Webページで学ぶJavaScript2013 第4回
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Webページで学ぶJavaScript2013 第4回

on

  • 265 views

 

Statistics

Views

Total Views
265
Views on SlideShare
265
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
6
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Webページで学ぶJavaScript2013 第4回 Webページで学ぶJavaScript2013 第4回 Presentation Transcript

  • Webページで学ぶ JavaScript 2013 第4回 tyage@KMC 6/11
  • おはようございます さっき起きました
  • 先週の夕飯はなんでしたか ● もっとHTML ● ローカルでHTMLを書こう ○ アップロードしました? ● CSSでページをデザインする ○ 間に合わなかったね
  • 今日の晩御飯は何にしますか ● CSSをする ● JavaScriptしてないことに気づいたのでそろそろ JavaScriptに戻りましょう
  • その前に ● HTML、CSS、JavaScriptがそれぞれどういう役 割を持っているかちゃんとした説明がありません でしたね ● 前回質問があったので、そこから整理していきま しょう
  • CSSとJavaScriptって何? ● HTMLは書いたり読んだりしてだいたいわかっ たと思います ● WebサイトにHTMLが使われてるのも見えました よね ● じゃあ、CSSとJavaScriptはいったいWebページ となんの関係があるんだろうか
  • 大まかな分類 ● HTMLはページの基礎部分(マークアップ)担 当 ● CSSはスタイル・レイアウト担当 ● JavaScriptはページを動的にする部分を担当
  • HTML ● 1989年、CERNのTim Berners-LeeがWWWを 考案し、HTTPやHTMLやURLなどの関連技術 を開発した ● http://www.w3.org/History/19921103- hypertext/hypertext/WWW/TheProject.html ○ 世界で最初のWebページ ● このころはdoctypeとかなかった ● その後W3Cが設立
  • CSS ● HTML3.2で見た目を変更できる要素や属性が 追加された ○ <font color="red">とか<body background="blue">と か ● しかし、HTMLは本来、文書構造を示すための ものであり、不適切とされた ○ HTML5ではそういう要素や属性は廃止されているもの が多い ● そこで、1996年見た目を定義する手段として CSSが考案され、HTMLとCSSで分けて定義す るようになった
  • JavaScript ● 1995年ブラウザ上で動くプログラミング言語が開 発された ● ページに動きを持たせることができるようになっ た!!! ● JavaScript無効化してみればそのありがたみが わかります ● GmailとかGoogle Mapsとか、かっこいい感じの はだいたいJavaScript使われてます ○ ただしFlash等は除く
  • 本題に戻りましょうか
  • CSS 前回も言いましたが、 https://developer.mozilla. org/ja/docs/Web/CSS を読み進めていきます
  • お疲れ様でした ● 次回は来週です