Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
New Relicを活用したAWSへのアプリケーション移行
諸岡賢司
アマゾン ウェブ サービス...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
自己紹介
諸岡 賢司(もろおか けんじ)
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
パートナ...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
「マイグレーション」(移行)とは?
 既存システムと、目指すシステム
のギャップを埋める計画と...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
移行プロジェクトの全体プロセス
計画 移行 本番運用
ディスカバリー 設計 変換 移行 運用 最...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
アプリケーション特性の考慮
SoE
System of
Engagement
SoR
Syste...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
移行元アプリケーションの把握
 アプリケーション・ポートフォリオによる分類
 各アプリケーシ...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
アプリケーション移行順序の決定
・アプリA
・アプリB
・アプリD
・アプリE
・アプリF
・ア...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
クラウド移行方式
移行方式 概要 例
リホスト • 改修を伴わない単純移行
• 必要最低限の変更...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
クラウド移行ステージの変遷
時間
現行オンプレミス
or プライベートクラウド
リホスト
リプラ...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
クラウド最適化(例)
AWS Cloudオンプレミス
レガシー
アプリケーション
Amazon ...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
移行先の設計(AWSフレームワークの活用)
計画 移行 運用
 企業にとって効果的なクラウドの...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
移行先の設計(AWSフレームワークの活用)
 サービスをどう組合せて、どう
設計すればよいか?...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
移行先の設計(サービスタイプの特徴)
電源、ネットワーク
ラック導入管理
サーバメンテナンス
O...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
移行方式に応じた実装(例)
モニタリングと最適化
継続的なアプリケーション改善とイノベーションの...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
移行先の運用(AWS責任共有モデル)
AWS 基本サービス
コンピュート ストレージ データベー...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
ITライフサイクル(アプリケーション視点)
サービス戦略
サービス設計
サービス移行
継続的
サ...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
まとめ
1. 差別化要因/利益の源泉となるアプリケーション
の状態を常時監視し、ITライフサイク...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
AWSへの移行事例Webサイト
• 国内のAWS導入事例を掲載
• https://aws.am...
© 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

FutureStack Tokyo 19 -[パートナー講演]アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社: New Relicを活用したAWSへのアプリケーション移行

125 views

Published on

AWSへの移行には様々な方式がありますが、お客様の状況によって最適な選択肢は異なります。クラウドへの移行はリホストと呼ばれる単純移行のケースが多くなっています。しかしクラウド本来の力を引き出すにはビジネス価値を生み出すアプリケーションのクラウドらしい作り方、使い方が必要になります。そのためにはアプリケーションの移行が必要です。本セッションではAWSへの移行のトレンドや方法論をご紹介します。またアプリケーションを可視化・把握し、お客様ワークロードに応じてどの様にアプリケーション移行を進めるのかをご説明いたします。

Published in: Data & Analytics
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

FutureStack Tokyo 19 -[パートナー講演]アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社: New Relicを活用したAWSへのアプリケーション移行

  1. 1. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. New Relicを活用したAWSへのアプリケーション移行 諸岡賢司 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パートナー技術本部 パートナーソリューションアーキテクト
  2. 2. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 自己紹介 諸岡 賢司(もろおか けんじ) アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パートナー技術本部 パートナー ソリューション アーキテクト 略歴 • 外資系ITベンダーにてソフトウェア製品開発、インフラ基盤構築、ビジネスコン サルなどを経て最近ではVMware、AWSを中心にクラウドへのマイグレーション 案件を推進。 普段の業務 • AWSの様々なパートナー様へのクラウド・マイグレーションの技術支援/プロジェ クト支援、トレーニングや移行コンピテンシーの認定作業などを実施 好きなAWSサービス • Cloud9、QuickSight、Athena
  3. 3. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 「マイグレーション」(移行)とは?  既存システムと、目指すシステム のギャップを埋める計画と実行  クラウドへのロードマップ 現在:既存システム 将来:目指すシステム
  4. 4. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 移行プロジェクトの全体プロセス 計画 移行 本番運用 ディスカバリー 設計 変換 移行 運用 最適化 ドメイン フェーズ  移行元の把握  移行先の設計  POCの実施  アプリケーション移行  データ移行  サーバ移行  データベース移行  移行後の評価  AWS運用プロジェクト アプリケー ション  既存システムのパフォーマンス を確認し、パフォーマンスベー スラインを策定  移行のインパクトを確認。アプリ ケーション間通信やパッケージ のバージョンを確認  アプリケーションがクラウドに移 行できる状態かどうか検証、確 認  移行によって発生したエラー を解決  オンプレミスとクラウドのパ フォーマンスの比較  アプリケーションが正常動作 しているか検証  アプリケーションアラートの設 定  クラウド利用量の確認  アプリケーションのリファクタリ ング  クラウドアプリケーションに対 するエンドユーザー体験の確 認
  5. 5. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. アプリケーション特性の考慮 SoE System of Engagement SoR System of RecordSoI System of Insight HCM SCM ERP CRM EPM 各種業務 システム IoT Social Voice CX Mobile RPA Machine Learning DWH BIBig Data 新たなビジネス創出、競争優位性の追求 投資領域ではあるが ROI の見極めが困難なため 走りながら機能追加や増強を実施するような俊敏性が必要 既存ビジネスの稼働を保証、安定稼働重視 よりコスト削減が要求される グローバル展開やDRも重視される DataLake Data Discovery 堅牢性重視柔軟性重視 モード1モード2
  6. 6. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 移行元アプリケーションの把握  アプリケーション・ポートフォリオによる分類  各アプリケーション特性を把握する 計画 移行 運用
  7. 7. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. アプリケーション移行順序の決定 ・アプリA ・アプリB ・アプリD ・アプリE ・アプリF ・アプリG ・アプリH ・アプリI ・アプリJ ・アプリL ・アプリM ・アプリN ・アプリO ・アプリK ・アプリQ ・アプリC ・アプリP ・アプリR  (例)プロジェクトリスクが低いものから  (例)AWS化した時のビジネス効果が大きいものから 影響範囲 影響度評価マトリクス 影響度 計画 移行 運用 影響範囲として利用する評価項目例: • ユーザ種別(社内、パートナー、顧客) • ユーザ数(部門内、事業部内、全社、消費者) • アクセス数(〜数十、〜数百、〜数千、数万〜) 影響度として利用する評価項目例: • 停止時のビジネスインパクト(〜円) • 停止時の業務影響(個人に影響、特定業務停 止、 特定部門麻痺、全業務停止) • 原本性(取引ログ、マスター、情報系)
  8. 8. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. クラウド移行方式 移行方式 概要 例 リホスト • 改修を伴わない単純移行 • 必要最低限の変更 • 迅速移行後、クラウド最適化 • パッケージソフトが稼働しているサーバー • 開発者向けテスト環境など リプラット フォーム • プラットフォーム変更 • ある程度のアプリケーション変 更発生の可能性あり • DBMS変更、アップグレード • アプリケーション最新リリースへの変更 • RISC系からx64系への変更 リパーチェイス • アプリケーションを新しいもの に変更 • SaaS製品、一般製品への置き換え • クラウド互換ライセンス購入 リファクタ • クラウド移行前にアプリケー ションを変更 • クラウドネイティブなアプリ ケーションにする • DB/ミドルウェアの移行や変更 • アプリケーションの修正やアーキテクチャ再構築 リタイア • オンプレミス環境のサーバーや アプリケーションを廃止/撤退 • M&AによるITリソース重複 リテイン • オンプレミス環境を継続利用 • 技術的/経済的理由から継続 • クラウド側でサポートされていないOSやアプリケーション • ビジネス的に移行妥当性が評価できないシステム 計画 移行 運用
  9. 9. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. クラウド移行ステージの変遷 時間 現行オンプレミス or プライベートクラウド リホスト リプラットフォーム リアーキテクチャ リアーキテクチャ (クラウド最適化) ビ ジ ネ ス 価 値 計画 移行 運用 Stage1 持たないITへの変革 DC, H/W 老朽化対策からの離脱 Stage2 クラウドのメリットの享受 ライセンスコスト圧縮、高可用性やスケーラ ビリティの確保 Stage3 更なるクラウドのメリットの享受 サーバーという概念自体の消滅
  10. 10. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. クラウド最適化(例) AWS Cloudオンプレミス レガシー アプリケーション Amazon EC2 Amazon RDS リホスト AWS Cloud AWS Cloud リアーキテクチャ As-Is As-IsTo-Be To-Be 計画 移行 運用
  11. 11. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 移行先の設計(AWSフレームワークの活用) 計画 移行 運用  企業にとって効果的なクラウドの導入を促進  AWSのプロジェクト実施経験に基づくもの  ステークホルダー視点からの6つのパースペクティブ Cloud Adaptation Framework
  12. 12. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 移行先の設計(AWSフレームワークの活用)  サービスをどう組合せて、どう 設計すればよいか?への回答  クラウドのアプリケーション 設計における考え方とベストプ ラクティス  アーキテクチャを評価するため の一貫したアプローチ Well Architected コスト 最適化 セキュリ ティ 信頼性 パフォー マンス 効率 運用性 計画 移行 運用
  13. 13. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 移行先の設計(サービスタイプの特徴) 電源、ネットワーク ラック導入管理 サーバメンテナンス OSのパッチ ミドルウェアのパッチ バックアップ スケーラビリティ 可用性 ミドルウェアの導入 OSの導入 アプリからの利用 オンプレミス ミドルウェアon EC2 Amazon RDS等 マネージドサービス お客様がご担当する作業 AWSが提供するマネージド機能 電源、ネットワーク ラック導入管理 サーバメンテナンス OSのパッチ ミドルウェアのパッチ バックアップ スケーラビリティ 可用性 ミドルウェアの導入 OSの導入 アプリからの利用 電源、ネットワーク ラック導入管理 サーバメンテナンス OSのパッチ ミドルウェアのパッチ バックアップ スケーラビリティ 可用性 ミドルウェアの導入 OSの導入 アプリからの利用 計画 移行 運用
  14. 14. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 移行方式に応じた実装(例) モニタリングと最適化 継続的なアプリケーション改善とイノベーションの実施 計画 移行 運用
  15. 15. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 移行先の運用(AWS責任共有モデル) AWS 基本サービス コンピュート ストレージ データベース ネットワーク AWS グローバル インフラストラクチャ リージョン アベイラビリティゾーン エッジ ロケーション ネットワーク セキュリティ サーバー (OS) セキュリティ お客様のアプリケーション・コンテンツ お客様自身で クラウドを コントロール可能 データ セキュリティ アクセス コントロール AWSが クラウドの セキュリティを 担当  アプリケーションはお客様の担当  責任共有モデル ≒ 運用における責任分界点 計画 移行 運用
  16. 16. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. ITライフサイクル(アプリケーション視点) サービス戦略 サービス設計 サービス移行 継続的 サービス改善 サービス運用  新規要件やアプリケーション課題への対応検討  アプリケーションの改善実施  アプリケーションのSLA維持や 新たな改善点の発見
  17. 17. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. まとめ 1. 差別化要因/利益の源泉となるアプリケーション の状態を常時監視し、ITライフサイクルを継続的 に行う 2. 特定フェーズのツールではなく、安定稼働を維持 するために常時使うツールという視点 3. コスト削減ではなく、ビジネス価値訴求
  18. 18. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. AWSへの移行事例Webサイト • 国内のAWS導入事例を掲載 • https://aws.amazon.com/jp/solutions/case-studies-jp/
  19. 19. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.

×