Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

VUXデザイナー

1,024 views

Published on

2018.1.24 Serverless "Extreme" Meetup #1 でのLT資料

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

VUXデザイナー

  1. 1. VUXデザイナー @yoshidashingo 2018.1.24 Serverless “Extreme” Meetup #1 Lightning Talk
  2. 2. 吉田真吾 n バックグラウンド 証券システム基盤開発 p 基盤システム開発、Oracleチューニングなど エバンジェリスト p 講演113回(2013年実績) p AWS設計・構築・移行(2014-2015) n 現在のしごと (株) セクションナイン 代表取締役社長 p APN コンサルティングパートナー p DevOps Dockerize Serverless 支援など (株) 実績等 p AWSウルトラクイズ 初代チャンピオン (2012年) p AWS Samurai 2014 / 2016
  3. 3. Alexa アプリ • カスタムスキル • ホームスキル
  4. 4. ・Amazon開発者ポータルアカウント ・AWS Lambda(AWSアカウント) ・alexaアプリ(+Amazon.co.jpアカウント)
  5. 5. How to DESIGN?
  6. 6. 音声デザインガイド 1. 目的とユーザー ストーリーの設定 2. 台本の作成 3. 対話フローの作成 4. スキル構築のための 準備 https://developer.amazon.com/ja/designing-for-voice/design-process/ ひとつのスキルで色々なこと をやろうとするとインテント の区別や発話→インテントの マッピング精度がいまいちに なりがち
  7. 7. 音声デザインガイド 1. 目的とユーザー ストーリーの設定 2. 台本の作成 3. 対話フローの作成 4. スキル構築のための 準備 https://developer.amazon.com/ja/designing-for-voice/design-process/ 実際に声に出し話してみる • 質問は適切か • 答えは冗長ではないか • 次の行動をどう促すか • 機能性として十分か
  8. 8. 音声デザインガイド 1. 目的とユーザー ストーリーの設定 2. 台本の作成 3. 対話フローの作成 4. スキル構築のための 準備
  9. 9. 音声デザインガイド:4. スキル構築のための準備 https://developer.amazon.com/ja/designing-for-voice/design-process/ スキルの「呼び出し名」 インテント (=Lambdaハンドラー) スロット (=Lambda: switch case / value)
  10. 10. われわれがつくりたいのは IVR(自動音声応答システム) ではない ・声による入力 ・ユーザーはコマンドラインのようには 話しかけてくれない
  11. 11. 言葉ではなく意味・文脈を 理解するアシスタント ・動詞が揺れる(聞かせて/教えて/調べて…) ・目的語が抜ける ・指示語(それ)のあつかい、などなど
  12. 12. インテントの作成 (Skill Builder) それぞれのインテントが Lambdaの別々のハンドラーに マッピングされる サンプル発話で動詞の 「ゆれ」を吸収する
  13. 13. カスタムスロットの作成 (Skill Builder) 変数化
  14. 14. カスタムスロットの作成 (Skill Builder) スロットの値に別名を たくさんつけることで 目的語の「ゆれ」を吸 収する
  15. 15. 視点 • 会話の文脈によりそのときに最適で複雑なス テートが存在する(≠チャットボット) • サンプル発話やスロットのシノニムで「ゆれ」 を吸収する部分はプラットフォーム側に移って いくと想定される(すべてユーザーが設定→辞 書から提案→自動でマッピング) • Webアプリ、業務システム丸ごと再現できる規 模のスキルが実現されるようになる(→より本 格的な設計プロセスの必要性)
  16. 16. 余談)バックアップ大事 Code Editorのモデル (JSON)をコピーしておく
  17. 17. まとめ • バックエンドを実装する以前に、対話モデルや会話 体験を設計して作り込む必要がある • 自然に話しかけてどの程度理解してもらえるか? • 期待する動作をしてくれるか? • 冗長なやりとりにならないか? • 言葉のゆらぎを吸収してくれるか? • ここで促すべき次の行動はなにか? → Voice User Interface eXperience Designer (VUXデザイナー)

×