Can Agile Really Change Japan's software development

6,854 views

Published on

Agile Japan 2016

Published in: Software

Can Agile Really Change Japan's software development

  1. 1. アジャイルは本当に ⽇本のソフトウェア開発を 変えることができるか? 株式会社永和システムマネジメント 株式会社チェンジビジョン 平鍋健児
  2. 2. ⾃⼰紹介 •  ㈱永和システムマネジメント –  福井市(本社)、上野東京(⽀社)、沖縄(事務所) –  「⾦融」、「医療」、「組込みシステム」開発 –  「Ruby と Agile」を使ったふつうのシステム開発 •  株式会社チェンジビジョン –  福井市(開発部)、上野東京(本社) –  astah* (旧:JUDE) の開発 •  平鍋健児 –  UML+マインドマップエディタ astah*の開発 –  要求開発アライアンス、理事 –  翻訳、XP関連書籍、『リーン開発の本質』 『IMPACT MAPPING』等多数。 –  著書『アジャイル開発とスクラム』、『要求開発』 『ソフトウェア開発に役⽴つマインドマップ』
  3. 3. 『アジャイル開発とスクラム』 • 顧客・技術・経営の3者をつなぐ ために、アジャイルと⽇本経営の 接合点を探る • 海兵隊の組織とアジャイル • 知識創造プロセスとアジャイル • 実践知リーダーとアジャイル • 富⼠通・楽天・リクルートの事例 • Jeff Sutherlandインタビュー 平鍋健児+野中郁次郎著
  4. 4. アジェンダ •  アジャイルってなんだろう? •  私とアジャイル •  プロジェクト・ファシリテーション •  ⽇本とアジャイル •  私の会社とアジャイル
  5. 5. アジャイルってなんだろう?
  6. 6. 市場 ビジネス IT 市場分析 発注 納品リリース 半年から3年 ミッション・リスク分割型ビジネスと ウォーターフォール型開発(従来型)
  7. 7. 従来型の問題=要求の劣化 システムの機能の利用度 全く使われない 45%ほとんど使われな い 19% たまに使う 16% いつも使う 7% よく使う 13% •  Standish group study report in 2000 chaos report
  8. 8. 市場 IT ミッション・リスク共有型ビジネスと Agile型開発 ビジネス 市場 ビジネスとITが⼀体になった 「OneTeam」を作り、ミッション とリスクを共有する。 やってみて、結果から戦略を 作りながら進む。
  9. 9. アジャイル開発 とは何か? スクラム とは何か?
  10. 10. プロセスとしてのAgile •  短いサイクルで、分析、設計、実装、テストを並列に⾏う •  タイムボックス型、進化型開発 分析 設計 実装 テスト 時間 時間 要求(スコープ) 要求(スコープ)Waterfall Agile Beck 2000Royce 1970 最後に動くものができる 動くものが徐々に できあがり、成長する
  11. 11. 製品 バックログ スプリント バックログ 1-4 週 24 時間 出荷可能 ソフトウェア 朝会 スクラムのフレームワーク
  12. 12. 今の仕事で 使えないじゃん!?
  13. 13. 「今の仕事を、今よりうま くすることはできる。」 と⾔った⼈がいた。
  14. 14. 今の仕事を今よりうまくすることはできる、 と⾔った⼈がいた。 •  プロジェクトファシリテーション (2004) •  ポモドーロテクニック(2009) •  Kanban(2010) Francesco Cirillo David Andersen Staffan Noeteberg Joakim Sunden 懸⽥剛 安井⼒ 天野勝
  15. 15. 個⼈的アジャイル史
  16. 16. 個⼈的アジャイル史 •  2000年 XP-jp を作る •  2003年 XPアンギャ •  2003,4年 ADC2004に参加  いったん挫折… •  2004年 プロジェクトファシリテーション •  (2008年 Agile2008 (Dear XP)) •  (2009年 第⼀回 Agile Japan)
  17. 17. 今買って読むならこれ!
  18. 18. Agile Development Conference 2004
  19. 19. 個⼈的アジャイルの歴史 •  2000年 XP-jp を作る •  2003年 XPアンギャ •  2003,4年 ADC2004に参加  いったん挫折… •  2004年 プロジェクトファシリテーション •  (2008年 Agile2008 (Dear XP)) •  (2009年 第⼀回 Agile Japan)
  20. 20. アジャイルは⽇本でできるのか? •  ⾃分⼀⼈でも、技術的なこと(⾃動テストや リファクタリング)はできる。 •  ⾃分がリーダーのプロジェクトなら、なん とか⼯夫してできるが、、、 •  契約やリリースはそれでも難しい。 •  当時のほとんどのプロジェクトには届かな い。 •  しかも、炎上プロジェクトがたくさん…
  21. 21. アジャイルでなくてもいいのでは? •  アジャイルの「要素」をつかって いきいきと仕事がしたい…  お客さんと喜び合える仕事がしたい… と気持ちを切り替える。
  22. 22. プロジェクトファシリテーション(PF)
  23. 23. 現場⼒を⾼める⾒える化⼿法 プロジェクトファシリテーション 〜モチベーションアップの ツールと場づくり〜 株式会社永和システムマネジメント 株式会社チェンジビジョン 平鍋 健児
  24. 24. a PFのなりたち PF=アジャイル+TPS+ファシリテーション。ソフトウェア開発以外に適用可能。 POINT Skilled Facilitator APMXP2 リーン Crystal プロジェクトファシリテーション Participatory Decision-Making アジャイルソフトウェア開発 ファシリテーション 価値 原則 実践 今回の「見える化」
 のお話+α 見える化 トヨタ生産方式 Pull生産 多能工 かんばん あんどん Project Retrospectives
  25. 25. プロジェクトの ⾒える化から はじめましょう
  26. 26. ⾒える化/透明性 •  「最新の正の情報」が、「⼀箇所に」、 「⼤きく」書かれていて、それを、「両 チームのメンバー」、「審判」、「観 客」が⾒ている。 「次の⾏動」を誘発する。 全ステークホルダーが、行動を起こせるような、確かな、分かりやすい情報源 POINT
  27. 27. タスクかんばん •  作業の見える化 –  ToDo(未実施)
 Doing(実施中)
 Done(完了)
 で管理。 –  各自の作業を指示しなく
 ても、毎朝自発的に
 作業開始。 –  フォーマットは徐々に
 カイゼン。 タスクかんばんの例 ※バーンダウンチャーなどと共に、とにかく、壁に貼る。「情報発信器」とも呼ばれる。 作業の見える化は、「タスクかんばん」で行なう。 POINT (協⼒:チェンジビジョンastah* チーム)
  28. 28. 助け合う
  29. 29. バーンダウンチャート •  進捗の見える化 –  バーンダウン(下向き) –  タスクかんばんと連動 –  中間成果物で
 は計測しない。 –  メールでエクセルシート
 を配布したり、
 サーバに置いたから
 見てね、はナシ。 バーンダウンチャートの例 全体進捗は、「バーンダウンチャート」で見える化、繰り返しのリズムづくり POINT (協⼒:永和システムマネジメント:チーム⾓⾕)
  30. 30. スルーしない
  31. 31. ⽇本からも海外へ発信
  32. 32. “Kanban, Successful Evolutionary Change for Your Technology Business” http://www.agilemanagement.net
  33. 33. http://leansoftwareengineering.com/2007/10/27/kanban-bootstrap/ Corey Ladas
  34. 34. 現場で ⼯夫する
  35. 35. 朝会 •  仕事の明確化 – ⾃発的なサインアップ – 昨⽇やったこと、 今⽇やること、 問題点、の3点のみ。 – かんばんの前 で、⾏なう。 – 朝の仕事はじめが 重要! – スタンドアップで15 分. – 定時刻、定位置、短時 間 朝会の例(協力:チェンジビジョンastah* チーム) 毎朝、「かんばん」の前で全員で短い会議を行ない、リズムをとる。 POINT PF実践編:朝会ガイド
 http://www.ObjectClub.jp/community/pf/
  36. 36. ふりかえり(1) •  カイゼンの気づき –  Keep(良い点) Problem(悪い点) Try(次回挑戦) を出す。 –  全員で意⾒を出し、暗黙知の共 同化と形式知化を⾏なう。「名 前付け」 –  「課題-解決リスト」とは違う。 –  とにかく、カジュアルな雰囲気 で全員発⾔することで、チーム の安全性を確保する。 –  「問題vs私たち」の構図になる ように。 ふりかえりシートの例 カイゼンの「気づき」を「ふりかえり」で得る。 POINT 実践編:ふりかえりガイド http://www.ObjectClub.jp/community/pf/
  37. 37. esm-conferenceブログより やわたメディカルさんの事例 “現場では、このようにKPTを張り出し、気 づいた時に付箋をはり、毎⽇お昼に話し 合って、すぐアクション、というサイクル で回していたとのこと。24時間/365⽇とま らない現場は、このように⼿軽に導⼊しや すく、当事者同⼠で話し合って解決策を⾒ つける仕組み(問題vs私たち)がフィット したとのこと。”
  38. 38. チームムードは、にこにこカレンダーで見える化 POINT •  チームのムードを見える 化する。 •  帰宅時の気分を、 – 気持ちよく仕事が終え られた – フツウ – ダメダメ •  チームが自発的にモチ ベーションマネジメント にこにこカレンダー ※(株)富士通ソフトウェアテクノロジーズ 実践!!IT屋のトヨタ生産方式―あるソフトウェア会社の挑戦
  39. 39. ブラジルで⾒たニコカレ
  40. 40. p.43
  41. 41. p.44 Project Facilitation by Kenji Hiranabe is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License. ⽬的:なぜPFが重要か l  プロジェクトを成功させるために。 – 行動を起こさせるために。 – ひとりひとりの能力を最大限に発揮させるために。 – 個人の総和以上の価値をチームとして発揮するために。 l  エンジニアとして、よりよい人生の時間をすごすために。
 気づきを得るために。 – 仕事の中で、プロジェクトを越えて続く人間関係を得るために。 – やりがいと笑顔と信頼関係で、プロジェクトに取り組むために。 – Joy of Work (参照: 吉田耕作, Deming) – エンジニアの人生の質 Quality of Engineering Life PF は、ソフトウェア開発を成功と、エンジニアのやりがいの両立を目指します。 POINT
  42. 42. PFの5つの原則 •  ⾒える化(Management by Sight) – ⽬に⾒えるようにして、⾏動につなげる。 •  リズム(Rhythm) – ⼈間活動として定期的なリズムを設計する。 •  名前づけ(Name and Conquer) – 気づいた概念に名前をつけておく。 •  問題 vs. 私たち (Problem vs. us) – 「問題」と「⼈間」を分離する。 •  カイゼン(Kaizen) – 継続的に、今の⾃分たちにできる、⼩さいことから。
  43. 43. リズム •  リズムを「デザイン」する – 四半期、⽉、週、⽇ – 会議や成果物のタイミング – ⽇次のテスト – ⽇次の朝会(毎朝10:00) – 週次の会議(毎週⾦曜は。。。) •  朝会、ふりかえりのタイミン グ •  リズムが⾏動の「搬送波」 リズム(チームの鼓動)をデザインして、チームを前進させよう POINT リズムがチームのハート ビート
  44. 44. 名前付け •  「気づき」をキャッチ •  ナレッジを, – 定着 – 他のチームに伝播 •  例: – 「今⽇のお仕事」 (by 坂⽥さん) – 「ぬかどこ」 (by 倉貫さん) – 「にこにこカレンダー」 名前をつけないと,「気づき」が逃げて行っちゃう! POINT 名前は⼤切(写真協⼒:平塚市博物館)
  45. 45. 問題対私たち (Problem vs. Us) •  ともすると,議論は You vs. Me, You vs. Us になりがち. •  「問題」と「⼈」とを 分離 •  Problem vs. Usにもち こむ。 – ホワイトボードを使う – 座り⽅を替える – ペアプログラミング 不毛なゼロサムゲームから,生産的な議論へ向かうカギ. POINT You vs. Meの構図 You vs. Usの構図 問題 vs. Usの構図 問題 vs. Usの構図
  46. 46. カイゼン •  ⼤きな改⾰でははじまらな い •  ⼩さなカイゼンから •  今の⾃分たちでできること •  来週からできること •  よくなっていくことを体感 しよう •  ふりかえり、が強⼒な武器 •  For the better tomorrow •  明⽇はきっと今⽇よりも、 いい⽇に決まっている 継続的に、今の自分たちでできるカイゼンを。うまくいったら自分たちをホメよう。 POINT
  47. 47. 全体構成 •  ⾒える化 •  リズム •  名前づけ •  問題対私たち •  カイゼン 要求 タスク タスク タスク タスク 計画 イテレーション開発 ふりかえり 朝会、かんばん バーンダウン あんどん ペアボード ふりかえり 色つきUML 半日 半日 一日の繰り返し 1週間 マインドマップ SKMSにこにこカレンダー
  48. 48. 佐賀県庁の事例(1) •  ニコニコカレンダー (協力:佐賀県庁
 東 泰史さん)
  49. 49. 佐賀県庁の事例(2) •  タスクかんばん 危険 ゾーン (協力:佐賀県庁
 東 泰史さん)
  50. 50. •  朝会 副知事 佐賀県庁の事例(3) (協力:佐賀県庁
 東 泰史さん) ぜひこの資料を⾒てください。(有名資料) http://www.slideshare.net/hiranabe/agilejapan2010-saga- prefecture-higashi
  51. 51. ⽇本のアジャイル?
  52. 52. Information-technology Promotion Agency, Japan Software Engineering Center Copyright© 2012 Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved. Software Engineering Center ⾮ウォーターフォール型開発の 普及要因と適⽤領域の拡⼤に関する調査 〜⾮ウォーターフォール型開発の普及要因の調査〜 調査概要報告書 https://www.ipa.go.jp/sec/softwareengineering/reports/20120328.html より抜粋して紹介
  53. 53. http://sec.ipa.go.jp/reports/20120611.html
  54. 54. 国別スクラム⼈⼝ •  Certified Scrum Master (CSM) •  Certified Scrum Product Owner(CSPO) 必ずしも認定では分からないが、傾向とし て掴むと。。。
  55. 55. http://sec.ipa.go.jp/reports/20120611.html
  56. 56. 2012年3⽉調べ
  57. 57. 2016年5⽉(昨⽇)調べ
  58. 58. スクラム認定状況(2013-16) •  PO の数がグンと伸びている。(⽶・英) – ビジネス側に確実に訴求している。 •  ⽇本はようやくデンマークに追いつく。 – (デンマークの⼈⼝は⽇本の 4.3 % だって!) •  ベトナムで盛り上がっているように思った が、まだまだ。 •  「有効」認定者数なので、減る場合もある。
  59. 59. ユーザ企業 システム部⾨ ユーザ企業 システム 部⾨ SIer ⽶国⼤企業の構造 ⽇本の構造 横にスケールするAgile 縦にスケールするAgile Agileのスケール⽅向 中堅ソフトハウス 契約を挟み多段の下請け構造の中で、どうしたらゴールを共有できるだろう?
  60. 60. IT⼈材の 流動性 IT人材白書2014: h*p://www.ipa.go.jp/jinzai/jigyou/about.html Webビジネス企業での 中途採⽤が圧倒的に 増えている ⼈材流動!!! 考察: h*p://qiita.com/kenjihiranabe/items/05ac9D741edc1ee5276
  61. 61. https://www.ipa.go.jp/files/000026847.pdf  p22
  62. 62. http://www.ipa.go.jp/files/000004614.pdf のp16
  63. 63. 私の会社とアジャイル
  64. 64. 全社員へアジャイルの話をしたい •  アジャイルといっても、「プロセス」でなく、 「考え⽅」(マインド)と「プラクティス」を 全社に広げたい •  私が社⻑になり、もっと社員と、⼤切にしてい ることを話をしていきたい。 •  受託開発の「領域」と「やり⽅」の変化 (スキルシフト、マインドシフトの必要性) –  SoRからSoEへ(あとで説明) なぜこの話をするかやるか
  65. 65. http://ObjectClub.jp/community/pf/ 2016/04/01 アジャイルの魂 チームでお客様に価値を届けよう、 いきいきと仕事をしよう 2016/4/1, 5/6 永和システムマネジメント 平鍋健児
  66. 66. 今の仕事で 使えないじゃん!?
  67. 67. 「今の仕事を、今よりうま くすることはできる。」 と⾔った⼈がいた。
  68. 68. 今の仕事を今よりうまくすることはできる、 と⾔った⼈がいた。 •  プロジェクトファシリテーション (2004) •  ポモドーロテクニック(2009) •  Kanban(2010) Francesco Cirillo David Andersen Staffan Noeteberg Joakim Sunden 懸⽥剛 安井⼒ 天野勝
  69. 69. p.72 Project Facilitation by Kenji Hiranabe is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License. アジャイルソフトウェア開発宣言 
 私たちは、ソフトウェア開発の実践
 あるいは実践を手助けをする活動を通じて、
 よりよい開発方法を見つけだそうとしている。
 この活動を通して、私たちは以下の価値に至った。 プロセスやツール よりも 個人と対話を、
 包括的なドキュメント よりも 動くソフトウェアを、
 契約交渉 よりも 顧客との協調を、
 計画に従うこと よりも 変化への対応を、 価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があることを
 認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。 Kent Beck
 Mike Beedle
 Arie van Bennekum
 Alistair Cockburn
 Ward Cunningham
 Martin Fowler
 James Grenning
 Jim Highsmith
 Andrew Hunt
 Ron Jeffries
 Jon Kern
 Brian Marick
 Robert C. Martin
 Steve Mellor
 Ken Schwaber
 Jeff Sutherland
 Dave Thomas
 © 2001, 上記の著者たち この宣⾔は、この注意書きも含めた形で全⽂を含めることを条件に⾃由にコピーしてよい。 重要 超重要!
  70. 70. わが社の社是 •  会社の繁栄と社員全員の幸福が常に⼀致 する経営を⾏う。 •  少数精鋭主義を貫くユニークな集団を⽬ 指し、ソフトウェア開発を通じ、社会に 貢献する。 •  和を重んじ、チームプレーを中⼼に⾼能 率・⾼利益をあげ、信⽤の増⼤を図る。
  71. 71. 伝えたいこと •  アジャイルの考え⽅(マインドセット) – チームで協⼒して、顧客に価値を届ける。 – ⾒える化とふりかえりで、フィードバックを得な がら、⾃ら考えて改善していくチームを作る。 •  アジャイル開発はもとより、ウォーターフォ ルでも、医療の導⼊や適⽤⽀援、保守でも、 管理部でも、営業でも、事業⽀援でも、経営 でも、上の考え⽅は社是に近く、⼤切にして いきたい。
  72. 72. その後、数回にわたって 天野さんに「ふりかえり」の ワークショップを実施中
  73. 73. 会場 ⽇程     おじゃまする永和のメンバー ⻑野 6/11(⼟)  岡島 幸男、平⽥ 守幸 富⼭ 6/25(⼟)  伊藤 邦彦 ⾼松 6/25(⼟)  平鍋 健児 宮崎 7/13(⽔)  天野 勝、齋藤 崇 ⻑崎 7/30(⼟)  伊藤 浩⼀ 調整中調整中    ⽊下 史彦
  74. 74. 海外での気づき
  75. 75. ブラジル、Ci&T社にて •  Agile Brazil 2011参加後、訪問。 •  ⽶国との同じタイムゾーンを利⽤した、 アジャイルアウトソース(オフショア受 託開発) •  顧客毎にチームを組み、100%アジャイ ル開発 •  アジャイルとリーン原則を組み合わせ、 現場もマネジメントも、顧客指向でチー ム開発。
  76. 76. 1 2 3 4 5 6 7 8
  77. 77. 変えて⾏こう •  与えられた仕事、から、気づく仕事へ。 •  ⾃ら気づき、⾏動することを、価値とする ⽂化を創ろう。 •  他⼈と過去は変えられない。 ⾃分が変わって未来をかえよう。 •  ワークスタイルを変えよう、 この業界を変えよう。
  78. 78. 2004 12-09 オブジェクト倶楽部 2005 01-28 OSC 01-31 FITEA 合同合宿 02-04 デブサミ 03-10 富士通PST 04-21 ULSystems 04-27 富士通PST 05-19 富士通FIMAT 06-21 JavaWorldDay 06-29 オブジェクト倶楽部 07-11 富士通大阪 07-29 VANS 08-04 九州「見える化」セミナー 08-05 沖縄ITEP 08-12 ITI 08-30 SONY 09-02 JPMF 09-03 XP祭り 10-11 PMConference 10-15 フェニックス研究会 11-02 KCCS 11-22 富士通SSL 11-24 ISトップフォーラム 12-08 JavaFesta札幌 12-08 PFU 2006 02-01 SORUN 02-09 デブサミ 02-16 NTTData 02-17 稚内北星学園 02-20 富士通社会基盤BG 03-23 富士通FIMAT 04-13 NIS PF 05-08 PFP大阪 05-22 NEC SWQC 06-14 東芝ソリューション 07-04 専修大学 07-07 東芝SEPG 07-10 NEC関西 07-19 東レ 07-20 富士通SSL 07-26 CX 07-27 富士通護国寺 07-29 IPASEC 07-31 NEC中部 08-31 PMシンポジウム 09-08 見える化福岡 09-22 NECソフトウェア東北 09-30 XP祭り関西 10-16 NECソフトウェア九州 10-19 日本UNIXユーザ 11-09 富士通(TPSとAgile) 11-22 NECソフト 11-24 NSソリューション 12-01 富士通長野 12-05 QuaSTom 2007 01-17 NTTData 02-01 Ricoh 03-02 富士通VLSI 03-20 福岡 05-11 要求開発アライアンス 05-15 関電 06-14 NEC新潟 07-12 企業研究会 08-07 アジャイルプロセス協議会 08-08 統計センター 08-30 SWEST9 10-16 日経コンピュータ 11-19 ITI 12-17 内閣官房 2008 02-21 にいがた産業創造機構 04-02 IBM 05-30 富士通FIP 06-13 中電CTI 06-26 ITフロンティア 07-10 日科技連 07-24 JavaKueche沖縄 08-01 パイオニア 08-19 インテック 08-28 東京エレクトロン 09-09 富士通FIP 09-10 SDNA 09-11 東京エレクトロン札幌 10-08 富士通SSL 10-11 九州PFP 11-05 トヨタ 11-14 ITA 11-26 JASPIC神戸 11-26 三菱(尼崎)
  79. 79. 12-04 リコーソフト 12-09 日立(戸塚) 2009 01-09 沖縄日立ネットワークシステムズ 01-20ミツエーリンクス 02-10 NECソフト 02-27 IT教育サミット(豆蔵) 03-23 原電情報 04-09 QConTokyo 04-27 NTT研究所 05-23 PMフォーラム京都 06-14 PMIサマーフェスタ 07-15 PMカンファレンス 07-22 匠塾 07-23 ITA 10-07 ITI 10-15 日本総研 11-23 PFP関西 12-15 日立 2010 06-30 富士ゼロックス 07-02 コニカミノルタ 12-20 CEST技術セミナー 2011 08-26 PP&Mフォーラム 09-09 PMシンポジウム 09-09 あかねサロン 12-13 沖電気 12-15 日立製作所 2012 01-25 NTTデータ 02-18 PFParty12 04-13 日立ICS 05-23 ドコモ・システムズ 08-22 SDNA 2013 02-13 デンソー 03-30 金沢.rb 05-10 Paperboy & Co. 07-27 トレンドマイクロ 11-07 エクサ 2014 10-28 セイコーEPSON 2015 04-22 富士通FST 05-18 中電CTI 07-28 日立 2016 03-25 要求開発アライアンス 04-01 永和、入社式福井 04-01 永和、入社式東京 05-31 アジャイルジャパン 今日ココ
 (134回目)
  80. 80. ご清聴ありがとう ございました。 チームでお客様に価値を届けて⾏こう。

×