Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20090529 ku-librarians勉強会 #111 : 第111回 経験から未来へ: 何をしてきて、何をしたいのか

765 views

Published on

http://kulibrarians.g.hatena.ne.jp/kulibrarians/20090529/1290517235

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20090529 ku-librarians勉強会 #111 : 第111回 経験から未来へ: 何をしてきて、何をしたいのか

  1. 1. 2009/6/1 経験から未来へ 将来構想の基本的内容-何をしてきて、何をしたいのか- • 京都大学における図書館機能の戦略 的位置づけ 抜粋版 • キャンパスごとの図書館・室間連携の 強化 • 図書館職員の位置づけと力量の向上 • 図書館財政の安定的確保と系統的な 平成21年5月29日(金) コレクション構築 附属図書館4階スタッフラウンジ • 図書館施設の量的・質的整備 川瀬 正幸 機構と各図書館・室の関係1 • 定員削減と歴史的経緯 – 部局単位での割り当て – どの掛で減らすかは部局の判断私の理解した将来構想のポイント • 部局ごとのアンバランス • 戸籍上の所属と現住所 – 定員削減割り振り方法の変更 • 全学の図書系職員をベースに(一般職とは 別枠で) 枠 – 戸籍上の所属定員数と実際の配置 • 部局のインセンティブを考慮 • 図書館・室の予算の取り扱い 1
  2. 2. 2009/6/1 機構と各図書館・室の関係2 拠点図書館とサービスポイント2• サービス対象とサービス水準 • 前提条件 – 全学的な利用者サ ビスの平準化 全学的な利用者サービスの平準化 – 図書館 室の予算の取り扱いの整理 図書館・室の予算の取り扱いの整理 • ユニバーサル・サービス “いつでもどこでも同じ内容” – インフラの整備:搬送システム、発注システム等 – 学問分野におけるサービス内容の差異への配慮 • 更に• 拠点図書館とサービス・ポイント – 業務の集中化 – 役割の明確化 • バックヤード部門の全学集中化 センター化 – サービス内容や時間の振り分け サ ビス内容や時間の振り分け – 能力活用• 全体と個 • 再雇用制度の活用 – 部局ではなく全体(機構)の職員としての – 地域への拡大 意識 拠点図書館とサービスポイント1 図書館職員の確保 • 定員削減対策• 機能分担 – 再雇用制度の活用 – それぞれの役割を明確に – 柔軟な勤務形態 同一労働同一賃金 – サービス・ポイントはサービス業務に限定 • 仕事の見直し、作業の見直し• 効率的な運営 – 無駄の排除、常識の見直し – 業務集中化による効率化 • アウトソーシングとセンター化 – サービス業務のローテーション化 – 長所短所の見極め – 常駐と非常駐 – 何をアウトソーシングするか – 一人職場の解消 業務の空洞化を避ける – サービス向上 • インセンティブ – 働きがいとは何か 2
  3. 3. 2009/6/1 財政基盤の安定強化 • 共通経費化 – 永久に増額要求を続けることは出来ない – – 学内ルール 電子ジャーナルの高騰化への対処法 キャリアの形成について – 学生用図書費の確保 • 外部資金の獲得 – 情報の入手 – 企画力、プレゼン能力 アメリカの事情 図書館施設の量的・質的整備 • 図書館職員とスタッフの二重構造• 長期的なグランドデザインの必要性 • 労働者の流動性:永久就職ではない – 新図書館建設 キャンパス プランとの関係 新図書館建設←キャンパス・プランとの関係 • 州立大学と私立大学の違い – 図書館機能の洗い直し – 州立大学:昇進とテニュア(tenure)制度 – 拠点図書館、サービス・ポイントetc. – 私立大学:テニュア制度無し、ポストは変わらず• 耐震補強 • Job Description• 既存建物の改造・修理 – 詳細な仕事内容の記述 容• 書庫の整備→自動化書庫の導入 書庫 整備 自動 書庫 導 • 異動とポストアップ• 利用者環境の整備←利用形態の変化 – 原則異動はなし、ポストアップは公募で – 来館型と非来館型 • 業績評価と昇給 3
  4. 4. 2009/6/1University of Washington, Seattle 仕事の種類と給与の対照表 (Harvard Universityの例) • Cataloging: Grade 56~60 g g • Collection Development: Grade 56~60 • Reference: Grade 56~59 • Library Management: Grade 56~62 – G d 毎に給料は決ま ている Grade毎に給料は決まっている – Grade毎にポストに必要な条件が 決まっている – 日本のような定期昇給はない図書館職員の地位・身分と任用・昇任の関係 University of Washington ポストに必要な要件(例) Harvard University • Collection Development – Grade 56: 小規模の図書館の選書担当者(キャリアの最初の レ ル) レベル) 図書館学の学位もしくは同等の学位 2年の経験 特定の主題の知識と経験が望ましい – Grade 60: 大規模或いは特大規模の図書館 の蔵書構築部門の長 2つ目の専門の学位もしくは同等の 学位が必要(博士号もしくは同等の学 位が望ましい) 6~10年の経験 特定の言語の技能があることが望ましい 最低4年以上の管理者の経験 等々 4
  5. 5. 2009/6/1 日本では 評価とインセンティブ• キャリアパスって何? • 職員評価制度の導入 – 平成20年度国立大学図書館協会シンポジウム – まだまだ試行段階 「図書館職員としてのキャリア形成を求めるあなたに-望まれるキャリアパス – 何を評価するのか? 制度をめざして」 – 専門性の評価を誰が行うのか? – 米国の図書館に比べ職員数が少ない(集団の規模) • 個人評価とグループ評価 – スペシャリストよりゼネラリスト(数年毎の異動) – 仕事は一人でする訳ではない – ラインとスタッフ – グループ評価の問題 – 果 果たしてどんなパスがあるのか あ • 絶対評価と相対評価 – 図書館員の専門性は主張できるのか – 到達度の評価と評価の反映方法 – アウトソーシング – 資格認定 • 何がインセンティブになるのか? – 昇給、昇格・・・ 処遇と地位の関係 • サラリーグレードとポジション サラリ グレ ドとポジション – 資格と給与と職位の関係はどうあるべきか • 資格認定をどうするか – 誰が評価するのか – 資格認定制度 5

×