Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Ansibleの現在とこれから

3,784 views

Published on

Ansibleの現在とこれから AUTOMATION FOR EVERYONE
Ansible徹底入門発売記念イベントで講演したLTのスライドです。
最新バージョンの新機能のサマリー、およびAnsible Coreのロードマップなどが含まれています。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Ansibleの現在とこれから

  1. 1. Ansible の現在とこれから Hajime Taira Partner Solution Architect 2017/2/27 AUTOMATION FOR EVERYONE
  2. 2. 2 講師紹介 レッドハット株式会社 ソリューションアーキテクト 平 初 (たいら はじめ) 趣味:写真、サイクリング Linux 歴 : 21 年目 Fedora L10N コーディネーター (2004 年〜 ) GNOME コントリビューター( 2010 年〜) OpenStack コントリビューター (2015 年〜 )
  3. 3. 3 Ansible 関連の書籍 ● Ansible の実践的な活用ガイド ● 第 1 章を私が書いています ● 実践的なプレイブックの書き方に注力しています ● Ansible のロールの使い方から Playbook のテスト の方法まで解説しています ● Ansible の入門書の決定版で内容が濃い ● これから Ansible をはじめる人向けに基本的な内容か ら、その活用方法、 応用編として OpenStack / AWS / Azure とのクラウド連携、 Playbook テスト手法まで幅 広く網羅 ● 第 6 章の OpenStack 連携の部分を私が書いています ● OpenStack を運用する際に、頻繁に必要となる操作を中 心に解説しています
  4. 4. Ansible はどのように動くのか? ● 都度都度小さなスクリプトを送り込む (SFTP or SCP) ● 対象ホストに Python が必要 ( Python 2.4 以降 ) Playbook ユーザー ネットワーク モジュール クラウド インベントリー サーバー API プラグイン
  5. 5. Ansible のラインナップ OSS で無償提供されている Ansible (Core) ※ 現在は、 Red Hat の製品としての提供はされていません。 ※Red Hat Ceph Storage や OpenShift Container Platform など 一部製品のインストーラーに組み込まれている Red Hat 社が提供する Ansible 製品 オープンソース化の作業中… UI の日本語化の作業済み ※ 次のバージョンで取り込まれる予定 5
  6. 6. Ansible を使ってできること プロビジョニング オーケストレーション 構成管理  パッケージインストール  設定変更  ファイルの転送  複数の機器・製品に対し て自動で順序実行  Server / Router / Switch / FW / Load Balancer / Storage / Database /Cloud etc…  状態確認  バッチ処理  アップデート実行  セキュリティパッチ確認 6
  7. 7. Ansible の 3 つの特徴 シンプル エージェントレスパワフル  管理対象にエージェント インストール不要  SSH or WinRM  多数の製品・環境に対応 し、様々な操作が可能  ( 取得してすぐ利用でき るロール )  ソースコードではない  一つの言語( YAML ) で  冪等性 7
  8. 8. クラウドプロビジョニング ● ハイブリッドクラウドへのデプロイメント対応 – Libvirt(Linux KVM, Hyper-V, Xen, Linux Container), VMware, RHEV, OpenStack などのオンプレミス環境、 AWS(Amazon), Azure, GCE(Google), Rackspace などのパブリッククラウド環境に対応 ● PaaS 対応 – Kubernetes / OpenShift v3 などの PaaS の環境の制御に対応 ● Docker コンテナー対応 – Docker コンテナーの展開、 Docker 環境の制御に対応 Hybrid Cloud
  9. 9. 9 Ansible Tower による Azure 管理 Azure RESTAPI ● 仮想マシンのウォームスタンバイ ● ゲストの RHEL に MW をデプロイ ● ゲストの RHEL にアプリをデプロイ ● ARM テンプレートの呼び出し → ロードバランサー配下へ 仮想マシン作成のデプロイからアプリのデプロイ、 ARM テンプレートの連携も可能 Playbook ユーザー Azure モジュール群 Web UI
  10. 10. 最新情報と ロードマップ
  11. 11. Ansible Core 2.2 ● コンテナー管理 – Docker Network への対応 – ansible-container のサポート – Kubernetes/OpenShift のサポート ● ネットワーク装置 – Cisco(ASA) 、 Dell Network OS 、 F5 、 Nokia SR-OS 、 Pluribus Netvisor 、 VyOS のサポート追加 ● クラウドサービス関連 – 新しくなった VMware 向けのモジュール – AWS 向けのサポート拡充 (Amazon EFS 、 Amazon Redshift 、 Amazon Lambda)
  12. 12. ロードマップ Ansible Core 2.3 の予定 ● Python 3 完全対応 ● Windows Server 2016 のサポート ( 操作対象 ) ● Microsoft Active Directory 管理のモジュール ● Azure Stack のサポート ● Amazon ELB のサポート ※ ロードマップは以下の URL から確認できます。 https://github.com/ansible/ansible/blob/devel/docs/docsite/rst/roadmap/ROADMAP_2_3.rst 2.1 2.2 2.3 March, 2017Nov, 2016May, 2016
  13. 13. AUTOMATION FOR EVERYONE ネットワーククラウド サーバー
  14. 14. THANK YOU

×