SlideShare a Scribd company logo
Hacking the CivicTech
CivicTechをHackする
及川卓也
@takoratta
```ruby: Increments.rb
module Increments
def mission
<<-’EOMISSION’.strip_heredoc
ソフトウェア開発をよくすることで
世界の進化を加速させる。
EOMISSION
end
def goal
‘プログラマのための技術情報記録 & 共有’
end
end
Self Introduction
# cat hack4.jp
while (Japan.recovering) {
we.hack();
}
# cat ~./.profile
PATH=/HackForJapan:/IT×災
害:/ITDART
# echo $ITDART
情報支援レスキュー隊
Self Introduction
継続するCivicTechとは
Public Domain from http://www.publicdomainpictures.net/view-image.php?image=147288&picture=business-networking
何が悪かったか?
その前に
失敗といえるのか?
プロジェクトの目的
「あなたが払った税金が1日あたりどう使われているかを知ること
で、公共サービスの受益と負担の関係を読み解く市民主導のプ
ロジェクトです」(http://spending.jp/ より)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF#/media/File:Moleskine_ruled_n
otebook,_inside_view.jpg
製品要求仕様(Product Requirements)
何を達成したいのか?
公共サービスの受益と負担の関係を読み解
く
ユーザー(利用者)は?
(公共サービスの受益と負担の関係を読み
解きたい)市民
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF#/media/File:Moleskine_ruled_n
otebook,_inside_view.jpg
製品要求仕様(Product Requirements)
何を達成したいのか?
公共サービスの受益と負担の関係を読み解
く
ユーザー(利用者)は?
(公共サービスの受益と負担の関係を読み
解きたい)市民
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF#/media/File:Moleskine_ruled_n
otebook,_inside_view.jpg
製品要求仕様(Product Requirements)
何を達成したいのか?
公共サービスの受益と負担の関係を読み解
く
ユーザー(利用者)は?
(公共サービスの受益と負担の関係を読み
解きたい)市民
ユースケースは?(いつどのようなときに使うの
か?)
???
ユースケース
市民が、公共サービスの
受益と負担の関係を読
み解くためのものである
ならば、サイトの制作を
行うこと自体がユース
ケースとなるであろう。
(=ならば、制作後の利
用が少ないのは当然と
なる)
http://takoratta.hatenablog.com/entry/2013/07/06/234618 より
本当にそうか?
製品(サービス)は
ニーズを満たすために
開発する
ニーズとは
● 人々の課題解決
● 新しい価値の提供
ニーズは何か?
公共サービスの受益と負
担の関係を読み解く?
公共サービスの受益と負担の関係を読み解く?
1) 本当にそれを希望している人がいるのか? ペルソナ(具体的な
ユーザー像)は? ユーザーは何人くらいか?
2) 希望している人に対しては、サイト制作と同じ体験をしてもらう
のが良いかもしれない。そうならば、完成したサイトを提供し続
けるのではなく、制作過程を体験してもらえるようなサービスに
すべきではないのか?
3) 「公共サービスの受益と負担の関係を読み解く」は他のニーズ
を満たすために必要となる手段ではないのか?
公共サービスの受益と負担の関係を読み解く?
1) 本当にそれを希望している人がいるのか? ペルソナ(具体的な
ユーザー像)は? ユーザーは何人くらいか?
2) 希望している人に対しては、サイト制作と同じ体験をしてもらう
のが良いかもしれない。そうならば、完成したサイトを提供し続
けるのではなく、制作過程を体験してもらえるようなサービスに
すべきではないのか?
3) 「公共サービスの受益と負担の関係を読み解く」は他のニーズ
を満たすために必要となる手段ではないのか?
手段と目的を混同しない
3) 「公共サービスの受益と負担の関係を読み解く」は他のニーズ
を満たすために必要となる手段ではないのか?
税金の流れを知る必要が出てくるのは…
● 転居や転勤時
● 地方選挙
● など…
人の行動は次の公式で考えられる
行動=動機×きっかけ
これを意識してサービスは設計する必要がある。
Public Domain from http://www.publicdomainpictures.net/view-image.php?image=147288&picture=business-networking
ビジネス(事業)の継続性を考えないといけない
ROI (Return on Investiment) を考える。この場合の
Returnとは:
● ユーザー数: どれだけの人に
● 価値: 価値を与えているか(=ニーズを満たしてい
るか)
小さく始めて、素早く、大きく育てる
リーン開発やグロースハックという手法
ニーズとは
● 人々の課題解決
● 新しい価値の提供
フレームワーク
バリュー・プロポジション・デザイン
顧客が欲しがる製品やサービスを
創る
バリュー・プロポジション・デザイン
顧客が欲しがる製品やサービスを
創る
バリュー・プロポジション・デザイン
顧客が欲しがる製品やサービスを
創る
バリュー・プロポジション・デザイン
顧客が欲しがる製品やサービスを
創る
Disclaimer
税金はどこへ行った
プロジェクトの価値が無いとか、間違っていると言う意
図はありません。私が関わった自治体向けのプロジェ
クトでの反省を元にした考察となります。
CivicTechは誰のため?
ユーザー不在ではないか
という問題提起
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Open_Data_stickers.jpg
オープンデータの活用が進まないという声もある
オープンデータを
使って何かをしようという
発想を変えてみる
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Neon_sign,_%22CHANGE%22.jpg
ニーズを発掘
ソリューションを提供
非オープンデータ
オープンデータ
データから始めるのでは
なく、ニーズから始めよう
オープンデータを用いた活動はそれが目的と
なりがち。賞賛される行動であり、それ自体
が価値のあること。
しかし、
自己目的化していないか、自己
満足に陥っていないか注意が必要。
CivicTechの魅力
 プロフェッショナルとしての成長
■ 多様性 ■ ストレッチな環境
組織
組織 組織 組織
・・・
1つの組織に属しながら、他のコミュニティなどにも属することで、スキルと経験の
幅が広がる。ネットワークを拡げることにもなる。
● オープンソース
● 勉強会
● Qiita ;)
● CivicTech活動
組織 組織 組織
・・・
Public Domain
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Yudh_Abhyas_2015_Soldiers_familiarize_with_INS
AS_1B1.jpg
https://www.flickr.com/photos/josiahmackenzie/3414064391
Public Domain
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:US_Navy_111017-N-ZK021-001_Sailors_conduct_a_group_warm
-up_exercise_during_the_Command_Fitness_Leader_(CFL)_course_at_Naval_Air_Station_Whidbey_Isl.j
pg
https://www.flickr.com/photos/opensourceway/6554314981
オープンソース=使っているソフトウェアにバグがあった
ら、1) 報告する → 2) パッチを送る
CivicTech=生きている社会にバグがあったら、1) 報告
する → 2) パッチを送る
CivicTechは社会にパッチをあてる活動
まとめ
使われる製品・サービスを開発することを考
えよう。
オープンソースマインドで社会をハックしよ
う。

More Related Content

Similar to CivicTechをHackする (Code for Japan Summit 2016)

Hyperledgerマルチブロックチェーン基盤戦略構想 3/3
Hyperledgerマルチブロックチェーン基盤戦略構想 3/3Hyperledgerマルチブロックチェーン基盤戦略構想 3/3
Hyperledgerマルチブロックチェーン基盤戦略構想 3/3
Hyperleger Tokyo Meetup
 
[Developers Summit 2015 講演資料] リクルートテクノロジーズ 14,000件/秒の配信を実現した リクルートのモバイルアプリを支え...
[Developers Summit 2015 講演資料] リクルートテクノロジーズ 14,000件/秒の配信を実現した リクルートのモバイルアプリを支え...[Developers Summit 2015 講演資料] リクルートテクノロジーズ 14,000件/秒の配信を実現した リクルートのモバイルアプリを支え...
[Developers Summit 2015 講演資料] リクルートテクノロジーズ 14,000件/秒の配信を実現した リクルートのモバイルアプリを支え...
Recruit Technologies
 
OpenJDKのコミッタってどんなことしたらなったの?解決してきた技術課題の事例から見えてくる必要な知識と技術(JJUG CCC 2023 Spring)
OpenJDKのコミッタってどんなことしたらなったの?解決してきた技術課題の事例から見えてくる必要な知識と技術(JJUG CCC 2023 Spring)OpenJDKのコミッタってどんなことしたらなったの?解決してきた技術課題の事例から見えてくる必要な知識と技術(JJUG CCC 2023 Spring)
OpenJDKのコミッタってどんなことしたらなったの?解決してきた技術課題の事例から見えてくる必要な知識と技術(JJUG CCC 2023 Spring)
NTT DATA Technology & Innovation
 
#022 waap
#022 waap#022 waap
#022 waap
Katsuhide Hirai
 
AI x ロボティクス x ブロックチェーンによる次世代自律テクノロジー
AI x ロボティクス x ブロックチェーンによる次世代自律テクノロジーAI x ロボティクス x ブロックチェーンによる次世代自律テクノロジー
AI x ロボティクス x ブロックチェーンによる次世代自律テクノロジー
Atsushi Ishii
 
magmaの概要および特徴の紹介
magmaの概要および特徴の紹介magmaの概要および特徴の紹介
magmaの概要および特徴の紹介
Yohei Motomura
 
Theo Jansen BeastをADKで動かす
Theo Jansen BeastをADKで動かすTheo Jansen BeastをADKで動かす
Theo Jansen BeastをADKで動かす
Takahiro Okada
 
React vtecx20171025
React vtecx20171025React vtecx20171025
React vtecx20171025
Shinichiro Takezaki
 
配布用Dotcloudによるすぐ始めるtwitterwebアプリ開発#twtr hack
配布用Dotcloudによるすぐ始めるtwitterwebアプリ開発#twtr hack配布用Dotcloudによるすぐ始めるtwitterwebアプリ開発#twtr hack
配布用Dotcloudによるすぐ始めるtwitterwebアプリ開発#twtr hackyut148atgmaildotcom
 
HTML5時代のwebクリエイターに必要なこと
HTML5時代のwebクリエイターに必要なことHTML5時代のwebクリエイターに必要なこと
HTML5時代のwebクリエイターに必要なことMasakazu Muraoka
 
1人で始めた技術コミュニティ活動を1年で経営層に公認してもらうまで
1人で始めた技術コミュニティ活動を1年で経営層に公認してもらうまで1人で始めた技術コミュニティ活動を1年で経営層に公認してもらうまで
1人で始めた技術コミュニティ活動を1年で経営層に公認してもらうまで
Mamoru Ohashi
 
ソーシャルCRMプラットフォームを活用した情報交換コミュニティ「みんなのドットコムマスター広場」のオープンについて - プレゼンテーション 20110606
ソーシャルCRMプラットフォームを活用した情報交換コミュニティ「みんなのドットコムマスター広場」のオープンについて - プレゼンテーション 20110606ソーシャルCRMプラットフォームを活用した情報交換コミュニティ「みんなのドットコムマスター広場」のオープンについて - プレゼンテーション 20110606
ソーシャルCRMプラットフォームを活用した情報交換コミュニティ「みんなのドットコムマスター広場」のオープンについて - プレゼンテーション 20110606
NTTCom CHEO
 
It業界理解
It業界理解It業界理解
It業界理解Jun Chiba
 
Desktop app dev strategy for .net core 3.0
Desktop app dev strategy for .net core 3.0Desktop app dev strategy for .net core 3.0
Desktop app dev strategy for .net core 3.0
Atsushi Nakamura
 
Onlab presentation 072412
Onlab presentation 072412Onlab presentation 072412
Onlab presentation 072412
Hiro Maeda
 
Upwind Technology, Inc. Company Profile(Japanese)
Upwind Technology, Inc. Company Profile(Japanese)Upwind Technology, Inc. Company Profile(Japanese)
Upwind Technology, Inc. Company Profile(Japanese)Upwind Technology Inc.
 
React vtecx20171129
React vtecx20171129React vtecx20171129
React vtecx20171129
Shinichiro Takezaki
 
Mithril
MithrilMithril

Similar to CivicTechをHackする (Code for Japan Summit 2016) (20)

Hyperledgerマルチブロックチェーン基盤戦略構想 3/3
Hyperledgerマルチブロックチェーン基盤戦略構想 3/3Hyperledgerマルチブロックチェーン基盤戦略構想 3/3
Hyperledgerマルチブロックチェーン基盤戦略構想 3/3
 
What's TMCN?
What's TMCN?What's TMCN?
What's TMCN?
 
[Developers Summit 2015 講演資料] リクルートテクノロジーズ 14,000件/秒の配信を実現した リクルートのモバイルアプリを支え...
[Developers Summit 2015 講演資料] リクルートテクノロジーズ 14,000件/秒の配信を実現した リクルートのモバイルアプリを支え...[Developers Summit 2015 講演資料] リクルートテクノロジーズ 14,000件/秒の配信を実現した リクルートのモバイルアプリを支え...
[Developers Summit 2015 講演資料] リクルートテクノロジーズ 14,000件/秒の配信を実現した リクルートのモバイルアプリを支え...
 
OpenJDKのコミッタってどんなことしたらなったの?解決してきた技術課題の事例から見えてくる必要な知識と技術(JJUG CCC 2023 Spring)
OpenJDKのコミッタってどんなことしたらなったの?解決してきた技術課題の事例から見えてくる必要な知識と技術(JJUG CCC 2023 Spring)OpenJDKのコミッタってどんなことしたらなったの?解決してきた技術課題の事例から見えてくる必要な知識と技術(JJUG CCC 2023 Spring)
OpenJDKのコミッタってどんなことしたらなったの?解決してきた技術課題の事例から見えてくる必要な知識と技術(JJUG CCC 2023 Spring)
 
#022 waap
#022 waap#022 waap
#022 waap
 
AI x ロボティクス x ブロックチェーンによる次世代自律テクノロジー
AI x ロボティクス x ブロックチェーンによる次世代自律テクノロジーAI x ロボティクス x ブロックチェーンによる次世代自律テクノロジー
AI x ロボティクス x ブロックチェーンによる次世代自律テクノロジー
 
magmaの概要および特徴の紹介
magmaの概要および特徴の紹介magmaの概要および特徴の紹介
magmaの概要および特徴の紹介
 
Theo Jansen BeastをADKで動かす
Theo Jansen BeastをADKで動かすTheo Jansen BeastをADKで動かす
Theo Jansen BeastをADKで動かす
 
React vtecx20171025
React vtecx20171025React vtecx20171025
React vtecx20171025
 
配布用Dotcloudによるすぐ始めるtwitterwebアプリ開発#twtr hack
配布用Dotcloudによるすぐ始めるtwitterwebアプリ開発#twtr hack配布用Dotcloudによるすぐ始めるtwitterwebアプリ開発#twtr hack
配布用Dotcloudによるすぐ始めるtwitterwebアプリ開発#twtr hack
 
HTML5時代のwebクリエイターに必要なこと
HTML5時代のwebクリエイターに必要なことHTML5時代のwebクリエイターに必要なこと
HTML5時代のwebクリエイターに必要なこと
 
1人で始めた技術コミュニティ活動を1年で経営層に公認してもらうまで
1人で始めた技術コミュニティ活動を1年で経営層に公認してもらうまで1人で始めた技術コミュニティ活動を1年で経営層に公認してもらうまで
1人で始めた技術コミュニティ活動を1年で経営層に公認してもらうまで
 
ソーシャルCRMプラットフォームを活用した情報交換コミュニティ「みんなのドットコムマスター広場」のオープンについて - プレゼンテーション 20110606
ソーシャルCRMプラットフォームを活用した情報交換コミュニティ「みんなのドットコムマスター広場」のオープンについて - プレゼンテーション 20110606ソーシャルCRMプラットフォームを活用した情報交換コミュニティ「みんなのドットコムマスター広場」のオープンについて - プレゼンテーション 20110606
ソーシャルCRMプラットフォームを活用した情報交換コミュニティ「みんなのドットコムマスター広場」のオープンについて - プレゼンテーション 20110606
 
Sangyo2009 05
Sangyo2009 05Sangyo2009 05
Sangyo2009 05
 
It業界理解
It業界理解It業界理解
It業界理解
 
Desktop app dev strategy for .net core 3.0
Desktop app dev strategy for .net core 3.0Desktop app dev strategy for .net core 3.0
Desktop app dev strategy for .net core 3.0
 
Onlab presentation 072412
Onlab presentation 072412Onlab presentation 072412
Onlab presentation 072412
 
Upwind Technology, Inc. Company Profile(Japanese)
Upwind Technology, Inc. Company Profile(Japanese)Upwind Technology, Inc. Company Profile(Japanese)
Upwind Technology, Inc. Company Profile(Japanese)
 
React vtecx20171129
React vtecx20171129React vtecx20171129
React vtecx20171129
 
Mithril
MithrilMithril
Mithril
 

More from Takuya Oikawa

はじめてのPRD
はじめてのPRDはじめてのPRD
はじめてのPRD
Takuya Oikawa
 
執念とこだわりで社会を変える あるプロダクトマネージャーの試行錯誤
執念とこだわりで社会を変える あるプロダクトマネージャーの試行錯誤執念とこだわりで社会を変える あるプロダクトマネージャーの試行錯誤
執念とこだわりで社会を変える あるプロダクトマネージャーの試行錯誤
Takuya Oikawa
 
ワークライフバランスに関する一考察
ワークライフバランスに関する一考察ワークライフバランスに関する一考察
ワークライフバランスに関する一考察
Takuya Oikawa
 
食文化を支える プロダクトマネージャーの仕事術 #pmconfjp
食文化を支えるプロダクトマネージャーの仕事術 #pmconfjp食文化を支えるプロダクトマネージャーの仕事術 #pmconfjp
食文化を支える プロダクトマネージャーの仕事術 #pmconfjp
Takuya Oikawa
 
【早稲田大学向け】ソフトウェア開発に必要な職種
【早稲田大学向け】ソフトウェア開発に必要な職種【早稲田大学向け】ソフトウェア開発に必要な職種
【早稲田大学向け】ソフトウェア開発に必要な職種
Takuya Oikawa
 
【早稲田大学向け】ソフトウェアにより変わる世界
【早稲田大学向け】ソフトウェアにより変わる世界【早稲田大学向け】ソフトウェアにより変わる世界
【早稲田大学向け】ソフトウェアにより変わる世界
Takuya Oikawa
 
#MANABIYA 2018 技術者としての成長のための技術トレンド
#MANABIYA 2018 技術者としての成長のための技術トレンド#MANABIYA 2018 技術者としての成長のための技術トレンド
#MANABIYA 2018 技術者としての成長のための技術トレンド
Takuya Oikawa
 
PMの採用について
PMの採用についてPMの採用について
PMの採用について
Takuya Oikawa
 
災害時における情報支援
災害時における情報支援災害時における情報支援
災害時における情報支援
Takuya Oikawa
 
減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2016
減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2016減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2016
減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2016
Takuya Oikawa
 
競合について (pmjp.slack.comオフ会#5 LT)
競合について (pmjp.slack.comオフ会#5 LT)競合について (pmjp.slack.comオフ会#5 LT)
競合について (pmjp.slack.comオフ会#5 LT)
Takuya Oikawa
 
グローバルハイテク企業で働くということ
グローバルハイテク企業で働くということグローバルハイテク企業で働くということ
グローバルハイテク企業で働くということ
Takuya Oikawa
 
LODチャレンジ2015 情報技術で開かれる社会
LODチャレンジ2015 情報技術で開かれる社会LODチャレンジ2015 情報技術で開かれる社会
LODチャレンジ2015 情報技術で開かれる社会
Takuya Oikawa
 
すし×グローバリゼーション
すし×グローバリゼーションすし×グローバリゼーション
すし×グローバリゼーション
Takuya Oikawa
 
クリスマスもコードを書きたいアナタに送る! 次世代エンジニアの技術の学び方とは? 〜Qiitaの投稿データから読み解く、2016年の技術トレンド〜
クリスマスもコードを書きたいアナタに送る! 次世代エンジニアの技術の学び方とは? 〜Qiitaの投稿データから読み解く、2016年の技術トレンド〜クリスマスもコードを書きたいアナタに送る! 次世代エンジニアの技術の学び方とは? 〜Qiitaの投稿データから読み解く、2016年の技術トレンド〜
クリスマスもコードを書きたいアナタに送る! 次世代エンジニアの技術の学び方とは? 〜Qiitaの投稿データから読み解く、2016年の技術トレンド〜
Takuya Oikawa
 
IT DART紹介@減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2015
IT DART紹介@減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2015IT DART紹介@減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2015
IT DART紹介@減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2015
Takuya Oikawa
 
Hack For Japan Overview (2013) in English
Hack For Japan Overview (2013) in EnglishHack For Japan Overview (2013) in English
Hack For Japan Overview (2013) in English
Takuya Oikawa
 
第49回HTML5勉強会 Google I/O 2014サマリー
第49回HTML5勉強会 Google I/O 2014サマリー第49回HTML5勉強会 Google I/O 2014サマリー
第49回HTML5勉強会 Google I/O 2014サマリー
Takuya Oikawa
 
Chrome For HTML5NIGHT
Chrome For HTML5NIGHTChrome For HTML5NIGHT
Chrome For HTML5NIGHT
Takuya Oikawa
 
Hack For Japan Overview for CODE for JAPAN
Hack For Japan Overview for CODE for JAPANHack For Japan Overview for CODE for JAPAN
Hack For Japan Overview for CODE for JAPAN
Takuya Oikawa
 

More from Takuya Oikawa (20)

はじめてのPRD
はじめてのPRDはじめてのPRD
はじめてのPRD
 
執念とこだわりで社会を変える あるプロダクトマネージャーの試行錯誤
執念とこだわりで社会を変える あるプロダクトマネージャーの試行錯誤執念とこだわりで社会を変える あるプロダクトマネージャーの試行錯誤
執念とこだわりで社会を変える あるプロダクトマネージャーの試行錯誤
 
ワークライフバランスに関する一考察
ワークライフバランスに関する一考察ワークライフバランスに関する一考察
ワークライフバランスに関する一考察
 
食文化を支える プロダクトマネージャーの仕事術 #pmconfjp
食文化を支えるプロダクトマネージャーの仕事術 #pmconfjp食文化を支えるプロダクトマネージャーの仕事術 #pmconfjp
食文化を支える プロダクトマネージャーの仕事術 #pmconfjp
 
【早稲田大学向け】ソフトウェア開発に必要な職種
【早稲田大学向け】ソフトウェア開発に必要な職種【早稲田大学向け】ソフトウェア開発に必要な職種
【早稲田大学向け】ソフトウェア開発に必要な職種
 
【早稲田大学向け】ソフトウェアにより変わる世界
【早稲田大学向け】ソフトウェアにより変わる世界【早稲田大学向け】ソフトウェアにより変わる世界
【早稲田大学向け】ソフトウェアにより変わる世界
 
#MANABIYA 2018 技術者としての成長のための技術トレンド
#MANABIYA 2018 技術者としての成長のための技術トレンド#MANABIYA 2018 技術者としての成長のための技術トレンド
#MANABIYA 2018 技術者としての成長のための技術トレンド
 
PMの採用について
PMの採用についてPMの採用について
PMの採用について
 
災害時における情報支援
災害時における情報支援災害時における情報支援
災害時における情報支援
 
減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2016
減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2016減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2016
減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2016
 
競合について (pmjp.slack.comオフ会#5 LT)
競合について (pmjp.slack.comオフ会#5 LT)競合について (pmjp.slack.comオフ会#5 LT)
競合について (pmjp.slack.comオフ会#5 LT)
 
グローバルハイテク企業で働くということ
グローバルハイテク企業で働くということグローバルハイテク企業で働くということ
グローバルハイテク企業で働くということ
 
LODチャレンジ2015 情報技術で開かれる社会
LODチャレンジ2015 情報技術で開かれる社会LODチャレンジ2015 情報技術で開かれる社会
LODチャレンジ2015 情報技術で開かれる社会
 
すし×グローバリゼーション
すし×グローバリゼーションすし×グローバリゼーション
すし×グローバリゼーション
 
クリスマスもコードを書きたいアナタに送る! 次世代エンジニアの技術の学び方とは? 〜Qiitaの投稿データから読み解く、2016年の技術トレンド〜
クリスマスもコードを書きたいアナタに送る! 次世代エンジニアの技術の学び方とは? 〜Qiitaの投稿データから読み解く、2016年の技術トレンド〜クリスマスもコードを書きたいアナタに送る! 次世代エンジニアの技術の学び方とは? 〜Qiitaの投稿データから読み解く、2016年の技術トレンド〜
クリスマスもコードを書きたいアナタに送る! 次世代エンジニアの技術の学び方とは? 〜Qiitaの投稿データから読み解く、2016年の技術トレンド〜
 
IT DART紹介@減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2015
IT DART紹介@減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2015IT DART紹介@減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2015
IT DART紹介@減災ソフトウェア開発に関わる一日会議2015
 
Hack For Japan Overview (2013) in English
Hack For Japan Overview (2013) in EnglishHack For Japan Overview (2013) in English
Hack For Japan Overview (2013) in English
 
第49回HTML5勉強会 Google I/O 2014サマリー
第49回HTML5勉強会 Google I/O 2014サマリー第49回HTML5勉強会 Google I/O 2014サマリー
第49回HTML5勉強会 Google I/O 2014サマリー
 
Chrome For HTML5NIGHT
Chrome For HTML5NIGHTChrome For HTML5NIGHT
Chrome For HTML5NIGHT
 
Hack For Japan Overview for CODE for JAPAN
Hack For Japan Overview for CODE for JAPANHack For Japan Overview for CODE for JAPAN
Hack For Japan Overview for CODE for JAPAN
 

CivicTechをHackする (Code for Japan Summit 2016)