• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
デブサミ2011(17-B-3)講演資料「チケット駆動開発~タスクマネジメントからAgile開発へ」
 

デブサミ2011(17-B-3)講演資料「チケット駆動開発~タスクマネジメントからAgile開発へ」

on

  • 10,576 views

デブサミ2011(17-B-3)講演資料「チケット駆動開発~タスクマネジメントからAgile開発へ」 ...

デブサミ2011(17-B-3)講演資料「チケット駆動開発~タスクマネジメントからAgile開発へ」
デブサミ2011資料などへのリンク集 - <デブサ見>
http://labo.artry.net/devsumeet2011/afterlinks

Statistics

Views

Total Views
10,576
Views on SlideShare
5,576
Embed Views
5,000

Actions

Likes
14
Downloads
1
Comments
0

18 Embeds 5,000

http://tech-gym.com 3846
http://forza.cocolog-nifty.com 720
http://devsummary.miukoba.net 108
http://grid-sv02.siz.nes.nec.co.jp 105
http://inscrutable.seesaa.net 78
http://sakaba.cocolog-nifty.com 60
http://webcache.googleusercontent.com 43
http://chisei.hatenablog.com 12
http://d.hatena.ne.jp 7
http://s.deeeki.com 5
https://twitter.com 4
http://paper.li 4
http://twitter.com 2
http://app.m-cocolog.jp 2
http://agile-community.siz.nes.nec.co.jp 1
https://webcache.googleusercontent.com 1
https://intrasys-fp1.canon-electec.co.jp 1
http://smiley.tnes.nec.co.jp 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

CC Attribution License

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    デブサミ2011(17-B-3)講演資料「チケット駆動開発~タスクマネジメントからAgile開発へ」 デブサミ2011(17-B-3)講演資料「チケット駆動開発~タスクマネジメントからAgile開発へ」 Presentation Transcript

    • チケット駆動開発 タスクマネジメントからAgile開発へ   Part2 デブサミ2011 17-B-3 2011/2/17 小川明彦@XPJUG関西 小川明彦 (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 1
    • Agenda Agile開発の課題 チケット駆動開発とは チケット駆動開発の運用サイクル TiDD運用後 TiDDでAgile開発を実践する方法 【1】タスク管理をデジタル化 【2】自然な変更管理 【3】並行開発 TiDDをAgile化する4ヶ条 まとめ (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 2
    • Agile開発の課題 頻繁に変わるタスク管理 頻繁なリリースでタスク管理が大変 アナログのPostIt、かんばんだけでは進捗管理しづらい 継続的な修正と頻繁なリリース管理 継続的な修正と頻繁なリリース管理 と頻繁なリリース 継続的なリファクタリングや機能追加を制御するのは難しい 短期間に順次リリースするプロセスはやっぱり大変 本番運用と開発中の2本のコードラインを持つ並行開発 本番運用と開発中の 本のコードラインを持つ並行開発 本のコードラインを持つ 一度リリースしたソースは  本番ブランチとして生き続ける 常に本番運用・開発中の  二つのコードラインを  保守するのは大変 かんばん (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 3
    • チケット駆動開発とは チケット駆動開発はTracのチケット管理から生まれた(まちゅさん) http://www.machu.jp/diary/20070907.html#p01 正式名称:Ticket Driven Development (まちゅさん) BTS/ITSを障害管理だけでなくタスク管理に使う(まちゅさん) チケット駆動開発の運用ルールは二つだけ BTSチケットはXPのタスクカードのように扱う(阪井さん) チケットはSW開発の作業指示書 (Ticket First) BTSチケットに構成管理情報を付与する チケット無しのソースコミット不可 (No Ticket, No Commit !) (まちゅさん) BTSの運用対象を の運用対象を 拡大する (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 4
    • チケット駆動開発の運用サイクル ユーザ PL 次バージョンへ バージョン登録 問合せ Redmine チケット更新 集計表示 バージョンClose バージョン 開発チーム PG (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 5
    • TiDD運用後 プロジェクトの問題や進捗を見える化できた 残タスク、進捗率がリアルタイムに一目瞭然 プロジェクトのゴールや問題点をチームで共有できる TiDDが自然に が自然にAgile開発になった(あきぴー) が自然に 開発になった XPの小規模リリースを自然に運用できた チケットの取捨選択こそがXPの計画ゲーム チケットの取捨選択こそが の計画ゲーム チケットの取捨選択が本来のマネジメント(えと~さん) 開発のリズムが生まれた イテレーション単位でリリースするから開発のリズムが生まれる 開発者の評判もいい 朝会、リリース後のふりかえりを運用しやすい チケットによるワークフローが自然にペア作業になる (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 6
    • TiDDでAgile開発を 実践する方法 (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 7
    • 【1】タスク管理をデジタル化 XPのタスクカードをデジタル化する(阪井さん) チケットへ作業内容、進捗情報を付与する チケットの枚数の物理的制限がない 計画に基づかない突然のタスク管理がやりやすい BTSは本来、突然発見したバグの管理のためのツール プロジェクト管理をチケット管理に置き換えることでマネジメントを見える化する XP BTS かんばん チケット一覧 置き換え チケット タスクカード (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 8
    • 強力なチケット集計機能 BTSチケット集計結果をかんばんのように扱う(阪井さん) XPのタスクボードは最新化・集計が面倒 TiDDは、BTSに仕様や進捗の情報を集約できる 進捗や品質、コストに関するメトリクスをいくらでも出力できる かんばん (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 9
    • 小規模リリース 2~4週間の間隔で、小刻みに 機能拡張しながらリリースする 進捗が100%になったらリリー ス可能になる ビルドモジュールのリリース予 定バージョンがイテレーション に相当する (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 10
    • 小規模リリース 2~4週間の間隔で、小刻みに 機能拡張しながらリリースする 進捗が100%になったらリリー ス可能になる ビルドモジュールのリリース予 定バージョンがイテレーション に相当する リリース済バージョン、終了チケット は変更履歴に残る 自然に繰り返し開発 になるのがポイント (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 10
    • 【2】自然な変更管理 ロードマップをリリース計画のように扱い、小規模リリースを 運用する開発プロセス Redmineによるチケット駆動開発は、XPの開発ライフサイクルに似た アジャイル開発 (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 11
    • ワークフローで変更管理 (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 12
    • ワークフローで変更管理 ソフトウェア開発のワークフローは BTSのワークフロー機能で 制御できる ユーザ権限と チケット種類の単位で ステータスの現在・移行先を指定する ステータスの移行先 現 在 の ス テ ー タ ス (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 12
    • SCM連携でトレーサビリティ (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 13
    • SCM連携でトレーサビリティ No Ticket, No Commit! チケット無しのソースコミット不可! →チケットにソース修正履歴が残る (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 13
    • チケットの親子関係で要件管理 親チケット=ストーリーカード、 子チケット=タスクカード   でグループ化する (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 14
    • チケットの親子関係で要件管理 親チケット=ストーリーカード、 子チケット=タスクカード   でグループ化する 親チケットの 属性に 子チケットの 情報を ロールアップ 親チケットから 詳細を 子チケットへド 子チケットへド リルダウン (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 14
    • 【3】並行開発 Agile開発は自然に並行開発になる 開発は自然に並行開発になる (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 15
    • リリースブランチとタスクブランチ ブランチのタスク管 理をTiDDで運用す 理を で運用す る (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 16
    • TiDDでAgileに開発する4ヶ条 1. チケットはタスクカードのように扱う Ticket First 2. チケットに構成管理情報をリンクさせる No Ticket, No Commit ! 3. イテレーションをチケットのリリース予定バー ジョンに対応付ける 小規模リリース 4. BTSプロジェクトはビルドモジュール(コンポー ネント)ごとに作る 並行開発 (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 17
    • まとめ ツールがサポートすれば、 ツールがサポートすれば、 行動が変わっていく。 行動が変わっていく。 行動が変われば が変われば、 行動が変われば、 考え方も変わっていく。 考え方も変わっていく。 考え方が変われば 考え方が変われば チームも変わっていく。 人もチームも変わっていく。 チケット駆動開発でアジャイル開発を実践してみよう BTSがあれば誰でも運用できる 「Ticket First」「No Ticket, No Commit !」から始めよう (copyright2011 akipii@XPJUG関西) 18