Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

SIerでもAnsibleを導入したい!

3,347 views

Published on

Ansible Meetup in Tokyo 2015.09 (http://ansible-users.connpass.com/event/18015/) 発表資料。
発表時の資料はreveal.js(https://github.com/gosyujin/slideshare/blob/master/ansiblemeetup/20150914_ansible_for_sier_digest_for_reveal.js.pdf)でビルドしたものを使いました。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

SIerでもAnsibleを導入したい!

  1. 1. SIerでもAnsibleを 導入したい! 2015/09/14 Ansible Meetup in Tokyo ©2015 @kk_Ataka 1
  2. 2. 自己紹介 4 Twitter: @kk_Ataka 4 GitHub: gosyujin 4 割と大きめのSIer勤務 4 現在休職中。。。 ©2015 @kk_Ataka 2
  3. 3. アジェンダ 1. 社内でAnsibleの紹介をした時の反応 2. Ansible導入に向けて おまけ、意外なAnsibleの使われ方 ©2015 @kk_Ataka 3
  4. 4. 社内でAnsibleを 紹介した時の反応 ©2015 @kk_Ataka 4
  5. 5. はじめに質問してみた 1. Infrastructure as Codeという言葉、概念 2. Chef, Puppet, Ansibleというツール 聞いたことある or 使ってる? ©2015 @kk_Ataka 5
  6. 6. 結果はあまり 良くなかった…(;_;) ©2015 @kk_Ataka 6
  7. 7. しかし光明あり!共感は得られた 4 「Infrastructure as Codeの概念は大事だと思う」 1. 独自のシェルスクリプト(別名:秘伝のタレ) 2. 環境構築手順書ver4.2_20150914(2).xlsx 4 「サーバに無闇に設定を追加しないのはいいね」 4 特に稼動済のサーバだと手続きとか面倒臭い ©2015 @kk_Ataka 7
  8. 8. べき等性について 4 言葉自体になじみがない感じ 4 でも言わんとしてる事はわかってくれてる 4 同じコマンドを2回実行すると、2回目がコケてアラート 飛んでさあ大変事案など ©2015 @kk_Ataka 8
  9. 9. Ansible導入に向けて ©2015 @kk_Ataka 9
  10. 10. どこを推すべきか… ©2015 @kk_Ataka 10
  11. 11. ここから攻めろ! 1. 秘伝のタレを再利用 できます! *1 2. サーバ側は、とりあえず SSHで入れるだけ でOK! *2 資産流用できて、無闇にサーバにツールは入れないよ!! *2 いきなり「サーバに管理ツール入れさせろ!」というのはちょっと敷居が高い。特に既に稼動している場合 *1 shellモジュールを使う事になるので、冪等性はがんばる!、もしくは徐々にモジュール化をはかる! ©2015 @kk_Ataka 11
  12. 12. ※ 個人差があります ©2015 @kk_Ataka 12
  13. 13. おまけ 意外なAnsibleの使われ方 ©2015 @kk_Ataka 13
  14. 14. とあるプロジェクトでの経験談 1. 朝、出社する 2. テストに必要なプロセスを「Ansibleで」一斉起動する 3. テストする 4. 夜、立ち上げたプロセスを「Ansibleで」一斉停止する 5. 帰る*3 *3 よくわからないが、立ち上げっぱなしはダメな環境だったそうな ©2015 @kk_Ataka 14
  15. 15. Ansibleとは サーバ環境を適切に 管理/維持するツール という固定観念があったため衝撃を受けた ©2015 @kk_Ataka 15
  16. 16. でもOK! 4 環境管理に留まらず、 どんな使い方 をしてもOKなのが Ansibleなのだ! " Ansibleは構成管理ツールの一つです。 ただ、それだけにとどまらない、任意のコマンドを リモートで実行したり、結果を取得したりする オーケストレーションツールでもあります。 " *4 *4 若山 史郎 "入門Ansible" ©2015 @kk_Ataka 16
  17. 17. 余談 4 本来、この資料はMarkdown -> Deckset(Mac App)で PDF出力する予定だった 4 資料完成間近にMacbookに豚汁を飲ませてしまい、起 動不可に 4 幸いMarkdown自体は残ってたので、それをreveal.js用に コンバート ©2015 @kk_Ataka 17
  18. 18. 余談2(新規スライド) 4 09/18にMacbookが届いたので、Decksetでビルドしまし た ©2015 @kk_Ataka 18

×