風景 昨日やったこと、今日やること、問題点
  12. 朝会の風景 結構うまくいっているところ かかった時間を言ってもらう 個人個人が生産性を気にすることで次の計画づくりのフィードバックになる
  13. 実際のかんばん Doingが多い TODOが多い Reviewingが多い 不具合混入が一日になる(無駄なものは作らない) 自分の生産性がわかる 変化をコントロールできる
  14. 勝つための計画づくりとだいして報告させていただきましたが、 すごいことやちょー秘策があるわけではなく 勝つため、成功するため、価値あるソフトウェアを早く提供し続けるために 変化に対して、学んだことを取り入れ、 恐れて守りに入り、負けない開発をするのではなく 攻めの気持ちで計画作りしています! ということを報告したかったのでした。 平鍋さんの講演を受けた後も、 向上心を高く持ち、書籍などで学んだ内容や いいと思うものを実践して、自分たちに合った形に変化させ続けています。
  15. 私たちのチームは、 計画づくりだけでなく 勝つための開発を志し、 勝つために役立つことをする、 勝つために役立たないことはしないということを 意識し、 日々開発に取り組んでいます。 以上、現場からの報告でした。 目新しいことはなかったかもしれませんが、 報告することができてとても感謝しています。 ありがとうございました。