名前のつけ方

18,629 views

Published on

Japanese only. 社内LTでやった名前の付け方(メソッド編)です。

Published in: Technology
0 Comments
38 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
18,629
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
308
Actions
Shares
0
Downloads
74
Comments
0
Likes
38
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

名前のつけ方

  1. 1. 名前のつけ方 @nay3 2012.2.24 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  2. 2. 普段やってる 名前付け方法を 整理してみた 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  3. 3. (メソッド編) 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  4. 4. 事前準備 •そのメソッドがどのような役割 なのかをよく考える • 役割を日本語で言い表せる、他 人に説明できる状態にしておく 株式会社 万葉2012年3月9日金曜日
  5. 5. obj.do_what 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  6. 6. レシーバ メソッド名 obj.do_what 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  7. 7. パターン •取得 •問い合わせ • レシーバを私が∼する • レシーバよ∼せよ 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  8. 8. どのパターンで 命名するのが よいか考える 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  9. 9. パターン •取得 •問い合わせ • レシーバを私が∼する • レシーバよ∼せよ 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  10. 10. 取得 obj.name obj.children Model.all 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  11. 11. 取得の メソッド名には 「名詞」「形容詞句」 を使う 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  12. 12. 名詞 • レシーバの「所有物」「属性」 を取得するときに使う • 必要に応じて修飾してもよい • obj.name • obj.published_children 株式会社 万葉2012年3月9日金曜日
  13. 13. 形容詞句 •自分または暗黙の対象物を取得 • 加工したものを取得する • 特定の状態のものを取得する •array.first •ModelClass.published •ModelClass.processing 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  14. 14. 形容詞句と英語 •形容詞 - large •動詞の過去分詞 - deleted • 動詞の進行形 - running • 前置詞と名詞 - in_cart 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  15. 15. パターン •取得 •問い合わせ • レシーバを私が∼する • レシーバよ∼せよ 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  16. 16. 問い合わせ obj.empty? obj.published? 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  17. 17. 問い合わせの メソッド名は 「疑問文」を縮めて ?をつける 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  18. 18. 基本は形容詞句 •形容詞 - large? •動詞の過去分詞 - deleted? •動詞の進行形 - running? •前置詞と名詞 - in_cart? Is it ○○○ ? 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  19. 19. 動詞入りの問い合わせ •obj.have_any_child? • obj.any_child? • have は省略できる •obj.will_be_destroyed? 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  20. 20. パターン •取得 •問い合わせ • レシーバを私が∼する • レシーバよ∼せよ 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  21. 21. レシーバを∼する の場合は (他)動詞をつける •他動詞 ... 目的語を持つ 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  22. 22. レシーバを私が∼する •obj.save •obj.destroy • array.sort • array.join(,) 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  23. 23. パターン •取得 •問い合わせ • レシーバを私が∼する • レシーバよ∼せよ 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  24. 24. レシーバよ∼せよ の場合は 自動詞 または 他動詞+引数とする 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  25. 25. レシーバよ∼せよ •Model.find(id) • array.collect{} • obj.sleep 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  26. 26. 用語の 選び方 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  27. 27. 意味のあっている ものを選ぶ 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  28. 28. 日本人に 馴染みのある 単語を使う 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  29. 29. 可能なら つづりやすい ものを選ぶ 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  30. 30. 単語を重ねるのは 2つくらいまでに 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  31. 31. 前置詞の利用は 控えめにする ofを避ける options_from_collection_for_select something_of_something 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  32. 32. 単数と複数を 区別する book = Book.all 株式会社万葉2012年3月9日金曜日
  33. 33. 三人称単数は性質を 表すときに使う validates .... has_many ... validates_something() 株式会社万葉2012年3月9日金曜日

×