Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Google I/O 2018 参加レポート

315 views

Published on

Google I/O 2018 参加レポート
KLab 福岡Meetup#2

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Google I/O 2018 参加レポート

  1. 1. Google I/O 2018 参加レポート 〜I/Oの楽しみ方〜
  2. 2. 自己紹介 ● 山根 哲也 (30) ● KLabには2013年入社の勤続5年目 ● 元々はnon-OSの組み込みエンジニア ● Android/iOSのアプリ開発は7〜8年くらい ● 最近は… ○ プラットフォームエキスパートGという部署で、 Google/Apple関連の新技術対応や課題解決などを 社内横断でサポートしています。
  3. 3. 今回の話題
  4. 4. Google I/O
  5. 5. Google I/Oって? ● Googleの新技術/サービスに フォーカスを当てた開発者向けの会議 ● 毎年5-6月頃にカリフォルニアで開催
  6. 6. Google I/Oって? ● Android OSの新バージョンの詳細が説明されたり、 このイベントで初出となる情報もある。 ● 例えば昨年のGoogle I/O 2017では 『Androidの開発言語にKotlinを正式採用!』 と発表された時は凄い歓声でした。
  7. 7. Google I/O 2018 ● 今年は5/8〜5/10の3日間開催。 ○ 会社の同僚と2人で行ってきました。 ● 今日伝えたいこと(≒アジェンダ) 1. I/Oって現地まで行く必要あるの? 2. 現地で楽しむ各種イベント 3. 現地会場の歩き方 4. Google I/O 2018情報
  8. 8. I/Oって 現地まで行く必要あるの?
  9. 9. 現地で参加する場合 1. 4月頃に申し込み⇒抽選 2. 当選したらチケット代($1,150)支払い 3. イベント日程に合わせてカリフォルニアへ 4. 現地イベント参加! ※参加経費  チケット代+航空券+ホテル代+現地交通費…  すべて含めて50万円前後。 I/Oって現地まで行く必要あるの?
  10. 10. 日本で参加する場合 1. 情報系サイトやYouTubeなどで情報収集 a. ステージでの発表はYouTubeで公式配信される (ほぼリアルタイム) b. 翻訳機能を使えば日本語字幕で見れる 2. 世界各地のI/O Extendedに参加 a. I/O現地映像を皆で視聴 b. I/Oで発表された情報の報告共有会 I/Oって現地まで行く必要あるの?
  11. 11. I/Oって現地まで行く必要あるの? 50万円の参加費用をかけて現地に行かずとも、 日本から参加で十分なのでは …? (むしろ日本に居た方が整理された情報を得やすい?) VS
  12. 12. Google I/Oの楽しみは 発表だけじゃない。
  13. 13. 現地で楽しむ各種イベント
  14. 14. 現地で楽しむ各種イベント Sessions 開発者向けの様々な発表 ・新技術/新サービスの情報公開 ・各種ベストプラクティス紹介 Office Hours & App Reviews Google社員との1:1の相談 ・自分のアプリのレビューを受けたり ・技術的な困り事を相談/質問したり Codelabs サポートを受けながらサンプル実装 ・新しい機能のベストプラクティスを学んだり ・新しい機能の活用シーンのヒントを貰ったり Sandbox 新製品やサービスのデモを実体験 ・Google提供のVR/AR体験 ・Firebaseを活用したゲームプレイ After Hours ライブや食事や参加者交流 ・グローバルなディベロッパー間交流 ・イベント(お祭り)をしっかり楽しむ! Google I/Oのイベント(5種)
  15. 15. Google I/Oのイベント(5種) 現地で楽しむ各種イベント Sessions 開発者向けの様々な発表 ・新技術/新サービスの情報公開 ・各種ベストプラクティス紹介 Office Hours & App Reviews Google社員との1:1の相談 ・自分のアプリのレビューを受けたり ・技術的な困り事を相談/質問したり Codelabs サポートを受けながらサンプル実装 ・新しい機能のベストプラクティスを学んだり ・新しい機能の活用シーンのヒントを貰ったり Sandbox 新製品やサービスのデモを実体験 ・Google提供のVR/AR体験 ・Firebaseを活用したゲームプレイ After Hours ライブや食事や参加者交流 ・グローバルなディベロッパー間交流 ・イベント(お祭り)をしっかり楽しむ! 日本から参加できるのは この部分だけ。
  16. 16. Sessions 現地で楽しむ各種イベント ● I/O会場内の各所で様々なSessionが開かれている。 ● 会場の盛り上がりを知るには現地に居てこそ。 a. 全世界のディベロッパー達がどういった発表に 一喜一憂しているのか? ● 最新情報をGoogle社員に質問出来るのも現地特権。 a. Sessionの情報は表面的な部分で終わることも多い。 b. 実際に利用する場合の懸念などは、 CodelabsやOffice Hoursで質問に!
  17. 17. Codelabs 現地で楽しむ各種イベント ● サンプル実装のために環境の整ったPCが揃っている。 a. サンプル実装の内容はネット上に公開されているため、 日本にいても実装可能。 ● 4つの課題クリアで来年のI/Oチケットプレゼント(抽選) a. 唯一の難点は、Codelabs自体の待ち行列が凄い。 b. 自分のPCを持ち込めば行列Skipも可能。 ● 中にはGoogle技術者が沢山。 a. サンプル実装で分からない点はすぐ聞ける。 b. ただし、ここでの会話は基本英語…。
  18. 18. Office Hours & App Reviews 現地で楽しむ各種イベント ● Google技術者に1:1で相談出来る場所。 a. 日本語スタッフもほぼ常駐。 ● 自身のアプリに対しての技術的なレビューも可能。 ● 発表直後の新機能への疑問・質問にも答えてくれる。 ● 私がGoogle I/Oで現地まで行く一番の理由はここ。 1) Sessionで発表を聞く。 2) CodeLabsで実際に触って確認。 3) Office Hoursで詳細仕様をヒアリング。 4) 1) に戻る。
  19. 19. Sandbox 現地で楽しむ各種イベント ● 新技術や新機能をすぐに試せるスペース。 ● 左の写真はARブース a. Sessionでも言及されたAR Core + 機械学習の体験。 b. 壁の服をARで見ることで商品を特定。購入まで出来る。
  20. 20. 現地で楽しむ各種イベント After Hours ● 色々な催しが開催される。 a. 野外ステージでのライブコンサート b. マジックショー c. ヒップホップ/DJブース d. etc... ● お酒片手に、各国のディベロッパーと交流を。
  21. 21. 現地会場の歩き方
  22. 22. 現地会場の歩き方 ● 勿論英語は出来たほうがいい。 a. 発表も会話も英語なので。 ● 英語が出来ないと楽しめない。ということは無い。 a. 英語力よりも、英語で話しかける度胸の方が重要! ● 日本語の話せるGoogle技術者を呼ぶことも出来る。 a. Is there a Japanese Googler/Speaker/Staff...? 英語について
  23. 23. 現地会場の歩き方 ● 陽射しは凄い。 a. 配布されるサングラスと日焼け止めは必須。 ● 水分補給や塩分補給も忘れずに。 a. 水やスナックは会場のあちこちで入手可能。 最重要の注意点
  24. 24. 現地会場の歩き方 ● 朝昼晩とGoogle I/O ご飯。 ● 夜はお酒も。 食事
  25. 25. 現地会場の歩き方 ● 今年のノベルティは2つ! a. Google Home Mini (¥6,480) b. Android Things Starter Kit ($199) ノベルティ
  26. 26. Google I/O 2018 情報
  27. 27. 全体的な雰囲気 ● マシンラーニングの推し方が凄い。 a. 既存のサービス(Google Photoなど)への導入 b. Android Pでの利用 c. 自動運転車(Waymo) ● AR/VRの人気は衰えず。 a. Sandboxでの体験は常に行列で順番待ち。 ● Google Maps APIの注目度も高かった。 a. https://cloud.google.com/maps-platform/gaming/ Google I/O 2018 情報
  28. 28. 個人的な注目機能 - Android App Bundle ● 注目している背景 a. 2019年8月予定の64bitライブラリ必須化で、apkサイズの肥大 化が想定されていた。 b. 32bit/64bitの両方を持つapkを作ると制限である100MBを超え てしまう懸念が…。 c. App Bundleを使うことで32bitなapkと64bitなapkに分離されるの で、100MB未満に抑えたapkを目指せる。 Google I/O 2018 情報
  29. 29. まとめ ● Sessionだけが目的なら、現地に行かずとも一定の情報を得ることができる。 ● Googleが推しているものやディベロッパー側の温度感/熱量は、遠隔では感じにくい。 ● I/Oの最新情報をGoogle社員にすぐに質問・確認できるのも現地ならでは。 ● 特に新機能については、Googleもフィードバックを求めている。 a. 現地での質問・相談の効果は問題解決だけではなく、機能改善にも繋がる。
  30. 30.    来年のGoogle I/Oは  カリフォルニアで会いましょう! ご清聴ありがとうございました。

×