Developer Summit_20140214

1,388 views

Published on

Published in: Technology

Developer Summit_20140214

  1. 1. 14-‐‑‒E-‐‑‒3  #devsumiE アプリケーションエンジニアのための クラウドインフラ再⼊入⾨門 ⽇日本CloudStackユーザー会 Japan  CloudStack  User  Group 2014年年02⽉月14⽇日 ⽇日本CloudStackユーザー会 輿⽔水  万友美 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  2. 2. ⾃自⼰己紹介 l  輿⽔水  万友美(@MayumiK0) •  クリエーションライン株式会社  シニアエンジニア •  ⼀一般社団法⼈人クラウド利利⽤用促進機構  技術アドバイザー •  ⽇日本CloudStackユーザー会  会⻑⾧長 l  主な業務 •  CloudOSを使ったシステムのコンサルティングや設計 •  CloudStack、OpenStack、Chef •  分散ストレージ、SDN、etc... Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 2
  3. 3. Apache  CloudStackとは IaaSを構築するためのクラウド基盤ソフトウェア(CloudOS) Cloud Service IaaS DaaS  PaaS SaaS アプリケーション Cloud Computing Model CloudOS ミドルウェア・開発環境   基本ソフト(Operating  Systems) クラウド基盤 (仮想化、プロビジョニング、リソース管理理、課⾦金金、API、etc) ネットワーク サーバ Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved ストレージ 3
  4. 4. Apache  CloudStackでできること l  特徴 •  オープンソース •  誰でも開発できる l  できること •  AWSのようなインフラストラクチャを構築できる •  リバースエンジニアリング!     オープンソースなので     リバースエンジニアリングによって     クラウドシステムの動きを読み解くことも可能 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 4
  5. 5. Apache  CloudStackの歴史 VMOps 2008   VMOps   創業 2009   2010   2011   Cloud.com Citrix に社名変更更  による買収 OSS化 2012   ASFに 寄贈 2013   2014   ASF Apache CloudStack トップ プロジェクト化 4.2.1 2012/02  CloudStack3.0リリース(Citrix) 2012/11  Apache  CloudStack4.0.0-‐‑‒incubating 2013/02  Apache  CloudStack4.0.1 2013/06  Apache  CloudStack4.1.0 2013/10  Apache  CloudStack4.2.0 2014/01  Apache  CloudStack4.2.1 2014/0?  Apache  CloudStack4.3.0   Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 5
  6. 6. Apache  Software  Foundationでの状況 http://www.ohloh.net/orgs/apache/ Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 6
  7. 7. Apache  CloudStackの機能 l  CloudStackの機能 永続 ボリューム テンプレート (マシンイメージ) スナップショット インスタンス 管理 WEB  GUI  /  API VPC EC2/EBS/ S3と殆ど 同様 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved パケットフィル タ 7
  8. 8. AWSを使って⾏行行っていること Amazon  Elastic  Compute  Cloud(Amazon  EC2) Amazon  Elastic  Block  Store(Amazon  EBS) Amazon  Simple  Storage  Service(Amazon  S3) VM VM Hyper Visor Hyper Visor VM VM ユーザー Hyper Hyper インスタンスタイプ Visor Visor Management  Console CPU/メモリ/ディスク IPアドレス API 仮想インターフェース この部分は 隠蔽されており Firewall ユーザーは意識識しない セキュリティ グループ セキュリティ グループ インスタンス管理理 ボリューム 物理理インターフェース Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved EBS S3 スナップショット 8
  9. 9. CloudStackのアーキテクチャ l  管理理サーバを中⼼心とした集中管理理 javaプロセス ユーザー (Web/API) TCP  8080/8096 cloudstack-‐‑‒management cloudstack-‐‑‒usage Management  Server   Management  Server   Cluster Cluster 22/80/443/8250 22/8250 8250/9090 Management  Server   Management  Server   Cluster Cluster 443/8250 cloudstack-‐‑‒agent XenServer Host Host KVM Host VM VM VM Secondary   Storage VM VM vCenter VM Primary Storage Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 9
  10. 10. コンポーネントの役割 Management   Server ユーザーインターフェース提供、リソース管理理、イベント 管理理、課⾦金金、etc Host HyperVisor(KVM/vSphere/XenServer/OracleVM) インスタンス(仮想マシン)のためのCPU/メモリ PrimaryStorage インスタンスのディスク領領域(永続的) SecondaryStorage インスタンス⽤用のテンプレートやISOを格納 インスタンスのディスクのスナップショット領領域 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 10
  11. 11. CloudStackのインスタンス起動 l  インスタンスが起動するまでの流流れ ユーザー ①インスタンス作成指⽰示 (Web/API) Management  Server ②インスタンスのCPUとメモ リをHyperVisor上に確保 Host KVM system  VM 仮想ルータ ⑤仮想ルータがインスタンス にIPを割り当てる ⑥仮想ルータでパケットフィ ルタ設定 Primary Storage Secondary   Storage ROOTボリューム領領域 ③ROOTボリュームを PrimaryStorageに確保 インスタンス⽤用テンプレート ④SecondaryStorageにある テンプレートからインスタン スのROOTボリュームにOSを 展開 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 11
  12. 12. Apache  CloudStackのメリット(1) l  ⾼高可⽤用性 •  インスタンスのライブマイグレーション   ストレージマイグレーション •  インスタンスのHA機能あり   →  インフラでの⾼高可⽤用性の実現 l  マルチテナントの分離離⽅方法 •  テナント毎のリソース占有が可能   →  例例えば「ホスト」を占有することができる     →  セキュリティ⾯面でのアドバンテージとなる Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 12
  13. 13. Apache  CloudStackのメリット(2) l  余ったサーバやノートPCでも簡単に試せる Public  Network Management  Network Guest  Network CloudStack Management Server サーバ 仮想サーバでも可 仮想 ルータ インス タンス インス タンス サーバ/要ハイパーバイザー(KVM) SecondaryStorage PrimaryStorage snapshot template インスタンス⽤用 ボリューム 仮想化⽀支援機能のあるCPUを使っているサーバであればOK Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 13
  14. 14. Apache  CloudStackお試し l  DevCloud2 •  CloudStackの開発やテストに使える仮想アプライアンス •  VirtualBox上で動くOVAイメージ •  詳細な使い⽅方は「Cloud  OS『Apache  CloudStack』をお⼿手 軽に使ってみる⽅方法」参照 http://www.slideshare.net/samemoon/20131116-‐‑‒osc-‐‑‒fukuoka        Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 14
  15. 15. 利利⽤用事例例 • Service  Provider   • Academic   Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 15
  16. 16. 最新動向 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 16
  17. 17. ⽇日本CloudStackユーザー会 JCSUGでは ⽇日本語によるCloudStackに関する情報発信・情報共有を⾏行行い CloudStackの普及・⼈人材育成に貢献します l  ユーザー会(勉強会)等のイベントの開催 l  オープンクラウド実証実験タスクフォース(OCDET) l  WebとMailingListによる情報発信 –  Web:  http://cloudstack.jp/ –  Mailing  List:  参加するには以下に空メールを☆ users-‐‑‒join@cloudstack.jp Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved

×