ドメイン駆動設計と要求開発

2,344 views

Published on

オープンコミュニティ「要求開発アライアンス」(http://www.openthology.org)の2011年6月定例会発表資料です。
Open Community "Requirement Development Alliance" 2011/6 regular meeting of the presentation materials.

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,344
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
267
Actions
Shares
0
Downloads
41
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ドメイン駆動設計と要求開発

  1. 1. ビジネスからシステムまでつなげる仕組み ~ドメイン駆動設計と要求開発~ 2011年6月20日 定例会 要求開発アライアンス 執行委員 柳本 芙友子
  2. 2. アジェンダ• 自己紹介• 要求開発のざっくり解説• DDDとの共通点• 講師紹介
  3. 3. 自己紹介• 名前 – 柳本芙友子 – ゆこ。 – @f_yuko ( #yukolove )• 所属 – 某SIer – 要求開発アライアンス(執行委員) – その他アジャイル系コミュニティ – 呑まれ部・・
  4. 4. 要求開発とは• 「要求はあるものではなく開発するもの だ」 – とのキーワードのもと、• 業務を理解する(ビジネスモデリング)• 必要な要求を開発する• システム開発につなげる
  5. 5. 要求開発の領域
  6. 6. 要求開発の領域
  7. 7. 要求開発の3つのTTraceability Triage(追跡可能性) (絞り込み) Transparency (透明性) Always All Ways http://pub.ne.jp/Under_the_Bridge/?entry_id=2647694
  8. 8. なんのためのシステム開発なのか
  9. 9. BSC戦略マップ 長期の株主価値財務の視点 原価構造の改善 資産の有効活用 収益機会の拡張 顧客価値の向上 顧客への価値提案顧客の パートナー視点 価格 品質 入手可能性 品揃え 機能性 サービス シップ ブランド 製品/サービスの属性 関連性 イメージ 業務管理の 顧客管理の イノベーション 規制と社会の プロセス プロセス のプロセス プロセス内部 ・調達 ・顧客の選別 ・機会の識別 ・環境プロセスの ・生産 ・顧客の獲得 ・R&Dポートフォリオ ・安全衛生 ・配送 ・顧客の維持 ・設計/開発 ・雇用視点 ・リスクマネジメント ・顧客との関係強化 ・市場投入 ・地域社会 人的資本学習と成長の 情報資本視点 組織文化 リーダーシップ 組織資本 顧客への 方向づけ チームワーク R・キャプラン、D・ノートン 「戦略マップ」より引用
  10. 10. IT貢献度マップ 海外の売上げ増(2倍) コストの圧縮(10% ) 国内外で同一レ ベルのサービス 納期を圧縮(10%) メインテナンス・レ スポンスの向上 製作工期の短縮(10%)内部プロセ (50%)スの視点 調達日数の短縮(20%) 調達費の削減(4%) 受注から部品発注の迅速化(1日以内)手段の視点 部品発注から納品の迅速化(3日以内) Webによる受注システムの構築ITシステム の視点 CAD・CAMによる部品発注システム 部品調達総合システム
  11. 11. 要求分析ツリー
  12. 12. トリアージ 制御可能で 制御価値のあるところから
  13. 13. こたつモデル ビジネスオーナー 業務担当者システム開発者3者が課題の視覚化(モデル)と改善プロセスによる活動を 行うことによって、「正しい要求の獲得」を行う。 こたつモデル再考 http://www.slideshare.net/kent4989/kotatsumodel-in-openthology/
  14. 14. ドメイン駆動設計とは• ドメイン=業務領域• ドメインエキスパートの話を聞いて、モデ ルを作成する – 関係者間で共有する – ユビキタス言語を使用して同じ言葉で話す• ドメインモデリングがシステム開発の中で 重要 – アーキテクチャや技術よりも・・• モデルを反映させたシステムをつくる
  15. 15. ドメイン設計と要求開発3つのTTraceability Triage(追跡可能性) (絞り込み) Transparency (透明性)
  16. 16. ドメイン駆動設計と要求開発3つのTユビキタス言語 コア ドメイン ドメイン モデル
  17. 17. ドメイン駆動設計と要求開発の共通点• 大切にしていること – 顧客のビジネス分析/モデリングを使用すること – 利害関係者の話をちゃんと聞くこと – システム開発の目的は顧客のビジネスに貢献す ると理解していること – ビジネス(ドメイン)からプログラムまでのつ ながりを可視化すること
  18. 18. ドメイン駆動設計と要求開発の特徴• 要求開発 – Openthology ではシフトフェーズ以降が弱い。 • (RFPレベルまでが定義されている(白本)) • 最近ではAgile開発とセットで補完されている場合が多い – こたつモデル!! – 「変化を抱擁せよ」• ドメイン駆動設計 – ユビキタス言語:ビジネスからソースまで同じ言葉を 使用する。 – ドメインエキスパートとの対話(オーナーは?) – 「顧客の変更要求が合理的に聞こえる」
  19. 19. 詳しくは・・• 増田 亨様 – 有限会社 システム設計 代表取締役社長 – ドメイン駆動設計(DDD)とアジャイルなアプローチを 中心にシステム設計を実践 – Blog「システム設計日記」 • (http://masuda220.jugem.jp/) に、聞いてみましょう♪
  20. 20. Special Thanks to..• 講演者 – 増田様 (@masuda220)• レビュアー – Kent さん (@agnozingdays) – てつ。 さん (@tetsu_m)• 参加者の皆様 ご清聴ありがとうございました。

×