Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Jekyllドキュメント翻訳 
活動振り返り 
2014/11/26 kawasaki.rb #18 
@kk_Ataka
前置き 
4 本来 11/29 TokyuRuby会議08用に作っていた資料だった 
けど、発表できなかった
自己紹介 
4 Twitter: @kk_Ataka 
4 勢いでJekyllrbの翻訳はじめまし 
た
アジェンダ 
1. Jekyllとは 
2. Jekyllrb-jaの翻訳フロー 
3. 継続的翻訳活動のために
今日話さないこと 
1. ドキュメント翻訳の是非について 
2. 英語力とかの話
Jekyllとは
Jekyllとは 
Transform your plain text into 
static websites and blogs. 
4 Ruby製 
4 Markdownとかで書く 
4 GitHub Pagesでも使われてる 
4 以...
(紆余曲折あり)翻訳してます
翻訳してみたい人待ってます!
Jekyllrb-jaの翻訳フロー
Jekyllrb-jaの翻訳フロー 
1. 本家で更新があったドキュメントに対して「翻訳して追い 
つくぞ!」Issueを作る 
4 \めんどい/ 
2. 更新部分を翻訳してPR 
3. PR内容を議論 
4. OKならマージ 
5. 1. に...
継続的翻訳活動のために
継続的翻訳活動のために 
4 「本家ドキュメントの更新にどうやってついていくか」 
4 めんどくさい手順は減らしたい 
4 本家で更新があったドキュメントに対してIssueを作って残 
ドキュメントを管理したい 
4 これが一番めんどくさい 
...
gh-diffを使う
gh-diff 
4 https://github.com/melborne/gh-diff 
4 @merborneさん謹製のファイル差分確認、出力ツール1 
4 ローカルとGitHub上のリモートのMarkdownファイルの 
差分を取って...
翻訳はこんな感じ 
4 jekyll/jekyll の index.md(本家=リモート=主) 
## Hello 
4 gosyujin/jekyllrb-ja の index.md(翻訳=ローカル=従) 
## こんにちは 
<!--ori...
差分出力はこんな感じ 
$ gh-diff diff index.md --repo=jekyll/jekyll --no-name_only 
Base revision: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx[r...
こんな感じ 
4 diff結果をファイル出力する事もで 
きる 
4 このdiffファイルの内容を消化する 
事で本家の更新についていく 
4 Issue化して 「1ドキュメント 
1Issue」 とルールが決められれ 
ば、管理が楽になりそう...
「翻訳して追いつくぞ!」 
4 常に本家との差分を確認する (gh-diffを使う) 
4 差分があればIssue化する(rakeで自動化) 
4 変更を1ドキュメント 1Issueで管理する
4 gh-diffで変更を見つけたファイルをIssue化(Rakeで)
4 Issueの内容
4 変更点をまとめたファイル
4 マイルストーンごとに進捗
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Jekyllドキュメント翻訳活動振り返り

1,004 views

Published on

Jekyllプロジェクトのドキュメントを翻訳するにあたり、どんなフローで進めているのかまとめました。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Jekyllドキュメント翻訳活動振り返り

  1. 1. Jekyllドキュメント翻訳 活動振り返り 2014/11/26 kawasaki.rb #18 @kk_Ataka
  2. 2. 前置き 4 本来 11/29 TokyuRuby会議08用に作っていた資料だった けど、発表できなかった
  3. 3. 自己紹介 4 Twitter: @kk_Ataka 4 勢いでJekyllrbの翻訳はじめまし た
  4. 4. アジェンダ 1. Jekyllとは 2. Jekyllrb-jaの翻訳フロー 3. 継続的翻訳活動のために
  5. 5. 今日話さないこと 1. ドキュメント翻訳の是非について 2. 英語力とかの話
  6. 6. Jekyllとは
  7. 7. Jekyllとは Transform your plain text into static websites and blogs. 4 Ruby製 4 Markdownとかで書く 4 GitHub Pagesでも使われてる 4 以下略
  8. 8. (紆余曲折あり)翻訳してます
  9. 9. 翻訳してみたい人待ってます!
  10. 10. Jekyllrb-jaの翻訳フロー
  11. 11. Jekyllrb-jaの翻訳フロー 1. 本家で更新があったドキュメントに対して「翻訳して追い つくぞ!」Issueを作る 4 \めんどい/ 2. 更新部分を翻訳してPR 3. PR内容を議論 4. OKならマージ 5. 1. に戻る…
  12. 12. 継続的翻訳活動のために
  13. 13. 継続的翻訳活動のために 4 「本家ドキュメントの更新にどうやってついていくか」 4 めんどくさい手順は減らしたい 4 本家で更新があったドキュメントに対してIssueを作って残 ドキュメントを管理したい 4 これが一番めんどくさい 4 どうやって更新されたかを検知する?
  14. 14. gh-diffを使う
  15. 15. gh-diff 4 https://github.com/melborne/gh-diff 4 @merborneさん謹製のファイル差分確認、出力ツール1 4 ローカルとGitHub上のリモートのMarkdownファイルの 差分を取ってくれる2 1 http://melborne.github.io/2014/07/04/you-always-compared-with-github/ 2 ただし、翻訳ドキュメントは一定のルールに則って作成されている必要がある
  16. 16. 翻訳はこんな感じ 4 jekyll/jekyll の index.md(本家=リモート=主) ## Hello 4 gosyujin/jekyllrb-ja の index.md(翻訳=ローカル=従) ## こんにちは <!--original ## Hello -->
  17. 17. 差分出力はこんな感じ $ gh-diff diff index.md --repo=jekyll/jekyll --no-name_only Base revision: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx[refs/heads/master] --- index.md +++ index.md - ## Hello + ## Good bye !! 4 リモートリポジトリが進んでる場合、こんな感じでdiffが 出る!
  18. 18. こんな感じ 4 diff結果をファイル出力する事もで きる 4 このdiffファイルの内容を消化する 事で本家の更新についていく 4 Issue化して 「1ドキュメント 1Issue」 とルールが決められれ ば、管理が楽になりそう 4 IssueにするところはRakeで自 動化!
  19. 19. 「翻訳して追いつくぞ!」 4 常に本家との差分を確認する (gh-diffを使う) 4 差分があればIssue化する(rakeで自動化) 4 変更を1ドキュメント 1Issueで管理する
  20. 20. 4 gh-diffで変更を見つけたファイルをIssue化(Rakeで)
  21. 21. 4 Issueの内容
  22. 22. 4 変更点をまとめたファイル
  23. 23. 4 マイルストーンごとに進捗

×