Your SlideShare is downloading. ×
6,000人のWeb技術者コミュニティを5年間やってみて学んだこと
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

6,000人のWeb技術者コミュニティを5年間やってみて学んだこと

5,650
views

Published on

コミュニティ・マネージャーズ・ミートアップで講演した際に使った資料です。

コミュニティ・マネージャーズ・ミートアップで講演した際に使った資料です。

Published in: Leadership & Management

0 Comments
46 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
5,650
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11
Actions
Shares
0
Downloads
32
Comments
0
Likes
46
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide
  • いろいろやってきました。
    やることが大きくなるにつれ、何かしら目標のようなものが必要になり、今ではこんな大きなことを言ったりしています。
  • Transcript

    • 1. 6,000人のWeb技術者コミュニ ティを5年間やってみて学んだこ と 2014/7/28 白石 俊平(@Shumpei) 株式会社オープンウェブ・テクノロジー
    • 2. 自己紹介 • 場作りが大好きなWebエンジニアです。 • html5j – Web技術者コミュニティ – 会員数: 6,529人(ML) – ML, Facebookなどで活動中 – 実績はあとでご紹介 • 読書するエンジニアの会 – 月一回、72回開催している、テーマ駆動型読書会。 – 「読書で知った。世界は、おもしろかった。」 – 池袋ジュンク堂さんとコラボ中!
    • 3. html5jについて • 先日、リーダー引退しました。 • コミュニティ活動としては、かなり頑 張っている方だという自負はあります。
    • 4. はじまりは2009年 2009/8/12 オフ会 2009/11/17 第0回 WebKit/HTML5勉強会 2009/7/10 MLへの初投稿 2009/10/1 HTML5 3Days
    • 5. HTML5とか勉強会 月一、現在までに49回開催(ちょうど本日やってます)。 毎回、150名定員が3〜5時間で埋まる。
    • 6. htmlday
    • 7. HTML5 Conference 2011年 2012年 2013年 2013年度実績: 応募人数/参加人数 2,000名/1,300名 スポンサー数 65
    • 8. html5j × 地域コミュニティ
    • 9. 部活 テスト部 TV部 自動車部 アクセシビリティ 部 etc...
    • 10. HTML5 Japan Cup 2014実績 最優秀賞賞金 100万円 賞金総額 350万円 応募作品総数 289作品 スポンサー 61団体
    • 11. html5jからまなんだこと
    • 12. コミュニティとは、 どのような組織か? 白石はコミュニティを、 「共通の関心事を持つ人々の集まり」 であると定義している。
    • 13. コミュニティと関心 • 例 コミュニティ 中心となる関心事 html5j Web技術者の盛り上げ Linuxコミュニティ Linuxカーネル開発 地域コミュニティ 地域の保全 関心の切り取り方次第で、コミュニティのあり方は大きく変わる • 多くの人を惹きつける関心事であれば、コミュニティは大きくなる。(逆 に、関心を持つ人が少なければ、コミュニティは小さくなる) • 同じ事柄についても、関心の側面が異なれば別のコミュニティが形成され うる • Linux開発者コミュニティとLinuxユーザコミュニティ 同じく関心を中心とした存在に「メディア」がある。 • メディアとコミュニティの違いは、コミュニケーションの方向性(メディ アは一方向、コミュニティは全メンバーがメッセージの送受信を行える)
    • 14. 「組織」としてのコミュニティ • 企業との対比で考えてみる。 コミュニティ 企業 共通の関心事 必須 必須ではない 所属の強制力 弱い(入りやすく 出やすい) 強い(契約関係) 通貨 信頼 金銭 この表はわかりやすさを優先して、相当に単純化した。 メンバーが 「共通の関心事を持つ、信頼できる人たちに囲まれているから、 進んで所属している」 と考える状態が、理想的なコミュニティであると考える。 「命令」も「強制」もNG。
    • 15. コミュニティリーダーの仕事 • コミュニティリーダーの仕事は、主に以 下の3つ。 – のろしを上げる – 次なる目標を設定する – 場作り
    • 16. コミュニティリーダーの仕事 • ONE PIECEに例えると? – のろしを上げる • 「世界一周する」(海賊王になる)というミッ ションの海賊団を立ち上げ、仲間を募る。 – 次なる目標を設定する • 次はどの島に行くか?誰をぶっ飛ばすか?を決定 する – 場作り • 海賊団の価値観を醸成する
    • 17. コミュニティリーダーの仕事 • コミュニティリーダーの仕事は、主に以 下の3つ。 – のろしを上げる – 次なる目標を設定する – 場作り
    • 18. のろしを上げる • ミッションを掲げる – このコミュニティは何のコミュニティなのか? – このコミュニティは社会的にどういう意義がある のか? – コミュニティの関心事と密接な関係がある。(メ ンバーの関心に答えるものである) • 仲間を募る – リーダーをリーダーたらしめるのは、フォロアー の存在である。 – 活発な発言をしてくれるメンバーは、強力な仲間 になりうる。
    • 19. コミュニティリーダーの仕事 • コミュニティリーダーの仕事は、主に以 下の3つ。 – のろしを上げる – 次なる目標を設定する – 場作り
    • 20. 次なる目標を設定する • 適切な目標は、コミュニティにとって最 高の活性剤となる。 • してはいけないこと – 高すぎる目標 • メンバーの負荷が高まりすぎると、「楽しめる」 領域を超えてしまう – 早急に結果を求める • 結果を求める気持ちが先に立ってしまうと、コ ミュニティメンバーが「結果を出すためのコマ」 に思えてしまう
    • 21. 次なる目標を設定する • どうすればよいか? – リーダーは、(例え自分なりの解決策をある程度持っていたとして も)問題を提示するに留める。問題解決の面白い部分はメンバーに任 せる。 – メンバーの気持ちに最大限配慮して、お願い上手になる。 – ミッションとの一貫性を意識する。 – コミュニティのレベルに合わせて、課題の難易度(具体性)を調節す る。 • コミュニティのレベル=メンバー間の信頼度 • レベルが高いコミュニティは、難易度の高い(抽象度が高い)課題もこなせる • コミュニティを、「課題を共に解くチーム」に変える。 – この意識付けが上手くいけば、コミュニティのレベルが上がり(メン バー間の信頼が強まり)、最高の状態を得られる。 • メンバーが自発的に課題を提示する • メンバー同士が、相手の発するメッセージをポジティブに捉えるようになり、 メッセージのミスリードが減る。 • 謝罪や感謝の言葉が自然に行き交う場となる。
    • 22. コミュニティリーダーの仕事 • コミュニティリーダーの仕事は、主に以 下の3つ。 – のろしを上げる – 次なる目標を設定する – 場作り
    • 23. 場作り • 場の価値観を醸成していく。言い換えると 「暗黙のルール」を作っていく – 例 • どんな些細な発言でもOK! • 人を傷つけるような発言はNG • ... • 運営が「見守っている」という感覚も大事。 安心感に繋がる。 • コミュニティの肝はコミュニケーション。コ ミュニケーションを円滑にするための場作り を目指す。
    • 24. まとめ • コミュニティとは、「同じ関心事を持つ 人々の集まり」である。 • 「共通の関心事と、信頼できるメン バー」という安心感が重要。 • コミュニティリーダーの仕事は3つ。 – のろしを上げる – 次なる目標を設定する – 場作り