Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

学校は一つでなくていい

174 views

Published on

学校というものは、子どもにとってどういう場であることが望ましいのか?(言語学・教育学の視点から)
早稲田大学名誉教授・細川英夫氏による、学校の意味や役割の解説。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

学校は一つでなくていい

  1. 1. 学校は⼀つでなくていい ―学校というものは、⼦どもにとって どういう場であることが望ましいのか? (⾔語学・教育学の視点から)― 北杜2050 2019年3⽉12⽇(⽕) ほそかわ ひでお
  2. 2. 学校というものへの基本的な考え⽅ •⼦どもは家族の中に⽣まれ,学校を含む地域社会 の中で育つ。 •「学校」は,地域コミュニティ(家族を含む)の ⼀つ。 •「学校」は,⼦どもがどのような⼈間としてある べきかを考える場。 •既成の知識を与える/与えられることを⽬的化す べきではない。
  3. 3. 地域コミュニティの⼀つとしての「学 校」のあり⽅ •他者を管理せず,他者から管理されない⾃ 由を尊重すること。例:校則等 •すべての解決に⾃⼰と他者の対話を尊重す ること。例:⺠主的・対話的活動 •⾃⼰と他者の存するコミュニティのあり⽅ について責任を持つこと。例:社会とは何か
  4. 4. 基本理念に基づく学びの活動への考え⽅ •学びの個別性(学びは⼀⼈ひとり異なる):⼦ど も⼀⼈ひとりの興味(⾃分のしたいこと、やりた いこと)を起点として,それぞれの知的関⼼・芸 術的感性・⾝体的感覚を活性化。 •学びの協働性(共に活動する学び):⼀つの正解 を求めるのではなく,参加者全員が共に考える。 •インクルーシブ(統合的)な環境:国籍,年齢, 性別など,さまざまな差別・区別を可能な限り乗 り越える全⼈的(ホリスティック)な学び。
  5. 5. 学びの構造と展開 想像・創造 どのような社会をつくるのか 思考・対話 考えるための発信基地 プロジェクト(⾃分あるいは⾃分たちで問いを⽴て、それをテーマとし て活動するための⺟体)― Project Based Learning: PBL 情報・知識 必要なものは⾃分で探す
  6. 6. 「学校は⼀つでなくていい」という⽅向性 •「学校」は、⼦ども⼀⼈ひとりの⽣きる⽬的(⾃ 分のしたいこと)の発⾒の場になっているか? •⽣きる⽬的にあった場所を⾃分で選べるような、 さまざまな選択肢は、制度的に保障されている か? •多様性の中で個⼈が⾃分の⽣き⽅を選ぶ責任の重 さを⼦どもに考えさせているか? •現⾏の学校の制度と体質を、地域コミュニティと して総合的に⾒直していく対話の必要性。

×