SlideShare a Scribd company logo
gile +
アジャイル開発の現在・過去・未来
                XP
    ~今を知り、源流を訪ね、先を見据える~

        株式会社チェンジビジョン
        ㈱永和システムマネジメント
           平鍋 健児
1                 理想と現実の出会う現場へ
XP !




2          理想と現実の出会う現場へ
アジェンダ

    自己紹介
    なぜ今 Agile か
    Agile の海外での状況
    Agile の日本での状況
    “Kanban”
    XPとはなんだったか ?
3                   理想と現実の出会う現場へ
自己紹介
㈱永和システムマネジメント
– 本社:福井県福井市、支社:東京(2002-)
– Ruby と Agileを使ったシステム開発
株式会社チェンジビジョン
– 本社: 東京
– astah*(JUDE) で見える化
平鍋健児
– リアルタイム,CAD, オブジェクト指向の実践
– UMLエディタJUDE/astah*の開発
– アジャイルプロセス協議会、副会長
– 翻訳、XP関連書籍、『リーン開発の本質』等多数。
– 2008 Gordon Pask Award Recipient for contributions to Agile practice
なぜ今Agileか


5      理想と現実の出会う現場へ
ミッション・リスク分割型ビジネスと
    ウォーターフォール型開発(従来型)
         市場分析             発注




    市場
    市場           ビジネス
                 ビジネス             IT
                                   IT




          リリース            納品

                 半年から3年


6                              理想と現実の出会う現場へ
従来型の問題=要求の劣化
                  システムの機能の利用度


              いつも使う
                7%

     よく使う
      13%



    たまに使う
      16%
                                                  全く使われない
            ほとんど使われな                                 45%
                い
               19%

                       Standish group study report in 2000 chaos report


7                                   理想と現実の出会う現場へ
ミッション・リスク共有型ビジネスと
    Agile型開発
              ビジネスとITが一体になった
              ビジネスと が一体になった
              「OneTeam」を作り、ミッション
                      」を作り、ミッション
       市場     とリスクを共有する。
              やってみて、結果から戦略を
              作りながら進む。

      ビジネス
       市場
       市場




                 半年
                  ら
                間か
              2週
        IT
         IT


8                理想と現実の出会う現場へ
プロセスとしてのAgile
           プロセスとしての
    短いサイクルで、分析、設計、実装、テストを
    並列に行う
    タイムボックス型、進化型開発
     Waterfall   要求(スコープ)          Agile    要求(スコープ)

            分析

            設計

            実装

    時間
           テスト
                              時間
                 Royce 1970                     Beck 2000




9                                          理想と現実の出会う現場へ
分割の仕方

      機能で切る。
      層で切らない。
      やりがい、コミュニケーション
      MMF, FBS

"These days we do not program software
module by module;
we program software feature by feature.“
                —Mary Poppendieck             by Akiyah

 10                                    理想と現実の出会う現場へ
アジャイルの現在位置
                   2000     2002               2010

       Evo FDD, Crystal,
             DSDM, ASD
     Patterns
            XP                                   大規模
                                                •大規模
                           Agile                 組織改革
                                                •組織改革
                                                •Lean/Agile
                                                •Agile/UX
                   SCRUM           Lean Software
                                   Development
      TPS        Lean
                                                      Kanban
        Deming
11                                   理想と現実の出会う現場へ
Agile事例(1/2)
 Salesforce 社の事例
 徐々に肥大化して、リリース頻度が低くなったソフ
 トウェア開発に、アジャイルを導入。
 コンサルタントを招いてトップダウンで変革。
 Agile2007での事例発表
 http://www.slideshare.net/sgreene/salesforceco
 m-agile-transformation-agile-2007-conference


12                            理想と現実の出会う現場へ
Agile事例(2/2)
 Tc electronic 社の事例
 組み込みでの工夫。
 Orland Scrum Gathering, March 16, 2009での
 発表。
 http://www.scrumalliance.org/resource_download/
 608




13                             理想と現実の出会う現場へ
Agileの日本での事例


14          理想と現実の出会う現場へ
日本での事例報告
ベンダー            システム            言語         人     発表媒体
                                           数
日本ユニシス          すかいらーく          J2EE       14    日経コンピュータ2001/6/4
                調達オークション
永和システムマネジメント    UMLエディタ         Java/      6+6   UMLフォーラム2003
                                Swing
NEC             ヤンマー農機顧客接点      J2EE       10    日経コンピュータ2003/5/19

TIS             金融系注文管理         J2EE/C++   8     JavaDevelopers2003/12
富士通PST          Webサーバー         Java       9     デベロパーズサミット2005/2/4
東芝医用システム        医療システム          C++        10    デベロパーズサミット2008/2/13
エンジニアリング
富士通             学校向けパッケージ       Java       20    デベロパーズサミット2008/2/13
文教ソリューション                                        アジャイルジャパン2009/4/22
                                                 アジャイルジャパン2009/4/22
リクルート           Webシステム(25例)    Java             デベロパーズサミット2009/2/12
                                                 アジャイルジャパン2009/4/22
                                                 アジャイルジャパン2009/4/22
良品計画+USP研究所     社内システム          シェル              アジャイルジャパン2009/4/22
                                                 アジャイルジャパン2009/4/22
ウルシステムズ         東邦チタニウム生産管理                8     日経ITPro
                                                 日経ITPro 2009/7/15
情報システム総研                                   8
http://agilejapan.org/ にダウンロード可能な事例レポートが3つあります。
  15                                       理想と現実の出会う現場へ
16              理想と現実の出会う現場へ
     出典:アジャイルジャパン、富士通事例 『モチベーション駆動開発
17                                  理想と現実の出会う現場へ
                           実例:ユーザー企業責任で25サイトをアジャイルに開発』
                                       25サイトをアジャイルに開発
     出典:アジャイルジャパン、リクルート事例 『実例:ユーザー企業責任で25サイトをアジャイルに開発』
18                     USP 理想と現実の出会う現場へ
     出典:アジャイルジャパン、良品計画+USP研究所事例
     出典:アジャイルジャパン、良品計画+USP研究所事例 『スピードがすべてを駆逐する
19                     USP 理想と現実の出会う現場へ
     出典:アジャイルジャパン、良品計画+USP研究所事例
     出典:アジャイルジャパン、良品計画+USP研究所事例 『スピードがすべてを駆逐する
20   理想と現実の出会う現場へ
のスケール方向
              Agileのスケール方向
      米国の構造           日本の構造


         ユーザ企業           ユーザ企業


         システム部門
                           システム
                            部門


                           SIer


                         中堅ソフトハウス




     横にスケールするAgile
     横にスケールするAgile   縦にスケールするAgile
                     縦にスケールするAgile
21                      理想と現実の出会う現場へ
22   理想と現実の出会う現場へ
”Kanban”



23   理想と現実の出会う現場へ
“Kanban, Successful Evolutionary Change for
        Your Technology Business”




 http://www.agilemanagement.net
25             理想と現実の出会う現場へ
     http://blog.crisp.se/henrikkniberg/
Corey Ladas


http://leansoftwareengineering.com/2007/10/27/kanban-bootstrap/
(協力:ヤマハモーターソリューション)


27     理想と現実の出会う現場へ
Waterfall-Scrum-Kanban
Waterfall       要求(スコープ)   Scrum   要求(スコープ)   Kanban   要求(スコープ)

          分析
                     WIP         WIP
                                                         WIP
          設計

          実装

          テスト

     時間                    時間      Lead Time 時間           Lead Time
         Lead Time          一ヶ月で30個の
 1年で365の要求                                        一日1個
                             要求を作る
    を作る
                                           どれも、「平均」スループットは同じ。

リトルの法則: WIP(中間在庫) = Lead Time(出来上がるまでの時間) × Throughput(生産性)
     同じThoughputなら、WIPを小さくすれば、LeadTimeが短くなる。→早く提供できる
28                                       理想と現実の出会う現場へ
http://leanandkanban.wordpress.com/2009/04/04/useful-agile-metrics-cumulative-flow/
29                                                      理想と現実の出会う現場へ
日本からも海外へ発信




30          理想と現実の出会う現場へ
31   理想と現実の出会う現場へ
32   理想と現実の出会う現場へ
Agileの現状



33     理想と現実の出会う現場へ
State Of Agile Survey 2009

     VersionOne 社の4thアニュアルサーベイ
     2006,’07,’08,’09。(2010は実施済み未発表)
     参加者 2,570人。88の国
     http://pm.versionone.com/
     StateOfAgileSurvey.html




34                        理想と現実の出会う現場へ
アジャイルを主導する層の変化




35            理想と現実の出会う現場へ
現在、Agile というと
     現在、      というとScrumが74%
                       が



36                            理想と現実の出会う現場へ
Agile≒Scrum
Agile
         - Scrum
Engineering Practices
Craftsmanship
アジャイルの価値、原則、実践



       価値
                 まずはこれを共有すること
      value



       原則
                  考え方としての方針
     principle



       実践
                 具体的に現場ごとに作る
     practices




39                        理想と現実の出会う現場へ
Agileの価値観
                  の価値観
                  の価値

私たちは,
 たちは,

     プロセスとツールよりも      個人と対話に
                  ……… 個人と対話に.
     包括的なドキュメントよりも      くソフトウェアに.
     包括的なドキュメントよりも ……… 動くソフトウェアに.
     契約交渉よりも
     契約交渉よりも         顧客との協調に
                        との協調
                 ……… 顧客との協調に.
     計画に
     計画に沿うことよりも       変化に対応することに
                            することに.
                  ……… 変化に対応することに.

価値をおく.
価値をおく.
  をおく

              出展:アジャイル宣言
              出展:アジャイル宣言(agilemanifesto.org)
                      宣言


40                           理想と現実の出会う現場へ
動くソフトウェアだけでなく、
      上手く作られたソフトウェア

      変化に対応するだけでなく、
       着実に価値を加えていく

      個人と対話だけでなく、プロ
      フェッショナルのコミュニティ
      顧客との協調だけでなく、
      生産的なパートナーシップ


      左を追及する過程で、右が
      重要であることに気づいた。

41   理想と現実の出会う現場へ
Agile
- Scrum
  XP?
Q: How do you get to Carnegie Hall ?
A. Practice, man!, practice, practice. ...
   Practice,
XP Engineering Practices

     テスト駆動開発
     リファクタリング
     ペアプログラミング
     コーディング標準
     コードの共同所有
     継続的インテグレーション
     メタファ or ユビキタス言語


44                      理想と現実の出会う現場へ
まとめ

     海外では Agile がキャズムを超えた
     日本でも第二次アジャイルブーム
     “Kanban”/Lean も注目を浴びている。

     XP とはなんだったか ?


46                   理想と現実の出会う現場へ
One more thing …


47            理想と現実の出会う現場へ
XP Engineering Practices

     テスト駆動開発
     リファクタリング
     ペアプログラミング
     コーディング標準
     コードの共同所有
     継続的インテグレーション
     メタファ or ユビキタス言語
     Energized Work

48                      理想と現実の出会う現場へ
週40時間労働
–40-Hour Week
持続可能なペース
–Sustainable Pace
活気のある仕事
–Energized Work
今回は家族
全員を連れ
 てきたよ !




50        理想と現実の出会う現場へ
休暇の取り方                            友人
                                           カンファレンンス
            休憩の取り方


                                               礼拝
              ワークスタイル       リ・チャージ



          他者との関係
                                家族
                                          趣味   地域

仕事時間を制限




失業の不安
 退屈さ
                   流してしまう
 非難
I   XP

More Related Content

What's hot

テスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるなテスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
Kentaro Matsui
 
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
toshihiro ichitani
 
あなたのチームの「いい人」は機能していますか?
あなたのチームの「いい人」は機能していますか?あなたのチームの「いい人」は機能していますか?
あなたのチームの「いい人」は機能していますか?
Minoru Yokomichi
 
LEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartup
LEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartupLEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartup
LEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartup
Itsuki Kuroda
 
デキるプログラマだけが知っているコードレビュー7つの秘訣
デキるプログラマだけが知っているコードレビュー7つの秘訣デキるプログラマだけが知っているコードレビュー7つの秘訣
デキるプログラマだけが知っているコードレビュー7つの秘訣
Masahiro Nishimi
 
エンジニアの個人ブランディングと技術組織
エンジニアの個人ブランディングと技術組織エンジニアの個人ブランディングと技術組織
エンジニアの個人ブランディングと技術組織
Takafumi ONAKA
 
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB
Itsuki Kuroda
 
スタートアップの 3 分ピッチテンプレート
スタートアップの 3 分ピッチテンプレートスタートアップの 3 分ピッチテンプレート
スタートアップの 3 分ピッチテンプレート
Takaaki Umada
 
スタートアップの"共同創業者"を選ぶ技術
スタートアップの"共同創業者"を選ぶ技術スタートアップの"共同創業者"を選ぶ技術
スタートアップの"共同創業者"を選ぶ技術
Takaaki Umada
 
君にグロースハックはいらない
君にグロースハックはいらない君にグロースハックはいらない
君にグロースハックはいらない
Takaaki Umada
 
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
Fumihiko Kinoshita
 
Digitaltransformation Journey
Digitaltransformation JourneyDigitaltransformation Journey
Digitaltransformation Journey
toshihiro ichitani
 
書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf
書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf
書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf
taisa831
 
Re: 逆説のスタートアップ思考 <七つの逆説>
Re: 逆説のスタートアップ思考 <七つの逆説>Re: 逆説のスタートアップ思考 <七つの逆説>
Re: 逆説のスタートアップ思考 <七つの逆説>
Takaaki Umada
 
人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)
人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)
人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)
Takaaki Umada
 
リーンスタートアップにおける良い仮説、悪い仮説
リーンスタートアップにおける良い仮説、悪い仮説リーンスタートアップにおける良い仮説、悪い仮説
リーンスタートアップにおける良い仮説、悪い仮説
Takaaki Umada
 
正しいものを正しくつくる
正しいものを正しくつくる正しいものを正しくつくる
正しいものを正しくつくる
toshihiro ichitani
 
心理的安全性と、Veinの紹介 Psychological safety and introduction of Vein
心理的安全性と、Veinの紹介 Psychological safety and introduction of Vein心理的安全性と、Veinの紹介 Psychological safety and introduction of Vein
心理的安全性と、Veinの紹介 Psychological safety and introduction of Vein
Tokoroten Nakayama
 
世界最強のソフトウェアアーキテクト
世界最強のソフトウェアアーキテクト世界最強のソフトウェアアーキテクト
世界最強のソフトウェアアーキテクト
Yahoo!デベロッパーネットワーク
 
オーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiA
オーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiAオーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiA
オーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiA
Ore Product
 

What's hot (20)

テスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるなテスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
 
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
 
あなたのチームの「いい人」は機能していますか?
あなたのチームの「いい人」は機能していますか?あなたのチームの「いい人」は機能していますか?
あなたのチームの「いい人」は機能していますか?
 
LEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartup
LEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartupLEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartup
LEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartup
 
デキるプログラマだけが知っているコードレビュー7つの秘訣
デキるプログラマだけが知っているコードレビュー7つの秘訣デキるプログラマだけが知っているコードレビュー7つの秘訣
デキるプログラマだけが知っているコードレビュー7つの秘訣
 
エンジニアの個人ブランディングと技術組織
エンジニアの個人ブランディングと技術組織エンジニアの個人ブランディングと技術組織
エンジニアの個人ブランディングと技術組織
 
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB
 
スタートアップの 3 分ピッチテンプレート
スタートアップの 3 分ピッチテンプレートスタートアップの 3 分ピッチテンプレート
スタートアップの 3 分ピッチテンプレート
 
スタートアップの"共同創業者"を選ぶ技術
スタートアップの"共同創業者"を選ぶ技術スタートアップの"共同創業者"を選ぶ技術
スタートアップの"共同創業者"を選ぶ技術
 
君にグロースハックはいらない
君にグロースハックはいらない君にグロースハックはいらない
君にグロースハックはいらない
 
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
 
Digitaltransformation Journey
Digitaltransformation JourneyDigitaltransformation Journey
Digitaltransformation Journey
 
書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf
書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf
書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf
 
Re: 逆説のスタートアップ思考 <七つの逆説>
Re: 逆説のスタートアップ思考 <七つの逆説>Re: 逆説のスタートアップ思考 <七つの逆説>
Re: 逆説のスタートアップ思考 <七つの逆説>
 
人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)
人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)
人間と話す: Lean Customer Development (Lean Startup Update 2015)
 
リーンスタートアップにおける良い仮説、悪い仮説
リーンスタートアップにおける良い仮説、悪い仮説リーンスタートアップにおける良い仮説、悪い仮説
リーンスタートアップにおける良い仮説、悪い仮説
 
正しいものを正しくつくる
正しいものを正しくつくる正しいものを正しくつくる
正しいものを正しくつくる
 
心理的安全性と、Veinの紹介 Psychological safety and introduction of Vein
心理的安全性と、Veinの紹介 Psychological safety and introduction of Vein心理的安全性と、Veinの紹介 Psychological safety and introduction of Vein
心理的安全性と、Veinの紹介 Psychological safety and introduction of Vein
 
世界最強のソフトウェアアーキテクト
世界最強のソフトウェアアーキテクト世界最強のソフトウェアアーキテクト
世界最強のソフトウェアアーキテクト
 
オーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiA
オーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiAオーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiA
オーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiA
 

Viewers also liked

[Slide]闇アジャイラーvs光アジャイラーforDevLOVE(EnergizedWorkLT祭)
[Slide]闇アジャイラーvs光アジャイラーforDevLOVE(EnergizedWorkLT祭)[Slide]闇アジャイラーvs光アジャイラーforDevLOVE(EnergizedWorkLT祭)
[Slide]闇アジャイラーvs光アジャイラーforDevLOVE(EnergizedWorkLT祭)masashi takehara
 
[VisionariesSummit]「UXデザインがもたらす、これからの受託開発」
[VisionariesSummit]「UXデザインがもたらす、これからの受託開発」[VisionariesSummit]「UXデザインがもたらす、これからの受託開発」
[VisionariesSummit]「UXデザインがもたらす、これからの受託開発」
masashi takehara
 
Perl と人生(Perl and Life)
Perl と人生(Perl and Life)Perl と人生(Perl and Life)
Perl と人生(Perl and Life)
Mayumi Ishikawa
 
WordPressで助かってること困っていること~ブログライティング属性
WordPressで助かってること困っていること~ブログライティング属性WordPressで助かってること困っていること~ブログライティング属性
WordPressで助かってること困っていること~ブログライティング属性
Yoshihiko Yoshida
 
Ltサンプルスライド
LtサンプルスライドLtサンプルスライド
Ltサンプルスライド
Tsukasa Saeki
 
WordCamp Tokyo 2011 megane9988 LT CHANGE!
WordCamp Tokyo 2011 megane9988 LT CHANGE!WordCamp Tokyo 2011 megane9988 LT CHANGE!
WordCamp Tokyo 2011 megane9988 LT CHANGE!
Hajime Ogushi
 
WordVolcano2012 LT What is WP-D
WordVolcano2012 LT What is WP-DWordVolcano2012 LT What is WP-D
WordVolcano2012 LT What is WP-D
Hajime Ogushi
 
WordPress State of the Word 2012
WordPress State of the Word 2012WordPress State of the Word 2012
WordPress State of the Word 2012
photomatt
 
State of the Word 2011
State of the Word 2011State of the Word 2011
State of the Word 2011
photomatt
 
【プレゼン】見やすいプレゼン資料の作り方【初心者用】
【プレゼン】見やすいプレゼン資料の作り方【初心者用】【プレゼン】見やすいプレゼン資料の作り方【初心者用】
【プレゼン】見やすいプレゼン資料の作り方【初心者用】
MOCKS | Yuta Morishige
 
しょぼいプレゼンをパワポのせいにするな! by @jessedee
しょぼいプレゼンをパワポのせいにするな! by @jessedeeしょぼいプレゼンをパワポのせいにするな! by @jessedee
しょぼいプレゼンをパワポのせいにするな! by @jessedee
「MakeLeaps」請求書の作成、管理、郵送
 

Viewers also liked (11)

[Slide]闇アジャイラーvs光アジャイラーforDevLOVE(EnergizedWorkLT祭)
[Slide]闇アジャイラーvs光アジャイラーforDevLOVE(EnergizedWorkLT祭)[Slide]闇アジャイラーvs光アジャイラーforDevLOVE(EnergizedWorkLT祭)
[Slide]闇アジャイラーvs光アジャイラーforDevLOVE(EnergizedWorkLT祭)
 
[VisionariesSummit]「UXデザインがもたらす、これからの受託開発」
[VisionariesSummit]「UXデザインがもたらす、これからの受託開発」[VisionariesSummit]「UXデザインがもたらす、これからの受託開発」
[VisionariesSummit]「UXデザインがもたらす、これからの受託開発」
 
Perl と人生(Perl and Life)
Perl と人生(Perl and Life)Perl と人生(Perl and Life)
Perl と人生(Perl and Life)
 
WordPressで助かってること困っていること~ブログライティング属性
WordPressで助かってること困っていること~ブログライティング属性WordPressで助かってること困っていること~ブログライティング属性
WordPressで助かってること困っていること~ブログライティング属性
 
Ltサンプルスライド
LtサンプルスライドLtサンプルスライド
Ltサンプルスライド
 
WordCamp Tokyo 2011 megane9988 LT CHANGE!
WordCamp Tokyo 2011 megane9988 LT CHANGE!WordCamp Tokyo 2011 megane9988 LT CHANGE!
WordCamp Tokyo 2011 megane9988 LT CHANGE!
 
WordVolcano2012 LT What is WP-D
WordVolcano2012 LT What is WP-DWordVolcano2012 LT What is WP-D
WordVolcano2012 LT What is WP-D
 
WordPress State of the Word 2012
WordPress State of the Word 2012WordPress State of the Word 2012
WordPress State of the Word 2012
 
State of the Word 2011
State of the Word 2011State of the Word 2011
State of the Word 2011
 
【プレゼン】見やすいプレゼン資料の作り方【初心者用】
【プレゼン】見やすいプレゼン資料の作り方【初心者用】【プレゼン】見やすいプレゼン資料の作り方【初心者用】
【プレゼン】見やすいプレゼン資料の作り方【初心者用】
 
しょぼいプレゼンをパワポのせいにするな! by @jessedee
しょぼいプレゼンをパワポのせいにするな! by @jessedeeしょぼいプレゼンをパワポのせいにするな! by @jessedee
しょぼいプレゼンをパワポのせいにするな! by @jessedee
 

Similar to アジャイル開発の現在・過去・未来~今を知り、源流を訪ね、先を見据える~

Agile Overview In Ono
Agile Overview In OnoAgile Overview In Ono
Agile Overview In Ono
Kenji Hiranabe
 
Global Situation of Agile: Rakuten Tech Conference
Global Situation of Agile: Rakuten Tech ConferenceGlobal Situation of Agile: Rakuten Tech Conference
Global Situation of Agile: Rakuten Tech Conference
Kenji Hiranabe
 
Agile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real Story
Agile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real StoryAgile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real Story
Agile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real Story
Kenji Hiranabe
 
はじめてのアジャイル
はじめてのアジャイルはじめてのアジャイル
はじめてのアジャイル
Yoshihito Kuranuki
 
Scrum-Fest-Sapporo-2021-Keynote-Our-Journey
Scrum-Fest-Sapporo-2021-Keynote-Our-JourneyScrum-Fest-Sapporo-2021-Keynote-Our-Journey
Scrum-Fest-Sapporo-2021-Keynote-Our-Journey
Kenji Hiranabe
 
AgileShimane始動!! in OSC2011Shimane
AgileShimane始動!! in OSC2011ShimaneAgileShimane始動!! in OSC2011Shimane
AgileShimane始動!! in OSC2011Shimane
Ryuichi Tsuruhara
 
Why Agile Now ? - leanstartup and ARC
Why Agile Now ? - leanstartup and ARCWhy Agile Now ? - leanstartup and ARC
Why Agile Now ? - leanstartup and ARC
Kenji Hiranabe
 
2014-10-27 #ssmjp 腹を割って話そう (運用xセキュリティ)
2014-10-27 #ssmjp 腹を割って話そう (運用xセキュリティ)2014-10-27 #ssmjp 腹を割って話そう (運用xセキュリティ)
2014-10-27 #ssmjp 腹を割って話そう (運用xセキュリティ)
Operation Lab, LLC.
 
基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」Cybozucommunity
 
Coldfusionを活かすシステム企画をリーンスタートアップに学ぶ
Coldfusionを活かすシステム企画をリーンスタートアップに学ぶColdfusionを活かすシステム企画をリーンスタートアップに学ぶ
Coldfusionを活かすシステム企画をリーンスタートアップに学ぶ
masashi takehara
 
イノベーションスプリント2011 infragisticsにおける世界分散アジャイル開発事例~ communication matters ~
イノベーションスプリント2011 infragisticsにおける世界分散アジャイル開発事例~ communication matters ~イノベーションスプリント2011 infragisticsにおける世界分散アジャイル開発事例~ communication matters ~
イノベーションスプリント2011 infragisticsにおける世界分散アジャイル開発事例~ communication matters ~InnovationSprint2011
 
[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用
[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用
[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用masashi takehara
 
【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所
【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所
【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所
Kotaro Ogino
 
Agile Communities In Japan(J)
Agile Communities In Japan(J)Agile Communities In Japan(J)
Agile Communities In Japan(J)
Yasui Tsutomu
 
Reエンタープライズへのアジャイル開発の導入事例 20161119
Reエンタープライズへのアジャイル開発の導入事例 20161119Reエンタープライズへのアジャイル開発の導入事例 20161119
Reエンタープライズへのアジャイル開発の導入事例 20161119
Shozaburo Yoshihara
 
ヒーロー島 Visual Studio 2012
ヒーロー島 Visual Studio 2012ヒーロー島 Visual Studio 2012
ヒーロー島 Visual Studio 2012
智治 長沢
 
Intalio japan special cloud workshop
Intalio japan special cloud workshopIntalio japan special cloud workshop
Intalio japan special cloud workshopDaisuke Sugai
 
New Integration "X" 新インテグレーションソリューション
New Integration "X" 新インテグレーションソリューションNew Integration "X" 新インテグレーションソリューション
New Integration "X" 新インテグレーションソリューション
motani_kamakura
 
Kansumi2013 tamagawa
Kansumi2013 tamagawaKansumi2013 tamagawa
Kansumi2013 tamagawaSORACOM, INC
 

Similar to アジャイル開発の現在・過去・未来~今を知り、源流を訪ね、先を見据える~ (20)

Agile Overview In Ono
Agile Overview In OnoAgile Overview In Ono
Agile Overview In Ono
 
Global Situation of Agile: Rakuten Tech Conference
Global Situation of Agile: Rakuten Tech ConferenceGlobal Situation of Agile: Rakuten Tech Conference
Global Situation of Agile: Rakuten Tech Conference
 
Agile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real Story
Agile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real StoryAgile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real Story
Agile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real Story
 
はじめてのアジャイル
はじめてのアジャイルはじめてのアジャイル
はじめてのアジャイル
 
Scrum-Fest-Sapporo-2021-Keynote-Our-Journey
Scrum-Fest-Sapporo-2021-Keynote-Our-JourneyScrum-Fest-Sapporo-2021-Keynote-Our-Journey
Scrum-Fest-Sapporo-2021-Keynote-Our-Journey
 
AgileShimane始動!! in OSC2011Shimane
AgileShimane始動!! in OSC2011ShimaneAgileShimane始動!! in OSC2011Shimane
AgileShimane始動!! in OSC2011Shimane
 
OpenSpan_PreMarketing
OpenSpan_PreMarketingOpenSpan_PreMarketing
OpenSpan_PreMarketing
 
Why Agile Now ? - leanstartup and ARC
Why Agile Now ? - leanstartup and ARCWhy Agile Now ? - leanstartup and ARC
Why Agile Now ? - leanstartup and ARC
 
2014-10-27 #ssmjp 腹を割って話そう (運用xセキュリティ)
2014-10-27 #ssmjp 腹を割って話そう (運用xセキュリティ)2014-10-27 #ssmjp 腹を割って話そう (運用xセキュリティ)
2014-10-27 #ssmjp 腹を割って話そう (運用xセキュリティ)
 
基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」
 
Coldfusionを活かすシステム企画をリーンスタートアップに学ぶ
Coldfusionを活かすシステム企画をリーンスタートアップに学ぶColdfusionを活かすシステム企画をリーンスタートアップに学ぶ
Coldfusionを活かすシステム企画をリーンスタートアップに学ぶ
 
イノベーションスプリント2011 infragisticsにおける世界分散アジャイル開発事例~ communication matters ~
イノベーションスプリント2011 infragisticsにおける世界分散アジャイル開発事例~ communication matters ~イノベーションスプリント2011 infragisticsにおける世界分散アジャイル開発事例~ communication matters ~
イノベーションスプリント2011 infragisticsにおける世界分散アジャイル開発事例~ communication matters ~
 
[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用
[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用
[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用
 
【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所
【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所
【JaSST'18 Tokai】アジャイルとテスト自動化導入の勘所
 
Agile Communities In Japan(J)
Agile Communities In Japan(J)Agile Communities In Japan(J)
Agile Communities In Japan(J)
 
Reエンタープライズへのアジャイル開発の導入事例 20161119
Reエンタープライズへのアジャイル開発の導入事例 20161119Reエンタープライズへのアジャイル開発の導入事例 20161119
Reエンタープライズへのアジャイル開発の導入事例 20161119
 
ヒーロー島 Visual Studio 2012
ヒーロー島 Visual Studio 2012ヒーロー島 Visual Studio 2012
ヒーロー島 Visual Studio 2012
 
Intalio japan special cloud workshop
Intalio japan special cloud workshopIntalio japan special cloud workshop
Intalio japan special cloud workshop
 
New Integration "X" 新インテグレーションソリューション
New Integration "X" 新インテグレーションソリューションNew Integration "X" 新インテグレーションソリューション
New Integration "X" 新インテグレーションソリューション
 
Kansumi2013 tamagawa
Kansumi2013 tamagawaKansumi2013 tamagawa
Kansumi2013 tamagawa
 

More from Kenji Hiranabe

effective ba for online communication
effective ba for online communication effective ba for online communication
effective ba for online communication
Kenji Hiranabe
 
線形代数の視覚的理解 V1.1-Gストラング勉強会
線形代数の視覚的理解 V1.1-Gストラング勉強会線形代数の視覚的理解 V1.1-Gストラング勉強会
線形代数の視覚的理解 V1.1-Gストラング勉強会
Kenji Hiranabe
 
Math in Machine Learning / PCA and SVD with Applications
Math in Machine Learning / PCA and SVD with ApplicationsMath in Machine Learning / PCA and SVD with Applications
Math in Machine Learning / PCA and SVD with Applications
Kenji Hiranabe
 
Graphic Notes on Linear Algebra and Data Science
Graphic Notes on Linear Algebra and Data ScienceGraphic Notes on Linear Algebra and Data Science
Graphic Notes on Linear Algebra and Data Science
Kenji Hiranabe
 
Appreciating Your Way to XP
Appreciating Your Way to XPAppreciating Your Way to XP
Appreciating Your Way to XP
Kenji Hiranabe
 
Digital Business and Agile
Digital Business and AgileDigital Business and Agile
Digital Business and Agile
Kenji Hiranabe
 
Graphic Notes on Introduction to Linear Algebra
Graphic Notes on Introduction to Linear AlgebraGraphic Notes on Introduction to Linear Algebra
Graphic Notes on Introduction to Linear Algebra
Kenji Hiranabe
 
線形代数の視覚的理解のためのノート
線形代数の視覚的理解のためのノート線形代数の視覚的理解のためのノート
線形代数の視覚的理解のためのノート
Kenji Hiranabe
 
with コロナ時代のアジャイルとコミュニケーション
with コロナ時代のアジャイルとコミュニケーションwith コロナ時代のアジャイルとコミュニケーション
with コロナ時代のアジャイルとコミュニケーション
Kenji Hiranabe
 
Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020
Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020
Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020
Kenji Hiranabe
 
ESM Agile Studio DX and COVID
ESM Agile Studio DX and COVIDESM Agile Studio DX and COVID
ESM Agile Studio DX and COVID
Kenji Hiranabe
 
Agile Ba with Covid
Agile Ba with CovidAgile Ba with Covid
Agile Ba with Covid
Kenji Hiranabe
 
Essence position talk by hiranabe
Essence position talk by hiranabeEssence position talk by hiranabe
Essence position talk by hiranabe
Kenji Hiranabe
 
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Kenji Hiranabe
 
Ba and digital here now ness
Ba and digital here now nessBa and digital here now ness
Ba and digital here now ness
Kenji Hiranabe
 
Modeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah modelsModeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah models
Kenji Hiranabe
 
Modeling in the Agile Age
Modeling in the Agile Age Modeling in the Agile Age
Modeling in the Agile Age
Kenji Hiranabe
 
Agile in automotive industry
Agile in automotive industryAgile in automotive industry
Agile in automotive industry
Kenji Hiranabe
 
Introduction to Agile - how business and engineer team up
Introduction to Agile - how business and engineer team upIntroduction to Agile - how business and engineer team up
Introduction to Agile - how business and engineer team up
Kenji Hiranabe
 
5-principles-for-project-facilitation
5-principles-for-project-facilitation5-principles-for-project-facilitation
5-principles-for-project-facilitation
Kenji Hiranabe
 

More from Kenji Hiranabe (20)

effective ba for online communication
effective ba for online communication effective ba for online communication
effective ba for online communication
 
線形代数の視覚的理解 V1.1-Gストラング勉強会
線形代数の視覚的理解 V1.1-Gストラング勉強会線形代数の視覚的理解 V1.1-Gストラング勉強会
線形代数の視覚的理解 V1.1-Gストラング勉強会
 
Math in Machine Learning / PCA and SVD with Applications
Math in Machine Learning / PCA and SVD with ApplicationsMath in Machine Learning / PCA and SVD with Applications
Math in Machine Learning / PCA and SVD with Applications
 
Graphic Notes on Linear Algebra and Data Science
Graphic Notes on Linear Algebra and Data ScienceGraphic Notes on Linear Algebra and Data Science
Graphic Notes on Linear Algebra and Data Science
 
Appreciating Your Way to XP
Appreciating Your Way to XPAppreciating Your Way to XP
Appreciating Your Way to XP
 
Digital Business and Agile
Digital Business and AgileDigital Business and Agile
Digital Business and Agile
 
Graphic Notes on Introduction to Linear Algebra
Graphic Notes on Introduction to Linear AlgebraGraphic Notes on Introduction to Linear Algebra
Graphic Notes on Introduction to Linear Algebra
 
線形代数の視覚的理解のためのノート
線形代数の視覚的理解のためのノート線形代数の視覚的理解のためのノート
線形代数の視覚的理解のためのノート
 
with コロナ時代のアジャイルとコミュニケーション
with コロナ時代のアジャイルとコミュニケーションwith コロナ時代のアジャイルとコミュニケーション
with コロナ時代のアジャイルとコミュニケーション
 
Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020
Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020
Agile Ba with Covid at Redmine Japan 2020
 
ESM Agile Studio DX and COVID
ESM Agile Studio DX and COVIDESM Agile Studio DX and COVID
ESM Agile Studio DX and COVID
 
Agile Ba with Covid
Agile Ba with CovidAgile Ba with Covid
Agile Ba with Covid
 
Essence position talk by hiranabe
Essence position talk by hiranabeEssence position talk by hiranabe
Essence position talk by hiranabe
 
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
 
Ba and digital here now ness
Ba and digital here now nessBa and digital here now ness
Ba and digital here now ness
 
Modeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah modelsModeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah models
 
Modeling in the Agile Age
Modeling in the Agile Age Modeling in the Agile Age
Modeling in the Agile Age
 
Agile in automotive industry
Agile in automotive industryAgile in automotive industry
Agile in automotive industry
 
Introduction to Agile - how business and engineer team up
Introduction to Agile - how business and engineer team upIntroduction to Agile - how business and engineer team up
Introduction to Agile - how business and engineer team up
 
5-principles-for-project-facilitation
5-principles-for-project-facilitation5-principles-for-project-facilitation
5-principles-for-project-facilitation
 

Recently uploaded

iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
kitamisetagayaxxx
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
Shinichi Hirauchi
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
Osaka University
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
Hideo Kashioka
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
Takuya Minagawa
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
Seiya Shimabukuro
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Hirotaka Kawata
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
ssuserfcafd1
 

Recently uploaded (13)

iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
 

アジャイル開発の現在・過去・未来~今を知り、源流を訪ね、先を見据える~

  • 1. gile + アジャイル開発の現在・過去・未来 XP ~今を知り、源流を訪ね、先を見据える~ 株式会社チェンジビジョン ㈱永和システムマネジメント 平鍋 健児 1 理想と現実の出会う現場へ
  • 2. XP ! 2 理想と現実の出会う現場へ
  • 3. アジェンダ 自己紹介 なぜ今 Agile か Agile の海外での状況 Agile の日本での状況 “Kanban” XPとはなんだったか ? 3 理想と現実の出会う現場へ
  • 4. 自己紹介 ㈱永和システムマネジメント – 本社:福井県福井市、支社:東京(2002-) – Ruby と Agileを使ったシステム開発 株式会社チェンジビジョン – 本社: 東京 – astah*(JUDE) で見える化 平鍋健児 – リアルタイム,CAD, オブジェクト指向の実践 – UMLエディタJUDE/astah*の開発 – アジャイルプロセス協議会、副会長 – 翻訳、XP関連書籍、『リーン開発の本質』等多数。 – 2008 Gordon Pask Award Recipient for contributions to Agile practice
  • 5. なぜ今Agileか 5 理想と現実の出会う現場へ
  • 6. ミッション・リスク分割型ビジネスと ウォーターフォール型開発(従来型) 市場分析 発注 市場 市場 ビジネス ビジネス IT IT リリース 納品 半年から3年 6 理想と現実の出会う現場へ
  • 7. 従来型の問題=要求の劣化 システムの機能の利用度 いつも使う 7% よく使う 13% たまに使う 16% 全く使われない ほとんど使われな 45% い 19% Standish group study report in 2000 chaos report 7 理想と現実の出会う現場へ
  • 8. ミッション・リスク共有型ビジネスと Agile型開発 ビジネスとITが一体になった ビジネスと が一体になった 「OneTeam」を作り、ミッション 」を作り、ミッション 市場 とリスクを共有する。 やってみて、結果から戦略を 作りながら進む。 ビジネス 市場 市場 半年 ら 間か 2週 IT IT 8 理想と現実の出会う現場へ
  • 9. プロセスとしてのAgile プロセスとしての 短いサイクルで、分析、設計、実装、テストを 並列に行う タイムボックス型、進化型開発 Waterfall 要求(スコープ) Agile 要求(スコープ) 分析 設計 実装 時間 テスト 時間 Royce 1970 Beck 2000 9 理想と現実の出会う現場へ
  • 10. 分割の仕方 機能で切る。 層で切らない。 やりがい、コミュニケーション MMF, FBS "These days we do not program software module by module; we program software feature by feature.“ —Mary Poppendieck by Akiyah 10 理想と現実の出会う現場へ
  • 11. アジャイルの現在位置 2000 2002 2010 Evo FDD, Crystal, DSDM, ASD Patterns XP 大規模 •大規模 Agile 組織改革 •組織改革 •Lean/Agile •Agile/UX SCRUM Lean Software Development TPS Lean Kanban Deming 11 理想と現実の出会う現場へ
  • 12. Agile事例(1/2) Salesforce 社の事例 徐々に肥大化して、リリース頻度が低くなったソフ トウェア開発に、アジャイルを導入。 コンサルタントを招いてトップダウンで変革。 Agile2007での事例発表 http://www.slideshare.net/sgreene/salesforceco m-agile-transformation-agile-2007-conference 12 理想と現実の出会う現場へ
  • 13. Agile事例(2/2) Tc electronic 社の事例 組み込みでの工夫。 Orland Scrum Gathering, March 16, 2009での 発表。 http://www.scrumalliance.org/resource_download/ 608 13 理想と現実の出会う現場へ
  • 14. Agileの日本での事例 14 理想と現実の出会う現場へ
  • 15. 日本での事例報告 ベンダー システム 言語 人 発表媒体 数 日本ユニシス すかいらーく J2EE 14 日経コンピュータ2001/6/4 調達オークション 永和システムマネジメント UMLエディタ Java/ 6+6 UMLフォーラム2003 Swing NEC ヤンマー農機顧客接点 J2EE 10 日経コンピュータ2003/5/19 TIS 金融系注文管理 J2EE/C++ 8 JavaDevelopers2003/12 富士通PST Webサーバー Java 9 デベロパーズサミット2005/2/4 東芝医用システム 医療システム C++ 10 デベロパーズサミット2008/2/13 エンジニアリング 富士通 学校向けパッケージ Java 20 デベロパーズサミット2008/2/13 文教ソリューション アジャイルジャパン2009/4/22 アジャイルジャパン2009/4/22 リクルート Webシステム(25例) Java デベロパーズサミット2009/2/12 アジャイルジャパン2009/4/22 アジャイルジャパン2009/4/22 良品計画+USP研究所 社内システム シェル アジャイルジャパン2009/4/22 アジャイルジャパン2009/4/22 ウルシステムズ 東邦チタニウム生産管理 8 日経ITPro 日経ITPro 2009/7/15 情報システム総研 8 http://agilejapan.org/ にダウンロード可能な事例レポートが3つあります。 15 理想と現実の出会う現場へ
  • 16. 16 理想と現実の出会う現場へ 出典:アジャイルジャパン、富士通事例 『モチベーション駆動開発
  • 17. 17 理想と現実の出会う現場へ 実例:ユーザー企業責任で25サイトをアジャイルに開発』 25サイトをアジャイルに開発 出典:アジャイルジャパン、リクルート事例 『実例:ユーザー企業責任で25サイトをアジャイルに開発』
  • 18. 18 USP 理想と現実の出会う現場へ 出典:アジャイルジャパン、良品計画+USP研究所事例 出典:アジャイルジャパン、良品計画+USP研究所事例 『スピードがすべてを駆逐する
  • 19. 19 USP 理想と現実の出会う現場へ 出典:アジャイルジャパン、良品計画+USP研究所事例 出典:アジャイルジャパン、良品計画+USP研究所事例 『スピードがすべてを駆逐する
  • 20. 20 理想と現実の出会う現場へ
  • 21. のスケール方向 Agileのスケール方向 米国の構造 日本の構造 ユーザ企業 ユーザ企業 システム部門 システム 部門 SIer 中堅ソフトハウス 横にスケールするAgile 横にスケールするAgile 縦にスケールするAgile 縦にスケールするAgile 21 理想と現実の出会う現場へ
  • 22. 22 理想と現実の出会う現場へ
  • 23. ”Kanban” 23 理想と現実の出会う現場へ
  • 24. “Kanban, Successful Evolutionary Change for Your Technology Business” http://www.agilemanagement.net
  • 25. 25 理想と現実の出会う現場へ http://blog.crisp.se/henrikkniberg/
  • 27. (協力:ヤマハモーターソリューション) 27 理想と現実の出会う現場へ
  • 28. Waterfall-Scrum-Kanban Waterfall 要求(スコープ) Scrum 要求(スコープ) Kanban 要求(スコープ) 分析 WIP WIP WIP 設計 実装 テスト 時間 時間 Lead Time 時間 Lead Time Lead Time 一ヶ月で30個の 1年で365の要求 一日1個 要求を作る を作る どれも、「平均」スループットは同じ。 リトルの法則: WIP(中間在庫) = Lead Time(出来上がるまでの時間) × Throughput(生産性) 同じThoughputなら、WIPを小さくすれば、LeadTimeが短くなる。→早く提供できる 28 理想と現実の出会う現場へ
  • 30. 日本からも海外へ発信 30 理想と現実の出会う現場へ
  • 31. 31 理想と現実の出会う現場へ
  • 32. 32 理想と現実の出会う現場へ
  • 33. Agileの現状 33 理想と現実の出会う現場へ
  • 34. State Of Agile Survey 2009 VersionOne 社の4thアニュアルサーベイ 2006,’07,’08,’09。(2010は実施済み未発表) 参加者 2,570人。88の国 http://pm.versionone.com/ StateOfAgileSurvey.html 34 理想と現実の出会う現場へ
  • 35. アジャイルを主導する層の変化 35 理想と現実の出会う現場へ
  • 36. 現在、Agile というと 現在、 というとScrumが74% が 36 理想と現実の出会う現場へ
  • 38. Agile - Scrum Engineering Practices Craftsmanship
  • 39. アジャイルの価値、原則、実践 価値 まずはこれを共有すること value 原則 考え方としての方針 principle 実践 具体的に現場ごとに作る practices 39 理想と現実の出会う現場へ
  • 40. Agileの価値観 の価値観 の価値 私たちは, たちは, プロセスとツールよりも 個人と対話に ……… 個人と対話に. 包括的なドキュメントよりも くソフトウェアに. 包括的なドキュメントよりも ……… 動くソフトウェアに. 契約交渉よりも 契約交渉よりも 顧客との協調に との協調 ……… 顧客との協調に. 計画に 計画に沿うことよりも 変化に対応することに することに. ……… 変化に対応することに. 価値をおく. 価値をおく. をおく 出展:アジャイル宣言 出展:アジャイル宣言(agilemanifesto.org) 宣言 40 理想と現実の出会う現場へ
  • 41. 動くソフトウェアだけでなく、 上手く作られたソフトウェア 変化に対応するだけでなく、 着実に価値を加えていく 個人と対話だけでなく、プロ フェッショナルのコミュニティ 顧客との協調だけでなく、 生産的なパートナーシップ 左を追及する過程で、右が 重要であることに気づいた。 41 理想と現実の出会う現場へ
  • 43. Q: How do you get to Carnegie Hall ? A. Practice, man!, practice, practice. ... Practice,
  • 44. XP Engineering Practices テスト駆動開発 リファクタリング ペアプログラミング コーディング標準 コードの共同所有 継続的インテグレーション メタファ or ユビキタス言語 44 理想と現実の出会う現場へ
  • 45.
  • 46. まとめ 海外では Agile がキャズムを超えた 日本でも第二次アジャイルブーム “Kanban”/Lean も注目を浴びている。 XP とはなんだったか ? 46 理想と現実の出会う現場へ
  • 47. One more thing … 47 理想と現実の出会う現場へ
  • 48. XP Engineering Practices テスト駆動開発 リファクタリング ペアプログラミング コーディング標準 コードの共同所有 継続的インテグレーション メタファ or ユビキタス言語 Energized Work 48 理想と現実の出会う現場へ
  • 50. 今回は家族 全員を連れ てきたよ ! 50 理想と現実の出会う現場へ
  • 51. 休暇の取り方 友人 カンファレンンス 休憩の取り方 礼拝 ワークスタイル リ・チャージ 他者との関係 家族 趣味 地域 仕事時間を制限 失業の不安 退屈さ 流してしまう 非難
  • 52. I XP