Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Hinemosソリューションセミナ2020開催まで

97 views

Published on

オンラインイベント開催してみた
~Hinemosソリューションセミナ2020開催まで~

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Hinemosソリューションセミナ2020開催まで

  1. 1. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation オンラインイベント開催してみた ~Hinemosソリューションセミナ2020開催まで~ 2020/10/23 NTTデータ先端技術株式会社 石田 純一
  2. 2. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 2 名前:石田 純一 (Junichi Ishida) 所属:NTTデータ先端技術株式会社 Hinemos担当 担当業務: 統合運用管理ソフトウェア 「Hinemos」のプロモーション 自己紹介 Hinemos公認キャラクター「もにた」 Twitter:Hinemos(@Hinemos_INFO)
  3. 3. 3© 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 1. Hinemosとは 2. Hinemosソリューションセミナ2020 3. オンライン化検討/準備 4. 開催結果・振り返り 5. まとめ
  4. 4. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 4 Hinemosとは
  5. 5. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 5 Hinemosとは エンタープライズシステム運用管理に必要な幅広い機能を備えた 統合運用管理ソフトウェアです 監視・性能 収集・蓄積 自動化
  6. 6. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 6 統合運用管理ソフトウェア「Hinemos」 ハイブリッドクラウド環境のインフラからアプリまで、全レイヤのデータを収集して見える化 インフラ制御によるリソース最適化と運用業務の自動化により、トータルコストを大幅に削減 Hinemosの主な特長 1. 全機能ワンパッケージ 2. オペレータ向けのシンプルな操作性 3. MADE IN JAPAN 4. サブスクリプション 5. クラウド・仮想化運用を最適化 800,000+ Downloads Used in 800+ systems 豊富な導入実績
  7. 7. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 7 Hinemosサブスクリプション 充実のサービス、非常にシンプルなメニュー、圧倒的なコストパフォーマンス 運用課題を解決する トータルソリューション ツール・育成・ノウハウを継続的に提供 安心の長期サポート 10年間の製品保守サポートを提供 シンプルな料金体系 マネージャインストール単位のサブスクリプション システム環境と要件に応じて選ぶだけ オールインワン, 監視収集, クラウド, ミッションクリティカル ¥800,000/年~ ソフトウェア アップデート トレーニング 製品サポート 設計ベストプラクティス 支援サービス
  8. 8. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 8 OSC2020 Online/Fall 1日目(10/23) B会場 Hinemosで実現するシステム運用自動化 ~監視・ジョブ機能を併せ持つ統合運用管理ソフトウェア 「Hinemos」のご紹介~ 株式会社アトミテック 守谷航さん・手塚ほなみさん Hinemosの詳細について 本セッションの次もに!!!
  9. 9. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 9 本セッションでは、 開催36日前に急遽オンライン化を決定したイベント 「Hinemosソリューションセミナ 2020」を、 どのように開催したかを、開催してみて初めて 分かったことも交えながら、ご紹介します。 はじめに
  10. 10. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 10 Hinemosソリューションセミナ 2020
  11. 11. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 11 Hinemosソリューションセミナ2020 東京 名古屋 福岡 大阪 札幌 イベント名 Hinemos ソリューションセミナ 2020 in Tokyo Hinemos ソリューションセミナ 2020 in Nagoya Hinemos ソリューションセミナ 2020 in Fukuoka Hinemos ソリューションセミナ 2020 in Osaka Hinemos ソリューションセミナ 2020 in Sapporo 開催日 2020年4月24日(金) 2020年6月5日(金) 2020年6月12日(金) 2020年6月19日(金) 2020年6月26日(金) 会場 秋葉原 コンベンション ホール TKP名古屋駅前カンファ レンスセンター TKPガーデンシティ博多 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル TKP札幌カンファレン スセンター 形態 セミナ 展示 体験コーナー セミナ ミニ展示 セミナ ミニ展示 セミナ ミニ展示 セミナ ミニ展示 主催 NTTデータ先端技術 株式会社 NTTデータ先端技術 株式会社 NTTデータ先端技術 株式会社 NTTデータ先端技術 株式会社 NTTデータ先端技術 株式会社 NTTデータ先端技術 Hinemos担当が主催する大規模イベントの1つ 全国主要都市で開催し、例年、全国から300名強の参加がある 2019.11より開催準備を開始
  12. 12. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 12 開催までの状況(時系列) 2019.12 2020.01 2020.02 2020.03 2020.04 2020.05 2020.06 緊急事態宣言 東京オリンピック 延期決定 OSC2020 Online/Spring OSC2020 Online/Nagoya日本国内での 感染者が増え始める 集合型大規模イベント 開催自粛要請 オンライン 開催 2020.6.5 開催場所 開催日程決定 2019.12 集客サイト 公開 オンライン化 決定 東京会場 開催予定日 (当初) 東京会場 開催予定日 (変更後) 東京会場 開催予定日 変更決定 オンライン化 検討調査 COVID-19感染拡大に伴い、会場集合型のイベント開催が困難に 開催中止 or オンライン化を検討し、オンライン化を決定 製品紹介 ウェビナ 開催 開催準備
  13. 13. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 13 Hinemosソリューションセミナ2020 オンライン/オンデマンド Live配信 オンデマンド配信 イベント名 Hinemosソリューションセミナ 2020 オンライン Hinemosソリューションセミナ 2020 オンデマンド 開催日 2020年6月5日(金) 2020年6月22日(月)~2020年8月31日(月) 開催時間 13:00~16:00 (受付開始:12:45) 開催期間中常時配信 主催 NTTデータ先端技術(株) NTTデータ先端技術(株) 参加申込受付期間 2020/4/28(火)~2020/6/3(水) 2020年6月22日(月)~2020年8月31日(月) 利用サービス Zoomウェビナー Zoomウェビナー 4/28にオンライン化を判断し、 「オンラインイベント」としての開催を再企画
  14. 14. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 14 オンライン化 検討調査
  15. 15. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 15 オンライン化検討の開始 ■オンライン化検討開始時の状況(2020.2中旬ごろ) オンラインイベントの開催経験がない 世の中バタついている(テレワーク!) オンラインミーティングは多少やったことがある程度 ■まずはじめたこと オンラインイベントに参加してみる 詳しそうな人や、経験者を探して、話を聞く 試してみる 大規模な設備や、運営体制、 専門家への委託が必要では?
  16. 16. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 16 参加する、話を聞く ウェビナー(Webセミナー)入門 (マジセミ株式会社様) https://majisemi.com/e/c /osslabo-20200402 オンラインイベントの勘所 (びぎねっと 宮原さん) https://www.slideshare.net/ToruMiyahara/ss-232878195 Zoomで開くオンラインイベント入門 (びぎねっと 宮原さん) https://www.slideshare.net/ToruMiyahara/zoom-233339035 オンラインイベントの開催方法を紹介する「オンラインイベント」 検討すべき観点や、 実際のイベント運営手順など、 非常に参考になったもに!
  17. 17. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 17 試してみる トライアル版などを 試してみる オンライン飲み会も 貴重な経験 社内向け/短時間セミナを 試しに開催してみる
  18. 18. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 18 検討結果 オンラインイベントの体裁にこだわりすぎなければ、 必要な情報発信はできそう、と判断し、オンライン化を決定 オンライン化!
  19. 19. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 19 オンライン化 開催準備
  20. 20. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 20 オンライン開催に向けた準備「方針」 伝える「内容」最優先、体裁にはこだわりすぎない オフラインでのイベント開催経験や仕組みで、 オンラインイベントでも活用できるものはそのまま使う 何が起こっても対応できるようにするつもりで準備する (シングルポイントを潰し冗長化する、リスクを分散する) スピード感!
  21. 21. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 21 製品(サービス)の選定 ■製品選定 WebEX, Zoom, Google Meat, MS Teams (Meeting or Webinar) Zoom Webinarを選定 広く市場に受け入れられているという実感があった ■Zoom Webinarを選定した理由 普及度に起因する、情報の多さ、サービスの安定度 一方向の情報発信ができる、他の参加者を見せない 参加者間で相互に会話をさせない設定が可能 Zoom Webinar 現実的なコスト感/他製品に比べ安価に利用できる
  22. 22. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 22 講演(配信)方法の検討 ■講演(配信)方法の検討 運営側/講演側ともに、録画撮影(編集)は未経験 録画データを配信するイベントに対する反応が正直わからない 配信時の顔出しは行わない(通信負荷削減、講演者の負荷削減) 従来通りLiveで講演し、リアルタイムに配信する 今まで通りやれるところは、変更せずにやってみる 講演者は必ず講演端末を2台確保 (予備機を確保する)
  23. 23. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 23 当日のスケジュール/進行方法の検討 ■タイムテーブルの検討 オンライン開催ならではのスケジュール? 基本的には、オフライン開催と同じようにスケジューリング コーヒーブレイク(休憩)は短め(5分)に設定 従来と同様に、専任の司会を配置し進行する。 参加者の状況確認には挙手ボタンを活用する ■進行方法の検討 オンライン開催ならではの進行? 参加者の状況確認はどうする? オンラインイベントであることをふまえて、イベントそのものの 説明(QA方法など)は、司会進行+説明スライドで入念に行う
  24. 24. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 24 各種アナウンス ■運営用のアナウンススライド準備 運営進行をスムーズにすすめるためのスライドに加え、 異常発生時を考慮したスライドを準備 音声司会を補完するアナウンス用スライドを準備
  25. 25. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 25 参加者とのコミュニケーション方法の検討 ■QA受付方法 参加者からの質問はどのように受け付ける? 質問はZoomのQA機能(テキストチャット)で受け付ける 質問のハードルを下げるために、応対は非公開にする ■問題発生時の連絡受付方法 参加者からの連絡はどのように受け付ける? Zoomのチャット機能(テキストチャット)で受け付ける Zoomのチャット機能(テキストチャット)では、 参加者間のチャットは許可しない設定に変更しておく ■アンケートの実施/回収 WEBフォームを設置、回答者には抽選で書籍を贈呈
  26. 26. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 26 参加者受付方法の検討 参加者.csv メールアドレス, 終日, 太郎 メールアドレス, 終日, 次郎 メールアドレス, 終日, 花子 ※CSVファイルは、必ずUFT-8で作成 ※CSVファイルは、公式な手順に記載の順番 メール, 名, 姓 ではなく、 メール, 姓, 名 の順番で作成する ID/パスワード付き 招待メール (自動送信) 参加者は事前にWebフォームで受付する 参加者毎に、ウェビナ参加用のID/パスワードを払い出す ■参加者の限定 参加者は事前申込者に限定するか/どう限定するか? 予備のID/パスワードを あらかじめ 払い出しておくと 便利
  27. 27. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 27 手順の整理/整備 ■配信手順の整理/整備 ツールの設定項目/操作項目が多い、複雑、分かりづらい セキュリティ等の観点で、設定ミスは絶対に避けたい イベント開催直前の設定チェックを徹底する チェック観点は必ず整理/精査し、チェックリスト化する 配信ツールの設定パラメータシートを必ず整備する
  28. 28. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 28 運営体制の検討 ■運営体制の検討 メンバのロケーションをどうするか? 運営メンバ間の連携や講演メンバのサポートも必要 感染予防に配慮しつつ、体制やNWの冗長化/分散も図りたい 誰でも、どこでも、効率的に使える コミュニケーションツールの利用を徹底 運営メンバを計画的に分散、会社+自宅を活用 判断する人や判断フロー、問題発生時の権限移譲ルールなどを 予めパターン化して整理、周知を徹底
  29. 29. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 29 運営体制(イメージ) 会社 自宅監督(正) PC1 PC2(予備) 配信管理(正) PC1 PC2(予備) 音声司会(正) PC1 PC2(予備) テキスト司会(正) PC1 PC2(予備) QA管理 (正) PC1 PC2(予備) 講演者 PC1 PC2(予備) 監督(副) PC1 PC2(予備) 自宅 配信管理(副) PC1 PC2(予備) 自宅 音声司会(副) PC1 PC2(予備) 自宅 テキスト司会(副) PC1 PC2(予備) 自宅 QA管理(副) PC1 PC2(予備) 自宅 QA対応(複数名) PC1 PC2(予備) 自宅 講演者(複数名) PC1 PC2(予備) NW1 NW2
  30. 30. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 30 検証・練習・リハーサル ■検証・練習 作成した設定パラメータシートや、手順、運営フローの確認 ■リハーサル 本番と同じ時間帯・スケジュールでリハーサルを行う 社内向け勉強会などを開催し、手順を検証・運営練習する 短時間・小規模のウェビナで、手順を確認する、経験を積む 手順の不備や、想定外の事象への対応方法を最終確認する リハーサルは録画しておき、万が一の場合は本番で利用する 講演者の運営方法理解を高める、当日の流れを全員で確認する
  31. 31. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 31 開催結果・振り返り
  32. 32. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 32 Hinemosソリューションセミナ2020 オンライン/オンデマンド Hinemosソリューションセミナ2020 オンライン Hinemosソリューションセミナ2020 オンデマンド 開催日 2020/6/5(金) 2020/6/22(月)~2020/8/31(月) 開催時間 13:00~16:00 (受付開始:12:45) 開催期間中常時配信 参加申込受付期間 2020/4/28(火)~2020/6/3(水) 2020/6/22(月)~2020/8/31(月) 申込者数 198名 - 参加者数 160名 89名 参加率 80% - アンケート回収数 88名 5名 アンケート回収率 55% 5.6% 集客期間1ヶ月強で200名弱の申し込み、249名の参加 参加率は例年(オフライン開催)より10%改善 アンケート回収率は健闘したものの、想定通り低下(98%→55%)
  33. 33. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 33 申込者数(地域別) 東京都 65% 神奈川県 8% 大阪府 6% 北海道 4% 愛知県 3% 埼玉県 2% 宮城県 2% その他 10% 申込人数 オフライン開催時と参加比率は変わらず 「オンライン化」だけでは、地方からの申し込みは増えない ■地方からの参加 オンライン化による、地方からの申し込み増加が期待できる?
  34. 34. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 34 参加者数 0 20 40 60 80 100 120 140 160 180 時間帯別 参加者数 キーノート 機能紹介 Sub紹介 Sol紹介 WinActor連携 AIOpt 運用コラボ QA受付 想定を大きく下回る途中退出率 ■参加者の波 聞きたいセミナだけ視聴する人、途中退出が増える? 休憩時間の延長希望が多数
  35. 35. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 35 その他 ■イベント満足度(満足:3点, 普通:2点, 不満:1点) ■イベント運営に対するコメント(抜粋) イベントの満足度:2.5点(3点満点) 退席することがあったので、動画を見返したい 休憩時間5分はつらい 質問はパブリックに回答してほしい 配布資料について知りたい コンテンツ(セミナ動画/資料)へ後日アクセスする方法の確保や、 適切な案内の実施が重要
  36. 36. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 36 まとめ
  37. 37. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 37 まとめ 勘所をつかめば、オフラインイベントより、 容易に、低コストでイベント開催ができる オンラインイベントの開催方法を、 「オンラインイベント」で詳しい人に聞いて、自分でも試す ■オンラインイベントをどのように開催したか? ■開催して初めて分かったこと オフラインイベントと比較して、 企画・運営における基本的な考え方に大きな違いはない
  38. 38. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 38 Hinemos 最大のイベント!! Hinemosの最新動向、機能、 サービス、 ソリューション、導入事例などを、各種オンライン コンテンツにて 一挙ご紹介します。 おかげさまで15周年! 11.13[fri] -30[mon] 2020 オンライン開催 オンライン紹介コーナー 製品概要、機能はもちろん、幅広い サービス、ソリューションや、 Hinemosの最新トピック・開発動向を 特設サイト上のオンラインコンテン ツで一挙ご紹介します。 オンラインセミナ Hinemos World 2020にご用意した 各種コンテンツを、開催初日(11月 13日)限定で、オンラインセミナ形 式で配信します。 11/13 [fri.] 13:00~18:00 限定配信 参 加 申 込 主催: NTTデータ先端技術株式会社 Hinemos World 2020 ▶ ︎ © 2019 NTT DATA INTELLILINK Corporation
  39. 39. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation 39 OSC2020 Online/Fall 1日目(10/23) B会場 Hinemosで実現するシステム運用自動化 ~監視・ジョブ機能を併せ持つ統合運用管理ソフトウェア 「Hinemos」のご紹介~ 株式会社アトミテック 守谷航さん・手塚ほなみさん Hinemosの詳細について 本セッションの次もに!!!
  40. 40. © 2020 NTT DATA INTELLILINK Corporation

×