Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

Google Apps Script 活用ミートアップ #2

More Related Content

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Google Apps Script 活用ミートアップ #2

  1. 1. Google Apps Script活用ミートアップ #2 2018/5/10 @Nagatacho GRID アディッシュ株式会社 技術開発部 境野高義 (さかいの たかよし) ID: sakaimo
  2. 2. 自己紹介 ■経歴 ~2004年 - 無農薬野菜の電話セールス - アニメーション制作会社で制作進行 - 広告代理店の営業サポート - 未経験からJavaプログラマ 2004~2009年 - デジタルカメラのソフトウェアQA 2009~2017年 株式会社ガイアックスに入社 - QAチームの立ち上げ、リーダーとしてチーム運営 - 手動テストに加えてテスト自動化すこしだけ 2017~ アディッシュ株式会社に転籍 - 技術開発部で基盤事業のシステムの保守運用 - 栃木県小山市出身 - 横浜国立大学教育学部卒業 - 「仕事は楽しく、遊びは真剣に」
  3. 3. 趣味 音楽が好きです。
  4. 4. 趣味 カメラが好きです。
  5. 5. 趣味 アイドルが好きでした。
  6. 6. 最近始めたこと 英会話。 今月TOEIC受けます!
  7. 7. 最近始めたこと スプラトゥーン筋トレ (謎
  8. 8. 今日話すこと - 私がGASを使う背景 - 社内のGAS例 - 社内GASレクチャーの話
  9. 9. 私がGASを使う背景
  10. 10. こんな会社にいます
  11. 11. こんな会社にいます ここがポイント!
  12. 12. 例えば「投稿モニタリング事業」があります 開発が作った専用ツールを利用して、 運用部のメンバーが「目視監視」します。 それをSVメンバーが取りまとめて、クライアントに報告したりします。
  13. 13. 運用メンバーがいます SVメンバーもいます
  14. 14. 1拠点に複数のチームがあります
  15. 15. 国内に4拠点あります 仙台 東京 福岡 沖縄
  16. 16. SVの業務があふれるよね! (特に手作業)
  17. 17. 手作業はまだまだ残っている、の例 - メンバーの勤怠管理、シフト作成 - 監視結果の集計とクライアントへのレポート - 自分のチームの採算管理 - メンバーの育成プランとその進捗
  18. 18. そして開発部(の中の私のチーム)のポジション 3つの基盤事業の 営業、運用からの リクエストに応えます 営業、運用から こゆことってできる?
  19. 19. 社内のGAS例
  20. 20. 例1) 集計結果を別シートに書き出すやつ 営業チームのニーズ - 「自分のチーム」の管理シートがある - 他にもチームが複数ある - それを定期的に集計して「全体管理」シートの特定部分に書き出す
  21. 21. 例1) 集計結果を別シートに書き出すやつ 自部署の管理シート 部署内でわかりやすいように作ってある
  22. 22. 例1) 集計結果を別シートに書き出すやつ 全社の管理シート 各部署の集計結果を載せる
  23. 23. 例1) 集計結果を別シートに書き出すやつ こっちのある期間の数字を集計して こっちに結果を出力する 定期的に実行
  24. 24. 例2) Gmail→スプレッドシート→slack 営業チームのニーズ - 定期的に届くメールの中から、新規営業候補になり得る情報をリスト化したい。 - リスト化した中から候補となりえるものだけを営業に通知したい。
  25. 25. 例2) Gmail→スプレッドシート→slack 1. 新規営業の候補になりそうな 情報が含まれるメールを受信 2.スクレイプして スプレッドシートに書き出す
  26. 26. 例2) Gmail→スプレッドシート→slack 3.人が目視確認。 これは候補になり得る、 と思ったら「共有フラグ」を立てる 4.slackの営業チャネルに通知
  27. 27. 例2) Gmail→スプレッドシート→slack 3.人が目視確認。 これは候補になり得る、 と思ったら「共有フラグ」を立てる 4.slackの営業チャネルに通知 候補となり得るか、を機械学習で自動判別できる ようになったらカッコイイ!
  28. 28. 例3) スプレッドシート→AWS S3→ Chrome拡張 運用チームのニーズ - 特定のWeb画面に含まれる特定のキーワードをハイライトさせたい - キーワードはスタッフが自由に編集できるようにしたい
  29. 29. 例3) スプレッドシート→AWS S3→ Chrome拡張 設定ファイルとしてのスプレッドシート (運用メンバーに公開) - URL - どのワードを、何色でハイライトさせたいか を記入する
  30. 30. 例3) スプレッドシート→AWS S3→ Chrome拡張 設定ファイルとしてのスプレッドシート (運用メンバーに公開) JSONにしてS3に保存
  31. 31. 例3) スプレッドシート→AWS S3→ Chrome拡張 Chrome拡張を作成 - S3からJSONを取得する - 指定したURLなら該当するワードをハイライトする
  32. 32. 他にもこんなニーズが... - メンバーのシフト作成をラクにしたい - チームごとの採算管理シートの集計自動化 - 特定メールをslackに通知したい - レポート作成の自動化 - メンバーの稼働時間管理をラクにしたい きっとまだまだあるはず。
  33. 33. 社内GASレクチャーの話
  34. 34. 社内の「ノンプログラマ」向けに GASレクチャーをはじめました。
  35. 35. 背景1 - 業務効率化のリクエストが開発に多く寄せられる - 困ってる本人が効率化できるようになったらいいんじゃない?
  36. 36. 仙台 東京 福岡 沖縄 この人たちがGASを覚えたら 改善効果が大きいはず!!
  37. 37. 背景2 - プログラムへのハードルは下がってる - スクールガーディアン事業部での「中高生に向けたプログラミング教育」に関わる - もともと教えるのが好き - 教えることを通して「部署を超えた社内コミュニケーション」を促進したい - 「部活」のノリ - キャリアパス、スキルアップやエンジニアと非エンジニアのコミュニケーション円滑化... ...などに寄与するのでは?
  38. 38. 対象者 - プログラミングしたことない人 - だけどプログラムできるようになりたい人 - Googleサービス(スプレッドシート, Gmail, フォーム...)を利用している人 - ↑これらの手作業を自動化したい人 - ↑これらで実績を作って自分の経歴書に「GoogleAppsScriptによる業務効率化」と書 きたい人
  39. 39. 今週5/7から開始しました 2018年1月から企画開始、内容を作り、数人にトライアルしてもらって改善 4月にGASレクチャーについて全社アナウンス+希望者募集 仙台、東京、福岡、沖縄から30人を超える希望者が集まりました 平日コース:平日の業務時間後に1回2時間程度を数回やる 休日コース:土曜に丸一日使ってやる
  40. 40. 「プログラミング講座」をゼロから作るのは無理 ←この本の何がすごいって「Javascript入門」でもあること。 全460ページのうち210ページがJavascriptの解説。 ノンプログラマがプログラミングを覚えて、実業務を効率化したい! という人にうってつけ! Javascriptのキホン+GASとしてGoogleサービスと連携していける この本の流れをベースにしつつも伝える内容を選択し、 社内事例も含めながらレクチャ資料を作成 (この発表のあとに著者の高橋さんからサインをもらいました!w)
  41. 41. レクチャー資料を作りながら思ったこと 参加者の目的は「プログラミングを体系的に正確に学びたい」ではなく 「業務効率化したい」 - 体系的じゃなくていい - 「知っておいたほうがいい」をどこまで省けるか - 「答え」よりも「考え方」と「答えの調べ方」を覚えてもらう → 自分の知識もあいまいなことを知る
  42. 42. 大事にしたこと 結果が「目に見えること」 - Logger.logでもいいが「実行したら結果がセルに出力される」ほうが「動いてる」感ある - エンジニア視点だと出力先がログか、セルか、の違いなんだろうけど、ログに出るんじゃなくて、セルに出力 される方が「うお!」てなるでしょ。 実務で使えるサンプルコードにすること - 実務ではスプレッドシートが大きな割合。シート間のコピーとか、すぐ使えるtips - GmailやSlackに通知するとか
  43. 43. やってみて(まだ始めたばかりだけど) - 「動いた!」「できた!」って喜んでるのを見ると嬉しい - ループ(for, while)をわかりやすく説明するの難しい 総じて「相手が何をわかっていないので、何を先に説明すればいいのか」の判断がむず かしい。。。私が勉強になります。
  44. 44. 書けるメンバーが増えた先に起こりそうなこと - 業務が変化し、コードを変更しなければならなくなった - そのコードを書いた人が退職した - それでも業務を続けなければならない - 想定外の使われ方をして動かなくなった - データの量が多くなってきて時間がかかる、処理が遅くなる 業務が止まるリスク 書けるだけじゃなく 保守運用までできるスキル
  45. 45. 継続して使われ続けるための知識・ノウハウ - 読みやすいコードを書く - プログラムは「名前8割」(前職の先輩談) - コード管理・コードレビュー - githubのこととか - 「保守・運用」 - 継続して使われる→不具合が起こる→それに対応する - を行うだけの時間確保と気力 - テスト・品質保証 - プログラムが意図したように動くことをどうやって確認するか - 不具合が起こった時に気づけるような仕組み このような エンジニア的知識が 必要になってくる
  46. 46. ...とはいえそれはまだ先の話。 (私の場合)たくさんいるノンプログラマ(営業、運用、バックオフィス) のメンバーから数 人でもGASを使える人がでてきたら、事業全体としての業務効率化の効果は大きな ものになるハズ なにより「プログラムって面白い」って思ってもらえるようにしたい。
  47. 47. 休日コースの様子
  48. 48. すでにGASマスターのみなさんも 全社導入とか、そゆのもいいけれど、 まずは誰か1人でも「自分の業務を自分で自動化できる」ようにする というアプローチも面白いのではないでしょうか? おしまい

×