20130921レジュメ2

836 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
836
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20130921レジュメ2

  1. 1. 「読書するエンジニアの会」 第 62 回            「メカ」
  2. 2.        アンティキテラ         古代ギリシアのコンピューター            ジョージ マーチャント 著                  さっきの破片の正体は?    あらゆるメカエキスパートたちが謎解きと    功名争いに奔走する様を活写!                
  3. 3.       【概要】 ギリシアのアンティキティラ島沖で 20 世紀初頭に発見さ れた 沈没船から引き揚げられた謎の金属塊 (世界初の水中考古学) 大体 2100 年前に作られた(紀元前 150 – 100 年) 【なんで話題になるか】 ・正確な歯車 ・歯車のかみ合わせで動かす仕掛け ・高度な天体運行予測してたっぽい(文字盤の記載から)     → 18 世紀以降の技術じゃん! 【よく言われてること】 ・オーパーツ ・近代沈没船の部品が混ざった ・宇宙人が(以下略
  4. 4.       【では、学術的・科学的に】
  5. 5.       【では、学術的・科学的に】 歯車、「機械」         →現物は残ってないけど、よく調べると     当時のギリシア文献やローマのギリシア伝に     歯車や応用装置の記述あり。      (自動ドア、ヘロンの自動販売機 etc )
  6. 6.       【では、学術的・科学的に】 天体予測        →バビロニアからの天文学が結構蓄積    &継承されてた。   (天動説ベースだけど天体の軌道は真円じゃない    こととか割り出し済み)    古代ギリシアは意外に機械文明
  7. 7.      
  8. 8.       【で、具体的にどう使った の?】 ・ハンドルを回す→歯車が回転 、 連動してる針が天体の位置 や  予測暦を指す ・針の先についてる天球模型が  回転して天体の状態を表示 (月の満ち欠けとか) ・オリンピックの開催時期など 、イベント開催時期を割り出し 可能 → アナログコンピューター  やクロノグラフ的な働きを  するメカと判明
  9. 9.       【まとめ】         メカ・ギリシア        頭でっかちの文明じゃなかった 【オマケ】 この機械の解析→ X 線写真= X 線写真の開発の歴史 (新しい撮影メカが誕生するたびに新しい発見)

×