Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Visual Studio App Centerを公式サンプルアプリから学ぼうiOS(swift),Android(java)

3,995 views

Published on

JXUGC #24 春の App Center 祭り
https://jxug.connpass.com/event/72491/
で発表した資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Visual Studio App Centerを公式サンプルアプリから学ぼうiOS(swift),Android(java)

  1. 1. Visual Studio App Centerを 公式サンプルアプリから学ぼう iOS(Swift), Android(Java) 2018/01/20 JXUGC #24 春の App Center 祭り なかしょ(中島進也)
  2. 2. Profile • 名前:なかしょ(中島 進也) • Twitter:@nakasho_dev • ブログ:なかしょの技術日誌 http://nakasho-dev.hatenablog.jp/ • 最近の興味 TDD、アジャイル開発、Xamarin、Chatbot、Tizen • 主な参加コミュニティ JXUG、.NETラボ、Cogbot ※本資料は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するもの ではありません。 2
  3. 3. 今日のお品書き • 以下の公式サンプルアプリでAppCenterの使い方を紹介 appcenter-sampleapp-ios-swift https://github.com/Microsoft/appcenter-sampleapp-ios-swift appcenter-sampleapp-android https://github.com/Microsoft/appcenter-sampleapp-android 3
  4. 4. iOSアプリ (Swift) 4
  5. 5. サンプルアプリを通じて分かること • SDKの組み込み方 • ビルド方法 • テストの方法 • 配信方法(ad-hoc配布、iTunesConnect配布) • クラッシュログの取得方法 • イベントログの残し方 • Push通知の方法 5https://github.com/Microsoft/appcenter-sampleapp-ios-swift
  6. 6. サンプルアプリの流れ 6 Getting Started Build Test Distribute Crashes Analytics Push
  7. 7. Getting Started • GitHubのアカウントを作成し以下のリポジトリをフォーク • https://github.com/Microsoft/appcenter-sampleapp-ios-swift • フォークしたリポジトリをローカルにClone • 例:git clone https://github.com/nakasho-dev/appcenter-sampleapp-ios-swift.git 7https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/getting-started ここをクリック
  8. 8. Getting Started • AppCenterにサインイン • https://appcenter.ms/create-account • 以下のアカウントが使用可能 • GitHub • Microsoft • Facebook • Google 8https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/getting-started
  9. 9. Getting Started • 新規アプリを登録 • Add New ⇒ Add New App • OSはiOSを選択 • PlatformはObjective-C/Swiftを選択 • 作成後ポータル画面に遷移 9https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/getting-started ポータル画面では最初 にやるべきことが書い てある
  10. 10. Getting Started - CocoaPodsの使用 10https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/getting-started Cloneしたプロジェクトの ディレクトリに移動し、以下を実施 1.Podfileの初期化 $ pod init 2.Podfileに以下を記述 pod 'AppCenter’ pod 'AppCenter/Push' 3.指定したライブラリを適用 pod install CocoaPodsを入れていなかったら以下のコマンドでインストール $ sudo gem install cocoapods サンプルアプリではPodfile を作成済み $pod installのみでOK Carthageに 対応していません
  11. 11. Getting Started - App Secretの置換 11https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/getting-started ポータル画面では表示されているApp SecretをAppDelegate.swift内にある <APP SECRET HERE>と置換する サンプルアプリでは以下 の宣言も追加されている import AppCenterPush サンプルアプリでは以下 も追加されている MSPush.self 公開リポジトリで管理するのであれば AppSecretは埋め込むのは厳禁
  12. 12. Getting Started – 証明書の準備 • Apple Developer Programの証明書を準備すると以下が可能となる。 • Test • Destribute • Push • 証明書なしでできること • Build( XCTest 含む) • Clashes • Analytics 12https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/getting-started
  13. 13. Build – まずはビルド 13https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/build XCodeでプロジェクトを 開いてビルドを実行する と...
  14. 14. Build – 14https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/build この2つを選択して削除するとビルドが通るように なる (CocoaPods詳しくなくてすいません。) ビルド エラー
  15. 15. Build – GitHubとの連携 • 自分が編集したソースをGitHubへPush $ git add . $ git commit –m ‘App Secret を変更’ $ git push • アプリポータル画面からビルドを選択してGitHubを選択 15https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/build
  16. 16. Build – GitHubとの連携 • GitHubへのログインをおこない、対象のリポジトリを選択 16https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/build
  17. 17. Build – GitHubとの連携 • ブランチの一覧が表示されるのでmasterを選択 17https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/build
  18. 18. Build – ビルド設定(1/2) • Project/Workspace • Shared Scheme • XCode version • Build Script • 固定名のファイルを含めることで有効となる • Build frequency • Pushごとにビルドするか否か • Automatically increment build number • ビルドごとにビルド番号を増加させるか否か • Run XCTest tests • ビルド時にXCTestをおこなうか否か 18https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/build
  19. 19. Build – ビルド設定(2/2) • Environment variables • 環境変数を設定しビルドに反映できる • リポジトリに含められないものはここで管 理すべき • Sign builds • ビルド時に署名を付与するか否か • Test on a real device • 実機テストを実施するか否か • Distribute builds • ビルドを配信するか否か • Advanced • ビルドステータスバッジの有無 19https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/build
  20. 20. Build – Sign builds 署名設定 • プロビジョニングプロファイルとp12ファイルを登録することで 証明書の署名が可能となる 20https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/build プロビジョニングプロファイルやp12ファ イルが正常でないと以下のような警告が出 て登録できない
  21. 21. Build – ビルド状態表示 21https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/build • 設定後、ビルドを走らせると以下のようにビルド状態を表示 Downloadボタンから以下 がダウンロード可能 ・Build ・Symbols ・logs
  22. 22. Test 22https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/test
  23. 23. Test – ローカル端末で準備 • AppCenterCLIのインストール $ npm install -g appcenter-cli • AppCenterにログイン $ appcenter login • プロジェクトフォルダに移動し てderivedDataPathを削除 $ rm -rf ddp • テスト用フォルダを作成 $ xcrun xcodebuild build-for-testing - configuration Debug -workspace sampleapp- ios-swift.xcworkspace -sdk iphoneos -scheme sampleapp-ios-swift -derivedDataPath ddp 23https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/test Node.js6.3以上の環境で以下を実行 Loginコマンドでブラウザが開くので AppCenterにログインして上記のコー ドをコピーし、端末に貼り付ける このパラメータで指定したパス(ddp)が重要
  24. 24. Test – 端末の選択 • 以下を選択 • 機種 • OS 24https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/test 今回は iPhone7 Plus iOS 11.2.2 を 選択
  25. 25. Test – 設定 • 以下を選択 • Test Series • システム言語 • Test framework 25https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/test 今回のサンプルアプリではXCUITest 用のテストが用意されているので、 それを選択する。
  26. 26. Test – 実行 • プロジェクトのフォルダで 画面上に出ているテストコ マンドを実行する。 • 「pathToXCUItestBuildFol der」を 「 ddp/Build/Products/De bug-iphoneos」に置換して 実行する。 26https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/test
  27. 27. Test – テスト実行中 27https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/test
  28. 28. Test – テスト結果 28https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/test ぐぬぬぬ CocoaPodsの失敗が影響 かも? クリックで詳細ログが表示さ れる
  29. 29. Test – テスト結果詳細 29https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/test 端末情報の詳細が表示 ログ詳細が表示
  30. 30. Test – ログ詳細 30https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/test タイムアウトしていた
  31. 31. Test – 成功画面(ビルドからの自動テスト) 31https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/test
  32. 32. Distribute • iOSの配信方法は3つ グループ配信 App Centerによる配信 Ad-Hoc証明書が必要 登録したユーザにメールで通知 iTunesConnectによる配信 Production証明書が必要 TestFlight用の配信 AppStore用の配信 Intune Company Portal用の配信 32https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/distribute
  33. 33. Distribute – Group配信 33https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/distribute Groupsを選択すると この画面が表示 ここをクリックして新 しい配信を作成する
  34. 34. Distribute – Group配信 34https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/distribute ここを選択して登録して いるリポジトリを表示 Ipaファイルを アップロード だけど... ビルド対象のブラン チを選択 過去5回までの成功 したビルドのいずれ かを選択 リリースノートの 記入 ビルド対象のブラン チを選択 確認して「Distribute」
  35. 35. Distribute – Group配信 35https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/distribute Chromeで開くと失敗 Safariで開きましょう メールが届くので 招待をアクセプト インストールをタッ プ
  36. 36. Distribute – Group配信 36https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/distribute 必要に応じて端末を 登録する。 構成プロファイルの 表示を許可する。 構成プロファイルの インストール アプリのインストー ルを選択 アプリがダウンロー ドされてインストー ルされる。
  37. 37. Distribute – ストア配信 37https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/distribute Storesを選択すると この画面が表示 ここをクリックして新 しい配信を作成する
  38. 38. Distribute – ストア配信 38https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/distribute iTunesConnectを選択 アプリを選択 iTunesConnectへのロ グイン用のAppleIDと パスワードを入力
  39. 39. Distribute – ストア配信 39https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/distribute iTuneConnectを選 択 Publish to TestFlight をクリック
  40. 40. Distribute – ストア配信 40https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/distribute IPAファイルのアッ プロード アップロード内容を確 認 リリースノートを記述 確認してPublish
  41. 41. Distribute – ストア配信 41https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/distribute Processingが表示 iTuneConnectでも 処理中が表示
  42. 42. Crashes – クラッシュ情報取得 42https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/crashes
  43. 43. Crashes – クラッシュ情報取得 43https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/crashes
  44. 44. Crashes – クラッシュ情報取得 44https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/crashes
  45. 45. Crashes – クラッシュ情報取得 • 登録方法はAppDelegateに以下のコードを追加するのみ。 • クラッシュ情報がAppCenterに送信されるのはアプリ再起動後。 • テストのため意図的にクラッシュさせるAPIが用意されている。 45 https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/crashes
  46. 46. Analytics – イベント送信方法 46 https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/analytics イベント名の他にプ ロパティ情報を付与 イベント名のみ
  47. 47. Push • Pushの実現に必要な条件 ワイルドカードではないProduction証明書 Pushの許可を有効にすること Push 通知用のサービスキー アプリのビルドでCapabilitiesのPush通知をON アプリのソースにAppCenter/Pushを組み込む Podfileに 「pod ‘AppCenter/Push’」を追加 AppDelegateでMSPush.selfを追加 47https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/push
  48. 48. Push – 認証情報を登録 48 https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/push Key IDを登録 PrefixとIDを登録 Keyファイルにある Tokenを登録
  49. 49. Push – 通知情報を登録 49 https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/push 管理用のキャンペー ン名を登録 サイレントPushにす るか否か タイトルとメッセー ジを入力 アプリ側に渡すデー タを登録 以下の3つから通知対象を選 択 ・すべての登録デバイス ・デバイスリストから選択 ・オーディエンス
  50. 50. Push – オーディエンスについて • オーディエンスは以下の属性から選択可能 App Version Country MobileCarrier Language DeviceModel OEM Device OS Version Screen Size 50https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/push App Versionはアプリの バージョンアップ時に、 旧バージョンを使っている ユーザへアップデートを促 す際に非常に有効
  51. 51. Push – 送信 • 各画面で登録した情報が表示 • 確認して「Send notification」 をクリック 51https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/push
  52. 52. Push – 履歴一覧 • 送信状況が一覧で確認できる 52https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/ios/push
  53. 53. iOSまとめ • アプリへの組み込みのポイント CocoaPodsの導入、Podfileの編集 AppDelegateへの初期化処理の追加 各イベントログ対象時のイベントの埋め込み • クラッシュログが送信されるのは再起動後 • ストアへの配信はIPAファイルのアップロードのみ リポジトリからやりたいなぁ • 実機テストはローカル側の設定に一癖ありそう 53
  54. 54. Androidアプリ (Java) 54
  55. 55. サンプルアプリを通じて分かること • SDKの組み込み方 • ビルド方法 • テストの方法 • 配信方法(APK配布、GooglePlay配布) • クラッシュログの取得方法 • イベントログの残し方 • Push通知の方法 55https://github.com/Microsoft/appcenter-sampleapp-android
  56. 56. サンプルアプリの流れ 56 Getting Started Build Test Distribute Crashes Analytics Push
  57. 57. Getting Started • GitHubのアカウントを作成し以下のリポジトリをフォーク • https://github.com/Microsoft/appcenter-sampleapp-android • フォークしたリポジトリをローカルにClone • 例:git clone https://github.com/nakasho-dev/appcenter-sampleapp-android.git 57https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/getting-started ここをクリック
  58. 58. Getting Started • AppCenterにサインイン • https://appcenter.ms/create-account • 以下のアカウントが使用可能 • GitHub • Microsoft • Facebook • Google 58https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/getting-started
  59. 59. Getting Started • 新規アプリを登録 • Add New ⇒ Add New App • OSはAndroidを選択 • PlatformはJavaを選択 • 作成後ポータル画面に遷移 59https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/getting-started ポータル画面では最初 にやるべきことが書い てある
  60. 60. Getting Started - App Secretの置換 60https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/getting-started ポータル画面で表示されているApp SecretをMainActivity内にある<APP SECRET HERE>と置換する 公開リポジトリで管理するのであれば AppSecretは埋め込むのは厳禁
  61. 61. Getting Started – 証明書の準備 • 実機にAPKをインストールするためには証明書が必要 • Build > Generate Signed APKで証明書を作成 61https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/getting-started
  62. 62. Build – GitHubとの連携 • 自分が編集したソースをGitHubへPush $ git add . $ git commit –m ‘App Secret を変更’ $ git push • アプリポータル画面からビルドを選択してGitHubを選択 62https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/build
  63. 63. Build – GitHubとの連携 • GitHubへのログインをおこない、対象のリポジトリを選択 63https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/build
  64. 64. Build – GitHubとの連携 • ブランチの一覧が表示されるのでmasterを選択 64https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/build
  65. 65. Build – ビルド設定(1/2) • Android Module • Build Variant • Build Script • 固定名のファイルを含めることで有効と なる • Build frequency • Pushごとにビルドするか否か • Automatically increment build number • ビルドごとにビルド番号を増加させるか否か • Run XCTest tests • ビルド時にXCTestをおこなうか否か • Lint source code • コードの静的解析(Lint)をおこなうか否か 65https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/build
  66. 66. Build – ビルド設定(2/2) • Environment variables • 環境変数を設定しビルドに反映できる • リポジトリに含められないものはここ で管理すべき • Sign builds • ビルド時に署名を付与するか否か • Test on a real device • 実機テストを実施するか否か • Distribute builds • ビルドを配信するか否か • Advanced • ビルドステータスバッジの有無 66https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/build
  67. 67. Build – Sign builds 署名設定 • Gradle内で署名はできるが、こ こで署名をした方がセキュア 67https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/build
  68. 68. Build – ビルド状態表示 68https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/build • 設定後、ビルドを走らせると以下のようにビルド状態を表示 Downloadボタンから以下 がダウンロード可能 ・Build ・logs
  69. 69. Test – ポータル 69https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/test ビルドの設定で「Test on a real device」を有効にしていたらテストが 成功していた。
  70. 70. Test – ローカル端末で準備 • AppCenterCLIのインストール $ npm install -g appcenter-cli • AppCenterにログイン $ appcenter login • プロジェクトフォルダに移動し てテスト用APKを作成 $ ./gradlew assembleDebug $ ./gradlew assembleDebugAndroidTest 70https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/test Node.js6.3以上の環境で以下を実行 Loginコマンドでブラウザが開くので AppCenterにログインして上記のコー ドをコピーし、端末に貼り付ける
  71. 71. Test – 端末の選択 • 以下を選択 • 機種 • OS 71https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/test 今回は Google Pixel 2 XL Android 8.1.0 を選択
  72. 72. Test – 設定 • 以下を選択 • Test Series • システム言語 • Test framework 72https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/test 今回のサンプルアプリではEspresso 用のテストが用意されているので、 それを選択する。
  73. 73. Test – 実行 • プロジェクトのフォルダで 画面上に出ているテストコ マンドを実行する。 • 「pathToEspressoBuildFol der」を「sampleapp- android/app/build/outputs /apkに読み変える。 • 「 pathToFile.apk」を 「app-debug- androidTest.apk」に置換し て実行する。 73https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/test
  74. 74. Test – テストすら実行されない 74https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/test ぐぬぬぬ • エラー文:The same apk was uploaded as app and test ビルド時の同時実行では成功していたのに...
  75. 75. Distribute • Androidの配信方法は3つ グループ配信 App Centerによる配信 登録したユーザにメールで通知 未登録のユーザにも配布できるリンクが作成可能 GooglePlayによる配信 API接続用のセキュリティトークンが必要 α、βテスト用の配信 Production用の配信 Intune Company Portal用の配信 75https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/distribute
  76. 76. Distribute – Group配信 76https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/distribute このボタンのGroupsを選択す るとこの画面が表示 ここをクリックして新 しい配信を作成する ここをクリックして新 しいグループを作成す る
  77. 77. Distribute – Group作成 77https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/distribute グループ名を入力 ここをONにすると外部 リンクが生成される メールアドレスの入力 でグループに加入させ る
  78. 78. Distribute – Group配信 78https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/distribute ここを選択して登録して いるリポジトリを表示 apkファイルを アップロード だけど... ビルド対象のブラン チを選択 過去5回までの成功 したビルドのいずれ かを選択 リリースノートの 記入 配信対象のグループ を選択 確認して「Distribute」
  79. 79. Distribute – Group配信 79https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/distribute 届いたメールの Accept Invitaionを クリック Downloadをクリッ ク 警告が出てもOK この警告が出た際は セキュリティの設定 を変更して再度イン ストール アプリ 起動
  80. 80. Distribute – ストア配信 80https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/distribute Storesを選択すると この画面が表示 ここをクリックして新 しい配信を作成する
  81. 81. Distribute – ストア配信 81https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/distribute iTunesConnectを選択 トークンを登録したら GooglePlayへ接続 Google Play Developer Consoleから払い出したAPI接 続用のセキュリティトークンが 必要
  82. 82. Distribute – ストア配信 82https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/distribute Alphaを選択 Publish to Storeをク リック
  83. 83. Distribute – ストア配信 83https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/distribute APKファイルのアッ プロード アップロード内容を確 認 リリースノートを記述 確認してPublish
  84. 84. • GooglePlayDeveloperCon soleであらかじめアプリ を作成し、手動で一度は バイナリをアップロード しないとAPI経由でのアッ プロードに成功しない Distribute – 失敗 84https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/distribute
  85. 85. Distribute – 配信完了 85https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/distribute
  86. 86. Crashes – クラッシュ情報取得 86https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/crashes スタックとレースを閲 覧可能 レポートを取得可能
  87. 87. Crashes – クラッシュ情報取得 • 登録方法はMainActivityに以下のコードを追加するのみ。 • クラッシュ情報がAppCenterに送信されるのはアプリ再起動後。 • サンプルではCrash appボタン実行でRuntime Exceptionをス ローしている。 87 https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/crashes
  88. 88. Analytics – イベント送信方法 88 https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/analytics イベント名の他にプ ロパティ情報を付与 イベント名のみ
  89. 89. Push • Pushの実現に必要な条件 Firebase Cloud MessagingのSenderIDとServerKey アプリのソースにappcenter-pushを組み込む app/build.gradleappcenter-pushを追加 compile "com.microsoft.appcenter:appcenter-push:${appCenterSdkVersion}" MainActivityでSenderIdとPush.classを追加 89https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/push
  90. 90. Push – ServerKeyを登録 90 https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/quickstarts/android/push ServerKeyを登録 登録後のPush通知設 定はiOSと同様
  91. 91. Androidまとめ • アプリへの組み込みのポイント Build.gradleの編集 MainActivityへの初期化処理の追加 各イベントログ対象時のイベントの埋め込み • クラッシュログが送信されるのは再起動後 • ストアへの配信はAPKファイルのアップロードのみ リポジトリからやりたいなぁ • 実機テストはローカル側の設定に一癖ありそう 91
  92. 92. Why CI/CD 92
  93. 93. なぜ、CI/CDは必要? • スノーフレークによる不具合を防ぐために必要 • 常に同一の条件でビルド・テスト・配信するためには、デベ ロッパーの開発環境では限界がある。 デベロッパーが2トラック以上いるチームでは、お互いの環境の差 異により不具合を発生させる可能性が高くなる。 • 環境が壊れてもすぐに復旧できるように環境設定はコード化 したい。⇒Infrastructure as Code • Visual Studio App Centerの環境設定はどうコード化すべき か? APIベースで操作したらよいのではないか。 • そこで... 93
  94. 94. App Center Client (Preview) 94https://openapi.appcenter.ms/
  95. 95. ご清聴ありがとうございました。 なかしょ(中島 進也) @nakasho_dev 95

×