20131213 OSC enterprise

1,134 views
979 views

Published on

2013年12月13日OSC.enterprise「日本CloudStackユーザー会」

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,134
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
26
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20131213 OSC enterprise

  1. 1. ⽇日本CloudStackユーザー会 • LOGO Japan  CloudStack  User  Group Apache CloudStack概要 2013年年12⽉月13⽇日 ⽇日本CloudStackユーザー会 MayumiK0 • 1
  2. 2. • LOGO 同時刻のセッションが HPのマ・カベさんだなんて ありえないっしょ あ〜~も〜~無理理っ、マジ無理理だからね カンベンしてほしーよねっ OSC事務局さん スポンサーとコミュニティじゃ シャアザクvs雑⿂魚じゃん、瞬殺じゃん どーせみんな、ホントはそっちのほうが 興味あるんだよねっ なんかスゲー流流⾏行行ってるもんね • 2 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  3. 3. 自己紹介 • LOGO n  MayumiK0  ←オーでなくてゼロです   某いろいろな海外製品を扱っている会社のシニアエンジニア   ⽇日本CloudStackユーザー会  会⻑⾧長 n  主にCloudStackを利利⽤用するシステムのコンサルティング n  最近OpenStackも触ってます n  どちらかというとネットワークLayer n  経歴   某⼤大⼿手印刷会社画像研究所でCADシステム作成   →Internetに触って情報システム部⾨門的な業務   →某S社法⼈人向ISP→某S社個⼈人向ISP   →某IDCの初期構築→???→クラウド(←今ここ) • 3 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  4. 4. 今日のAgenda • LOGO n  Apache  CloudStackとは n  Apache  CloudStack特徴 n  最新動向 n  Apache  CloudStack  4.2.0 n  CloudStackユーザー会 n  オープンクラウド実証実験 • 4 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  5. 5. • LOGO Apache CloudStackとは IaaSを構築するためのクラウド基盤ソフトウェア • 5 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  6. 6. クラウドとは(1) • LOGO クラウドコンピューティングとは、ネットワーク、サーバー、 ストレージ、アプリケーション、サービスなどの構成可能なコ ンピューティングリソースの共⽤用プールに対して、便便利利かつオ ンデマンドにアクセスでき、最⼩小の管理理労⼒力力またはサービスプ ロバイダ間の相互動作によって迅速に提供され利利⽤用できるとい う、モデルのひとつである。 このクラウドモデルは可⽤用性を促進し、5つの基本特性と、3つ のサービスモデルと、4つの配置モデルによって構成される   アメリカ国⽴立立標準技術研究所  (NIST)   • 6 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  7. 7. クラウドとは(2) l  5つの基本特性 オンデマンド·∙セルフサービス   幅広いネットワークアクセス リソースプーリング   迅速かつ柔軟(Rapid  Elasticity) 測定サービス l  4つの配置モデル プライベートクラウド コミュニティクラウド パブリッククラウド ハイブリッドクラウド • LOGO l  3つのサービスモデル SaaS  PaaS  IaaS クラウドコンピューティングの階層 Client Application Platform Infrastructure Server • 7 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  8. 8. クラウドサービスとCloudOS Cloud Service IaaS DaaS • LOGO  PaaS SaaS アプリケーション ミドルウェア・開発環境  ) Cloud Computing Model 基本ソフト(Operating  Systems) クラウド基盤 (仮想化ソフト、プロビジョニング、管理理監視ツール、課⾦金金ツール、API、etc) CloudOS ネットワーク サーバ ストレージ • 8 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  9. 9. クラウドOS • LOGO IaaSを構築するためのクラウド基盤ソフトウェア • 9 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  10. 10. Apache CloudStackの歴史 • LOGO VMOps 2008 2009 VMOps   創業 2010 Cloud.com に社名変更更 2012 2011 Citrix Cloud.com買収 Apache CloudStack 元はCloud.com社の商⽤用プロダクト  ⇒  Citrix社に買収され、オープンソース化 l  2012/02  CloudStack3.0リリース l  2012/04  Apache  Software  Foundation寄贈 l  2012/05  CloudPlatform3.0.2(Bonita)リリース l  2012/09  CloudPlatform3.0.5(Burbank)リリース l  2012/11  Apache  CloudStack4.0.0-‐‑‒incubatingリリース l  2013/02  Apache  CloudStack4.0.1 l  2013/03  Apache  CloudStack4.1.0-‐‑‒RC1 l  2013/06  Apache  CloudStack4.1.0リリース l  2013/10  Apache  CloudStack4.2.0リリース Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  11. 11. ソースコードからの観点 • LOGO • 11 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  12. 12. CloudStackアーキテクチャ • LOGO 管理理サーバー SecondaryStorage セルフサービスポータル HyperVisor VM VM VM XenServer VM (NFS,  Swift) cloudstack-management cloudstack-usage(課金) VM VM KVM cloudstack-agent VM VM VM vSphere vCenter PrimaryStorage (NFS,iSCSI,FC  SAN,Local,Ceph  RBD) Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved ネットワーク機器 (LB,FW,SDN/OpenFlow)
  13. 13. CloudStackコンポーネント Management   Server • LOGO PodとSecondary   Storageで構成 User Clusterの集合 GUI、リソース管理理 イベント管理理etc ホストとPrimary   Storageで構成 仮想マシンを実 CPU/メモリ提供 4.1から Regionの概念念が 導⼊入される Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved 仮想マシンのディス ク領領域 テンプレートやス ナップショット、 ISO⽤用のディスク 領領域
  14. 14. CloudStackコンポーネント(リージョン) Management  Server   Management  Server   Cluster Cluster Management  Server   Management  Server   Cluster Cluster Region Zone Zone Zone Pod Pod Host VM Primary   Storage Cluster Pod Host Pod Host VM VM Primary   Storage Cluster Primary   Storage Cluster Secondary   Storage • LOGO Pod Host Host VM Primary   Storage Cluster Pod VM Primary   Storage Cluster Secondary   Storage Host VM Primary   Storage Cluster Secondary   Storage • 14 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  15. 15. 参考:OpenStackコンポーネント • LOGO 各コンポーネントが疎結合化され それぞれ単独でも利利⽤用可能 Horizon (Dashboard) Neutron Nova ベアメタル プロビジョニング ー ケ ス ト レ 仮想ルータ、仮想L2 仮想ロードバランサ 仮想ネットワーク制御 ハイパーバイザー制御 ー ー Glance イメージ スナップショット管理理 ン Cinder 物理理サーバ オブジェストレージ Keystone Ironic ブロックストレージ制御 Swift 仮想サーバ作成・削除 統合認証 シ 仮想マシンのテンプレート 設定済みイメージのスナップショット ) 仮想ボリューム ) ス 使 ⽤用 量量 計 測 Heat( Ceilometer( リ ソ オ 各種API ReST⼊入出⼒力力ファイルストア レプリケーション、遠隔地分散 • 15 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  16. 16. OpenStackとCloudStackの比較 プロジェクト運営 開発主体 提供エディション ライセンス 最新バージョン 時期バージョン ユーザー会 ⾔言語 対応 ハイパーバイザー Web  API • LOGO OpenStack CloudStack OSF、RackSpace、 ASF、Citrix、Sungurd他 RedHat他 OSS(OSF) OSS(ASF) 商⽤用版(RedHat) 商⽤用版(Citrix) Apache  2.0 Apache  2.0 Havana 4.2 Icehouse 4.3 ⽇日本OpenStackユーザー会 ⽇日本CloudStackユーザー会 Python Java KVM  LXC  UML  VMware   KVM  Xen  XenServer   XenServer VMware  OracleVM 独⾃自API。EC2/EBS,S3互 独⾃自API。EC2,S3互換API 換API • 16 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  17. 17. • LOGO Apache CloudStack特徴 • 17 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  18. 18. 特徴:マルチハイパーバイザー対応 • LOGO l  ハイパーバイザーの違いによる操作の差異異を吸収 CloudStack KVM XenServer VMware vSphere ESX/ESXi Oracle VM Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  19. 19. 特徴:マルチテナント対応 • LOGO l  テナント間のセキュリティを確保する仕組みを持つ l  ドメイン、アカウント、ユーザという階層構造を持ち   クラウドサービスに適した管理理体系 ROOT Domain01 Account11 User111 User112 Domain02 Account12 Account21 User121 User211 Account22 User221 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved User222
  20. 20. 特徴:セルフポータルサービス(1) • LOGO l  直感的で簡単なユーザーインターフェース l  管理理者がサービスやリソース割当定義を⾏行行い、VMの操作は ユーザーが⾃自分で⾏行行える 管理理者権限 表⽰示される 内容は権限 によって異異 なる Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  21. 21. 特徴:セルフポータルサービス(2) • LOGO l  直感的で簡単なユーザーインターフェース l  管理理者がサービスやリソース割当定義を⾏行行い、VMの操作は ユーザーが⾃自分で⾏行行える ユーザ権限 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  22. 22. 特徴:セルフポータルサービス(3) • LOGO l  直感的で簡単なユーザーインターフェース l  管理理者がサービスやリソース割当定義を⾏行行い、VMの操作は ユーザーが⾃自分で⾏行行える プロジェクト Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  23. 23. 特徴:柔軟なネットワーク構成 • LOGO 2種類のネットワークモードを提供 l  Advanced  ネットワークモード •  テナント毎に仮想ネットワークを提供 •  L2レベルで隔離離、デフォルトはVLANベース •  仮想ルータによるFW,  LB,  NAT機能を利利⽤用可能 l  Basic  ネットワークモード •  L3レベルの隔離離 •  マルチテナント対応にはSecurityGroup機能(Amazon   EC2互換)を利利⽤用可能 • 23 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  24. 24. 機能:仮想ルータ • LOGO l  マルチテナント環境でネットワークを隔離離しサービス提供 を⾏行行うには無くてはならないコンポーネント l  Advancedネットワークモードの場合、仮想ネットワーク毎 に1つ必要(テナント毎に最低1つ必要) 主な機能: •  •  •  •  •  •  •  DHCP(IPアドレスの払出) Metaデータ ファイアウォール ロードバランサー ポートフォワーディング 追加IPアドレス 静的(1対1)NAT • 24 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  25. 25. • LOGO 最新動向 • 25 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  26. 26. クラウド基盤(中〜大規模)導入におけるNW課題 • LOGO l  仮想ルータ •  仮想ルータが単⼀一障害点になりやすい             冗⻑⾧長構成は可能だが実績が乏しい •  仮想ルータ⾃自体のリソース消費             CPU/メモリのサイジングが難しい →  スケーラビリティへの制約、トラフィックボトルネック l  マルチテナント収容数の制約 •  VLAN消費(VLAN  4096問題) l  特定フローのコントロール •  VM間接続⽤用の内部ネットワーク提供や、閉域網のみ接続するVPC型 サービスの仮想プライベートクラウドサービスが増加    →  NTP,DNS,Update,監視等の特定トラフィックのみは       通るようにしたい。(ただしNW的なセキュリティは保った状態) • 26
  27. 27. CloudStack SDN対応方法 • LOGO l  Plugin形式で提供 参考:http://www.slideshare.net/chiradeep_̲v/ sdn-‐‑‒in-‐‑‒apache-‐‑‒cloudstack-‐‑‒apachecon-‐‑‒na-‐‑‒2013 • 27
  28. 28. CloudStack SDN対応状況 • LOGO 参考:https://cwiki.apache.org/confluence/display/CLOUDSTACK/ Compatibility+Matrices • 28 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  29. 29. CloudStack SDN対応(GUI) • LOGO • 29 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  30. 30. CloudStack SDN対応(例:Nicira Nvp) • LOGO • 30 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  31. 31. SDN (Software Defined Networking) Private  Cloud Application Layer アプリケーション アプリケーション アプリケーション API Control Layer  SDN  Control  Software API Network  Service Control  Data  Plane  Interface Infrastructure Layer Network  Device Public   Cloud SDNプラグイン • Nicira  NVP • Midokura  Midonet • Stratoshere  SSP • BIG  Switch • GRE  isolation • VXLAN Network  Device Network  Device • LOGO Network  Device • 31 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  32. 32. 新世代クラウドに求められる要件 • LOGO ITリソースの全クラウド化 l  BareMetalプロビジョニング l  オンデマンドネットワークプロビジョニング l  オンデマンドアプリケーション配備・マーケットプレイス •    アプリケーションの選択・従量量課⾦金金による提供 •    サーバへのアプリケーション・ミドルウェア設定の⾃自動化 •    システム構成全体のテンプレート化・⼀一括デプロイ l  ⾃自動運⽤用サービス •    ⾃自動監視とオートスケーリング •    DC間の⾃自動フェイルオーバー • 32 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  33. 33. BareMetalプロビジョニング • LOGO サーバを仮想化してきたのに何故今更更と思いますが… l  Dedicatedなホストが欲しい l  HyperVisorが必要なわけではない l  BareMetalをCloud並にお⼿手軽に使いたい • 33 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  34. 34. BareMetalプロビジョニング • LOGO CloudStack  4.2.0から対応 • 34 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  35. 35. BareMetalの課題 • LOGO BareMetalサーバを、クラウド並に使いたい l  BareMetalゆえの従来の問題 •  障害時の復復旧 •  データバックアップ 共有ストレージの必要性 分散ストレージの利利⽤用 l  BareMetalサーバをクラウド並に使うには? •  snapshotも必要 •  DiskAttachもお⼿手軽に ネットワーク隔離離 •  マルチテナント(⾃自分のサーバだけが⾒見見える) • 35 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  36. 36. 分散ストレージ対応 • LOGO l  Ceph  RBDをPrimaryStorageとして利利⽤用可能 •  CephとはLinux上で動作する分散ファイルシステム (Distributed  File  System) •  スケーラブルなシステム •  冗⻑⾧長構成とレプリケーションにより⾼高信頼性を実現 参考:http://www.slideshare.net/kkitase/cloudstackcephvalidation • 36 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  37. 37. 分散ストレージ対応(Primary Storage) • LOGO • 37 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  38. 38. オブジェクトストレージ対応(Secondary Storage) • LOGO • 38 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  39. 39. 分散ストレージ • LOGO 分散ストレージ、ファイルシステム ⽅方式 Ceph GlusterFS Riak  CS Sheepdog 説明 オブジェクトベースの分散ストレージ CloudStack  /  OpenStackとの連携などが進んでいる 分散ファイルシステム 2011年年Red  Hatが買収しRed  Hat  Storageをリリース 分散型データベース  Riakで構築されたS3互換のクラウド ストレージ KVM⽤用の分散ストレージ   PCサーバを集約した巨⼤大なストレージプールを構築。必 要な容量量のストレージリソースを切切り出して、仮想マシン 上で動作するWindowsやLinuxなどのOSからディスクと して利利⽤用する • 39 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  40. 40. 分散ストレージのメリット・デメリット • LOGO l  メリット •  ⾼高信頼(データレプリケーション、フェイルオーバー)   •  ⾼高スケーラビリティ   •  インターフェースのバリエーションが豊富    (ファイル・ブロック・オブジェクト)   •  スナップショット l  デメリット •  ある程度度の数がないと性能が出ない場合がある • 40 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  41. 41. 自動構成 • LOGO l  CloudStackのみでは、アプリケーション配備まではできな いため、構成管理理ツールを組み合わせて利利⽤用することが必 要 l  監視ツールと併せて、負荷状況により、オートスケール、 ⾃自動構成(⼀一部CloudOSの機能も必要) • 41 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  42. 42. • LOGO Apache CloudStack 4.2.0紹介 • 42 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  43. 43. Version 4.2.0 • LOGO     2013/10/01リリース Version 4.2.0 Release Notesを⾒見見てみました     http://cloudstack.apache.org/docs/en-US/ Apache_CloudStack/4.2.0/html-single/ Release_Notes/index.html • 43 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  44. 44. Version 4.2.0 • LOGO n  新機能 –  Features to Support Heterogeneous Workloads:4 –  Third-Party UI Plugin Framework:1 –  Networking Enhancements:16 –  Host and Virtual Machine Enhancements:19 –  Monitoring, Maintenance, and Operations Enhancements:7 n  Issues Fixed in 4.2.0 n  Known Issues in 4.2.0 • 44 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  45. 45. 4.2のDashBorad • LOGO • 45 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  46. 46. Features  to  Support  Heterogeneous   • LOGO Workloads n  Regions n  Object Storage Plugin Architecture n  Zone-Wide Primary Storage (Supported on KVM and VMware) n  VMware Datacenter Now Visible As a CloudStack Zone • 46 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  47. 47. Features  to  Support  Heterogeneous   • LOGO Workloads n  Zone-Wide Primary Storage (Supported on KVM and VMware) l  ゾーン単位でプロビジョニングすることができ、プライマリストレージ のデータボリュームは、ゾーン内の任意のホスト上の任意のVMに接続す ることができます。 • 47 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  48. 48. Third-‐‑‒Party  UI  Plugin  Framework • LOGO l  プラグインのコード⾃自体 (JavaScriptで)、サムネ イル画像、プラグインのリ スト、およびCSSファイル を作成します l  CloudStack管理理者が CloudStackのプラグイン フォルダの下にプラグイン のコードを含むフォルダを 追加し、設定ファイル (plugins.js)にプラグイン 名を追加します l  プラグインは左のナビゲー ションバーのプラグインボ タンの下に表⽰示されます • 48 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  49. 49. Networking Enhancements(1) • LOGO n  IPv6 n  Portable IPs n  N-Tier Applications –  –  –  –  –  “Support for KVM” “Load Balancing Support for VPC” “Enhanced Access Control List” “Deploying VMs to a VPC Tier and Shared Networks” “Adding a Private Gateway to a VPC” n  Assigning VLANs to Isolated Networks n  Persistent Networks n  Cisco VNMC Support • 49 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  50. 50. Networking Enhancements(2) • LOGO n  VMware vNetwork Distributed vSwitch n  IP Reservation in Isolated Guest Networks n  Dedicated Resources: Public IP Addresses and VLANs Per n  n  n  n  n  Account Enhanced Juniper SRX Support for Egress Firewall Rules Configuring the Default Egress Policy Non-Contiguous VLAN Ranges Isolation in Advanced Zone Using Private VLAN Configuring Multiple IP Addresses on a Single NIC (Supported on XenServer, KVM, and VMware hypervisors) n  Adding Multiple IP Ranges (Supported on KVM, xenServer, and VMware hypervisors) • 50 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  51. 51. Networking Enhancements(3) • LOGO n  Support for Multiple Networks in VMs (Supported on XenServer, VMware and KVM hypervisors) n  Global Server Load Balancing n  Enhanced Load Balancing Services Using External Provider on Shared VLANs n  Health Checks for Load Balanced Instances • 51 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  52. 52. Networking Enhancements • LOGO n  Dedicated Resources: Public IP Addresses and VLANs Per Account アカウント専⽤用のパブリックIPアドレスとVLANのセットを予約する機能 • 52 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  53. 53. Networking Enhancements • LOGO n  Dedicated Resources: Public IP Addresses and VLANs Per Account • 53 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  54. 54. Networking Enhancements • LOGO n  Configuring Multiple IP Addresses on a Single NIC • 54 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  55. 55. Networking Enhancements • LOGO n  Configuring Multiple IP Addresses on a Single NIC l  IPを指定しなければ、 ⾃自動でアサインされる • 55 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  56. 56. Networking Enhancements • LOGO n  Support for Multiple Networks in VMs • 56 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  57. 57. Networking Enhancements • LOGO n  Support for Multiple Networks in VMs • 57 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  58. 58. Host  and  Virtual  Machine   Enhancements(1) • LOGO n  VMware  DRS  Support n  Windows  8  and  Windows  Server  2012  as  VM  Guest  OS (Supported  on  XenServer,  VMware,  and  KVM) n  Change  Account  Ownership  of  Virtual  Machines n  Private  Pod,  Cluster,  or  Host n  Resizing  Volumes n  VMware  Volume  Snapshot  Improved  PerformanceUsage n  Storage  Migration:  XenMotion  and  vMotion (Supported  on  XenServer  and  VMware) n  Configuring  Usage  of  Linked  Clones  on  VMware n  VM  Deployment  Rules • 58 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  59. 59. Host  and  Virtual  Machine   Enhancements(2) • LOGO n  CPU  and  Memory  Scaling  for  Running  VMs (Supported  on  VMware  and  XenServer) n  CPU  and  Memory  Over-‐‑‒Provisioning (Supported  for  XenServer,  KVM,  and  VMware) n  Kickstart  Installation  for  Bare  Metal  Provisioning n  Enhanced  Bare  Metal  Support  on  Cisco  UCS n  Changing  a  VM's  Base  Image n  Reset  VM  on  Reboot n  Virtual  Machine  Snapshots  for  VMware n  Increased  Userdata  Size  When  Deploying  a  VM n  Set  VMware  Cluster  Size  Limit  Depending  on  VMware  Version n  Limiting  Resource  Usage Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved • 59
  60. 60. Host  and  Virtual  Machine   Enhancements(1) • LOGO n  Private  Pod,  Cluster,  or  Host l  特定のPod/Cluster/HostをDomain/Account専⽤用にすることが可能 • 60 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  61. 61. Monitoring,  Maintenance,  and   Operations  Enhancements • LOGO n  Deleting  and  Archiving  Events  and  Alerts n  Increased  Granularity  for  Configuration  Parameters n  API  Request  Throttling n  Sending  Alerts  to  External  SNMP  and  Syslog  Managers n  Changing  the  Default  Password  Encryption n  Log  Collection  Utility  cloud-‐‑‒bugtool n  Snaphotting,  Backups,  Cloning  and  System  VMs  for  RBD   Primary  Storage • 61 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  62. 62. Monitoring,  Maintenance,  and   Operations  Enhancements • LOGO n  Deleting  and  Archiving  Events  and  Alerts Alertを削除し、アーカイブサポートするために、以下のグローバルパ ラメータが追加されている l  alert.purge.delay:指定した⽇日数より古いアラートは削除される。 0:⾃自動的にアラートをパージしない l  alert.purge.interval:警告パージスレッドを実⾏行行する前に待機する秒 単位の間隔デフォルトは86400秒(1⽇日)です。 • 62 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  63. 63. 今後の動向 • LOGO n  4.2.1  GA     2013/12/?? –  4.2のBugFix等 –  System  VM  64bit版が⼊入るかもしれない n  4.3.0   2014/01/31予定 • 63 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  64. 64. • LOGO 日本CloudStackユーザー会 • 64 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  65. 65. 活動内容 • LOGO JCSUGでは ⽇日本語によるCloudStackに関する情報発信・情報共有を⾏行行い CloudStackの普及・⼈人材育成に貢献します n  ユーザー会(勉強会)等のイベントの開催 n  オープンクラウド実証実験タスクフォース(OCDET) n  WebとMailingListによる情報発信 –  Web:  http://cloudstack.jp/ –  Mailing  List:  参加するには以下に空メールを☆ users-‐‑‒join@cloudstack.jp Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  66. 66. 勉強会とイベント参加 •  •  •  •  •  •  •  •  •  •  •  •  •  •  •  •  • LOGO 2013年年02⽉月23⽇日  OSC2013  Tokyo/Spring 2013年年03⽉月06⽇日  第11回  CloudStackユーザー会  in  ⼤大阪 2013年年03⽉月22⽇日  第12回  CloudStackユーザー会 2013年年04⽉月16⽇日  第1回  CloudStack徹底⼊入⾨門読書会 2013年年05⽉月14⽇日  第2回  CloudStack徹底⼊入⾨門読書会 2013年年05⽉月25⽇日  OSC2013  .Cloud@Osaka 2013年年06⽉月18⽇日  CloudStackユーザー会  Apache  CloudStack  Japanse  Doc  Sprint 2013年年07⽉月14⽇日  July  Tech  Festa 2013年年08⽉月02⽇日  第13回  CloudStack  ユーザー会  in  ⼤大阪 2013年年08⽉月03⽇日  OSC2013  Kansai@Kyoto 2013年年09⽉月12⽇日  第14回  CloudStackユーザー会 2013年年09⽉月13⽇日  第15回  CloudStackユーザー会  in  札幌 2013年年09⽉月14⽇日  OSC2013  Hokkaido 2013年年10⽉月19⽇日  OSC2013  Tokyo/Fall 2013年年11⽉月16⽇日  OSC2013  Fukuoka 2013年年12⽉月13⽇日  OSC2013  .Enterprise Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  67. 67. CloudStack  Advent  Calendar ■2013年年12⽉月01⽇日〜~12⽉月31⽇日 CloudStack  Advent  Calendar  jp:  2013 http://atnd.org/events/45595 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved • LOGO
  68. 68. CoudStack  Day Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved • LOGO
  69. 69. • LOGO オープンクラウド実証実験 • 69 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  70. 70. OCDETでの活動 2012年年度度 n  OpenIaaS研究会でCloudStack採⽤用 –  Apache  CloudStack  4.0を利利⽤用 –  拡張ネットワーク構成 –  Proxy,AP,DB,LVSを冗⻑⾧長化 –  Management  ServerはAPとDBを分けた構成 –  監視システムとの連携 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved • LOGO
  71. 71. OCDETでの活動 2013年年度度(ってもう下半期だけどヾ(゚Д゚  )ォィォィ) n  1.  IDCF環境(既存環境) –  現状4.0を4.2.1にUpdateする n  2.  DH環境(新環境) –  ベアメタルプロビジョニング環境構築 –  SwiftをSecondaryStorageに利利⽤用可能 Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved • LOGO
  72. 72. 調査兵団メンバー募集中 OCDETメンバー に⼊入って… とにかく CloudStackを 使いたいです!!! • LOGO 団長 •  本格的な環境のApache  CloudStackをさわれます! •  リモートで環境にアクセスが可能! •  Meetingもリモート参加でOK! Copyright (C) 2013 Japan CloudStack User Group All Rights Reserved
  73. 73. ⽇日本CloudStackユーザー会 • LOGO Japan  CloudStack  User  Group ご清聴
 ありがとうございました • 73

×