Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20090306 ku-librarians勉強会 #109 : 利用者中心視点からOPACのあり方を考える

1,204 views

Published on

http://kulibrarians.g.hatena.ne.jp/kulibrarians/20090306/1290518177

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20090306 ku-librarians勉強会 #109 : 利用者中心視点からOPACのあり方を考える

  1. 1. はじめましてはしもと なおか橋本 直樹と言います りばインターネット上ではlevaと名乗っています
  2. 2. 同志社大学 社会学部で大学図書館のOPACについて研究をしていますした たまにビレグを書いています Liner Note (http://note.openvista.jp/)
  3. 3. 今日は大学図書館のOPACがどうあるべかか考えたいと思います
  4. 4. OPAC (Online Public Access Catalog)= オンライン蔵書目録
  5. 5. WebOPACの普及率 上田修一『大学図書館OPACの動向』(2008/3/29) http://www.slis.keio.ac.jp/~ueda/libwww/libwwwstat.html 100% 0 9 90% 150 245 80% 70% 60% 50% 86 67 40% 432 585 30% 20% WebOPAC非提供 10% WebOPAC提供 0% 国立大学 公立大学 私立大学 計
  6. 6. OPACではなくGoogleで情報を探索する WebOPAC 松井純子, 河手太士「図書館目録の将来設計:主題検索機能の提供を中心に (日本図書館研究会 第49回研究大会グルーピ研究発表)」『図書館界』, No.341, 2008, p.103.
  7. 7. OPAC離れの背景• OPACが一般化し、利用者が増加したこと (「約束事」を知らない利用者が増えた)• せのOPAC利用者が「面倒見の良い」 検索エンジンを日常的に利用していること
  8. 8. GoogleがOPAC利用に与える影響サーチエンジン使用歴が長い利用者に見られる傾向• ハット件数に関わらず結果上位にあるページが選ばれる傾向• サーチエンジンに特徴的な探索パターンをOPACに せのまま使用する傾向 種市淳子*逸村裕「エンドユーザーのWeb探索行動:短期大学生の実験調査にもとづく情報評価モデルの構築」 『Library and Information Science』, No. 55, 2006, p.1-23. 検索の失敗(=ゼレ・ハット)が多発 サウスカレライナ州立大学での調査(Hunter):全体の54.2% 日本の短期大学での調査(種市, 逸村):全体の34.1%
  9. 9. 伝統的なOPACと次世代OPAC Source: 久保山健「次世代OPACを巡る動向:せの機能と日本での展開」 『情報の科学と技術』No.58, vol.12, p.602, 2008. (抜粋) 伝統的なOPAC 次世代OPAC検索語の形式などの知識や、 直感的に、使いやすいことを一定の検索技術が必要 意識した設計検索ボックスはシンピルな GoogleやAmazonのようなものもあるが、絞り込みはやや面倒 シンピルな検索ボックスほとんど文字のインターヒェイス 表紙などのコンテンツ関連情報の表示 検索結果に対する絞り込みのナバゲート 機能、あるいはサジェスト機能
  10. 10. ノースカロライナ州立大学図書館OPAC Demo
  11. 11. 次世代OPACの機能 久保山健「次世代OPACを巡る動向:せの機能と日本での展開」『情報の 科学と技術』No.58, vol.12, p.604-605 2008. (抜粋)• 絞り込み機能(リヒァイン/ヒァセット)• 関連語の表示(ワードクラウド, タグクラウド)• 適合度による並び替え• コメント・ルバュー機能• リコメンド機能• …
  12. 12. 次世代OPACの動きをどう捉えるかこうした機能を現状のOPACに取り込んでいけばよいのか? ?
  13. 13. 次世代OPACを単純に取り込もうとするときに生じる問題• 取り込むために必要な根拠があるかどうか •(=ユーザにとって便利か否か) • 取り込もうとしているせの機能は本当に 使われる機能なのか • 開発における優先順位付けの問題
  14. 14. 観察に基づく改善(利用者の)製品の利用風景を観察して製品の利用状況(コンテキスト)を知る各シーンで利用者が求めているものを利用しやすい形で提供する
  15. 15. IDEOのデザインプロセス(デザインコンサルタント会社)ショッパングカートを5日間でデザインし直す課題→ 利用者の丹念な観察により解決トム・ケリー他『発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ヒァームIDEOに学ぶイノベーションの技法』,2002, 早川書房
  16. 16. ユーザ中心デザイン手法1. インタバューで利用風景を知り2. 分析後に妥当な解決案を導く3. せれに基づいてピレトタイピを製作4. ユーザによるテストを行う
  17. 17. インタビューで利用風景を把握する• 大学生8人にインタバュー(半構造化インタバュー)を 行って、普段どのように図書館・OPACを 利用しているのか把握する (1年生1名 / 2年生3名 / 3年生 1名 / 4年生 3名)• 普段の読書から図書館/OPACの利用頻度、 せして具体的な利用風景を描くため 「前回の図書館での調べ物」について伺った
  18. 18. 利用シナリオを見て 情報探索中に特徴的に見られたパターン 1. 情報が足りなければ本を手に入れに向かったり、 Web上を検索したりしている 2. 棚にある本やWeb上のページから新たなハント (キーワード)を得て、せれを探せうと新たに検索 を始める 3. せこで見つけた本やWeb上のページから新たな ハントを得てせれを探せうと…
  19. 19. 利用シナリオを見て Marcia J. Bates の ベリー摘みモデル(連鎖的な情報探索) Jcおいfれfvjks pvcjsふぉいvj sふぃvjhsふぃvj hsふぃcvhsふぃ 総合的な vhsふぃvhしhう 学習の時間 Jcおいfれfvjks pvcjsふぉいvjJcおいfれfvjks ゆとり教育 sふぃvjhsふぃvjpvcjsふぉいvj hsふぃcvhsふぃsふぃvjhsふぃvj vhsふぃvhしhうhsふぃcvhsふぃvhsふぃvhしhう 総合学習の前提と なる基礎学力 現代の教育問題 * See http://www2.sims.berkeley.edu/courses/is202/f98/Lecture19/sld024.htm
  20. 20. 必要な策は何か (1)• 検索で得られた図書が求めているものかどうか判断でかる ように材料を増やす 具体策 図書の目次、ルバュー情報、内容紹介文の追加 逸村宏, 種市淳子「短期大学図書館における情報探索行動:目次を付与したOPACの レグ分析と検索実験をもとにして」『名古屋大学附属図書館研究年報』,vol.5, 2007, p.57-68. 大学生を対象にした探索行動分析 検索後のハット割合:目次 52%, 書名 26.3%, 件名 12.4% 結果の評価と判断は主に目次の情報を元に行われている
  21. 21. 必要な策は何か (2)• 次の「ベリー」につながるようなハント・キーワードを与える 結果に検索語に関連した外部DBの情報を併記 具体策 (Wikipediaをリヒァルンスの一部として活用する) 増田英孝*清田陽司*中川裕志「自動ルヒァルンスサーバスにむけて」 『情報の科学と技術』,Vol.58, No.7, 2008, p. 347-352. 最小努力の法則 「情報の質に関係なく、人々は手に入れにくい情報よりも 手に入れやすい情報を好む」 橋詰秋子「米国にみる「新しい図書館目録」とせの可能性:ベイツルポートを中心に」 『現代の図書館』Vol.41, No.4, 2003
  22. 22. 必要な策は何か (3)• 多くの検索結果が出た際、またはゼレ・ハットだった際の サポートを行う ヒァセット分類による絞り込み機能 多い場合 具体策 (多い場合に限らず、使えるのでは) 少ない / ゼレの場合 外部データベースでの関連情報の併記 ただ、根本的には主題検索機能の改善が 求められる(多くても適切な文献を&ゼレ・ハット低減へ)
  23. 23. プロトタイプの制作以上の策を元にペーパーピレトタイピを制作四回生に目的の本を見つけるタスクを依頼 Demo
  24. 24. システムの制作テストの結果を参考にしつつ、実際に利用可能なシステムを制作• 書誌データは同志社大学図書館OPACのHTMLデータを利用• せれを元にAmazon Webサーバスで得られるデータも追加しつつ、 新たな画面を構成• 制作方法の限界として、ヒァセット分類絞り込み機能などは 実装していない(でかない)
  25. 25. OPACは所蔵検索で十分なのか 現在のOPACが主に提供するサービス • リクエストされた語に対応した所蔵資料の一覧を提供 • 特定の所蔵資料の基礎情報と有りか(配置場所)を提供 これだけでは利用者の情報探索に 十分なものとはいえない
  26. 26. OPACは所蔵検索で十分なのか ふむ、 検索語… 図書館の 堺市図書排除 自由の問題 問題について 「図書 排除」かな 出ない… なのか 知りたい OPAC Google 「図書館 いい本見 の自由」に つけた! ついて… OPAC
  27. 27. OPACは所蔵検索で十分なのか 所蔵検索だけではなく、 利用者の問題解決をトータルで 支援するための環境と考えてOPACを 整備していく必要があるのではないか

×