Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
これからどうする
官民データ活用推進基本法
川島 宏一
Open Knowledge Japan
2017年11月14日@SENQ霞が関
2
Dr. Rufus Pollock
President, Founder
Open Knowledge
http://blog.okfn.org/2007/11/07/give-us-the-data-raw-and-give-it-to-...
3
生データを いますぐに
Raw Data Now
もう一度、インターネットの
世界を作り変えたい。
手伝って欲しい。
TED 2009年2月Dr. Tim Berners-Lee
Inventor
World Wide Wed
Direct...
1. データによる共創(Data Collaboratives)
多くの異なる分野の人たち(企業、研究機関、政府、市
民社会組織など)の参加を得て、データを交換し、公共
的な問題の解決を支援するPPPを超えた新しい協働の形。
Stefaan V...
皆で
誰もが情報の価値を最大限享受できる社会を
創っていこう(知らなくて困ったのない社会)
官民データ活用推進基本計画は
そのきっかけ
• 反復継続的な開示情報オープン化
• 公共的価値創出が実証されたデータの統計化
2. ユースケースから考えよう
• 皆で、具体的なユースケースも持ち寄って、
官民データ活用推進計画を創っていこう
課題がある状態(現状)
将来
1. まず、将来の「あるべき姿」を描写する
2. 「あるべき姿」から現状を振り返る(バックキャステ...
(心肺停止者
A)
(発見者B)
【課題がある状態】現在のAED搬送の現状
②救急車が駆けつけ
AEDによる蘇生活動。
①119番にかける。
・市民による心肺蘇生・AED適用:4%
・全国平均搬送時間は8.6分
7
②心肺停止者発生位置の最寄りのAED管理者
に発生位置を連絡、AED急搬送・適用を要
請
心肺停止者 発見者
①119番に
心肺停止者発生位置
を通報
【将来のあるべき姿】最寄AED急搬送システムの概要
③最寄りのAED管理者
がAEDを急搬送...
3. Glocal by Default
4. 一人一人が情報のリスクを判断できる社会へ
正の
価値
負の
価値
公共部門の
内部情報
+
-
発現する価値の
正負の両面性
発現する価値の
状況依存性
+
-
状況 A
状況 B
Open by Default からShared on Conditionのルール作りへ
「官民データ活用推進基本法」の中心テーマの一つ?
11
5. サービスとしてのコミュニティ
Community as a Service (CaaS)
自動販売機型からプラットフォーム型行政へ
そしてサービスとしての地域社会へ
Gov. as a Platform - Community as a...
Openness alone can’t drive change.
Openness isn‘t the end.
It's the beginning.
Thank you!
hiroichi.kawashima@gmail.com
14
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

これからどうする 官民データ活用推進基本法

1,625 views

Published on

2017/11/14 これからどうする、官民データ活用法
オープンデータ・トークシリーズ 第21回

Published in: Technology
  • Be the first to comment

これからどうする 官民データ活用推進基本法

  1. 1. これからどうする 官民データ活用推進基本法 川島 宏一 Open Knowledge Japan 2017年11月14日@SENQ霞が関
  2. 2. 2 Dr. Rufus Pollock President, Founder Open Knowledge http://blog.okfn.org/2007/11/07/give-us-the-data-raw-and-give-it-to-us-now/ 生データを出して欲しい いますぐに出して欲しい データにこそ価値があるんだ、イン ターフェイスの美しさは2の次だ。 我々が欲しいのは生データだ、我々 はいま欲しいんだ。 2007年11月7日
  3. 3. 3 生データを いますぐに Raw Data Now もう一度、インターネットの 世界を作り変えたい。 手伝って欲しい。 TED 2009年2月Dr. Tim Berners-Lee Inventor World Wide Wed Director, Founder World Wide Web Consortium (W3C) https://www.ted.com/talks/tim_berners_lee_on_the_next_web?language=ja
  4. 4. 1. データによる共創(Data Collaboratives) 多くの異なる分野の人たち(企業、研究機関、政府、市 民社会組織など)の参加を得て、データを交換し、公共 的な問題の解決を支援するPPPを超えた新しい協働の形。 Stefaan Verhulst, GovLab. NYU. http://datacollaboratives.org/
  5. 5. 皆で 誰もが情報の価値を最大限享受できる社会を 創っていこう(知らなくて困ったのない社会) 官民データ活用推進基本計画は そのきっかけ • 反復継続的な開示情報オープン化 • 公共的価値創出が実証されたデータの統計化
  6. 6. 2. ユースケースから考えよう • 皆で、具体的なユースケースも持ち寄って、 官民データ活用推進計画を創っていこう 課題がある状態(現状) 将来 1. まず、将来の「あるべき姿」を描写する 2. 「あるべき姿」から現状を振り返る(バックキャスティング) 3. 「あるべき姿」に向かって一歩一歩距離を縮める 将来のあるべき姿 (課題が解決された状態) を考える 徘徊老人の発見? 医療費の抑制? 地球温暖化の抑止? 成果から逆算して考える :バックキャスティング
  7. 7. (心肺停止者 A) (発見者B) 【課題がある状態】現在のAED搬送の現状 ②救急車が駆けつけ AEDによる蘇生活動。 ①119番にかける。 ・市民による心肺蘇生・AED適用:4% ・全国平均搬送時間は8.6分 7
  8. 8. ②心肺停止者発生位置の最寄りのAED管理者 に発生位置を連絡、AED急搬送・適用を要 請 心肺停止者 発見者 ①119番に 心肺停止者発生位置 を通報 【将来のあるべき姿】最寄AED急搬送システムの概要 ③最寄りのAED管理者 がAEDを急搬送・適 用 8
  9. 9. 3. Glocal by Default
  10. 10. 4. 一人一人が情報のリスクを判断できる社会へ 正の 価値 負の 価値 公共部門の 内部情報 + - 発現する価値の 正負の両面性 発現する価値の 状況依存性 + - 状況 A 状況 B
  11. 11. Open by Default からShared on Conditionのルール作りへ 「官民データ活用推進基本法」の中心テーマの一つ? 11
  12. 12. 5. サービスとしてのコミュニティ Community as a Service (CaaS) 自動販売機型からプラットフォーム型行政へ そしてサービスとしての地域社会へ Gov. as a Platform - Community as a Service • 市民社会から創発システムを作る • 行政から創発システムを提案していく • つくばイノベーションSwitch • https://goo.gl/jZXZNm
  13. 13. Openness alone can’t drive change. Openness isn‘t the end. It's the beginning.
  14. 14. Thank you! hiroichi.kawashima@gmail.com 14

×