Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20200208 why offshore development is failed

285 views

Published on

オフショア開発はなぜ炎上するのか

Published in: Internet
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20200208 why offshore development is failed

  1. 1. オフショア開発 はなぜ炎上するのか モロー@毛呂淳一朗 ベトナムでの事例を紹介&そのための対策とは
  2. 2. 自己紹介 2 2020/2/9 毛呂(もろ) 淳一朗 株式会社アスペア 採用戦略室 エヴァンジェリスト ・Twitter:IT菩薩(モロ-)@Morow99956707 ・2019年5月よりエンジニア採用を担当 ・2020年3月より起業します ・人事系Youtuberとして活動中 ※エンジニアのキャリア・転職に特化:モローチャンネル 【経歴】 ・1983年生まれ、慶應義塾大学法学部法律学科卒 ・28歳までフリーター(新卒の就活はしていません) ・前職はベトナムにて、転職エージェントの企業の立ち上げ経験あり ・香港およびタイでも勤務
  3. 3. そもそもオフショアって何? 日本 クライアント企業 ①経験者エンジニアの採用難 ②採用コストの高騰 ベトナム オフショア開発企業 ①経験者を低コストで採用 ②若い人が多い ※全人口の7割が0~29歳 目的:開発コストの削減(が目的だった) ※あくまで過去形
  4. 4. 炎上する事例が多発 ⇒正確にいうとほぼ100%のプロジェクトが炎上
  5. 5. オフショアが炎上する理由はほぼ2つ
  6. 6. 炎上する原因はほぼこの2つ ↓ ①発注側のクライアントがふわっとした要望を言いすぎ ②外国籍エンジニアに多くを求めすぎ
  7. 7. ①発注側のクライアントがふわっとした要望を言いすぎ クライアントがオフショア開発拠点に顔も出さず、 丸投げすると、間違いなく炎上します ※ 日本でも同じですが… 日本以上にがっちり仕様を固めないと後でつらい…
  8. 8. ■でもアジャイルの場合はどうするの? ① 少しでもわからないことがあったら「即確認」 ② 誰がどう聞いても「こういう意味だよね」と理解できるまで確認 ⇒ クライアントが嫌がろうとやる笑 ③ 1日・1週間スパンで、3者の方針を確認 (1)日本にいるクライアント(CTOもしくはPM?) (2)オフショア企業の日本側ブリッジSE (3)ベトナム側のブリッジSE ※クライアントが1ヶ月丸投げするとかは論外
  9. 9. ■日本側&ベトナムの2箇所にキーパーソンを置く必要あり ①日本側(クライアント&社内のブリッジSE)の指示があいまい ↓内容が正しく伝わらない ② ベトナム側のブリッジSEの日本語スキルが低い & 日本の商習慣の理解が足りない
  10. 10. ■アプローチ① 社内コミュニケーションを英語にする そもそも外国籍の方に完璧な日本語を求めるのは無理! ・日本語の習得難易度が高い (世界トップクラス: アラビア語・ロシア語と並んで同列1位) & 日本の商習慣が特殊すぎる ⇒ ミスコミュニケーションによる事故は減る&コスト削減
  11. 11. ■アプローチ② 日本にいるクライアントが日本語人材にこだわる場合… (基本的にハードモード) ▼日本側 クライアント企業に常駐する、ブリッジSEを1人は置く (クライアントがあいまいなことを言っていたら即確認!) ▼ベトナム側 日本語スキル高い&日本でエンジニア就労経験がある ベトナム人のブリッジSEを入れる
  12. 12. ■アプローチ②がハードモードになる理由 採用がものすごく難しい!! ▼日本側 クライアント企業に常駐する、ブリッジSE ⇒ 日本でエンジニアとして就労経験がないと機能しづらい ①希望年収は低くない ⇒最低でも年収420万円~500万円くらいが目安 ②短期間で転職(ベトナムだと20代で5社めとかが普通) ⇒できる人に業務が属人化していると危険…
  13. 13. ■アプローチ②がハードモードになる理由 採用がものすごく難しい!! ▼ベトナム側(オフショア拠点に常駐するブリッジSE) 日本人 ⇒ 行きたがる人が少ない + 外国籍人材への理解力△ ベトナム人 ⇒PMもしくはブリッジSEの経験2年+日本語ビジネスレベル だと月給3000USD(Gross)~ ※ 該当する候補者は少ない
  14. 14. ■番外編 オフショアで成功している企業はここまでやってます (例)サンアスタリスク社 ① ハノイ工科大学(ベトナムの東大)と提携 ⇒日本人を大学のカリキュラムのプログラミングの授業に派遣 ② 日本側のクライアント企業のCTOorマネージャーがキックオフ後 の6ヶ月~1年は毎月ベトナムを訪問 ※プロジェクトによる ③ベトナム側の開発チームの主要メンバーを日本に招待 ⇒実際にサービス・プロダクトが使われる現場を見学
  15. 15. ■番外編 ③ベトナム側の開発チームの主要メンバーを日本に招待 ⇒実際にサービス・プロダクトが使われる現場を見学 (例)Japan Taxi社のスマホアプリ ⇒開発メンバーも業務知識の理解があると◎ 日本 ※ タクシーに求められるものが異なる ・「移動そのものをすばらしい体験に」 ・こども1人でも乗れる、親切で安全な旅客サービス ベトナム ・移動できれば何でもよい笑 ・「安全にお客さんを運ぶ」という概念はほぼない
  16. 16. 「コストを下げる」ではなく、 「優秀な人材を日本以外で確保する チャンネルを作る」 という発想でないとオフショアはきつい!!
  17. 17. クライアント企業とオフショア開発企業 の共同プロジェクト という理解が必須!

×