SlideShare a Scribd company logo
1 of 88
Java 10以降の
Javaリリース
関西Javaエンジニアの会 /
ポノス株式会社
阪田 浩一 @jyukutyo
#kanjava
Disclaimer
以下の事項は個人の理解に基づいています。
正確な情報を提供することに努めています
が、誤りがあることがあります。何かを確
約するものではないため、この情報を元に
判断なさらないでください。
会長だけどじゅくちょー
• 阪田 浩一 / じゅくちょー
• 関ジャバ会長(JUGリーダ)
• JVMが大好き
• ポノス株式会社(スマホゲーム会社)
昨年9/21
リリース
10はいつ?
あと1ヶ月後!
3/20
リリース予定
Javaの
リリースサイクルが
変わったことは
ご存知ですか?
半年ごとに
新バージョンが
リリースされる
今まで
どうだったかと
言うと…
今までのJavaリリースサイクル
• 2年ごとにメジャーアップデート
– 達成されたこと、あったっけ?
• 8 - 8ヶ月遅れ
• 9 – 1年半遅れ
• 計画した機能が完成すればリリース
– 複雑な機能の完成時期に左右される
• 9 - JPMS
今後は…
今後のJavaリリースサイクル
• 半年ごとにリリース
– 10 – 3/20
– 11 – 今年9月
• 3ヶ月ごとにメンテナンス/セキュリティリリース
– 4月と7月 / 10月と1月
• サポートは半年(次のリリース)まで
新機能を
できるだけ早く
使えるように
無償版のOracle JDKは
なくなる
OpenJDKのビルドが
代わりとなる
ライセンスはGPL
(たしか
クラスパス例外付き
GPLv2)
Oracle JDKとOpenJDK
• 機能的な差はない(TCKにより保証)
– Oracle JDKには
• オラクルのバイナリコードライセンスがある
• 一部のコードが異なる
• クローズドソースのサードパーティのコンポーネ
ントが含まれている
– グラフィック・ラスタライザ、サード・パーティ・フォ
ント、追加ドキュメントなど
• 商用機能がある
Oracle JDKには
商用機能が
あるのだが…
商用機能は
OpenJDKへ統合される
商用機能
• AppCDS
• Java Flight Recorder
• Java Mission Control
• ZGC
AppCDSは
現在のJava 10に
統合済み
残りも
統合作業中
(Java 11以降)
よくある疑問
半年ごとに
バージョンアップしない
といけないの?
OpenJDKにも
LTSバージョンが
あります!
LTSは3年ごと
最初のLTSは11
サポート期間は
次のLTSバージョンまで
の3年
公式情報は
出ていないが
Devoxx,FOSDEM,
JfokusでMarkさんが
話している
Oracleの
Javaプラットフォーム
チーフアーキテクト
Mark Reinholdさん
動画はこちら
• FOSDEM
– https://youtu.be/1l0WrKrSAVI
• Jfokus
– https://youtu.be/-YEuNf8a7hk
5日違いのカンファレンスですが
内容は半分しか重なっていません…
Oracle JDKは
有償サポートとなる
LTSの有償サポート
Premier Support リリースから5年
Extended Support 上記に加え +3年
Sustaining Support 無期限
http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/eol-135779-ja.html
有償サポート
バージョン リリース
Premier
Support
Extended
Support
Sustaining
Support
9
(non-LTS) 2017年9月 2018年3月 設定なし 無期限
10 (18.3)
(non-LTS) 2018年3月 2018年9月 設定なし 無期限
11
(18.9-LTS) 2018年9月 2023年9月 2026年9月 無期限
http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/eol-135779-ja.html
Java 8の
公式アップデートは
2019年1月まで
時期を考えると
8 -> 11
というのがよさそう
(11は18年9月リリース
8は19年1月まで)
新しい
リリースモデルへの
よくある誤解
新しいリリースモデルへの誤解
❌LTSでないリリースは
”実験的”リリースである
新しいリリースモデルへの誤解
❌各リリースは
過去の各リリースの
ように
破壊的である
新しいリリースモデルへの誤解
❌古い機能は
予告から3年後に
削除される
新しいリリースモデルへの誤解
❌更新が頻繁でない
システムなら
LTSでないリリースは
無視してよい
新しいリリースモデルへの誤解
❌LTSでないリリースは
アップデートが
2回しかない
新しいリリースモデルへの誤解
❌LTSリリースは
3年以上サポートされる
ことはない
では来月リリースの
Java 10には
どんなものが?
Java 11以降は?
今日はAmberに
焦点を絞ります
Amber
• ”お作法”を少なく
– ローカル変数の型推論(var)
– データクラス
– 式としてのswitch
– sealed型
– パターンマッチ
サンプルコードを
使ってご紹介
ローカル変数の
型推論
Javaにおける
型推論の歴史
List<String> l =
Collections.<String>emptyList();
List<String> l = Collenctions.emptyList();
--
List<String> l = new ArrayList<String>();
List<String> l = new ArrayList<>();
--
Predicate<String> p =
(String s) -> s.length() == 0;
Predicate<String> p = s -> s.length() == 0;
URL url =
new URL(”http://openjdk.java.net”);
var url =
new URL(”http://openjdk.java.net”);
型推論
• not 動的型付き
• コンパイラが型を補完してくれる
イメージ
var hello = ”hello”;
hello = 1;
データクラス
まず、
いわゆる”入れ物”クラス
class Point {
final double x;
final double y;
Point(double x, double y) {
this.x = x;
this.y = y;
}
double x() { return x; }
double y() { return y; }
public boolean equals(Object o) {…}
public int hashCode() {…}
public String toString() {…}
}
データクラス導入で
これだけになる
record Point(double x, double y);
final double x;
final double y;
Point(double x, double y) {
this.x = x;
this.y = y;
}
double x() { return x; }
double y() { return y; }
public boolean equals(Object o) {…}
public int hashCode() {…}
public String toString() {…}
}
ScalaやKotlinと
近い感じ
必要なメソッドは
定義/オーバーライド
できる
record Point(double x, double y) {
@Override
public int hashCode() {
return x * 92821 * x;
}
public double norm() {
return Math.sqrt(x*x + y*y);
}
}
次に
switch式、
sealed型、
パターンマッチを
合わせた例
switch文に
型を使えるように
ラムダのような記法に
sealed型にすることで、
他に実装クラスが
ないことを
保証できる
default節を
削除できた
さらに、
switchで
データクラスは
分解できる
当然ここでも
varが使える
Java 9から
_(アンダースコア1文字)
は予約語
Amberが入ると
使わない変数を
”_”で表現できる
Java 11以降
こんな感じに
なっていく
予定
(まだこれらすべてを
試せるブランチは
探したけれど
なかった)

More Related Content

More from Koichi Sakata

Introduction to JIT Compiler in JVM
Introduction to JIT Compiler in JVMIntroduction to JIT Compiler in JVM
Introduction to JIT Compiler in JVMKoichi Sakata
 
Guide to GraalVM (Oracle Groundbreakers APAC 2019 Tour in Tokyo)
Guide to GraalVM (Oracle Groundbreakers APAC 2019 Tour in Tokyo)Guide to GraalVM (Oracle Groundbreakers APAC 2019 Tour in Tokyo)
Guide to GraalVM (Oracle Groundbreakers APAC 2019 Tour in Tokyo)Koichi Sakata
 
Guide to GraalVM (JJUG CCC 2019 Fall)
Guide to GraalVM (JJUG CCC 2019 Fall)Guide to GraalVM (JJUG CCC 2019 Fall)
Guide to GraalVM (JJUG CCC 2019 Fall)Koichi Sakata
 
Introduction to GraalVM and Native Image
Introduction to GraalVM and Native ImageIntroduction to GraalVM and Native Image
Introduction to GraalVM and Native ImageKoichi Sakata
 
Introduction to GraalVM
Introduction to GraalVMIntroduction to GraalVM
Introduction to GraalVMKoichi Sakata
 
GraalVMで使われている、他言語をJVM上に実装する仕組みを学ぼう
GraalVMで使われている、他言語をJVM上に実装する仕組みを学ぼうGraalVMで使われている、他言語をJVM上に実装する仕組みを学ぼう
GraalVMで使われている、他言語をJVM上に実装する仕組みを学ぼうKoichi Sakata
 
Bytecode Manipulation with a Java Agent and Byte Buddy
Bytecode Manipulation with a Java Agent and Byte BuddyBytecode Manipulation with a Java Agent and Byte Buddy
Bytecode Manipulation with a Java Agent and Byte BuddyKoichi Sakata
 
Great Ideas in GraalVM
Great Ideas in GraalVMGreat Ideas in GraalVM
Great Ideas in GraalVMKoichi Sakata
 
Graal in GraalVM - A New JIT Compiler
Graal in GraalVM - A New JIT CompilerGraal in GraalVM - A New JIT Compiler
Graal in GraalVM - A New JIT CompilerKoichi Sakata
 
KanJava 201804 Career 思い込みから逃れた先には、可能性がある
KanJava 201804 Career 思い込みから逃れた先には、可能性があるKanJava 201804 Career 思い込みから逃れた先には、可能性がある
KanJava 201804 Career 思い込みから逃れた先には、可能性があるKoichi Sakata
 
JJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみる
JJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみるJJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみる
JJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみるKoichi Sakata
 
KANJAVA PARTY 2017 前説
KANJAVA PARTY 2017 前説KANJAVA PARTY 2017 前説
KANJAVA PARTY 2017 前説Koichi Sakata
 
JJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めた
JJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めたJJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めた
JJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めたKoichi Sakata
 
“Purikura” culture in Japan and our web application architecture
“Purikura” culturein Japan andour web application architecture“Purikura” culturein Japan andour web application architecture
“Purikura” culture in Japan and our web application architectureKoichi Sakata
 
デブサミ2017 Javaコミュニティ作ったら人生変わった
デブサミ2017 Javaコミュニティ作ったら人生変わったデブサミ2017 Javaコミュニティ作ったら人生変わった
デブサミ2017 Javaコミュニティ作ったら人生変わったKoichi Sakata
 
JJUG CCC 2016 fall バイトコードが君のトモダチになりたがっている
JJUG CCC 2016 fall バイトコードが君のトモダチになりたがっているJJUG CCC 2016 fall バイトコードが君のトモダチになりたがっている
JJUG CCC 2016 fall バイトコードが君のトモダチになりたがっているKoichi Sakata
 
日本からJavaOneに行こう!
日本からJavaOneに行こう!日本からJavaOneに行こう!
日本からJavaOneに行こう!Koichi Sakata
 
Seasar2で作った俺たちのサービスの今
Seasar2で作った俺たちのサービスの今Seasar2で作った俺たちのサービスの今
Seasar2で作った俺たちのサービスの今Koichi Sakata
 
How Scala code is expressed in the JVM
How Scala code is expressed in the JVMHow Scala code is expressed in the JVM
How Scala code is expressed in the JVMKoichi Sakata
 
クリスマスを支える俺たちとJava(JJUG CCC 2015 Spring AB4)
クリスマスを支える俺たちとJava(JJUG CCC 2015 Spring AB4)クリスマスを支える俺たちとJava(JJUG CCC 2015 Spring AB4)
クリスマスを支える俺たちとJava(JJUG CCC 2015 Spring AB4)Koichi Sakata
 

More from Koichi Sakata (20)

Introduction to JIT Compiler in JVM
Introduction to JIT Compiler in JVMIntroduction to JIT Compiler in JVM
Introduction to JIT Compiler in JVM
 
Guide to GraalVM (Oracle Groundbreakers APAC 2019 Tour in Tokyo)
Guide to GraalVM (Oracle Groundbreakers APAC 2019 Tour in Tokyo)Guide to GraalVM (Oracle Groundbreakers APAC 2019 Tour in Tokyo)
Guide to GraalVM (Oracle Groundbreakers APAC 2019 Tour in Tokyo)
 
Guide to GraalVM (JJUG CCC 2019 Fall)
Guide to GraalVM (JJUG CCC 2019 Fall)Guide to GraalVM (JJUG CCC 2019 Fall)
Guide to GraalVM (JJUG CCC 2019 Fall)
 
Introduction to GraalVM and Native Image
Introduction to GraalVM and Native ImageIntroduction to GraalVM and Native Image
Introduction to GraalVM and Native Image
 
Introduction to GraalVM
Introduction to GraalVMIntroduction to GraalVM
Introduction to GraalVM
 
GraalVMで使われている、他言語をJVM上に実装する仕組みを学ぼう
GraalVMで使われている、他言語をJVM上に実装する仕組みを学ぼうGraalVMで使われている、他言語をJVM上に実装する仕組みを学ぼう
GraalVMで使われている、他言語をJVM上に実装する仕組みを学ぼう
 
Bytecode Manipulation with a Java Agent and Byte Buddy
Bytecode Manipulation with a Java Agent and Byte BuddyBytecode Manipulation with a Java Agent and Byte Buddy
Bytecode Manipulation with a Java Agent and Byte Buddy
 
Great Ideas in GraalVM
Great Ideas in GraalVMGreat Ideas in GraalVM
Great Ideas in GraalVM
 
Graal in GraalVM - A New JIT Compiler
Graal in GraalVM - A New JIT CompilerGraal in GraalVM - A New JIT Compiler
Graal in GraalVM - A New JIT Compiler
 
KanJava 201804 Career 思い込みから逃れた先には、可能性がある
KanJava 201804 Career 思い込みから逃れた先には、可能性があるKanJava 201804 Career 思い込みから逃れた先には、可能性がある
KanJava 201804 Career 思い込みから逃れた先には、可能性がある
 
JJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみる
JJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみるJJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみる
JJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみる
 
KANJAVA PARTY 2017 前説
KANJAVA PARTY 2017 前説KANJAVA PARTY 2017 前説
KANJAVA PARTY 2017 前説
 
JJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めた
JJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めたJJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めた
JJUG CCC 2017 Spring Seasar2からSpringへ移行した俺たちのアプリケーションがマイクロサービスアーキテクチャへ歩み始めた
 
“Purikura” culture in Japan and our web application architecture
“Purikura” culturein Japan andour web application architecture“Purikura” culturein Japan andour web application architecture
“Purikura” culture in Japan and our web application architecture
 
デブサミ2017 Javaコミュニティ作ったら人生変わった
デブサミ2017 Javaコミュニティ作ったら人生変わったデブサミ2017 Javaコミュニティ作ったら人生変わった
デブサミ2017 Javaコミュニティ作ったら人生変わった
 
JJUG CCC 2016 fall バイトコードが君のトモダチになりたがっている
JJUG CCC 2016 fall バイトコードが君のトモダチになりたがっているJJUG CCC 2016 fall バイトコードが君のトモダチになりたがっている
JJUG CCC 2016 fall バイトコードが君のトモダチになりたがっている
 
日本からJavaOneに行こう!
日本からJavaOneに行こう!日本からJavaOneに行こう!
日本からJavaOneに行こう!
 
Seasar2で作った俺たちのサービスの今
Seasar2で作った俺たちのサービスの今Seasar2で作った俺たちのサービスの今
Seasar2で作った俺たちのサービスの今
 
How Scala code is expressed in the JVM
How Scala code is expressed in the JVMHow Scala code is expressed in the JVM
How Scala code is expressed in the JVM
 
クリスマスを支える俺たちとJava(JJUG CCC 2015 Spring AB4)
クリスマスを支える俺たちとJava(JJUG CCC 2015 Spring AB4)クリスマスを支える俺たちとJava(JJUG CCC 2015 Spring AB4)
クリスマスを支える俺たちとJava(JJUG CCC 2015 Spring AB4)
 

Recently uploaded

LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑Akihiro Kadohata
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイントonozaty
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )iwashiira2ctf
 
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfTakayuki Nakayama
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルCRI Japan, Inc.
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521Satoshi Makita
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdkokinagano2
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計atsushi061452
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一瑛一 西口
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperleger Tokyo Meetup
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用KLab Inc. / Tech
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員Sadaomi Nishi
 

Recently uploaded (14)

LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
 
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 

Java release cadence has been changed and about Project Amber