• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
インフラエンジニアのためのUstream入門
 

インフラエンジニアのためのUstream入門

on

  • 3,605 views

#qpstudy 05 LT発表資料

#qpstudy 05 LT発表資料

Statistics

Views

Total Views
3,605
Views on SlideShare
3,467
Embed Views
138

Actions

Likes
7
Downloads
0
Comments
0

3 Embeds 138

http://blog.shinono.me 135
http://webcache.googleusercontent.com 2
http://www.linkedin.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    インフラエンジニアのためのUstream入門 インフラエンジニアのためのUstream入門 Presentation Transcript

    • インフラエンジニアのためのUSTREAM入門?~活用するストリーミング~
    • ってか誰? 名前 板谷 郷司 a.k.a. 東雲 翡陽 Twitter @H_Shinonome Blog http://blog.shinono.me http://blog.arterial-server.net Mail hiyou [at] shinono.me本業はNINJA TOOLSのインフラエンジニア (主担当ネットワーク)をやってます。
    • なんで登壇?この勉強会 #qpstudy のUstreamを担当してます。(ただ、第2回は都合が悪く、@gihyojp さんにUst配 信をしていただきました) いろいろな方々から「Ustって大変そう」という声 を頂いたので、調子に乗って^H^H^H^H^H^H そんな に大変なものじゃないということをわかっていた だけたらなぁ。。。と。 実は、身近なものなんです。
    • そういえば。http://www.ustream.tv/channel/shino2u こちらでスライドの配信をしています。 アーカイブ化も予定しているので後でも今でも見 てみてください。
    • では実際にUSTREAM配信をしてみましょう
    • 最低限の機材 リーダーが2度無くした 最近勢いづいてる iPhone(3GS以降) Android アプリをインストールすればいつでもどこでも放送局!
    • 簡単でしょ?これであなたも今からUstreamer! というわけにも行かないので。
    • #QPSTUDY を支える技術 なにがあろうと、 一番重要なのはネットワーク! (インターネット回線)でも、ここの会場は@niftyさんの良質な回線のおかげ で何の心配もいらないのです。 ニフティ△!!あとは、H.264やらAACやらMP3やら。(興味があったら調べてみてください)TCPやらUDPやらIPやら(当たり前)いろんな技術を上げたらきりがないので、省略。べ、べつにめんどくさかったわけじゃないんd(ry
    • じゃぁ、個人で配信するには? Webカメラ なんでもいいです。 気に入ったもので、パソコンに対応してれば問題 ないです。 ちなみに、自分はこれを使ってます。 Logicool HD Pro Webcam C910 => http://tot.to/y7 配信アプリ いろいろあるので、ちょこっと紹介
    • USTREAM PRODUCER PC/Macで配信するのに一番簡単なアプリ
    • USTREAM PRODUCER PRO (有料版) HD画質や、複数カメラでスイッチしながら配信す るならコレ
    • ADOBE FLASH MEDIA LIVE ENCORDER (FMLE) Adobeが配布する配信アプリ。高度な設定が可能
    • WEB配信 アプリのインストール不要。FMLEの配信コント ロールもこれで。Flashが使える環境であればLinux でももちろんOK!
    • PC/MACで配信するときに気をつけることやっぱり映像が重要 じゃないんです。 実は、音の方が遥かに重要ですなんで? : 画面見ても、圧縮かかってるうえにWebブラウザの小さい画面のせいでこま かいとこはよく見えない。そんでもってHD画質じゃないからフルスクリーンにしても意 味が無い。ましてやスライドを映し出す解像度もVGAとかよくてSXGAがほとんど。そし て、それをカメラで写してますね。実際、この文字は会場も見えないかもしれません、 Ust見てる人は「何か書いてあるな」程度にしかわからないと思います。(この文字: 12pt) つまりUstでなにをやってるのか 「音の情報」に頼るのです。
    • #QPSTUDYのUSTREAMを支える機材 マイク 今自分がつけてるようなヘッドセットマイクでも十分OK。 Skype用とかでももちろん、はっきり音がとれれば問題 なし! でも、大人数に見せるには見栄えとかも、ね。。。 あとは、複数のマイクを使う、音質を調整する等、音声 をいじりたいときには、ミキサーがあると便利。 (使用機材:elecomの古いヤツ(型番失念)) ミキサー YAMAHAのMWシリーズがおすすめ(使用機材はMW12CX) => http://tot.to/74B
    • #QPSTUDYのUSTREAMを支える機材 再びカメラ 広い部屋で行う勉強会等では、遠くから撮影する 必要があるので三脚とカメラのズーム機能は必須 です。 でも、そんなに高いカメラじゃなくていいです。使用機材 SONY DCR-TRV18 古ーい miniDVカセットテープのカメラ MacにFireWire/iLINK接続して使用
    • #QPSTUDYのUSTREAMを支える機材あったらいいもの アップスキャンコンバータとビデオキャプチャ #qpstudy 第4回の配信で使用 VGA映像を取り込むためのセットです。カメラ代わ りに別PCで行われてるスライドを配信したいとき に便利です。 => 実は、これらを使ってこのスライドを配信して います。 http://www.ustream.tv/channel/shino2u
    • そろそろインフラな話をしようか
    • 必要なネットワーク帯域 配信なので上り方向の帯域が重要。 #qpstudyの配信環境では、400Kbpsくらい。UDP通信が主なので、帯域が継続して確保できる環境が望ましい。断続的に速度が出る回線だと、遅延、ブツ切れ等の不都合多発。=>モバイル回線は要注意。 今のところ都市部ならWiMAXが最強。
    • もちろん 複数の画質/音質で番組を流す そもそも別の番組を同時に流す それだけ帯域を使いますので注意。 そんなことは殆ど無いですが^^;
    • 変態的USTREAM配信のインフラ 粒谷区立管弦楽団サジタリウス アンサンブルコンサート 「つぶあん!」 ‘10/12/26 開催 映像チャンネル:1 音声専用チャンネル:1 合計2本の同時配信。
    • どんな感じか舞台裏 無線LAN 音響配信用 WiMAX ルータ PC 音響機材へ 100BASE-TX 802.11a/n 完全にホームネットワークな 感じですね、はい。客席後方 映像配信用 映像機材へ PC
    • インフラに活用しようず。
    • LINUXでも使えるWEB配信で 簡易監視モニタ  必要な道具  Ustream配信するためのLinuxマシン  UVC ( Universal Video Class ) 対応 もしくはLinux用ドライバのあるWebcam  もちろん、回線もね 監視したいマシンやラック、通路等をWebcamで撮影。 パスワード付きの非公開番組で配信する設定にして、いつでもどこ でも、スマートフォンでも見られるサーバーやサーバールームの物 理監視。 マイク付きWebcamであれば音も聞けるので、サーバーの異音やビー プ音もわかるかも?
    • LINUXでも使えるWEB配信で帯域とマシンパワーさえ許せば、複数ch用いた監視 システムとして構築可能。MacやWindowsで配信環境 を整えられそうならさらに高度な事が可能。 =>外出先からiPhoneで見られるように等。
    • やってみた人がいたらぜひ発表してください。 俺はできません。(ポリシー的に)
    • ご清聴、ありがとうございました。