EA and Openthology
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

EA and Openthology

on

  • 3,732 views

オープンコミュニティ「要求開発アライアンス(http://www.openthology.org)」2007年11月度定例会の発表資料です。

オープンコミュニティ「要求開発アライアンス(http://www.openthology.org)」2007年11月度定例会の発表資料です。

Statistics

Views

Total Views
3,732
Views on SlideShare
3,731
Embed Views
1

Actions

Likes
0
Downloads
47
Comments
0

1 Embed 1

http://www.slideshare.net 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

EA and Openthology Presentation Transcript

  • 1. エンタープライズアーキテクチャ 株式会社アーキテクタス 細川
  • 2. 最初に 「バベルの塔」 BRUEGEL, Pieter the Elder  The quot;Littlequot; Tower of Babel 2
  • 3. エンタープライズアーキテクチャ エンタープライズアーキテクチャ(En t e r p r i s e Ar c h i t e c t u r e 、EA)とは、 組織のプロセス/情報システム/人事・部門などの構造と機能を包括的かつ厳 密な手法で記述する手法であり、それによって組織がその戦略的目的に沿っ て機能するように方向性を与えるものである。 Wi k i p e d i a (ウィキペディア)より引用 経営者の視点 ユーザの視点 システム設計者の視点 システム実装者の視点 (概要レベル) システム実装者の視点 (詳細レベル) ネット 組織 データ 機能 時間 動機 ワーク  人 3
  • 4. 初期のエンタープライズアーキテクチャ エンタープライズアーキテクチャ (En t e r p r i s e Ar c h i t e c t u r e 、EA)とは、 組織のプロセス/情報システム/人事・部門 などの構造と機能を包括的かつ厳密な手法 で記述する手法であり、それによって組織 がその戦略的目的に沿って機能するように 方向性を与えるものである。 現状(AsIs) 次期モデル 理想(ToBe) モデル モデル As I s To Be 政策・業務体系 政策・業務体系 Bu s i n e s s Bu s i n e s s ( Busi ness Archi t ect ure ) Ar c h i t e c t u r e Ar c h i t e c t u r e データ体系 データ体系 Da t a Da t a (Dat aa Archi tt ect ure ) Dat Archi ect ure Ar c h i t e c t u r e Ar c h i t e c t u r e 適用処理体系 適用処理体系 Ap p l i c a t i o n s Ap p l i c a t i o n s (Appl i i cat i ons Archi t t ect ure ) Appl cat i ons Archi ect ure Ar c h i t e c t u r e Ar c h i t e c t u r e 技術体系 技術体系 Tec hn o l o g y Tec hn o l o gy ( Technol ogy Archi ttect ure ) Technol ogy Archi ect ure Ar c h i t e c t u r e Ar c h i t e c t u r e St andards (データモデル、セキュリティ要件などの標準を策定) Transi t i onal Processes (業務、システムなどの移行管理計画を策定) 4
  • 5. 日本におけるエンタープライズアーキテクチャ • (参考)日本における電子政府構築 「業務・システム最適化指針(ガイドライン)」より抜粋 5
  • 6. 米国政府における電子政府構築の歴史 基本期 導入期 変革期 2002 2006 1996 1998 Federal Transition 電子政府法成立 IT管理改革法 連邦EAフレーワーク FEA リファレンスモデル Framework Ver1 (FEAF) Ver1.1 成立 組織の枠を 各省毎に 組織自体の変革 準備期間 超えた見直し 抜本的改革 EA構築実施 組織横断改革指針 (予算策定、災害対策 国民中心 、セキュリティ….) 結果志向 イニシアティブ マーケットベース 目標 目標 共通モデル 共通モデル (リファレンスモデル) (リファレンスモデル) 6
  • 7. 米国政府における電子政府構築の方向性① Initiative (組織横断改革指針) Initiative(組織横断改革指針) ※現在18のInitiativeを提示 主要機能に関する横断的指針 政府全体の横断的指針 IPV6の導入 予算策定・実行機能 情報共有環境 災害対策機能の 国民の健康に関する 統合的調達機能 の改善、共通化 の整備 強化 機能の強化 の確立 Reference Model (政府共通モデル) 戦略/業績層 ビジネス層 データ層 コンポーネント層 テクノロジー層 各府省のEAに反映 7
  • 8. 米国政府における電子政府構築の方向性② Convergence (収斂化) 組織横断 共通モデル 組織横断機能 への収斂 府省個別 モデル 8
  • 9. Fe d e r a l T r a n s i t i o n Fr a me wo r k 9
  • 10. Fe d e r a l T r a n s i t i o n Fr a me wo r k • イニシアティブ層 組織横断的に取り組むべき改革指針を定義 Budget Formulation and Execution Line of Business Case Management Line of Business Disaster Management E-Authentication E-Travel Federal Health Architecture (FHA) Financial Management Line of Business Geospatial Line of Business Geospatial One-Stop Grants Management Line of Business Grants.gov HSPD-12 Human Resources Line of Business Information Sharing Environment (ISE) Information Systems Security (ISS) Line of Business Integrated Acquisition Environment (IAE) Internet Protocol Version 6 (IPv6) IT Infrastructure Optimization Line of Business 10
  • 11. Fe d e r a l T r a n s i t i o n Fr a me wo r k • 戦略/業績層 戦略の全体像(WHATとHOWの連鎖)を定義し、目標を指標化 人材 国民への 業務達成 プロセス/ テクノロジ アクティビティ 成果 目標 固定資産 WHAT WHAT WHO WHAT 適切な人材 サービスと 誰のための 組織の目的 、テクノロジ、 して最適な サービスか とミッショ 固定資産 業務 ンは何か HOW HOW HOW HOW プロセスおよ 国民および サービスが 戦略成果にど びアクティビ 業務達成の どれだけ有効 れだけ寄与す ティへの寄与 成果に寄与 か るか 項目別に目標を指標化 年度 分野 カテゴリ 指標 2006 業務達成目標 I NPUT OUTCOME OUTPUT 国民への成果 プロセス テクノロジ 11
  • 12. Fe d e r a l T r a n s i t i o n Fr a me wo r k • ビジネス層 政府全体の業務を体系し、構造を明示 主要業務(L OB) 詳細化 国民へのサービス 環境対策 教育 国防 環境対策 エネルギー 国内の安全 自然資源 防諜 健康 災害対策 環境観測/予測 交通 法の施行 福祉 所得保証 内務・産業 産業振興 環境改善 司法 雇用 公害防止/管理 科学振興 サービス提供手段 市民への直接サービス 地方財政への援助 知識開発/管理 融資/保証 公共財の開発/管理 地方分権 規定順守/執行 サービス提供支援 内部リスク管理 立法 リソース配置 統治一般 広報 監査/監督 規定整備 歳入 政府リソースの管理 事務管理 調達管理人材管理 情報/技術管理 規定整備 財政管理
  • 13. Fe d e r a l T r a n s i t i o n Fr a me wo r k • データ層 政府全体として共有/活用/蓄積すべきデータを定義 情報交換パッケージ サービスが提供するインターフェース が規定される
  • 14. Fe d e r a l T r a n s i t i o n Fr a me wo r k • サービスコンポーネント層 政府にとって必要なサービス機能を一覧化 →詳細化してビジネスコンポーネントを定義
  • 15. Fe d e r a l T r a n s i t i o n Fr a me wo r k • テクノロジ層 政府にとって必要な技術要素を定義
  • 16. Fe d e r a l T r a n s i t i o n Fr a me wo r k • 米国政府モデルの構成を少し変えてみると 技術進化は 上位層に大きく影響 (イノベーション) 相互に 依存/影響 16
  • 17. 米国政府モデルとOp e n t h o l o g y との比較 • 両方ともビジネス構造として共通性を持つ Op e n t h o l o g y Fe d e r a l Tr a n s i t i o n Fr a me wo r k (FTF) BDAモデル イニシアティブ 戦略/業績 ビネ戦 ジス略 ビジネス ビネ ジス ビ ジ プセ構 ロス造 サビ構 ース造 情構 報造 ネ プロセス サービス データ テクノロジ ス オジク ブェト ビネ・ロス ジスプセ ビネ要 ジス求 モル デ シテ要 スム求 デタ ー アリーョ・ロス プケシンプセ I モル デ T シ ス アリーョ プケシン テ ム フーワク レムー 実アキクャ 装ーテチ 17
  • 18. 提言:Op e n t h o l o g y BDAの拡張 イニシアティブと技術(テクノロジ)の追加 • NEW イシテブ ニアィ ビネ戦 ジス略 ビネ ジス ビ ジ 技構 術造 プセ構 ロス造 サビ構 ース造 情構 報造 ネ NEW ス ビネ ジス オジク ブェト 技要 術求 ビネ要 ジス求 プセ ロス モル デ アリーョ プケシン シテ要 スム求 デタ ー 実技 現術 I プセ ロス モル デ T シ ス アリーョ プケシン テ ム フーワク レムー 実アキクャ 装ーテチ 18
  • 19. 提言:要求進化論 変化とイノベーションが、要求を進化させる • イニシアティブ/戦略の変化 価値の増幅 ビジネス要求 ビジネス要求 ビジネス要求 システム要求 システム要求 システム要求 システム要求 システム要求 技術要求 技術要求 技術要求 テクノロジの進化(イノベーション) 19
  • 20. まとめ エンタープライズアーキテクチャにおいて大切なこと ①目的志向  目的を達成するために何を実施すべきなのかを  明確に示すことが必要。 ②ビジネス構造の定義  業務とI Tを含めたビジネス構造を定義し 結局、EAが目指す  検証と改善を実施。 ところは「要求開発」 に帰着すると思いま す。 ③変化への対応  I Tの進化などによる変化を取り込む工夫  が必要。 20