Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

俺と 2017 Code for Kanazawa Civic Hack Night運営

490 views

Published on

2017年度 Code for Kanazawa Civic Hack Nightの運営を1年担当して考えたこと。やり始めたこと。次年度に向けて。

iCloud版 > https://www.icloud.com/keynote/07-zEs603CaOAvFlLYNPn--Aw

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

俺と 2017 Code for Kanazawa Civic Hack Night運営

  1. 1. 俺と 2017年度 Code for Kanazawa Civic Hack Night 運営 ふぁらお加藤
  2. 2. Profile Name ふぁらお加藤 / @PharaohKJ Hobby Camera / subculture / BBQ Job & Works PhalanXware (Freelancer) OCR system com / .NET ISDB-T MFC / Linux C++ Social Game PHP / Java ERP+CRM AngularJS / Cordova Information App AngularJS / CakePHP Factory Automation .NET
  3. 3. Code for Kanazawa Civic Hack Night ご存知ですか?
  4. 4. 本会は、原則毎月第2木曜日に開催される誰でも参加可能な無料イベントで、 エンジニアやデザイナーはもちろん、行政職員の方、地域課題に興味がある方 、主婦、学生など、広く市民の方が集まって地域課題やシビックテックについ ての議論やものづくりを行う場です。 基本的に特定のテーマはなく、集まった人たちが自由にそこで議論しあうミー トアップの場として考えています。
  5. 5. 2015年5月からやってて 次 #32 これをいかにうまくやるか?
  6. 6. ゴール • これまでどうだったのかについて知る • やり方を変えたので、どう変えたかを知る • Facebook秘密のグループをやめるようになる • オープンなやり方・議論の仕方について考える • 見えてきた課題・まだ詰まれている課題を知る • みんなも地元のCHNを開催したくなる
  7. 7. 2016-04-14 シビックハックナイトの運営チームの人不足が ha4goに投稿される
  8. 8. やっぱりその1年間、 かなりつらい日が続いていたようだ
  9. 9. 抱えていた問題
  10. 10. 「人がいないから続かない 」
  11. 11. 「運営する人すらいないから続かない 」
  12. 12. 参加していた私個人の思うこと
  13. 13. 「コードは? アウトプットは? またこの話すんの? 」
  14. 14. 「今日は開催してませんとかきいてないけど?」
  15. 15. 「(2016-12から開催しているha4goもくもく会の 報告をして共に立つ人を探したいんだけど?)」
  16. 16. 見てられない。私が担当することにする。
  17. 17. 私が関わったのは 2017-04から
  18. 18. #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29(2度大雪 で中止)#30 #31
  19. 19. 私から見えている「そもそもの問題」
  20. 20. やること一覧を個人が抱えてて可視化されていないと 誰も手伝うことはできない
  21. 21. これ、仕事でもなんでも同じですよね?
  22. 22. まずこれから着手した
  23. 23. 閉じた世界から出よう
  24. 24. オープンなコミュニティなら 運営もオープンでやるべき
  25. 25. やること一覧をオープンな場所に置くべきだ やること一覧の担当者・進捗がわかるような場所に置くべきだ
  26. 26. (哲学的な問) オープンな場所とは何か?
  27. 27. アカウントの登録がなくても見られる 公式ウェブページのわかりやすいところからすぐいける
  28. 28. Facebook非公開グループから脱出する!! 知られたくない運営情報などない!ないはず!
  29. 29. このやり方でやってるコミュニティ - Kanazawa.rb ←やり方を輸入しました。ありがとう。すば らしいコミュニティです - JAWS-UG金沢 ←やり方を輸出しました - Kanazawa IoT ←やり方を輸出しました
  30. 30. やったこと
  31. 31. 必ず毎月開催できるようにやること一覧の オープン化・みえる化
  32. 32. GitHubのissueを活用する
  33. 33. やること一式 インポートツールも作成した
  34. 34. 誰もが会を進行できるように 進行資料のオープン化
  35. 35. GitHubのリポジトリに おいてある誰でも使える
  36. 36. 初心者卓・中級者卓・上級者卓への卓分け
  37. 37. 初心者卓はFAQ ・ 中級者卓は議論ベース 上級者卓は実際にアウトプット・プロダクト・コードを 作成する
  38. 38. アウトプットの明確化
  39. 39. 目的は山ほど 次回に活かす 愚痴大会ではない証明 議論が積み上がるように 途中参加者でも読めるように 会の地位向上 参加者を増やす
  40. 40. 初心者用FAQの作成
  41. 41. 誰でも編集できる、プログラムは書けなくても 参加してる感を出してもらう
  42. 42. 会の模様のハッシュタグ付きSNS・ツイート・ instagram促進
  43. 43. #cfkchnを使うことの啓蒙 ブログ記事などを見かけたらなるべくCfKの レポートページよりリンクする
  44. 44. 実施のレポートを作成し、なる べく検索エンジンに拾ってもら う
  45. 45. アウトプットタイムを設けることを会の最初に 宣言してのアウトプットフォーム
  46. 46. PCの人がほとんどおらず、スマホで アウトプットしてもらうために採用
  47. 47. 地位が向上しないといけない理由
  48. 48. コードを書くだけでは解決しない問題がある。 オープンにしてもらわないと困るデータがある。 団体交渉力を持ちたい。
  49. 49. まだまだある 全体的な課題 & 加藤の考えていること
  50. 50. それでも運営の人が足りない
  51. 51. GitHub・Slackのハードルが高いらしい、 Facebookは低いらしい、認知が一致しない
  52. 52. Facebook大好きすぎてみんなが見えない場所で議 論が進む、友達以外は蚊帳の外
  53. 53. PCの持ち込みが少ないのはしょうがないとしてス マホでも、もっとアウトプットしてもらいたい
  54. 54. 開催場所が変わらない(CRITが神すぎる)
  55. 55. 写真が少ないので「次回の表紙コンテスト」を やりたいかな、目的がないとみんな写真 とらないよね
  56. 56. 平日の夜に実施というのはそれだけで参加者が偏ってし まうという現実を解消したい テレカンファレンスを毎回実施 日時・場所を変えてみる
  57. 57. moreオープン! moreコード! まだまだ人力が多すぎる moreアウトプット! いいこと言ってるのに 発信が足りてない
  58. 58. 最後に続けるコツ
  59. 59. 「泣かない、めげない、あきらめない、続ける」 「泣く、めげる、あきらめる、変えていく」
  60. 60. まとめ
  61. 61. みんなの見えるところにタスクを置いて気軽に参加できるように みんなの見えるところに資料を置いて気軽に参加できるように 参加者みんながアウトプットできるようツール・場所を提供していこう まだまだ改善できる余地はあるな
  62. 62. ご清聴ありがとうございました

×