AWSクラウドデザインパターン(CDP) - 概要編 -
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

AWSクラウドデザインパターン(CDP) - 概要編 -

on

  • 12,668 views

 

Statistics

Views

Total Views
12,668
Views on SlideShare
12,161
Embed Views
507

Actions

Likes
34
Downloads
229
Comments
1

10 Embeds 507

http://www.ogaworks.com 286
http://aws.clouddesignpattern.org 182
http://s.deeeki.com 13
http://blog.livedoor.jp 8
http://nuevospowerpoints.blogspot.com 7
https://twitter.com 4
http://clipin.me 3
http://webcache.googleusercontent.com 2
http://us-w1.rockmelt.com 1
https://www.google.co.jp 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

AWSクラウドデザインパターン(CDP) - 概要編 - AWSクラウドデザインパターン(CDP) - 概要編 - Presentation Transcript

  • AWSクラウドデザインパターン -概要編-
  • 自己紹介名前 玉川憲所属 アマゾンデータサービスジャパン株式会社ID @KenTamagawa好きなもの イカとミスチル好きなAWSサービス AWS DynamoDB
  • AWSの良さ、いっぱいあります瞬時のリソース調達で、ピーク対応が楽広大なバックボーンで、画像配信が楽柔軟なリソース調整で、障害対応が楽AWSにお任せで、運用が楽
  • AWS使いは、こんなこと良く言う「AWSいいよねーー」「万が一障害おきても、EIP付け替えればいいや。 EBSスワップして一瞬で復帰って、すごい楽 じゃないですか?」「EC2の前にELBを複数立てて、マルチAZに振 り分け、最悪マルチリージョンすれば?」「EC2にNFS入れて、インスタンスストレージ にrsyncすれば同期も楽でしょ?」
  • ネタが細かすぎて 伝わらない 選手権
  • AWS使いこなし度合と人数分布 AWS使いこなし度合 人数
  • AWS使いこなし度合と人数分布 AWS使いこなし度合 「そこのあなた、 ちょっと、 尖りすぎてませんか?」 人数
  • 「AWS使いこなし度合」と人数分布 AWS使いこなし度合 クラウドの良さを もっと知ってもらいたい 人数
  • やりたいこと AWSクラウドを より伝わりやすくしたい 既存ノウハウを伝えたい (暗黙知→形式知化)
  • そこでAWSクラウドデザインパターン [beta] (略して、CDP)
  • AWS クラウドデザインパターンとはAWSクラウドを使ったシステムアーキテクチャ 設計を行う際に発生する、典型的な問題とそれ に対する解決策・設計方法を、分かりやすく分 類して、ノウハウとして利用できるように整理 したものである。www.facebook.com/awscdp
  • AWS クラウドデザインパターンとはAWSクラウドを使ったシステムアーキテクチャ 設計を行う際に発生する、典型的な問題とそれ に対する解決策・設計方法を、分かりやすく分 類して、ノウハウとして利用できるように整理 したものである。http://aws.clouddesignpattern.org
  • Wikiでノウハウを共有
  • CDPでやりたいこと さまざまな課題に対して、 適用できるAWS利用の技を パターンとして 再利用可能に、 伝達可能にしてみる
  • パターン例FloatingIPパターンサーバ障害時やバージョン アップ時に、瞬時にサーバ切 り替えを行いたい場合に利用EIPの付け替えを行い、サーバ を切り替える
  • 例: Clone Serverパターン ロードバランサ Web Web Web 仮想 マスタ サーバ ②ディスクを同期 仮想 ディスク ①サーバ起動 マシン イメージ
  • 例: Job Observerパターン
  • デザインパターンの説明パターン名/サマリー  パターンの名前と、どのようなパターンなのかを簡単に説明した サマリー解決したい課題  このパターンが解決する課題や、このパターンが適用できる課題、 またパターンとして定義するに至った動機についての説明クラウドでの解決/パターンの説明  クラウド上でどのように課題を解決するかという点の説明や、ど のようなパターンなのか、どのような構成のパターンとなってい るかについての説明実装  パターンをAWSでどのように実装するかについての説明
  • デザインパターンの説明(続き)構造  パターンの構造を図式化したもの利点  このパターンを適用した際の利点の説明注意点  このパターンを適用する際の注意点や、適用により生じるデメ リット、メリットとデメリットのトレードオフの説明その他  関連するパターンや、他のパターンとの比較、利用事例などの付 加情報
  • CDPカテゴリ (as of 2012/03/03)基本パターン 静的コンテンツを処理 バッチ処理 Snapshot Web Storage Queuing Chain Stamp Direct Hosting Priority Queue Scale Up Private Distribution Job Observer Ondemand Disk Cache Distribution Scheduled Autoscaling Rename Distribution可用性を高める 運用保守 Multi-Server クラウドへデータをアップロード Bootstrap Multi-Datacenter Write Proxy Cloud DI Floating IP Storage Index Stack Deployment Deep Health Check Direct Object Upload Server Swapping Monitoring Integration動的コンテンツを処理 リレーショナル・データベース Web Storage Archive Scale Out DB Replication Clone Server Read Replica ネットワーキング NFS Sharding Inmemory DB Cache OnDemand NAT NFS Replica Sharding Write Backnet State Sharing Functional Firewall URL Rewriting Operational Firewall Rewrite Proxy Multi Load Balancer Cache Proxy WAF Proxy CloudHub
  • Wikiでノウハウを共有
  • パターンを活用した実装シナリオ画像動画配信サイト 大量のユーザに配信したいEコマースサイト 可用性、耐障害性高くしたいキャンペーンサイト 突発的アクセス増加に耐えたい
  • パターンを活用した実装シナリオ画像動画配信サイト -> Movable Type 大量のユーザに配信したいEコマースサイト -> EC-CUBE 可用性、耐障害性高くしたいキャンペーンサイト -> WordPress 突発的アクセス増加に耐えたい
  • 今日のセッションで実装を紹介
  • クラウドアーキテクティング原則• できるだけサービスを利用• 机上実験よりも実証実験• スモールスタートからスケールアウト• 変化に対し全レイヤで対処• 故障のための設計(Design For Failure)• 最初だけでなく周期的なカイゼン
  • CDP、誰が作ったの? Ninja of Three
  • Ninja of Three
  • まさかのNinja of Threeシール 表千家 裏千家
  • ミッション: FacebookでCDPのファンページにLike! →もれなくシールが
  • 今日のセッション
  • Next Step ミッション: 新しいCDPを 追加してみよう 目標: Ninja of “Thousand”
  • Wikiで編集できます!
  • ご清聴ありがとうございました @KenTamagawa表千家 しつこい