Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Aurora新時代の幕開けとDynamoDBの進化

1,693 views

Published on

AKIBA.aws 第3回 特別編 re:Invent報告&2017年AWSサービスアップデート総括において、re:Invent2017におけるAuroraとDynamoDBのアップデート内容について振り返ります。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Aurora新時代の幕開けとDynamoDBの進化

  1. 1. Aurora新時代の幕開けと DynamoDBの進化 AWS事業部 2017/12/6 濱田孝治 1
  2. 2. 2about me 濱田 孝治 • 2017年9月入社(New!!) • SIerからクラスチェンジ • @hamako9999 • この会社、頭おかしいと常 日頃思ってる
  3. 3. 3 クラスメソッド 濱田
  4. 4. 4
  5. 5. 5喋ること「re:Invent 2017のDB関連のUpdate」 Aurora新時代の幕開け Amazon Aurora Multi-Master(preview) Amazon Aurora Serverless(preview) DynamoDBの進化 Amazon DynamoDB Global Tables(in-use) Amazon DynamoDB on-Demand Backup(in-use)
  6. 6. 6 Amazon Aurora Multi-Master
  7. 7. 7Amazon Aurora Multi-Masterの特徴 これまで • マスターデータベースは1つ(ライト対象) • 複数のリード専用レプリカデータベースを生成 • リード性能のみスケーラブル
  8. 8. 8Amazon Aurora Multi-Masterの特徴 これまで • マスターデータベースは1つ(ライト対象) • 複数のリード専用レプリカデータベースを生成 • リード性能のみスケーラブル Multi-Master • マスターデータベースを複数構築可能 • リード性能とともに、ライト性能もスケーラブル
  9. 9. 9Amazon Aurora Multi-Masterの特徴
  10. 10. 10Amazon Aurora Multi-Masterの特徴 Multi-Masterによって実現できること • どのノードが落ちても、ダウンタイムが0 • どのAZが落ちても、ダウンタイムが0 • ライト性能の向上 • 2018年にはマルチリージョンにも対応予定
  11. 11. 11Amazon Aurora Multi-Masterの特徴 Oracle RACとの違い • Oracle RACは1つのデータセンターの1つの部屋に限定 される • Multi-Masterは複数のデータセンターにおけるスケール アウトに対応
  12. 12. いきなり本番環境での 導入はリスクが高いかも?
  13. 13. クラスメソッドに おまかせください!! 検証したくてウズウズしている 連中が複数います
  14. 14. 14参考資料 【速報】Amazon Auroraのマルチマスタ機能が発表 されました! #reinvent | Developers.IO https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/reinve nt-2017-aurora-multi-master/ 【レポート】DAT301: Deep-dive to Amazon Aurora #reinvent #dat301 | Developers.IO https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/reinve nt2017-dat301-aurora-deep-dive/
  15. 15. 15 Amazon Aurora Serverless
  16. 16. 16Amazon Aurora Serverlessの特徴 予測不能/周期的アプリケーションワークロードに対応 した、オンデマンド、オートスケールデータベースサー ビス • インスタンスのプロビジョニング不要 • ディスク容量増減の自動化 • オンデマンドによる起動と不要時の自動停止 • 秒単位課金 • 容量課金
  17. 17. 17Amazon Aurora Serverlessの特徴 <事前準備> ・エンドポイント作成 ・最小、最大のキャパシティサイ ズの設定 ・クエリのエンドポイント設定 スケール変更時のダウンタイム0 スケーリングはホットスタンバイ されたリソースからは1秒で発動 既存Auroraからほぼ手間なく移行 が可能
  18. 18. 18参考資料 【速報】新しいDBサービスAurora Serverlessが発表 されました! #reinvent | Developers.IO https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/aws- reinvent-aurora-serverless/ In The Works – Amazon Aurora Serverless | AWS News Blog https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/in- the-works-amazon-aurora-serverless/
  19. 19. 19 Amazon DynamoDB Global Tables
  20. 20. 20Amazon DynamoDB Global Tablesの特徴 グローバル(リージョン間で同期される)テーブル • リージョンレベルでのマルチマスターテーブルを作成可 能 • 数クリックで構築 • 従来のDynamoDBの堅牢性や耐久性に加えて、世界複数 リージョンにエンドポイントを持つことが可能 • 課金は、従来の読み込み・書き込み用キャパシティユ ニットに加えて、クロスリージョンレプリケーションの ためのデータ転送料金が必要
  21. 21. 21Amazon DynamoDB Global Tables注意点 競合に関する利用上の注意点 • リージョン内 • 結果整合性読み込み:○ • 強い整合性読み込み:○ • グローバルテーブル • 結果整合性読み込み:○ • 強い整合性読み込み:☓
  22. 22. 22参考資料 【速報】DynamoDB Global Tablesが発表されました! #reinvent | Developers.IO https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/aws-reinvent- dynamodb-table/ 新機能- Amazon DynamoDBにGlobal TablesとOn-Demand Backupが追加されました | Amazon Web Services ブログ https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/new-for-amazon- dynamodb-global-tables-and-on-demand-backup/ DynamoDB Global Tableを試す #reinvent | Developers.IO https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/aws-reinvent-2017- dynamodb-global-table/
  23. 23. 23 Amazon DynamoDB On-Demand Backup
  24. 24. 24Amazon DynamoDB On-Demand Backupの特徴 パフォーマンス影響なしに数百TBのバックアップ取得 が可能 • 任意のタイミングで利用できる長期間のデータ保存 • アプリケーションエラー対応のための、ポイントインタ イムリストア 従来は、AWS Data Pipelineを利用してS3にバック アップを取得していたのが一気に簡単に!
  25. 25. 25参考資料 【速報】DynamoDBにバックアップ/リストア機能が 追加されました! #reinvent | Developers.IO https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/aws- reinvent-dynamodb-backup-restore/
  26. 26. 26喋ったこと Aurora新時代の幕開け Amazon Aurora Multi-Master(preview) Amazon Aurora Serverless(preview) DynamoDBの進化 Amazon DynamoDB Global Tables(in-use) Amazon DynamoDB on-Demand Backup(in-use)
  27. 27. ご清聴 ありがとうございました。

×