Successfully reported this slideshow.
WHERE	
  DOES	
  MY	
  MONEY	
  GO?	
  
の到達点と将来像	
  
	
Spending	
  Data	
  Party	
  2013 	
2013年7月20日	
  
「税金はどこへ行った?」プロジェ...
一般会計における歳入・歳出の状況	
2
公債残高	
  
の累増	
3
ミッション	
  
	
  
OKFJは、政府保有データをはじめとする多様なデータ
の生成・公開・利用を支援する。データの活用を通じて
人の行動やシステムの挙動が、より洗練され事実に基
づいたものとなり、経済、人々の生活、民主主義、学術
研究な...
5
6	
“Give	
  Us	
  the	
  Data	
  
Raw,	
  and	
  Give	
  it	
  to	
  
Us	
  Now”,	
  Rufus	
  	
  
Pollock,	
  	
  
Nov.	
...
横浜版「税金はどこへ行った?」プロジェクトチーム	
伊藤 大貴	
  (Adviser)	
  
川島 宏一	
  (Coordinator)	
  
佐藤 宏之	
  (Linked	
  Open	
  Data化)	
  
関 治之	
 ...
8
WHERE	
  DOES	
  MY	
  MONEY	
  GO?の目的	
l   国民一人ひとりが、支払っている税金の使われ
方を具体的に理解し、その使われ方を決める当事
者として責任ある意見を述べることを手助けする	
  
l   ...
WHERE	
  DOES	
  MY	
  MONEY	
  GO?のインパクト	
1.  市民が公共予算に当事者参加	
  
2.  公共サービスの費用対効果アップ	
  
3.  公共データビジネスの創出	
  
①  全国、世界の政府・...
“Open	
  Defini-on”とは?	
11	
“	
  A	
  piece	
  of	
  data	
  or	
  content	
  is	
  open	
  if	
  
anyone	
  is	
  	
  free...
12
13	
メディア報道
14
15
将来?	
16	
1.	
  予算データがデジタルで提供されていない	
  
	
   	
   	
   	
  à	
  Open	
  by	
  Default	
  社会の実現	
  
2.	
  予算データ定義・構造が国際標準に対...
WHERE	
  DOES	
  MY	
  MONEY	
  GO?のインパクト	
1.  市民が公共予算に当事者参加	
  
2.  公共サービスの費用対効果アップ	
  
3.  公共データビジネスの創出	
  
①  全国、世界の政府・...
18
19
20	
データ分野	
対象社会	
  
の広がり	
Where	
  Do	
  We	
  Move	
  Forward?	
テクノロジー	
  
社会変革	
予算	
  
決算	
防災	
 地図	
  
情報	
白書	
  
統計	
ツー...
21	
個人の幸せ、企業の利益、社会への貢献	
  
を同時に実現できる社会をつくろう	
個人の幸
せ(心の
豊かさ)	
社会課題
の解決	
社会制度
の改革	
世界同時
展開	
ビジネス
の創出
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

WHERE DOES MY MONEY GO? の到達点と将来像(Spending Data Pary Japan プレゼンテーション)

863 views

Published on

2013/07/20に行われた、Spending Data Party Japan での「税金はどこへ行った?」プロジェクト コーディネーター 川島宏一さんのプレゼンテーション資料です。

Published in: Economy & Finance
  • Be the first to comment

WHERE DOES MY MONEY GO? の到達点と将来像(Spending Data Pary Japan プレゼンテーション)

  1. 1. WHERE  DOES  MY  MONEY  GO?   の到達点と将来像   Spending  Data  Party  2013  2013年7月20日   「税金はどこへ行った?」プロジェクト   コーディネーター 川島宏一 1
  2. 2. 一般会計における歳入・歳出の状況 2
  3. 3. 公債残高   の累増 3
  4. 4. ミッション     OKFJは、政府保有データをはじめとする多様なデータ の生成・公開・利用を支援する。データの活用を通じて 人の行動やシステムの挙動が、より洗練され事実に基 づいたものとなり、経済、人々の生活、民主主義、学術 研究などの質が向上した社会を実現する。
 4
  5. 5. 5
  6. 6. 6 “Give  Us  the  Data   Raw,  and  Give  it  to   Us  Now”,  Rufus     Pollock,     Nov.     2007. “RAW  DATA   NOW”,  Tim   Berners-­‐Lee,   Feb.  2009. DATA.GOV.UK,   Andrew  StoX,   Former  Deputy   CIO  of  UK.   Gov.*4 DATA.GOV,  Vevek   Kundra,  Former   CIO  of  US  Gov.*8 WIKI  GOVERNMENT,   Beth  Noveck,   Former  Deputy  CTO   of  US  Gov.,  2009.*6 Wikinomics,  Don   TapscoX,  2008.*5 Open  Government   Direc=ve,   President  of  US   Gov.,  2009.*7 Le?er  to  Government   departments  on   opening  up  data,   David     Cameron,     PM  of     UK  Gov.,    2010.*3 US UK 「オープンデータ」を動かしてきた人々
  7. 7. 横浜版「税金はどこへ行った?」プロジェクトチーム 伊藤 大貴  (Adviser)   川島 宏一  (Coordinator)   佐藤 宏之  (Linked  Open  Data化)   関 治之  (Developer)   高木 祐介  (Developer)   高野 光弘  (Developer)   竹内 久知  (Designer)   田島 逸郎  (Developer)   玉木 光  (Designer)   西林 孝  (Developer)   藤村 良弘(Policy  Analyst) イギリスの Where  Does  My   Money  Go?  を参考に、   日本でも公共データのオー プン化によって、地域社会 を変え、日本社会を変え、 世界にも影響を与え、貢献 して行こうという思いを持っ て集まったメンバー達 7
  8. 8. 8
  9. 9. WHERE  DOES  MY  MONEY  GO?の目的 l   国民一人ひとりが、支払っている税金の使われ 方を具体的に理解し、その使われ方を決める当事 者として責任ある意見を述べることを手助けする   l   私達は、国民一人ひとりが、公共サービスにお ける受益と負担の関係を数字で理解したうえで、 私ならこう税金を使って欲しいという具体的で責任 のある意見を述べることができるようなることが、 日本の財政を健全化させ、日本を新たな成長へと 導く近道に違いないと考えています 9
  10. 10. WHERE  DOES  MY  MONEY  GO?のインパクト 1.  市民が公共予算に当事者参加   2.  公共サービスの費用対効果アップ   3.  公共データビジネスの創出   ①  全国、世界の政府・自治体予算との比較分析   ②  優れたパフォーマンスの政府・自治体予算の ベンチマーク   ③  パフォーマンス改善のための解決策提供 10
  11. 11. “Open  Defini-on”とは? 11 “  A  piece  of  data  or  content  is  open  if   anyone  is    free  to  use,  reuse,  and   redistribute  it  -­‐-­‐-­‐  subject  only,  at  most,  to   the  requirement  to  a?ribute  and/or   share-­‐alike.”     詳細は、hXp://opendefiniion.org/okd/
  12. 12. 12
  13. 13. 13 メディア報道
  14. 14. 14
  15. 15. 15
  16. 16. 将来? 16 1.  予算データがデジタルで提供されていない          à  Open  by  Default  社会の実現   2.  予算データ定義・構造が国際標準に対応していない                à  COFOG準拠WDMMGの実現   3.  初期の外注作業資金の調達に苦慮している   à  ビジネス化できるものはビジネス化   4.  国・都道府県への展開、国外連携   5.  他のデータ分野への展開   6.  日本独自アプリの開発  
  17. 17. WHERE  DOES  MY  MONEY  GO?のインパクト 1.  市民が公共予算に当事者参加   2.  公共サービスの費用対効果アップ   3.  公共データビジネスの創出   ①  全国、世界の政府・自治体予算との比較分析   ②  優れたパフォーマンスの政府・自治体予算の ベンチマーク   ③  パフォーマンス改善のための解決策提供 17
  18. 18. 18
  19. 19. 19
  20. 20. 20 データ分野 対象社会   の広がり Where  Do  We  Move  Forward? テクノロジー   社会変革 予算   決算 防災 地図   情報 白書   統計 ツーリズム、、、 市町村 都道府県 国 世界
  21. 21. 21 個人の幸せ、企業の利益、社会への貢献   を同時に実現できる社会をつくろう 個人の幸 せ(心の 豊かさ) 社会課題 の解決 社会制度 の改革 世界同時 展開 ビジネス の創出

×