Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Aws update jawstokyo-public

1,319 views

Published on

AWSサービスアップデート2014年年初から4月10日まで

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Aws update jawstokyo-public

  1. 1. AWSサービスアップデート 2014年ここまでの抜粋版 と AWSサミットSFO 2014年4月11日 荒木靖宏 ( @ar1 ) プリンシパルソリューションアーキテクト
  2. 2. ⾃自⼰己紹介 •  名前 –  荒⽊木  靖宏(twitter:  ar1) •  肩書 –  JAWS-‐‑‒UG→AWSへ –  プリンシパルソリューション アーキテクト •  好きなAWSサービス –  Amazon  Virtual  Private   Cloud –  AWS  Direct  Connect
  3. 3. 新世代のメモリ最適化インスタンスタイプ(R3)が利用可能に •  利用可能リージョン –  米国東部(バージニア北部)、米国西部(北カリフォルニア)、米国西部(オレゴン州)、 EU(アイルランド)、アジアパシフィック(東京)、アジアパシフィック(シドニー)、アジアパ シフィック(シンガポール) •  スペック –  Intel Xeon E5-2670 v2 "Ivy Bridge" プロセッサ –  Hardware Virtualization (HVM) のみ –  SSD-backed インスタンスストレージ (TRIMサポート) –  低レイテンシー、低ジッタ、高い秒間あたりのパケット性能を持つ拡張されたネットワーク 2014/04/10 http://bit.ly/1kvdG2V
  4. 4. 新世代のメモリ最適化インスタンスタイプ(R3)が利用可能に •  価格(東京リージョン) –  GiBあたり$0.0138 (largeのみ$0.0140) –  m2(GiBあたり$0.0168)の約8割の料金で利用可能 2014/04/10 http://bit.ly/1kvdG2V
  5. 5. S3が66%安くなりました! 1月に6%下げ 4月に65%下げ
  6. 6. 2014年のサービスアップデートまとめ •  1月:15個 •  2月:13個 •  3月:20個 •  4月:6個
  7. 7. Amazon AppStreamを全てのデベロッパーが利用可能に •  サービス開始に合わせて下記の重要な機能を追加 –  自動化されたバージョン検出 - AppStreamはクライアント作成に使用したSDK のバージョンを検出し、互換性のあるバックエンドのサービスを自動で起動する ように。これにより、クライアントのアップグレードを必要としないで、AppStream とSDKを進化させることが可能に。 –  Macクライアントのサポート - Mac上で実行するクライアントの開発が可能とな る、OSX SDK を用意。 –  クライアントSDKの改良 - クライアントSDKを改良し、ゲームコントローラーをサ ポート。 また、キーボードやタッチイベント用の拡張された入力マッピングモデル も提供。 –  スタートガイドの単純化 - ドキュメントとパッケージングモデルを改善し、最初の アプリケーションをすぐに実行できるように 2014/03/12 http://bit.ly/1ieALmj
  8. 8. Amazon WorkSpaces が誰でもご利用可能に! •  米国東部(北バージニア)と米国西部(オレゴン)リージョンで提供開始 •  クライアントがWorkSpaceに接続するのに必要なもの –  インターネット接続 (TCPポート433とUDPポート4172) •  既存のActive Directoryドメインを使ったユーザー管理が可能 •  公開に合わせてAmazon Workspaces Syncも同時に公開 –  継続的に、自動的に、かつ安全に、WorkSpaceで作成したり編集したドキュメ ントをAmazon S3にバックアップ –  ローカルコンピュータのデータをWorkSpaceと同期することも可能 2014/03/26 http://bit.ly/1ePndxi
  9. 9. RedShiftにSSD登場 " Amazon Redshiftに新しい高密度コンピュートノードを追加 •  http://bit.ly/19Txf06 " Dense  Compute  Large  (dw2.large)  DW  Node: •  CPU:  2  virtual  cores •  ECU:  7 •  Memory:  15  GiB •  Storage:  0.16  TB  SSD •  Disk  I/O:  0.2  GB/s •  Price:  $0.33  /  hour  /  node  (Tokyo/オンデマンド) " Dense  Compute  Eight  Extra  Large  (dw2.8xlarge)  DW  Node: •  CPU:  32  virtual  cores •  ECU:  104 •  Memory:  244  GiB •  Storage:  2.56  TB  SSD •  Disk  I/O:  3.7  GB/s •  Price:  $6.400  /  hour  /  node  (Tokyo/オンデマンド)
  10. 10. リザーブドインスタンスの使用状況が確認可能に " Amazon EC2 インスタンスの利用状況とリザーブドインスタンスの 使用状況レポートが利用可能に •  http://bit.ly/1dRiXIt •  レポートを有効にするにはAWSアカウントの”Detailed Billing Reports With Resources and Tags”を有効にするだけでOK •  Billing ConsoleのReportsタブから閲覧可能
  11. 11. Cost Explorer が利用可能に •  AWSの料金をレポート、分析、視覚化できる新しいツール •  時間の範囲をカスタマイズでき、月次と日次のデータを切り替え可能 •  Linked Account、サービス、タグを組み合わせた、データのフィルタリングおよびドリルダウンするこ とも可能 •  データをサービス毎、Linked Account毎にグルーピングすることも可能 •  データをCSVファイルとしてダウンロード可能 •  IAMポリシーを使ったアクセス制御も可能 2014/04/08 http://bit.ly/1oKtb9a
  12. 12. Elastic Load Balancerのアクセスログを保存可能に •  以下を設定可能 –  Amazon S3のバケット名 –  ログファイルに使用されるプレフィックス –  ログをS3に送信する間隔(5分か60分を指定可能) •  ログは設定したIntervalを過ぎるか、ログの量が一定量を超えた場合にS3に送信される。 •  ログは1リクエスト1行の形式で12のフィールドを含む •  Request Processing Time、Backend Processing Time、Response Processing Timeの フィールドを使って、どこで時間がかかっているのか確認可能 2014/03/06 http://bit.ly/1qmcDCB
  13. 13. ELBにConnection Draining機能が追加 •  インスタンスをサービスから注意深く取り除くことが出来るように •  ロードバランサからインスタンスを外す際、設定したタイムアウトの間 は、処理中のリクエストがある場合、待ってくれるように 2014/03/20 http://bit.ly/1gE1QLw
  14. 14. Amazon CloudSearch 大幅アップデート •  新機能 –  フィールドタイプ - オリジナルのフィールドタイプに加えて、単一または複数(配列)のdate、 double、integer、text、literalをインデックス化および検索することが出来るように。位置情 報(latlon)もインデックス化および検索可能。 –  他言語対応 - CloudSearchは日本語を含む33の異なる言語を語幹解釈とテキスト分析も 含めて、処理できるように。 –  強化された検索 - CloudSearchに次の新しい検索機能を追加 •  近接検索 (Proximity Search) •  項目ブースト (Term Boosting) •  全てのフィールドタイプでの範囲検索(Range Searching) •  全一致のクエリ (Match-All Queries) •  複数の設定可能なクエリパーサー (シンプルで構造かされたLuceneおよびDisMax) •  部分検索結果 (Partial Search Results) 2014/03/24 http://bit.ly/1puPIBS
  15. 15. Amazon VPCでVPCピアリング(VPC間接続)が可能に •  同じAWSリージョン内のVPCの間にVPCピアリング接続を作成可能 •  同リージョンであれば別のアカウントともピアリング接続可能 •  VPCは最大50までの1対1のピアリング接続を同じリージョン内の他のVPC と持つことが可能 •  将来的にはリージョンをまたいだピアリング接続も計画中 2014/03/26 http://bit.ly/1e7nkAM
  16. 16. どうですか?ひとにすすめたくなりませんか?
  17. 17. 無料でAWSを30分で試せるようになりました " 新しいビデオとLabでAWSについて無料で勉強! •  http://bit.ly/1fWUARd •  新しいAWSの導入ビデオ "Introduction to AWS” を公開 •  Introduction to Amazon Simple Storage Service (S3) •  Introduction to Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) •  Introduction to AWS Identity and Access Management (IAM) •  Introduction to Amazon Relational Database Service (RDS) •  Introduction to Amazon Elastic Block Store (EBS) •  Introduction to Elastic Load Balancing •  ビデオに対応したlabを用意。 •  30分程度で完了するボリューム •  現在は英語版のみ。日本語対応中

×