SlideShare a Scribd company logo
1 of 51
12th WOCS2
1/21/2015
SPEAK-IPAを用いた設計指向による
公開アセスメントの試行
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 1
株式会社 エー・アンド・デイ 佐藤克
株式会社 豊田自動織機 福田仁志
株式会社 NSD 村上孝
名古屋市工業研究所 小川清
システム技術研究会
山内一資, 石津和紀,倉田智穂,近藤聖久,北野敏明
12th WOCS2
1/21/2015
SPEAK-IPAを用いた設計指向による
公開アセスメントの試行
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 2
株式会社 エー・アンド・デイ 佐藤克
株式会社 豊田自動織機 福田仁志
株式会社 NSD 村上孝
名古屋市工業研究所 小川清
システム技術研究会
山内一資, 石津和紀,倉田智穂,近藤聖久,北野敏明
設計指向!!!
テスト指向!
12th WOCS2
1/21/2015
自己紹介
佐藤 克(まさる)
社内SEPG活動、社内アセスメント、
バリデーション、リスクマネジメント
㈱エー・アンド・ディ 開発技術センター
医療健康機器、計量(1μg~3000t)、
自動車開発支援ツール、試験計測、他
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 3
12th WOCS2
1/21/2015
システム技術研究会の紹介
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 4
• 名古屋市工業研究所で1998年~、毎月1回
• 様々な企業のSEPG、アセッサー等
プロセスについての議論
アセスメント実施により理解を深める。
• 現在34名が登録(2014年12月)、毎月十数名の参加。
• ほぼ毎年学会等発表
(関係者分参考文献[3][7][8][9][10][11])
http://researchmap.jp/joctf7x88-50024/#_50024
12th WOCS2
1/21/2015
背景と課題 おわりに
まとめ
仮説と提案 結果
作業
アジェンダ
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 5
12th WOCS2
1/21/2015
背景と課題
企業内だけでアセスメントをやっている者
自分のアセスメントのやり方が適切なのか?
もしかしたら、暴走しているかもしれない!?
比較する情報が欲しい。
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 6
「適切」の意味: 客観性や妥当性
(どの程度のボリュームでやればいいか等)
12th WOCS2
1/21/2015
しかし、公開されたアセスメントは殆ど無い!
企業内のアセスメントは機密
利害関係者以外が見る事は出来ない。
背景と課題
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 7
12th WOCS2
1/21/2015
背景と課題
未熟で孤独なアセッサが学ぶ場が欲しい!
オープンソースを公開アセスメントする
これならだれでも学べる。
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 8
アセスメント対象、アセスメント
どちらも公開でなければ、傍聴できない。
12th WOCS2
1/21/2015
仮説と提案
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 9
つまり
12th WOCS2
1/21/2015
仮説と提案
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 10
公開アセスメントの意義
①各企業の配慮や工夫
を知る。
②熟練者の知見収集し
気づきを得る。
③アセスメントの改善が
できる
オープンソース
異業種の
アセッサ
未熟 熟練
見学者
公開アセスメント
アセッシ
中堅
アドバイスや気づきアドバイスや気づき学び
12th WOCS2
1/21/2015
仮説と提案
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 11
公開アセスメントの意義
オープンソース
異業種の
アセッサ
未熟 熟練
見学者
公開アセスメント
アセッシ
中堅
アドバイスや気づきアドバイスや気づき学び
①配慮や工夫を知る
異業種混成のチーム構成
により、各企業の配慮や
工夫を知ることができる。
その改善のノウハウを自
社でのやり方に活かす事
ができる。
12th WOCS2
1/21/2015
仮説と提案
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 12
公開アセスメントの意義
オープンソース
異業種の
アセッサ
未熟 熟練
見学者
公開アセスメント
アセッシ
中堅
アドバイスや気づきアドバイスや気づき学び
②熟練者の知見収集
アセスメント過程を公開す
ることで、熟練者からの
指摘を貰うことができる。
また経験の浅い方の参考
になり、アセスメントのや
り方の議論が一緒にでき
る。
12th WOCS2
1/21/2015
仮説と提案
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 13
公開アセスメントの意義
オープンソース
異業種の
アセッサ
未熟 熟練
見学者
公開アセスメント
アセッシ
中堅
アドバイスや気づきアドバイスや気づき学び
③アセスメントの改善
アセッサの知識を有する
方がアセスメントの内容を
見る事でアセスメントプロ
セスの改善が可能。
12th WOCS2
1/21/2015
仮説と提案
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 14
公開アセスメントの意義
①各企業の配慮や工夫
を知る。
②熟練者の知見収集し
気づきを得る。
③アセスメントの改善が
できる
オープンソース
異業種の
アセッサ
未熟 熟練
見学者
公開アセスメント
アセッシ
中堅
アドバイスや気づきアドバイスや気づき学び
12th WOCS2
1/21/2015
作業
実際に作業を組み立ててみる
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 15
12th WOCS2
1/21/2015
アセスメントするオープンソースはTOPPERS/ssp
(アセッシは依頼者本人)
• TOPPERS/sspは情報がwebに公開されている。
→外部観察法でアセスメント
• 外部観察法ではわからない所
→インタビューで調べよう
• 内部関与法でプロジェクトに参加?
→非会員、知識、時間の制約
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 16
外部観察法
診断する組織の外
部(組織に関係の
ない)から見て診断
内部関与法
診断する組織の内
部から見て(共に作
業を実施して)診断
*1)TOPPERS/ssp:iTRONベースの
最小セットリアルタイムカーネル
参考文献[1]社会調査法
作業
12th WOCS2
1/21/2015
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 17
作業(外部観察)
・H/Pに掲載情報を収集・分析
共通仕様数 3,116個
カーネル名 仕様差分数 差分割合
ASP 120個 4%
FMP 62個 2%
HRP 130個 4%
SSP 57個 2%
ASP Safety 0個 0%
仕様差分まとめ
・割合は少ない
・sspは57個の仕様差
→差分はどうしている?
講師・教材
作成者内訳
設計者内訳
・教材作成者と設計者が異なっている
→情報交換はどうしている?インタビューで聴いてみようインタビューで聴いてみよう
(株)リコー
(株)アド
バンスト
データコン
トロールズ
(株)デン
ソークリエ
イト
・・・
合計 参加人数 4 1 3 ・・・
教材作成 0 0 0 ・・・
講師 0 0 0 ・・・
総計 0 0 0 ・・・
名大・技
科大
個人会員
宮城県産
業技術総
合センター
(資)もなみ
ソフトウェ
ア
・・・
ASP 2006~ 3 1 1 0 ・・・
FMP 2006~ 2 1 1 0 ・・・
HRP 2006~ 5 1 0 0 ・・・
SSP 2010~ 0 1 0 0 ・・・
・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
合計 19 6 5 5 ・・・
12th WOCS2
1/21/2015
作業 (アセスメント対象)
TOPPERS/ssp制約条件
1)アセッサがTOPPERS/ssp会員企業の場合
TOPPERSの開発作業に参加したり、閲覧して
診断してよい。
2)アセッサがTOPPERS/ssp会員企業以外の場合
公開情報に基づいて診断。
→ 今回は2)で実施
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 18
12th WOCS2
1/21/2015
作業
アセスメントモデル
SPEAK-IPA
独立行政法人情報処理推進機構が提供する、
プロセスアセスメントモデル。<参考文献[4][5]>
http://www.ipa.go.jp/sec/reports/20130326_2.html
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 19
12th WOCS2
1/21/2015
作業
• アセスメントチーム(6名敬称略)
リーダ:山内
メンバー:福田,石津,倉田,村上,佐藤
●AutomotiveSPICE Provisional Assessor 数名
●NSSOL SPEAKアセッサコース受講者 数名
●SPEAK-IPA準アセッサコース受講者 数名
●学会発表経験者<参考文献[8][10]等>
業種:自動車,産業機械, IT/エンジニアリング, 計測機器、等
(6名とも所属企業は異なる。 TOPPERS/ssp 使用経験なし)
アドバイザ:北野,近藤<参考文献[3]等>
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 20
12th WOCS2
1/21/2015
作業
• 成果物はwebから参照。
• 公開インタビュー
9月、10月、11月の3回実施
アセッサが顔を合わすのも毎月1回だけ。
コミュニケーションが足らない。
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 21
12th WOCS2
1/21/2015
作業
毎月のインタビューの合間にアセッサ間のコ
ミュニケーション。
●フリーのWeb会議システムを使う
(Google Hangout)
Web会議6回x2~3h、インタビュー3回x3h、+α
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 22
9 10 11 12
インタ
ビュー
Web会議
▲
12
▲
10
▲
7
▲
4
▲
19
▲
2
▲
14
▲
29
▲
6
12th WOCS2
1/21/2015
作業
成果物の保管庫(リポジトリ)も欲しい
●フリーのグループウェアを使う
(サイボウズLive)
アセスメントの計画書や報告書だけ
でなく、様々な成果物等を残す事に
より、類似のことを行おうとした時の
再現性の手助けになる。
【ノウハウの保存】
希望者に公開できたら良い情報になるかも!?
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 23
12th WOCS2
1/21/2015
ミーティングツールを使っても、言葉でやり取りす
るだけでは、どうしてもアセッサ間の認識のずれ
がおきる。
特に事業目標とアセスメントプロセスの関連に、
もやもやが有る様だ。
作業
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 24
もやもや
もやもや
それって、どう
いう意味?
どこに関係が
あるの?
12th WOCS2
1/21/2015
図にしてみました
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 25
結果 事業目標とアセスメント対象プロセスの関係図
12th WOCS2
1/21/2015
①採用を増やす(組込み界のLinux)
②良質なOSSで技術と産業振興を推進する
a)第三世代開発の設計指針を明確化したい
b)ソースコードの理解を助ける図を用意したい
c)ソフトウェア部品の品質評価尺度を用意したい
(機械部品、電子部品と同様な)
③高品質・効率的な開発技術/ツールを提供する
ソフトウェア部品として企業の共通部門が体系的
にサポート(教育を含む)できるようにしたい
④組込みシステム技術者を育成する
OSSを用いた教育コース/教材/教育の場を提供したい
要求事項抽出
文書化
ソフトウェア設計
品質保証
品質管理
教育訓練
リスク管理
結果 事業目標とアセスメント対象プロセスの関係図
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 26
12th WOCS2
1/21/2015
①採用を増やす(組込み界のLinux)
②良質なOSSで技術と産業振興を推進する
a)第三世代開発の設計指針を明確化したい
b)ソースコードの理解を助ける図を用意したい
c)ソフトウェア部品の品質評価尺度を用意したい
(機械部品、電子部品と同様な)
③高品質・効率的な開発技術/ツールを提供する
ソフトウェア部品として企業の共通部門が体系的
にサポート(教育を含む)できるようにしたい
④組込みシステム技術者を育成する
OSSを用いた教育コース/教材/教育の場を提供したい
要求事項抽出
文書化
ソフトウェア設計
品質保証
品質管理
教育訓練
リスク管理
結果 事業目標とアセスメント対象プロセスの関係図
事業目標
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 27
12th WOCS2
1/21/2015
①採用を増やす(組込み界のLinux)
②良質なOSSで技術と産業振興を推進する
a)第三世代開発の設計指針を明確化したい
b)ソースコードの理解を助ける図を用意したい
c)ソフトウェア部品の品質評価尺度を用意したい
(機械部品、電子部品と同様な)
③高品質・効率的な開発技術/ツールを提供する
ソフトウェア部品として企業の共通部門が体系的
にサポート(教育を含む)できるようにしたい
④組込みシステム技術者を育成する
OSSを用いた教育コース/教材/教育の場を提供したい
要求事項抽出
文書化
ソフトウェア設計
品質保証
品質管理
教育訓練
リスク管理
結果 事業目標とアセスメント対象プロセスの関係図
アセスメント対象プロセス
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 28
12th WOCS2
1/21/2015
①採用を増やす(組込み界のLinux)
②良質なOSSで技術と産業振興を推進する
a)第三世代開発の設計指針を明確化したい
b)ソースコードの理解を助ける図を用意したい
c)ソフトウェア部品の品質評価尺度を用意したい
(機械部品、電子部品と同様な)
③高品質・効率的な開発技術/ツールを提供する
ソフトウェア部品として企業の共通部門が体系的
にサポート(教育を含む)できるようにしたい
④組込みシステム技術者を育成する
OSSを用いた教育コース/教材/教育の場を提供したい
要求事項抽出
文書化
ソフトウェア設計
品質保証
品質管理
教育訓練
リスク管理
結果 事業目標とアセスメント対象プロセスの関係図
本来の段落は
①・・・・・・・・・・
②・・・・・・・・・・
a)・・・・・・・・
b)・・・・・・・・
だが、依頼者が強く
求めている目標を
突出させて表した。
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 29
12th WOCS2
1/21/2015
①採用を増やす(組込み界のLinux)
②良質なOSSで技術と産業振興を推進する
a)第三世代開発の設計指針を明確化したい
b)ソースコードの理解を助ける図を用意したい
c)ソフトウェア部品の品質評価尺度を用意したい
(機械部品、電子部品と同様な)
③高品質・効率的な開発技術/ツールを提供する
ソフトウェア部品として企業の共通部門が体系的
にサポート(教育を含む)できるようにしたい
④組込みシステム技術者を育成する
OSSを用いた教育コース/教材/教育の場を提供したい
要求事項抽出
文書化
ソフトウェア設計
品質保証
品質管理
教育訓練
リスク管理
結果 事業目標とアセスメント対象プロセスの関係図
事業目標とプロセス
の関係を線で結んだ。
これによりなぜその
プロセスをアセスメン
トするのかがわかり
やすくなった。
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 30
12th WOCS2
1/21/2015
①採用を増やす(組込み界のLinux)
②良質なOSSで技術と産業振興を推進する
a)第三世代開発の設計指針を明確化したい
b)ソースコードの理解を助ける図を用意したい
c)ソフトウェア部品の品質評価尺度を用意したい
(機械部品、電子部品と同様な)
③高品質・効率的な開発技術/ツールを提供する
ソフトウェア部品として企業の共通部門が体系的
にサポート(教育を含む)できるようにしたい
④組込みシステム技術者を育成する
OSSを用いた教育コース/教材/教育の場を提供したい
要求事項抽出
文書化
ソフトウェア設計
品質保証
品質管理
教育訓練
リスク管理
結果 事業目標とアセスメント対象プロセスの関係図
リスク管理プロセスは
全体に影響する為、
線で結ばずに大括弧
で括った。
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 31
12th WOCS2
1/21/2015
①採用を増やす(組込み界のLinux)
②良質なOSSで技術と産業振興を推進する
a)第三世代開発の設計指針を明確化したい
b)ソースコードの理解を助ける図を用意したい
c)ソフトウェア部品の品質評価尺度を用意したい
(機械部品、電子部品と同様な)
③高品質・効率的な開発技術/ツールを提供する
ソフトウェア部品として企業の共通部門が体系的
にサポート(教育を含む)できるようにしたい
④組込みシステム技術者を育成する
OSSを用いた教育コース/教材/教育の場を提供したい
要求事項抽出
文書化
ソフトウェア設計
品質保証
品質管理
教育訓練
リスク管理
結果 事業目標とアセスメント対象プロセスの関係図
深い関係性のある
目標を線で繋いだ
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 32
12th WOCS2
1/21/2015
①採用を増やす(組込み界のLinux)
②良質なOSSで技術と産業振興を推進する
a)第三世代開発の設計指針を明確化したい
c)ソフトウェア部品の品質評価尺度を用意したい
(機械部品、電子部品と同様な)
③高品質・効率的な開発技術/ツールを提供する
ソフトウェア部品として企業の共通部門が体系的
にサポート(教育を含む)できるようにしたい
④組込みシステム技術者を育成する
OSSを用いた教育コース/教材/教育の場を提供したい
要求事項抽出
文書化
ソフトウェア設計
品質保証
品質管理
教育訓練
リスク管理
結果 事業目標とアセスメント対象プロセスの関係図
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 33
b)ソースコードの理解を助ける図を用意したい アセッシとのずれを発見
12th WOCS2
1/21/2015
結果 事業目標とアセスメント対象プロセスの関係図
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 34
もうひとつの依頼:(アセスメント改善推進者から)
●アセスメントの改善
アセッサの技能向上、技能伝達、作業診断の仕方の改善
を図る。
図を使うことでアセスメントの改善ができた!
公開アセスメントの意義
③アセスメントの改善ができる
だったよね
12th WOCS2
1/21/2015
参加者の感想
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 35
結果
12th WOCS2
1/21/2015
結果
●参加したアセッサの意見
• 様々な立場の人から様々な
意見が聞けて嬉しかった。
• 自分のアセスメントのやり方が、そう大きく間
違っていない事がわかって安心できた。
• 自分の以前のやり方が間違っていたことを再認
識できた。
• 納得がいくまで突き詰めて考える時間がとれた
のは貴重だった。
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 36
12th WOCS2
1/21/2015
参加したアセッサの意見
• 定量的な根拠の重要性が改めて分かった。
• 参考になった点
– SWORを表にして、強み/弱みの両方のリスク
を洗い出すまとめ方
– 他のアセッサの疑問提起から議論の進め方
• じっくりと考えた上で、自分の考えがいたっ
ていない部分を教わった。
− 対象がTOPPERS全体に広がってしまったため、
スコープがぼやけてしまった
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 37
12th WOCS2
1/21/2015
結果
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 38
●参加した依頼者(アセッシ)の意見
①採用を増やす
見学者から・・・
「試作・量産の場合に何をすればいいか分かった」
「Linuxと比べTOPPERS/sspの得失が明確になり、
やると良い事が明らかになった。」
②-b)ソースコードの理解を助ける図を用意したい
機種毎に異なる電源投入時の立ち上がり方等を
記述する図の提案がアセッサ側からあった。
起動時のポーティング設計が容易になる。
12th WOCS2
1/21/2015
設計書に必要な事項(例)
• 電源投入時の機種間の同期条件の記載
複数の機種がネットワークラインで繋がっている時に
機種間の通信を成立させるためには機種それぞれの
立ち上がり時間などを考慮しなければならない
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 39
機種
C
機種
A
機種
B
電源投入時の立ち上がり時間の
違いによるシステム同期
赤線で同期をとらないと通信が成立しない
ネットワークライン
12th WOCS2
1/21/2015
結果
●参加した見学者の意見(未熟者)
• 自分の悩みと同じ所が問題点に
なっている事がわかった。
• 何が正しいかは立ち位置で変わってくる事が
わかった。
• モデルの順番に質問するのではない方法に
初めて触れた。
• 試行錯誤し、解に導くプロセスを感じた。
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 40
12th WOCS2
1/21/2015
結果
●参加した見学者の意見(熟練者)
• TOPPERS/sspは、CMMIのRD(要件開発)や、PMBOK等コ
ミュニケーションのマネージメントに問題が有るかも。
• 利用者のニーズからの要件を『どのような機能、仕組みでマ
ネージメントするか』という認識が薄いかも。
• 発展させたいなら、 「流れに任せる」だけでなく「流れを読む」
も必要かも。
• 近い思惑を持ったメーカの「集まり」を構成し、より広いユー
ザの要望を取り込むやり方が、多くの開発者の共感を呼ぶ
かも。
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 41
12th WOCS2
1/21/2015
結果
●Webツールについて
• フリーのWeb会議システム(google hangout)
若干なれが必要
時間や場所の制約が少い
お互いの表情が感じられ、上手く活用できた。
• フリーのグループウェア(サイボウズ Live)
共同作業をする上でのリポジトリ
掲示板への投稿もその時々の意見として残り便利。
これらのツールもオープンソースを利用しており、
ソフトの選定にオープンソースの知見は重要
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 42
12th WOCS2
1/21/2015
結果
●アセスメントの工夫
– 従来のアセスメント報告書は文章が多い報告
– 業種が異なるメンバーで理解が困難
– つながりを「見える化」することが大事。
• モデルの理解のための図は利用していた
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 43
図に残す事が出来た。
12th WOCS2
1/21/2015
アセッサ アセッシ 見学者
熟練者 各社の事例を
知り考え方の
幅が広がった。
同業者の常
識が異業種
のアセッサと
どう違うかヒ
ントを得た。
インタビューで想
定した質問がで
なかったが、業
種の知識領域の
差だと気付いた。
中堅と
未熟者
目的を絞る過
程で、自分達
の作業を改善
する情報が得
られた。
-
アセッシとアセッ
サが交わした意
見から、悩みや
課題は同じだと
思った。
まとめ
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 44
意義①各企業の配慮や工夫
12th WOCS2
1/21/2015
アセッサ 依頼者 見学者
熟練者
アセスメント目
的を固めて計
画する事の意
義を痛感した。
アセスメント
結果から目
的の情報を
得られた。
ー
中堅と
未熟者
アセスメントの
計画、インタ
ビュー、評定
の出し方のポ
イントを知る事
が出来た。
-
インタビュー中の
会話がモデルの
表現と違い、モ
デルの知識だけ
ではインタビュー
できないと思った。
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 45
まとめ
意義②熟練者の知見収集
意義③アセスメントの改善
12th WOCS2
1/21/2015
おわりに
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 46
未熟で孤独なアセッサは救われたか?
12th WOCS2
1/21/2015
おわりに
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 47
未熟で孤独なアセッサは救われたか?
Yes!
12th WOCS2
1/21/2015
ご静聴有難うございました
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 48
12th WOCS2
1/21/2015
参考文献
[1] 社会調査法,福武 直・松原 治郎, 有斐閣,1967
[2] ISO/IEC 15504 part5, ISO, 1998/2008.
[3] Automotive SPICEを例にしたアセスメントモデルに対する評価指標,河野文昭, 足
立久美, 小川清, 北野敏明, 込山俊博,電気関係学会東海支部連合大会,2006
[4] SPEAK-IPA, www.ipa.go.jp,2007/2012
[5] プロセス改善ナビゲーションガイドプロセス診断活用編(SEC BOOKS) ,IPASEC,2007
[6] プロセス改善ナビゲーションガイド ベストプラクティス編(SEC BOOKS),IPASEC,2008
[7] 最小セットOS開発の作業改善と診断,後藤健太郎, 柏原一雄, 市川知典, 竹下千晶,
三輪田寿康, 川口直弘, 堀武司, 斉藤直希, 小川清,情処学会研究報告,2009
[8] 製品、作業、人に着目した効率的な作業診断の実践,飯田卓郎, 山内一資,丹羽友
治,市川知典,村上孝,近藤聖久,北野敏明,小川清,第8回クリティカルソフトウェア
ワークショップ, 2011
[9] アセスメント経験にもとづくSEPG人材育成と現場改善への展開,倉田智穂,第8回ク
リティカルソフトウェアワークショップ, 2011
[10]作業モデルと診断モデルの分析と仕立てについて,村上孝, 北野敏明, 小川清,電
気関係学会東海支部連合大会,2011
[11] TOPPERS/SSPへの組込みコンポーネントシステム適用における設計情報の可視
化と抽象化, 鵜飼敬幸, 第9回クリティカルソフトウェアワークショップ, 2011
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 49
12th WOCS2
1/21/2015
今後の課題
• 依頼内容の未達部分
– c)ソフトウェア部品の品質評価尺度を用意したい
(機械部品、電子部品と同様な)
– アセスメントプロセスのアセスメント
• 利用したツールの評価
– オープンソースの利用度合いを含む
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 50
12th WOCS2
1/21/2015
自己紹介
福田 仁志
社内SEPG活動、社内アセスメント、
バリデーション
株式会社 豊田自動織機
産業車両、繊維機械、自動車組立、
カーエアコン用コンプレッサ、エンジン、
車載電子機器、など
Copyright © 2015システム技術研究会All Rights Reserved. 51

More Related Content

What's hot

人気番組との戦い! Javaシステムのパフォーマンスチューニング奮闘記
人気番組との戦い! Javaシステムのパフォーマンスチューニング奮闘記人気番組との戦い! Javaシステムのパフォーマンスチューニング奮闘記
人気番組との戦い! Javaシステムのパフォーマンスチューニング奮闘記心 谷本
 
実例Javaトラブルシューティング! 〜稼働中のシステムを立て直した半年間の軌跡
実例Javaトラブルシューティング! 〜稼働中のシステムを立て直した半年間の軌跡実例Javaトラブルシューティング! 〜稼働中のシステムを立て直した半年間の軌跡
実例Javaトラブルシューティング! 〜稼働中のシステムを立て直した半年間の軌跡心 谷本
 
OSC2016 Kyoto Heat + Ansible + Jupyter
OSC2016 Kyoto Heat + Ansible + JupyterOSC2016 Kyoto Heat + Ansible + Jupyter
OSC2016 Kyoto Heat + Ansible + Jupyteririx_jp
 
1TB/dayのログを収集・蓄積する技術
1TB/dayのログを収集・蓄積する技術1TB/dayのログを収集・蓄積する技術
1TB/dayのログを収集・蓄積する技術uchan_nos
 
ヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのか
ヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのかヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのか
ヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのかYahoo!デベロッパーネットワーク
 

What's hot (6)

人気番組との戦い! Javaシステムのパフォーマンスチューニング奮闘記
人気番組との戦い! Javaシステムのパフォーマンスチューニング奮闘記人気番組との戦い! Javaシステムのパフォーマンスチューニング奮闘記
人気番組との戦い! Javaシステムのパフォーマンスチューニング奮闘記
 
実例Javaトラブルシューティング! 〜稼働中のシステムを立て直した半年間の軌跡
実例Javaトラブルシューティング! 〜稼働中のシステムを立て直した半年間の軌跡実例Javaトラブルシューティング! 〜稼働中のシステムを立て直した半年間の軌跡
実例Javaトラブルシューティング! 〜稼働中のシステムを立て直した半年間の軌跡
 
OSC2016 Kyoto Heat + Ansible + Jupyter
OSC2016 Kyoto Heat + Ansible + JupyterOSC2016 Kyoto Heat + Ansible + Jupyter
OSC2016 Kyoto Heat + Ansible + Jupyter
 
1TB/dayのログを収集・蓄積する技術
1TB/dayのログを収集・蓄積する技術1TB/dayのログを収集・蓄積する技術
1TB/dayのログを収集・蓄積する技術
 
ヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのか
ヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのかヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのか
ヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのか
 
20220113 my seeking_sre_v3
20220113 my seeking_sre_v320220113 my seeking_sre_v3
20220113 my seeking_sre_v3
 

Similar to 12thwocs 発表資料20150120

Open Process Assessment Goals for Open source project products TOPPERS/ssp, u...
Open Process Assessment Goals for Open source project products TOPPERS/ssp, u...Open Process Assessment Goals for Open source project products TOPPERS/ssp, u...
Open Process Assessment Goals for Open source project products TOPPERS/ssp, u...Kiyoshi Ogawa
 
Open stack概要とよくある議論
Open stack概要とよくある議論Open stack概要とよくある議論
Open stack概要とよくある議論shintaro mizuno
 
2015年5月期 AITCオープンラボ 「第二回 デジタルガジェット祭り!」
2015年5月期 AITCオープンラボ 「第二回 デジタルガジェット祭り!」2015年5月期 AITCオープンラボ 「第二回 デジタルガジェット祭り!」
2015年5月期 AITCオープンラボ 「第二回 デジタルガジェット祭り!」aitc_jp
 
Open Process Assessment goals using GSN(goal structure notation)
Open Process Assessment goals using GSN(goal structure notation)Open Process Assessment goals using GSN(goal structure notation)
Open Process Assessment goals using GSN(goal structure notation)Kiyoshi Ogawa
 
Open stack概要 lpi-opcelサミット(当日用)
Open stack概要 lpi-opcelサミット(当日用)Open stack概要 lpi-opcelサミット(当日用)
Open stack概要 lpi-opcelサミット(当日用)shintaro mizuno
 
電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213
電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213
電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213小川 雄太郎
 
日本におけるIT自動化導入の特殊な事情 - 菅原 亮、株式会社NTTデータ
日本におけるIT自動化導入の特殊な事情 - 菅原 亮、株式会社NTTデータ日本におけるIT自動化導入の特殊な事情 - 菅原 亮、株式会社NTTデータ
日本におけるIT自動化導入の特殊な事情 - 菅原 亮、株式会社NTTデータPuppet
 
Site Reliability Engineering (SRE)を可能にするOpenPIEのご紹介
Site Reliability Engineering (SRE)を可能にするOpenPIEのご紹介Site Reliability Engineering (SRE)を可能にするOpenPIEのご紹介
Site Reliability Engineering (SRE)を可能にするOpenPIEのご紹介OSSラボ株式会社
 
CloudStack Case Studies in Uniadex | ユニアデックスにおけるCloudStack導入事例
CloudStack Case Studies  in Uniadex | ユニアデックスにおけるCloudStack導入事例CloudStack Case Studies  in Uniadex | ユニアデックスにおけるCloudStack導入事例
CloudStack Case Studies in Uniadex | ユニアデックスにおけるCloudStack導入事例Katsuya Tanaka
 
10/2勉強会資料 ~IaaSを知る前にサーバを知ろう~
10/2勉強会資料 ~IaaSを知る前にサーバを知ろう~10/2勉強会資料 ~IaaSを知る前にサーバを知ろう~
10/2勉強会資料 ~IaaSを知る前にサーバを知ろう~Dai Iwai
 
Sparkコミュニティに飛び込もう!(Spark Meetup Tokyo 2015 講演資料、NTTデータ 猿田 浩輔)
Sparkコミュニティに飛び込もう!(Spark Meetup Tokyo 2015 講演資料、NTTデータ 猿田 浩輔)Sparkコミュニティに飛び込もう!(Spark Meetup Tokyo 2015 講演資料、NTTデータ 猿田 浩輔)
Sparkコミュニティに飛び込もう!(Spark Meetup Tokyo 2015 講演資料、NTTデータ 猿田 浩輔)NTT DATA OSS Professional Services
 
Open STF Plugin 作ってみた
Open STF Plugin 作ってみたOpen STF Plugin 作ってみた
Open STF Plugin 作ってみたjustice_sm
 
Azure の App Center でアプリの 使用状況を分析する
Azure の App Center でアプリの 使用状況を分析するAzure の App Center でアプリの 使用状況を分析する
Azure の App Center でアプリの 使用状況を分析するYusuke Kojima
 
2014-01-28 Operation in the future
2014-01-28 Operation in the future2014-01-28 Operation in the future
2014-01-28 Operation in the futureOperation Lab, LLC.
 
第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料
第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料
第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料知礼 八子
 
Otrsによるシステム運用管理の導入事例
Otrsによるシステム運用管理の導入事例Otrsによるシステム運用管理の導入事例
Otrsによるシステム運用管理の導入事例IO Architect Inc.
 
【SoftLayer事例】アップクロス株式会社
【SoftLayer事例】アップクロス株式会社【SoftLayer事例】アップクロス株式会社
【SoftLayer事例】アップクロス株式会社softlayerjp
 

Similar to 12thwocs 発表資料20150120 (20)

Open Process Assessment Goals for Open source project products TOPPERS/ssp, u...
Open Process Assessment Goals for Open source project products TOPPERS/ssp, u...Open Process Assessment Goals for Open source project products TOPPERS/ssp, u...
Open Process Assessment Goals for Open source project products TOPPERS/ssp, u...
 
Open stack概要とよくある議論
Open stack概要とよくある議論Open stack概要とよくある議論
Open stack概要とよくある議論
 
2015年5月期 AITCオープンラボ 「第二回 デジタルガジェット祭り!」
2015年5月期 AITCオープンラボ 「第二回 デジタルガジェット祭り!」2015年5月期 AITCオープンラボ 「第二回 デジタルガジェット祭り!」
2015年5月期 AITCオープンラボ 「第二回 デジタルガジェット祭り!」
 
Open Process Assessment goals using GSN(goal structure notation)
Open Process Assessment goals using GSN(goal structure notation)Open Process Assessment goals using GSN(goal structure notation)
Open Process Assessment goals using GSN(goal structure notation)
 
Open stack概要 lpi-opcelサミット(当日用)
Open stack概要 lpi-opcelサミット(当日用)Open stack概要 lpi-opcelサミット(当日用)
Open stack概要 lpi-opcelサミット(当日用)
 
180729 jtf open-audit
180729 jtf open-audit180729 jtf open-audit
180729 jtf open-audit
 
電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213
電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213
電通国際情報サービス_AIテクノロジー部の研究開発と製品開発事例_191213
 
日本におけるIT自動化導入の特殊な事情 - 菅原 亮、株式会社NTTデータ
日本におけるIT自動化導入の特殊な事情 - 菅原 亮、株式会社NTTデータ日本におけるIT自動化導入の特殊な事情 - 菅原 亮、株式会社NTTデータ
日本におけるIT自動化導入の特殊な事情 - 菅原 亮、株式会社NTTデータ
 
Site Reliability Engineering (SRE)を可能にするOpenPIEのご紹介
Site Reliability Engineering (SRE)を可能にするOpenPIEのご紹介Site Reliability Engineering (SRE)を可能にするOpenPIEのご紹介
Site Reliability Engineering (SRE)を可能にするOpenPIEのご紹介
 
CloudStack Case Studies in Uniadex | ユニアデックスにおけるCloudStack導入事例
CloudStack Case Studies  in Uniadex | ユニアデックスにおけるCloudStack導入事例CloudStack Case Studies  in Uniadex | ユニアデックスにおけるCloudStack導入事例
CloudStack Case Studies in Uniadex | ユニアデックスにおけるCloudStack導入事例
 
20150704 Innovation Egg
20150704 Innovation Egg20150704 Innovation Egg
20150704 Innovation Egg
 
10/2勉強会資料 ~IaaSを知る前にサーバを知ろう~
10/2勉強会資料 ~IaaSを知る前にサーバを知ろう~10/2勉強会資料 ~IaaSを知る前にサーバを知ろう~
10/2勉強会資料 ~IaaSを知る前にサーバを知ろう~
 
Sparkコミュニティに飛び込もう!(Spark Meetup Tokyo 2015 講演資料、NTTデータ 猿田 浩輔)
Sparkコミュニティに飛び込もう!(Spark Meetup Tokyo 2015 講演資料、NTTデータ 猿田 浩輔)Sparkコミュニティに飛び込もう!(Spark Meetup Tokyo 2015 講演資料、NTTデータ 猿田 浩輔)
Sparkコミュニティに飛び込もう!(Spark Meetup Tokyo 2015 講演資料、NTTデータ 猿田 浩輔)
 
Open STF Plugin 作ってみた
Open STF Plugin 作ってみたOpen STF Plugin 作ってみた
Open STF Plugin 作ってみた
 
Azure の App Center でアプリの 使用状況を分析する
Azure の App Center でアプリの 使用状況を分析するAzure の App Center でアプリの 使用状況を分析する
Azure の App Center でアプリの 使用状況を分析する
 
20141018 osc tokyo2014講演(配布用)
20141018 osc tokyo2014講演(配布用)20141018 osc tokyo2014講演(配布用)
20141018 osc tokyo2014講演(配布用)
 
2014-01-28 Operation in the future
2014-01-28 Operation in the future2014-01-28 Operation in the future
2014-01-28 Operation in the future
 
第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料
第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料
第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料
 
Otrsによるシステム運用管理の導入事例
Otrsによるシステム運用管理の導入事例Otrsによるシステム運用管理の導入事例
Otrsによるシステム運用管理の導入事例
 
【SoftLayer事例】アップクロス株式会社
【SoftLayer事例】アップクロス株式会社【SoftLayer事例】アップクロス株式会社
【SoftLayer事例】アップクロス株式会社
 

More from Kiyoshi Ogawa

Misracompliant20162020
Misracompliant20162020Misracompliant20162020
Misracompliant20162020Kiyoshi Ogawa
 
High Quality Design with Hcd and hazop
High Quality Design with Hcd and hazopHigh Quality Design with Hcd and hazop
High Quality Design with Hcd and hazopKiyoshi Ogawa
 
Deep learningwithgithubanddocker
Deep learningwithgithubanddockerDeep learningwithgithubanddocker
Deep learningwithgithubanddockerKiyoshi Ogawa
 
Deep learningwithgithubanddocker
Deep learningwithgithubanddockerDeep learningwithgithubanddocker
Deep learningwithgithubanddockerKiyoshi Ogawa
 
Who like C++ coding standard
Who like C++ coding standardWho like C++ coding standard
Who like C++ coding standardKiyoshi Ogawa
 
Who enjoy a coding standard? ver. 0.30
Who enjoy a coding standard? ver. 0.30Who enjoy a coding standard? ver. 0.30
Who enjoy a coding standard? ver. 0.30Kiyoshi Ogawa
 
Who enjoy a coding standard? ver. 0.20
Who enjoy a coding standard? ver. 0.20Who enjoy a coding standard? ver. 0.20
Who enjoy a coding standard? ver. 0.20Kiyoshi Ogawa
 
Who enjoy a coding standard?
Who enjoy a coding standard?Who enjoy a coding standard?
Who enjoy a coding standard?Kiyoshi Ogawa
 
TOPPERS as an IoT OS(kernel)
TOPPERS as an IoT OS(kernel)TOPPERS as an IoT OS(kernel)
TOPPERS as an IoT OS(kernel)Kiyoshi Ogawa
 
How can we resolve problems.
How can we resolve problems.How can we resolve problems.
How can we resolve problems.Kiyoshi Ogawa
 
Datamining Introduction using R with Raspbian on Raspberry Pi 3B.
Datamining Introduction using R with Raspbian on Raspberry Pi 3B.Datamining Introduction using R with Raspbian on Raspberry Pi 3B.
Datamining Introduction using R with Raspbian on Raspberry Pi 3B.Kiyoshi Ogawa
 
Hazop Safety and Security at Fukui 2017(2/2)
Hazop Safety and Security at Fukui 2017(2/2)Hazop Safety and Security at Fukui 2017(2/2)
Hazop Safety and Security at Fukui 2017(2/2)Kiyoshi Ogawa
 
Hazop Safety and Security at Fukui 2017(1/2)
Hazop Safety and Security at Fukui 2017(1/2)Hazop Safety and Security at Fukui 2017(1/2)
Hazop Safety and Security at Fukui 2017(1/2)Kiyoshi Ogawa
 
Hazop and triz by/of/for the children(3/3)
Hazop and triz by/of/for the children(3/3)Hazop and triz by/of/for the children(3/3)
Hazop and triz by/of/for the children(3/3)Kiyoshi Ogawa
 
Hazop and triz by/of/for the children(2/3)
Hazop and triz by/of/for the children(2/3)Hazop and triz by/of/for the children(2/3)
Hazop and triz by/of/for the children(2/3)Kiyoshi Ogawa
 
Hazop and triz by/of/for the children(1/3)
Hazop and triz by/of/for the children(1/3)Hazop and triz by/of/for the children(1/3)
Hazop and triz by/of/for the children(1/3)Kiyoshi Ogawa
 
Raspberrypitraining20171027
Raspberrypitraining20171027Raspberrypitraining20171027
Raspberrypitraining20171027Kiyoshi Ogawa
 

More from Kiyoshi Ogawa (20)

Misracompliant20162020
Misracompliant20162020Misracompliant20162020
Misracompliant20162020
 
High Quality Design with Hcd and hazop
High Quality Design with Hcd and hazopHigh Quality Design with Hcd and hazop
High Quality Design with Hcd and hazop
 
Deep learningwithgithubanddocker
Deep learningwithgithubanddockerDeep learningwithgithubanddocker
Deep learningwithgithubanddocker
 
Deep learningwithgithubanddocker
Deep learningwithgithubanddockerDeep learningwithgithubanddocker
Deep learningwithgithubanddocker
 
Nagoya2018
Nagoya2018Nagoya2018
Nagoya2018
 
Hazop tokyo201809
Hazop tokyo201809Hazop tokyo201809
Hazop tokyo201809
 
Who like C++ coding standard
Who like C++ coding standardWho like C++ coding standard
Who like C++ coding standard
 
Who enjoy a coding standard? ver. 0.30
Who enjoy a coding standard? ver. 0.30Who enjoy a coding standard? ver. 0.30
Who enjoy a coding standard? ver. 0.30
 
Who enjoy a coding standard? ver. 0.20
Who enjoy a coding standard? ver. 0.20Who enjoy a coding standard? ver. 0.20
Who enjoy a coding standard? ver. 0.20
 
Who enjoy a coding standard?
Who enjoy a coding standard?Who enjoy a coding standard?
Who enjoy a coding standard?
 
機械と標準
機械と標準機械と標準
機械と標準
 
TOPPERS as an IoT OS(kernel)
TOPPERS as an IoT OS(kernel)TOPPERS as an IoT OS(kernel)
TOPPERS as an IoT OS(kernel)
 
How can we resolve problems.
How can we resolve problems.How can we resolve problems.
How can we resolve problems.
 
Datamining Introduction using R with Raspbian on Raspberry Pi 3B.
Datamining Introduction using R with Raspbian on Raspberry Pi 3B.Datamining Introduction using R with Raspbian on Raspberry Pi 3B.
Datamining Introduction using R with Raspbian on Raspberry Pi 3B.
 
Hazop Safety and Security at Fukui 2017(2/2)
Hazop Safety and Security at Fukui 2017(2/2)Hazop Safety and Security at Fukui 2017(2/2)
Hazop Safety and Security at Fukui 2017(2/2)
 
Hazop Safety and Security at Fukui 2017(1/2)
Hazop Safety and Security at Fukui 2017(1/2)Hazop Safety and Security at Fukui 2017(1/2)
Hazop Safety and Security at Fukui 2017(1/2)
 
Hazop and triz by/of/for the children(3/3)
Hazop and triz by/of/for the children(3/3)Hazop and triz by/of/for the children(3/3)
Hazop and triz by/of/for the children(3/3)
 
Hazop and triz by/of/for the children(2/3)
Hazop and triz by/of/for the children(2/3)Hazop and triz by/of/for the children(2/3)
Hazop and triz by/of/for the children(2/3)
 
Hazop and triz by/of/for the children(1/3)
Hazop and triz by/of/for the children(1/3)Hazop and triz by/of/for the children(1/3)
Hazop and triz by/of/for the children(1/3)
 
Raspberrypitraining20171027
Raspberrypitraining20171027Raspberrypitraining20171027
Raspberrypitraining20171027
 

Recently uploaded

ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfTakayuki Nakayama
 
Utilizing Ballerina for Cloud Native Integrations
Utilizing Ballerina for Cloud Native IntegrationsUtilizing Ballerina for Cloud Native Integrations
Utilizing Ballerina for Cloud Native IntegrationsWSO2
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用KLab Inc. / Tech
 
知識ゼロの営業マンでもできた!超速で初心者を脱する、悪魔的学習ステップ3選.pptx
知識ゼロの営業マンでもできた!超速で初心者を脱する、悪魔的学習ステップ3選.pptx知識ゼロの営業マンでもできた!超速で初心者を脱する、悪魔的学習ステップ3選.pptx
知識ゼロの営業マンでもできた!超速で初心者を脱する、悪魔的学習ステップ3選.pptxsn679259
 
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperleger Tokyo Meetup
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルCRI Japan, Inc.
 

Recently uploaded (7)

ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
 
Utilizing Ballerina for Cloud Native Integrations
Utilizing Ballerina for Cloud Native IntegrationsUtilizing Ballerina for Cloud Native Integrations
Utilizing Ballerina for Cloud Native Integrations
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
 
知識ゼロの営業マンでもできた!超速で初心者を脱する、悪魔的学習ステップ3選.pptx
知識ゼロの営業マンでもできた!超速で初心者を脱する、悪魔的学習ステップ3選.pptx知識ゼロの営業マンでもできた!超速で初心者を脱する、悪魔的学習ステップ3選.pptx
知識ゼロの営業マンでもできた!超速で初心者を脱する、悪魔的学習ステップ3選.pptx
 
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
 

12thwocs 発表資料20150120

Editor's Notes

  1. 説明:プロセスアセスメントのアセスメントと言うと、それはアセスメントの一環であって、公開アセスメントの意義ではないとおもいます ②で議論ができるようになって、③では実際に、アセスメントの進め方がモデルに載ってなかったり扱いずらいところなど、 モデルの改善点にきづける方を意義としている
  2. さらに、この図をアセッサとアセッシで共有することで、アセッサとアセッシの考えのずれを発見できました。
  3. アセッシからは、さらにもう一つ、「アセスメントのアセスメントをしてほしい」との依頼もありました。これは公開アセスメントの意義とも重なります。この図を作成することで、この依頼にもこたえることができました。
  4. アセッシからは、強く求めている目標に対して、下線のような意見をいただきました。特に、起動時のポーティング設計を容易にするための図については、ご納得いただけました。
  5. アセッサーとして自分が得したこと。
  6. アセッサーとして自分が得したこと。 公開アセスメントしてほしい方を募集しています。 公開アセスメントはみんなのスキルアップの場
  7. 自分の紹介。→ 佐藤さんが倒れた時のことを想定し、村上さんと山内さんと福田の分も作る?