Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Redmine.tokyo lt04:RedmineとRPA(Uipath)を組み合わせた多システム間連携について

Redmine.tokyo #17のLT04で発表したものです。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Redmine.tokyo lt04:RedmineとRPA(Uipath)を組み合わせた多システム間連携について

  1. 1. Redmine と RPA(Uipath)を 組み合わせた 多システム間連携 と効果について
  2. 2. • 自己紹介 Twitter かるね@nekosanz1 ・インフラエンジニア Windows Server Linux (Redhat Enterprise Linux/CentOS) データセンター内のことをある程度 DB(ほんのちょっと) NW(ほんのちょっと) VMware (それなり) AWS(EC2,S3,VPCぐらいなら) Azure(MFAぐらいなら) PowerShell/CMD/shellscript/VBS少々 Excelは苦手/エクセル伝票は死すべき慈悲はない ・社内システムエンジニアとして ActiveDirectory(NTP/DHCP/RADIUSもろもろ) ファイルサーバ/オンラインストレージ ワークフローシステム イントラ/情報共有系 メール(ほんのちょっと) 一人情シス経験あり(修行) あとはよろしくされたもの(最終処分場)
  3. 3. 印 #背景:我々の業務(4月~) 契約書面を作り 然るべき承認をもらう 正しく保管する 郵送する 事務員
  4. 4. 契約書面 作成依頼 ルールの問い合せ 状況の確認と返信 状況の確認と返信 捺印回付・・作成中・・・ 印 書面作成 WFシステムによる捺印承認 保管・郵送 #背景:ステータスやタスク量わちゃわちゃ問題 依頼者 依頼者 依頼者 依頼者はステータスが わからない メールと電話対応なので タスク量がわからない 郵送・・
  5. 5. 書面作成 WFシステムによる捺印承認 保管・郵送 タスク#1 Redmineでは、タスクを担 当者に割当、メールでの 通知と記録を行う。 依頼部門 Redmine 依頼内容をタスクに書き出す Wiki/フォーラムでルールを確認する チケット終了と同時に完成 担当者アサイン、タスクの依頼を 遂行、ステータス更新と終了 電話/メールによる指示や 問い合わせは原則禁止 ルールはWikiとフォーラムに記載 #背景:依頼管理はRedmine化♡(鬼の形相) タスク#2
  6. 6. わかった量 推定:年 12,000チケット
  7. 7. 書面作成 WFシステムによる捺印承認 保管・郵送 うちとの書面やりとりは このシステムを使いましょう 数も多いし。 超得意先 A社様 なんか高そうなシステム 便宜上 Aシステムと呼称 顧客内ワークフローに直結 #背景:特定顧客の書面電子化も 印
  8. 8. 書面作成 WFシステムによる捺印承認 保管・郵送 基幹システム+Office ワークフローシステム 特定の顧客だけシステム ・・・・ タスク#1タスク#2 タスク#3 Redmine #背景:複数のバックヤードシステムによる弊害
  9. 9. 書面作成 WFシステムによる捺印承認 保管・郵送 基幹システム+Office ワークフローシステム 特定の顧客だけシステム ・・・・ タスク#1タスク#2 タスク#3 Redmine どこまで進んでいるかはチケットに 情報を落としたいが・・・ #問題:チケットステータスが追えない ステータス管理の負荷が増えてしまう
  10. 10. Aシステム弊社ワークフローシステム API非公開 #解決の前提:まさかのAPI封印 ※基幹システムは初期データ入力だけなので ステータス管理は必要ない
  11. 11. RPAなら使っていいよ なんか流行ってるし、実績ほしいし(ボソ うちの課長 #どうする・・ え・・ RPA・・? 何か別の手法もある んじゃ・・ 開発やったこと ないし・・・
  12. 12. UiPath 既に本番ライセンスがあった(前担当者が利用していない) Community Editionがある(無料) 教育コンテンツやコミュニティがある(無料・日本語) GUIがおしゃれ(だいじ) できること自体はどのRPA製品でも一緒だとおもう。 Redmineと組み合わせたら相性がいいかも?でスタート #私にとっての救世主(結果的に)
  13. 13. X UiPath ・実際のシステムへの入力は、ケースによって値が毎回異なる (顧客や製品別の運用があり整理できていない)の為、 ロボットには行わせない。 >いずれやらせたいが、今回はステータス管理を目的とする。 ・開発経験はない。無理はしない。 ・作ったロボットを愛する。名前もつけちゃう。 ・Redmine.Tokyoのネタにする。(だいじ) #作る前のお約束
  14. 14. UiPath 作る機能 ・Redmineから任意クエリをCSVダウンロードする。 ・各システムにログインしてCSVをダウンロードする。 ・RedmineのCSVを1行ずつFor eachして、各システム 状況を判定したり、CSVを工する。 ・結果をRedmineのチケットに書き込む。 #Uipathでつくるもの
  15. 15. カスタムフィールドを2つ作成し、ここだけ手運用 ・ワークフローのキー値入力欄 ワークフロー実行時に払い出しされる番号を書く。 ・Aシステムのキー値入力欄 Aシステムに登録時に表示される番号を書く。 ロボット用の内部アカウントを作成する。 本プロジェクトのメンバーにする。(だいじ) #Redmine側の準備
  16. 16. 書面作成 WFシステムによる捺印承認 保管・郵送 基幹システム+Office ワークフローシステム 特定の顧客だけシステム タスク#1Redmine ・カスタムクエリで回付リストを取得 ・それぞれのチケットステータスに応じて、 各システムステータスの進捗を巡回。 →終わっていたら「ステータス」を変更 トラッカー:通常 ステータス:ワークフロー回付中 ワークフロー管理番号(必須):0001 トラッカー:A社向け スタータス:Aシステム回付中 Aシステム管理番号:A1111 タスク#2 ロボット用 WF WFWF WF #実際の運用
  17. 17. UiPath 他にも作ったプロセス #3 Aシステムでこちらへの修正依頼を判定 Aシステムの不具合で、こっちに連絡がこない問題を解決 #4 毎月のレポートを作る だれがどれぐらいやったか?請求まで漏れがないか? 毎月のレポートも作ってもらってRedmineにチケット登録 +添付してもらう。 #5 定期実行処理用のチケットを作る。 特定条件で放置されたチケットを終了する。 #他にも作ったレポートや自動化
  18. 18. #効果 X UiPath
  19. 19. 効果効能 ・相性抜群 →ロボットのI/OとしてRedmineは最適である。 ロボット開発をしていると、一番困るのがInput(ロボットへ の依頼)とOutput(成果の共有) Redmineならカスタムクエリ(条件による依頼)やチケット登 録・編集による共有がされるので、作るのが楽になる。 ロボットがいつ何した?も、ユーザが見えるので デジタルレイバーとして認知されやすい。 X UiPath #効果①
  20. 20. ・他システム連携や自動化が可能 →API連携がなくともシステム化できる。 Redmineが不得意な部分を補える。 ただし、システム連携はAPIが使えれば それに越したことはない。 X UiPath #効果②
  21. 21. ・Redmine活用レベルを上げることができる。 →便利になる=愛用者が増える チケットで依頼すると刻一刻とステータスが自動的に 変異する。便利=チケットの質が上がる=愛用者が増える。 派手さは無いが、黒魔法だと思う。 台帳的な使われ方→なくてはならないシステムになった。 X UiPath #効果③
  22. 22. X UiPath #無限大の可能性と危険性 ・可能性は無限大だが、危険な部分も →あくまでクライアント作業の自動化 汎用性は高いが、その分保守はマクロ同程度な 扱いになりやすい 長期間の安定運用のためには考慮が必要。 何でもできるが故に、使い所はよく考える必要がある。
  23. 23. X #もっと聞きたい自動化のこと 自動化

×