企画プロセスツールキット2011

2,124 views

Published on

オープンコミュニティ「要求開発アライアンス」(http://www.openthology.org)の2011年10月定例会発表資料です。
Open Community "Requirement Development Alliance" 2011/10 regular meeting of the presentation materials.

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,124
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
10
Actions
Shares
0
Downloads
37
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

企画プロセスツールキット2011

  1. 1. 今回のカタログ 要求開発/要求工学 プロジェクトマネジメント Openthology PMBOK BABOK REBOK アーキテクチャ方法論 データマネジメント フレームワーク DMBOK アーキテクチャ設計手法 アーキテクチャ評価手法 1
  2. 2. 要求開発に関連性の⾼高い標準化動向(1) 要求開発/要求工学 BABOK (A Guide to the Business Analysis Body of Knowledge) IIBA(International Institute of Business Analysis)が標準化を行っている ビジネスアナリシスに関する知識体系 ビジネスアナリシス の計画と監視 (Business Analysis Planning and Monitoring) ソリューションの エンタープライズアナリシス 評価と妥当性検証 (Enterprise Analysis) (Solution Assessment and Validation) 要求管理と 引き出し コミュニケーション (Elicitation) (Requirements Management and Communication) 要求アナリシス (Requirements Analysis) 基礎コンピテンシ 参考資料:「ビジネスアナリシス知識体系ガイド」 (Underlying Competence) 2
  3. 3. 要求開発に関連性の⾼高い標準化動向(1) 要求開発/要求工学 BABOK における要求の構造 企業のゴール、目標、ニーズ等の高次元の要求 ビジネス要求 特定のステークホルダー(利害関係者)のニーズ ステークホルダー要求 ビジネス要求やステークホルダー要求に合致した ソリューション要求 ソリューションに関する要求 以下の要求が含まれる 機能要求 ・機能要求   ・非機能要求 非機能要求 現状からあるべき姿(TO-BE)に移行するために 移行要求 一時的に必要な能力 3
  4. 4. 要求開発に関連性の⾼高い標準化動向(2) 要求開発/要求工学 REBOK(Requirements Engineering Body Of Knowledge) JISAのソフトウェアエンジニアリング部会REBOK WGが策定 引用:「要求工学知識体系第1版」 近代科学社刊 4
  5. 5. 要求開発に関連性の⾼高い標準化動向(2) 要求開発/要求工学 REBOK(Requurements Engineering Body Of Knowledge) プロセス 詳細 プロセスの概要 ステークホルダーの獲得 要求獲得 現状システムの理解 現状システムのモデル化 課題の抽出と原因分析 課題解決に向けたゴールの抽出 ゴールを達成する手段の抽出 実現すべき将来システムのモデル化 要求の記述と詳細化 要求の分類 要求分析 要求の構造化 要求の割当て 要求の優先順位づけ 要求交渉 ビジネス/プロダクト要求の文書化 要求仕様化 システム要求の文書化 ソフトウェア要求の文書化 ソフトウェア仕様の仕様化 要求検証 要求仕様の検証・ 要求妥当性確認 妥当性確認・評価 要求評価 要求レビュー プロトタイピング 要求開発プロセスの計画 要求の計画と管理 要求管理計画 要求属性 要求の優先順位付け 要求管理(要求変更管理プロセス) 要求トレース 参考:「要求工学知識体系第1版」 近代科学社刊 5
  6. 6. システムアーキテクチャ⼿手法 アーキテクチャ方法論 システムアーキテクチャに関する主要な手法 アーキテクチャ に関する領域の種類 具体例 ・4+1ビュー アーキテクチャ ・Rozanski/Woods ① ビューポイント フレームワーク ・Eeles/Cripps ・ADD (Attribute Driven Design Method) 品質駆動型設計手法 アーキテクチャ ② ・ACDM 設計手法 (Architecture Centric Design Method) アーキテクチャ中心設計手法 ・ATAM アーキテクチャ (Architecture Tradeoff Analysis Method) ③ 評価手法 ・CBAM (Cost Benefit Analysis Method) 6
  7. 7. システムアーキテクチャ⼿手法 アーキテクチャ方法論 IEEE1471 システム(ソフトウェア)アーキテクチャ記述のための標準的概念 ミッション 1..* 達成する 影響する 環境 システム アーキテクチャ 在る 1..* 有する 提供する アーキテクチャ 1..* ステークホルダ 記述 合理性 示される 1..* 有する 1..* 1..* 1..* 構成される 1..* 関心事 1 1 1..* 1..* ビューポイント ビュー モデル 1..* 1..* 0..1 もとづく 手法を決定 ライブラリー ビューポイント 7
  8. 8. システムアーキテクチャ⼿手法 アーキテクチャ方法論 アーキテクチャビューポイントフレームワーク ① 4+1ビュー フュレームワーク 古典的なアーキテクチャフレームワーク 論理ビュー 配置ビュー シナリオ プロセス 物理ビュー ビュー 8
  9. 9. システムアーキテクチャ⼿手法 アーキテクチャ方法論 アーキテクチャビューポイントフレームワーク ② Rozanski/Woodsフレームワーク アーキテクチャパースペクティブ (=非機能要求)についても 品質特性として定義9
  10. 10. システムアーキテクチャ⼿手法 アーキテクチャ方法論 アーキテクチャビューポイントフレームワーク ③ Eeles/Crippsフレームワーク 性能、可用性、セキュリティ、システム管理、イ ンフラ等の、横断的要求についても体系的に 評価 10
  11. 11. システムアーキテクチャ⼿手法 アーキテクチャ方法論 アーキテクチャ設計手法 ① ADD:品質駆動型設計手法 (Attribute Driven Design Method) 品質特性を明確に定義し それを実現するアーキテクチャを設計する 11
  12. 12. システムアーキテクチャ⼿手法 アーキテクチャ方法論 アーキテクチャ設計手法 ② ACDM: アーキテクチャ中心設計手法 (Architecture Centric Design Method) アーキテクチャデザインを イタレーティブに実施/検証12
  13. 13. システムアーキテクチャ⼿手法 アーキテクチャ方法論 アーキテクチャ評価手法 ① フェーズ ステップ ATAM: フェーズ0 準備 アーキテクチャトレードオフ分析手法 フェーズ1 ステップ1 (Architecture Tradeoff Analysis Method) 分析 ATAMの提示 ステップ2 業務上の重要な要素の洗い出し アーキテクチャが品質特性に ステップ3 関する要求を満たしていることを検証 アーキテクチャの紹介 ステップ4 アーキテクチャ手法の認識 ステップ5 ユーティリティツリーの作成 ステップ6 アーキテクチャ手法を分析 フェーズ2 ステップ7 検証 ブレインストーミングと優先順位付け ステップ8 アーキテクチャ手法の分析 ステップ9 結果報告 フェース3 フォローアップ 13
  14. 14. システムアーキテクチャ⼿手法 アーキテクチャ方法論 アーキテクチャ評価手法 ② CBAM: コスト・利益分析手法 (Cost-Benafit Analysis Method) コスト、利益、優先順位によって アーキテクチャの評価を行う ※ATAMによる分析結果を   アウトプットに用いる 性能 ユーザービリティ ビジネス アーキテクチャ ゴール 戦略 利益 セキュリティ 変更容易性 費用 14
  15. 15. プロジェクトマネジメント プロジェクトマネジメント PMBOK (Project Management Body of Knowledge) プロジェクトマネジメントに関する知識体系 5つのプロセスグループ 9つの知識エリア 立ち上げ 計画 実行 終結 統合管理 (Initialize) (Planning) (Executing) (Closing) スコープ管理 スケジュール管理 コスト管理 品質管理 人的資源管理 コントロール コミュニケーション管理 (Control) リスク管理 調達管理 15
  16. 16. データマネジメント データマネジメント DMBOK (Data Management Body of Knowledge) データマネジメントに関する知識体系 10つのファンクション 7つの環境要素 データ 組織と アーキテ 文化 データ品 クチャ データ 質管理 開発 テクノ アクティ ロジー ビティ データオ メタデータ データ ペレーショ 管理 ン管理 ゴールと ガバナン ス 原則 ドキュメン データセ ト/コンテ キュリティ プラクティス デリバ ンツ管理 管理 &テクニック ブル データ マスター ウェアハ データ管 ウス/BI 理 ロール& レスポン しビリティ 16

×