Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
ゲーム開発者教育の国際動向と
実践報告
山根 信二
岡山理科大 情報科学科 教員 (2014-)
IGDA日本 理事
Higher Education Video Game Alliance 会員
8月27日(木) 16:30-17:00
本セッションの内容
●
高度化するゲーム人材育成と日本の立ち位置
●
教員個人では網羅できない体系的な学問としてのゲーム教
育
●
国際標準カリキュラムの利用
●
※本日発表する内容は,昨年度の一部の新設科目の内容
です.カリキュラム全体や組織...
国家事業になったゲーム開発者育成
●
国をあげてのゲーム開発者育成への期待
– GDC2010式典でファーストレディーからシリアスゲー
ム開発呼びかけメッセージ
– オバマ大統領 Hour of Code 演説 (2014)
「Don't ju...
日本特殊論の登場(10年前~)
●
「日本にはコンピュータゲームを学ぶ大学院が
ない」
●
「日本には世界のどことも異なるゲーム開発者
教育が行われているようだ」
●
「クリエイティブな作業を教えず既存タイトルを
真似しようとする」
●
「大学...
日本特殊論を越えて
●
専門学校だけではない日本のゲーム開発者育成
●
ゲーム産業のイノベーターの多くは大学出身
– 宮本茂(工業デザイン専攻)・鈴木裕(CAD研究)・岩田聡
(手書き文字認識研究) etc.
●
イノベーターを輩出しているのに...
情報科学での試み
●
地方大学の情報科学科に,ゲーム技術を学ぶ
コースを新設する
※ 岡山理科大学は東京理科大学とは関係ありません
● 本気度チェックポイント:
1.学位プログラムとしてのデザイン
2.カリキュラムフレームワークの活用
3.新規...
新コースのデザイン
● 大学と専門学校との違い: 学位を授与・大学院へ接続
● 学位授与の方針(ディグリーポリシー)にゲーム技術を明記
– オールドスクール「必修科目を邪魔せずに放課後にやってね」
– ニュースクール 「ゲーム技術学ばないと卒業...
なぜカリキュラムフレームワーク?
● 「IGDAゲーム開発者カリキュラムフレームワーク」とは
– 単一カリキュラムではなく,カリキュラムの集成
– すべての職種で学ぶべきコアカリキュラムを策定
– 最低限のコアだけでなく,先鋭的な実施例も紹介
...
教員の問題: 誰が教えるのか
●
「ゲーム開発のプロ」と「教育のプロ」との協働作業
●
プロのゲーム開発者が複数年の教育プログラム設
計を率いた例は少ない
(ブレンダ・ロメロのフルブライト海外派遣など)
●
英語教科書(後述)を活用できる人材が...
学習デザイン
●
ゲーム開発をとりいれるために新規科目「ゲーム概
論」「ゲームアルゴリズム」「ゲームデザイン」を追加
●
カリキュラムフレームワークで追加すべき学習項目を
洗い出し,新科目を開発する
●
新設科目「ゲームデザイン」で体系的な知識...
教材設計と学習計画
● The Art of Game Design 「レンズの書」を採用
– 著者は,複数組織で異なるポジションを経験したあとに
カーネギーメロン大学に招聘された教育専門の大学教員
● 教科書採用の決め手:
体系的記述,学術研...
新設科目の評価
カリキュラムはまだ完成していませんが,本
セッション後半では新設科目「ゲームデザイ
ン」初年度を担当教員の視点で評価します.
●
英語教科書チャレンジの効果
●
扱うことができた情報科学の学習項目
●
扱わなかった学習項目
英語教科書についての反応 (1)
●
予習復習すればテキスト内容はほぼ理解でき
る: (6.67%)
●
ソフトウェアに関係する文章は理解できるが、そ
れ以外は難しい: (0%)
●
ゲームに関する文章は理解できるが、それ以外
は難しい: (2...
英語教科書についての反応 (2)
●
英語が壊滅的にもかかわらず,学生からの授業評価
アンケート結果は評価が高かった
– ゲームならば英語教科書でも低評価にならない?
(要追試)
– 試験では英語の出題を控え,出題範囲を日本語スライド
に限定し...
ゲームデザインで科学を学ぶ(1)
●
扱うことができた学習項目の例
– 基本的概念(オブジェクト,関数空間, etc.)
– 情報デザイン(ユーザ中心デザイン,UI,UX等)
– ソフトウェア工学(UMLユースケース図,ウォーター
フォールモデ...
ゲームデザインで科学を学ぶ(2)
●
きちんと扱わなかった項目もある
– 英語教科書28章:ピッチ(投資家へのプレゼン)
● これは全職種共通のコア領域なのか? →
簡略化しよう!
だがしかし...
● 地元在住のゲーム開発者(NIGORO)が...
ゲームデザインで科学を学ぶ(3)
● あえて扱った学習項目:
ゲームデザインの社会的責任: 価値観,依存
●
ゲーム開発者カリキュラムのコア領域ではない.
だが,情報科学ではコア領域に含まれる.
●
ゲームデザインの倫理的問題を扱うことで,従来...
ここまでのまとめ
●
既存タイトルの真似ではなく体系的に学ぶ視点
●
カリキュラムフレームワークで未整備の領域をチェック
●
職業訓練ではなく,どの職種でも通用するコアスキル
を重視
● ディグリーポリシーとして明文化 (組織として共有)
●
...
今後の課題
● IGDAゲーム開発者カリキュラムフレームワークは,
昨年度から改訂作業がはじまっています
●
最低限のコアスキルを重視したが、突き抜けたスキ
ルを持つ人材育成については今後の課題
– ジェネラリスト育成からスーパージェネラリスト...
こども向けフレームワークの登場
●
昨年度末にホワイトハウス発表
– ゲームエンジンUnityを中学高校の授業で使うための手引きを
教師に配布
●
教育用ツールではなく,本物のツールで学ぶ時代の再来
●
ゲーム開発モデルコースを複数のスキル標準...
謝辞
● 本発表の一部は,科研費(26560128)「ソーシャ
ルコミュニティデザイナ人材育成プログラムの
開発と評価」(代表: 山根)に基づいています.
● 本発表はIGDA日本主催「GDC報告会」および
情報処理学会「情報教育シンポジウム2...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

CEDEC2015: ゲーム開発者教育の国際動向と実践報告

1,807 views

Published on

CEDEC2015 presentation(in Japanese) about game education challenge in Japan.

Published in: Education
  • Be the first to comment

CEDEC2015: ゲーム開発者教育の国際動向と実践報告

  1. 1. ゲーム開発者教育の国際動向と 実践報告 山根 信二 岡山理科大 情報科学科 教員 (2014-) IGDA日本 理事 Higher Education Video Game Alliance 会員 8月27日(木) 16:30-17:00
  2. 2. 本セッションの内容 ● 高度化するゲーム人材育成と日本の立ち位置 ● 教員個人では網羅できない体系的な学問としてのゲーム教 育 ● 国際標準カリキュラムの利用 ● ※本日発表する内容は,昨年度の一部の新設科目の内容 です.カリキュラム全体や組織としての評価ではありません 【追記: CEDEC2015後に本発表者が大学の旗振り役であ ると報道されましたが、教育プログラムの開発は組織全体 の長期にわたる取組であり、発表者はその取組に2014年 から新設科目の担当として加わったに過ぎません。】 ● 学校・企業研修でのゲーム人材育成や,海外でのゲーム教 育についての参考に
  3. 3. 国家事業になったゲーム開発者育成 ● 国をあげてのゲーム開発者育成への期待 – GDC2010式典でファーストレディーからシリアスゲー ム開発呼びかけメッセージ – オバマ大統領 Hour of Code 演説 (2014) 「Don't just buy a new video game, make one.」 – 産学官によるホワイトハウスゲームジャム (2014) ● ゲームを消費するだけではなくうみだす新世代へ の期待 ● 各有名大学も卒業生のゲーム開発者をアピール ● 一方,日本は: →日本特殊論の登場
  4. 4. 日本特殊論の登場(10年前~) ● 「日本にはコンピュータゲームを学ぶ大学院が ない」 ● 「日本には世界のどことも異なるゲーム開発者 教育が行われているようだ」 ● 「クリエイティブな作業を教えず既存タイトルを 真似しようとする」 ● 「大学でゲームを研究してるのに、なぜ国際学 会で発表しないのか?」 ● 「日本はゲーム開発の優位性を保つために, 英語論文を書かせないのでは? (真顔)」
  5. 5. 日本特殊論を越えて ● 専門学校だけではない日本のゲーム開発者育成 ● ゲーム産業のイノベーターの多くは大学出身 – 宮本茂(工業デザイン専攻)・鈴木裕(CAD研究)・岩田聡 (手書き文字認識研究) etc. ● イノベーターを輩出しているのにロールモデルだと みていなかった国内大学 – 東工大が岩田聡氏を追悼「本学の卒業生としては異色 の経歴の持ち主でした」←微妙 – 海外だったら「我が大学の教育を受けた者は、新たな産 業でも活躍できる」とアピールしていたのでは? ● 日本で海外大学レベルの本格的なゲーム開発者教 育を実施してみた→
  6. 6. 情報科学での試み ● 地方大学の情報科学科に,ゲーム技術を学ぶ コースを新設する ※ 岡山理科大学は東京理科大学とは関係ありません ● 本気度チェックポイント: 1.学位プログラムとしてのデザイン 2.カリキュラムフレームワークの活用 3.新規科目を設置し学習計画,教材を開発 情報科学科の話ですが,他学部にも応用可能
  7. 7. 新コースのデザイン ● 大学と専門学校との違い: 学位を授与・大学院へ接続 ● 学位授与の方針(ディグリーポリシー)にゲーム技術を明記 – オールドスクール「必修科目を邪魔せずに放課後にやってね」 – ニュースクール 「ゲーム技術学ばないと卒業できないからね」 – 国内の大学では初の事例 (当方調べ) ● 成績等にもとづいて3年進級時にコースを選択 ● 国際学会(IEEE-CS, ACM)でのゲーム開発者教育に配慮 – 情報科学の学位プログラムにゲームデザイン等を追加,ただし教 育の質を下げては意味がない ● 開発者リスペクトと卒業生ロールモデル ● 「IGDAゲーム開発者カリキュラムフレームワーク」活用→
  8. 8. なぜカリキュラムフレームワーク? ● 「IGDAゲーム開発者カリキュラムフレームワーク」とは – 単一カリキュラムではなく,カリキュラムの集成 – すべての職種で学ぶべきコアカリキュラムを策定 – 最低限のコアだけでなく,先鋭的な実施例も紹介 ● メリット: 用語の統一で「車輪の再発明」を避ける – たとえば「ナラティブ」は大学発の概念。 大学教科書~GDC学生コンペ~GDCサミットへと広がった ● GDC Narrative Review Competition (2008-) http://www.gdcvault.com/gamenarrativereview – 日本では大学教科書が普及しなかったために新語と誤解される ● メリット: 体系知のチェック – 「CESA技術開発ロードマップ」と同様に不足した知識をマッピング ● 大学では幅広い分野で通用するコアの知識を教えたい
  9. 9. 教員の問題: 誰が教えるのか ● 「ゲーム開発のプロ」と「教育のプロ」との協働作業 ● プロのゲーム開発者が複数年の教育プログラム設 計を率いた例は少ない (ブレンダ・ロメロのフルブライト海外派遣など) ● 英語教科書(後述)を活用できる人材が少ない ● 学術的な(論文になる)ゲーム研究をゲーム産業と つなげられる研究者はもっと少ない ● 「ゲームデザイン」担当教員はゲームジャムでゲーム 開発の全工程を経験して授業に持ち帰っている – ゲームジャムでもプロとの協働経験を積める – 先週末(8/22-23)も福島ゲームジャム岡山会場を開設
  10. 10. 学習デザイン ● ゲーム開発をとりいれるために新規科目「ゲーム概 論」「ゲームアルゴリズム」「ゲームデザイン」を追加 ● カリキュラムフレームワークで追加すべき学習項目を 洗い出し,新科目を開発する ● 新設科目「ゲームデザイン」で体系的な知識をカバー する (情報科学科2年生 約70名が受講) ● 【チャレンジ】ゲームデザインの英語大学教科書を使う – 日本語教科書(当時)では知識体系のコア領域をカバーで きず,学術研究への視点も薄い – ただし講義は日本語で
  11. 11. 教材設計と学習計画 ● The Art of Game Design 「レンズの書」を採用 – 著者は,複数組織で異なるポジションを経験したあとに カーネギーメロン大学に招聘された教育専門の大学教員 ● 教科書採用の決め手: 体系的記述,学術研究への発展, 情報科学の知識 を活用 ● 洋書は教科書指定できないので,毎週2-3章から必 要範囲をプリントで配布 ● eラーニングで学習サポート – 日本語スライドと電子掲示板を提供 – 現役ゲームデザイナ・ゲーム研究者も学外からネット参加 – 専門家の関心も高いことを学生も意識
  12. 12. 新設科目の評価 カリキュラムはまだ完成していませんが,本 セッション後半では新設科目「ゲームデザイ ン」初年度を担当教員の視点で評価します. ● 英語教科書チャレンジの効果 ● 扱うことができた情報科学の学習項目 ● 扱わなかった学習項目
  13. 13. 英語教科書についての反応 (1) ● 予習復習すればテキスト内容はほぼ理解でき る: (6.67%) ● ソフトウェアに関係する文章は理解できるが、そ れ以外は難しい: (0%) ● ゲームに関する文章は理解できるが、それ以外 は難しい: (20.00 %) ● 予習復習の時間が足りずテキストの内容を理 解できない: (40.00 %) ● 英語がまったく理解できない: (50.00%)
  14. 14. 英語教科書についての反応 (2) ● 英語が壊滅的にもかかわらず,学生からの授業評価 アンケート結果は評価が高かった – ゲームならば英語教科書でも低評価にならない? (要追試) – 試験では英語の出題を控え,出題範囲を日本語スライド に限定した – 英語教科書から出題していれば評価は下がったかも(要 追試) ● 教科書をほぼ理解できる学生も少数ながら存在する – 彼らを中心としたグループ学習も考えられる – ただし教科書の予習量が多いので、範囲を厳選する必要 がある
  15. 15. ゲームデザインで科学を学ぶ(1) ● 扱うことができた学習項目の例 – 基本的概念(オブジェクト,関数空間, etc.) – 情報デザイン(ユーザ中心デザイン,UI,UX等) – ソフトウェア工学(UMLユースケース図,ウォーター フォールモデルとスパイラルモデル) – クライアントのききとり,ユーザテスト – 専門家の社会的責任 (→後述) ● ゲーム開発で従来の学習項目を扱うことも可能 ● 情報科学の質を確保するために,さらに学位プ ログラム全体の学習項目の見直しを行っていく 「この学習目標,ゲーム開発で学べます!」
  16. 16. ゲームデザインで科学を学ぶ(2) ● きちんと扱わなかった項目もある – 英語教科書28章:ピッチ(投資家へのプレゼン) ● これは全職種共通のコア領域なのか? → 簡略化しよう! だがしかし... ● 地元在住のゲーム開発者(NIGORO)がクラウド ファンディングKickstarterで資金調達に成功! ● 卒業生がKickstarterで新記録を達成!! The fate of Shenmue is in your hands now! ● 「これは日本では必要ない」という判断は慎重に
  17. 17. ゲームデザインで科学を学ぶ(3) ● あえて扱った学習項目: ゲームデザインの社会的責任: 価値観,依存 ● ゲーム開発者カリキュラムのコア領域ではない. だが,情報科学ではコア領域に含まれる. ● ゲームデザインの倫理的問題を扱うことで,従来の 専門教育にないホットな問題を加えることができた – 例: 依存性の高いシステム開発を命じられたらどうす る?
  18. 18. ここまでのまとめ ● 既存タイトルの真似ではなく体系的に学ぶ視点 ● カリキュラムフレームワークで未整備の領域をチェック ● 職業訓練ではなく,どの職種でも通用するコアスキル を重視 ● ディグリーポリシーとして明文化 (組織として共有) ● 従来の学問を削らずに,ゲーム開発を通じた新しい学 びを積み上げる ● 【評価者募集】 本発表は新科目だけの評価だが,今 後はカリキュラム全体について第三者評価,相互評価 を行い共有したい ● 今後の課題:
  19. 19. 今後の課題 ● IGDAゲーム開発者カリキュラムフレームワークは, 昨年度から改訂作業がはじまっています ● 最低限のコアスキルを重視したが、突き抜けたスキ ルを持つ人材育成については今後の課題 – ジェネラリスト育成からスーパージェネラリスト育成へ 向かう海外先進校 (8/27 VAセッション北田「帰国して感じたこと」でも出た 話題です) ● フレームワークにもとづくゲーム開発教育は、大学 教育レベルだけでなく,米国中学高校レベルにも 広がりはじめている→
  20. 20. こども向けフレームワークの登場 ● 昨年度末にホワイトハウス発表 – ゲームエンジンUnityを中学高校の授業で使うための手引きを 教師に配布 ● 教育用ツールではなく,本物のツールで学ぶ時代の再来 ● ゲーム開発モデルコースを複数のスキル標準で位置づけ – Common Core (全米共通学力基準) – Next Gen Science Standards (新理科教育基準) – 21st Century Skills (21世紀スキル) – STEM Career Cluster (高校卒業後に求められる進路別の理 数工学教育基準) ● フレームワーク活用例: 「我が中学校でも21世紀スキルを 教えよう」→「それゲーム開発入門の第●回で学べます」
  21. 21. 謝辞 ● 本発表の一部は,科研費(26560128)「ソーシャ ルコミュニティデザイナ人材育成プログラムの 開発と評価」(代表: 山根)に基づいています. ● 本発表はIGDA日本主催「GDC報告会」および 情報処理学会「情報教育シンポジウム2015」 ( http://id.nii.ac.jp/1001/00144696/)での発表と 重複する部分があります.

×