Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Osc2010 tokyo fall@kaorun

2,210 views

Published on

  • Be the first to comment

Osc2010 tokyo fall@kaorun

  1. 1. TracLightningの 導入から現在まで かおるん@中村 薫 OSC2010 Tokyo/Fall出張勉強会 2010/09/10
  2. 2. 自己紹介 • 名前:中村 薫(なかむら かおる) • はてな:id:kaorun55 • Twitter:@kaorun55 • 八王子のソフト屋さん – Windowsアプリケーション(C++,C#) – 組み込み(C言語、C++) • 認定スクラムマスターを取得しました
  3. 3. よろしく お願いします
  4. 4. ゕジェンダ 1.Trac(Lightning)の機能 2.現在のTracLightning活用状況 3.TracLightning導入に至るまで 4.現在の開発ツール環境 5.次の一手
  5. 5. Trac(Lightning)の機能 • チケット • Wiki • タイムライン • ロードマップ(マイルストーン) • カレンダー • ガントチャート
  6. 6. チケット
  7. 7. Wiki
  8. 8. タイムライン
  9. 9. ロードマップ
  10. 10. カレンダー
  11. 11. ガントチャート
  12. 12. 社内でのTracLightning活用状況 • 現在の状況(2010年9月 現在) –TracLightningは社内の標準ツー ル –用途によっていくつかのサーバマ シンで稼働 –社内で約30プロジェクトを管理 –客先と共有するための公開用Trac を用意したこともある
  13. 13. 社内でのTracLightning活用状況 • 周囲の反応 –概ね良好 –客先からの案件情報のwantに Trac+SVN –客先指定でRedmineを使うことも
  14. 14. TracLightning導入に至るまで
  15. 15. TracLightning導入に至るまで
  16. 16. Share Point Services(SPS)と Visual Source Safe(VSS) の導入 •ToDo、問題点を可視化する利点 •VSS クライゕントが使いづらい •SPS と VSS の連携ができない •ソース管理が結局ZIPベースになる
  17. 17. All-in-one-Trac を試験的にプロジェクトへ導入 1.まずは一人で使ってみた 2.Subversion によるバージョン管理 3.手ごたえを感じたところでメンバーに紹介 4.メンバー絶賛
  18. 18. 自分一人での開発業務があったので、 TracLightning を導入 •ToDo、問題点の可視化 •ガントチャートによる日程調整 •Subversion によるバージョン管理
  19. 19. 社内標準へ •社内に広めるために勉強会を開く •Subversion を新人が絶賛 •マネージャに紹介 •実業務で試用することになり、業務用に Trac 勉 強会を開いていたら、社長の一声で標準化(笑)
  20. 20. 導入以降 • 全社的に炎上プロジェクトが少なくなった – 遅くまで残ってる人が減った • Tracをベースに情報を共有するようになった • 事務方にもTrac、SVNを導入した
  21. 21. Trac を社内に導入するために • まずは自分で使ってみる • チームメンバーを巻き込む(特に発言 力のある人) • 徐々に広げる
  22. 22. 現在の開発ツール環境 TracLighting でカバー ソースを ダウンロード テスター 開発者 テスト ビルドして単体テストを実行
  23. 23. Trac/Redmine を使う利点 • やらなければならない作業が見える • ゴールが明確 • タスクの割り振りがしやすい
  24. 24. Subversion を使う利点 • “最新版”を探す必要がない • 確実に元に戻せる保証があるので、い らないコードはどんどん消せる • コミットフックで Trac と連動できる
  25. 25. Hudson を使う利点 • “自分の環境でしかビルドできない” 状態を防ぐことができる • 誰でもビルドができる – ボタンをワンクリック! • 単体テストを実行することもできる – ビルドやコードが壊れたことを早期に検出できる • リリース可能な状態のソフトを常に取得できる
  26. 26. TestLink を使う利点 • 管理は TestLink でやってくれるので、開発 者はテスト自体に注力できるようになった • TestLink の実行結果から Trac のチケットへ リンクできる – ひと手間かけると Trac から TestLink の テストケースへのリンクも張れる
  27. 27. ツールだけでは 使い方が定まらない
  28. 28. http://www.flickr.com/photos/fabio-dg/2387677418/
  29. 29. アジャイル ↓ ScrumとXP
  30. 30. Scrumの要素(抜粋) • 朝会(あさかい) • ふりかえり • スプリント • バックログ
  31. 31. XPの要素(抜粋) • テストフゔースト • リフゔクタリング • 継続的インテグレーション • イテレーション
  32. 32. http://www.flickr.com/photos/thomashawk/287666827/
  33. 33. 効果 あくまでも個人の感想です
  34. 34. 補足:Trac と Scrum
  35. 35. できることから 少しずつ
  36. 36. ひとつでも 持ち帰れるものが あればうれしいです
  37. 37. ブースでも お待ちしています
  38. 38. ご清聴 ありがとうございました

×