Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

How to use IMDJ

192 views

Published on

The guide of datajacket.org

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

How to use IMDJ

  1. 1. How to use IMDJ 東京大学大澤研究室 info@panda.sys.t.u-tokyo.ac.jp 1
  2. 2. 目次 2 • 概要紹介 • IMDJの開催方法 • IMDJの参加方法 • ワークショップページの操作方法 • Q&A
  3. 3. データ市場創造のための Innovators Marketplace on Data Jacketsプロセス アクション・プランニング ・テーマを考慮したステークホルダーの選択 ・基礎データ(DJ)の収集と可視化 ・ゲーム型ワークショップの実施 ・要求とデータに基づくデータ利活用案の創出 ・実行動を促すシナリオの創出 ・分析プラン、行動プランの生成 データジャケット 入力 イノベーションゲーム (IMDJ) ・シナリオの実現性評価 ・ユースケースの課題検討 データを用いた組織内・組織間の連携を通じ、データの共有、 創造的な意思決定から新ビジネス創出を促進するプロセスの開発 シナリオ評価
  4. 4. データ利活用方法検討ワークショップの手法  データ利活用に対する人間の創造性とデータの価値発見を支援するワークショップ手法 (Ohsawa et al., 2013)  参加者同士のソリューションの評価により、データ保有者は自身のデータを公開すること なく活用方法を知り、利用者と取引に関する交渉を開始できる。  紙ベースのみで行っていたが、Web版を公開 4 Innovators Marketplace on Data Jackets(IMDJ)
  5. 5. IMDJルール(3つのステップからなるワークショップ) テーマ A B C D 5 80分 STEP1: 要求の提示 STEP2: ソリューションの創出 STEP3: ソリューションの評価 IMDJごとのテーマに沿って議論します。
  6. 6. A ヒント: • 可視化マップ上のキーワードやデータから発想してみましょう。 • 他の方の要求には積極的に質問をしてみましょう。 6 介護の問題が深刻だ。内閣府の調査では、2020年の65歳以上の人口は3600万人を超 えると予想されている。介護の現場を支援するソリューションは提案できないか? STEP1:要求の提示(15分) 社会において利害を主張するご自身の立場から、テーマに基づい て、要求を提示して下さい。 黄色の付箋に要求を記入し、可視化マップの該当する場所 の近くに置き、内容を発表しましょう。 IMDJルール(3つのステップからなるワークショップ)
  7. 7. A ヒント: • 可視化マップ上のキーワードやデータの繋がりを俯瞰してソリュー ションを考えてみましょう。 • 他の方のソリューションには積極的に質問をしてみましょう。 7 STEP2:ソリューションの創出(45分) 提案者の立場から、要求を満たすソリューション(データ利活用 案)を考案してください。 青色の付箋にソリューションを記入し、可視化マップの該当する場所の 近くに置き、内容を発表しましょう。 介護の要求に対して、DJ266とDJ72を組み合わせて、医療費と介護の満足度 の関係を分析し、状況とニーズに合わせた最適な介護プランを提案する。 IMDJルール(3つのステップからなるワークショップ)
  8. 8. ヒント: • ソリューションの価格は双方のコミュニケーションによって成立します。 • 価格交渉を積極的に行ってみましょう。 8 STEP3:ソリューションの評価(20分) ご自身の要求がソリューションによって満たされた場合、架空通 貨(Monkey)で評価しましょう。 評価されたソリューションには付箋(小)を貼ってください。 あなたのソリューションで私 の要求が満たされたので、 1Mお支払します。 IMDJルール(3つのステップからなるワークショップ)
  9. 9. 目次 9 • 概要紹介 • IMDJの開催方法 • IMDJの参加方法 • ワークショップページの操作方法 • Q&A
  10. 10. 未対応 10
  11. 11. 目次 11 • 概要紹介 • IMDJの開催方法 • IMDJの参加方法 • ワークショップページの操作方法 • Q&A
  12. 12. ログイン画面で必要な情報を入力 12 • ユーザーネーム ここに入力した名前でワークショップに 参加します。 • IMDJ ID 参加するワークショップをIDで識別して います。IDはワークショップの作成者に お問い合わせください。 • パスワード IDとパスワードが一致した場合にワーク ショップに参加できます。ワークショッ プの作成者にお問い合わせください。 ログインボタンをクリックすると、IDとパスワードが一致していれば ワークショップページに遷移します。
  13. 13. 目次 13 • 概要紹介 • IMDJの開催方法 • IMDJの参加方法 • ワークショップページの操作方法 • Q&A
  14. 14. 必要な操作 14 IMDJでは、以下の操作でワークショップが 進行します。 • マップ上の情報を確認 • 付箋を手に取る • 手元でアイデアを記入する • シートに置いて他の参加者に共有する • アイデア同士やDJを関連付ける • 議論する • ソリューションを評価する
  15. 15. マップ上の情報を確認 15 マップ上には、DJやDJから抽出されたキーワード、今までに提案されたアイデアがあります。 ノードをクリックしたり、カーソルをかざすことで内容を確認できます。
  16. 16. 付箋を手に取る 16 右上の付箋をクリックすると、対応した色のテキストエリアが左上に現れます。 マップ上のDJやキーワードを参考にしながら、アイデア(ここでは黄色なので要求)を記入します。
  17. 17. 手元でアイデアを記入する 17 左のグレーのエリアは個人用スペースとなっており、このエリア上にあるアイデアは 他の参加者に共有されません。じっくりとアイデアを考えることができます。
  18. 18. シートに置いて他の参加者に共有する 18 アイデアを書き終えたら、ドラッグ&ドロップで中央のマップに置くことで他の参加者の マップ上にリアルタイムに共有されます。
  19. 19. シートに置いて他の参加者に共有する 19 要求の場合は、参考にしたキーワードの近くに配置することで、後でDJを組み合わせた 解決案(ソリューション)を考えやすくなります。
  20. 20. アイデア同士やDJを関連付ける 20 続いて、例としてソリューションを考えます。ここでは自分の要求に対してソリューションを 考えますが、基本的には他の参加者の要求に応えてください!
  21. 21. アイデア同士やDJを関連付ける 21 ソリューションには、必ずDJを利用します。付箋には内容を記入し、利用したDJは関連付けます。 関連付けは、右上のボタンをクリックすると左のエリアに出現するリストから行います。
  22. 22. アイデア同士やDJを関連付ける 22 左のリストから、関連付けたいDJをつかみ、青色の付箋上でドロップします。 下図はDJリストですが、アイデアリストから要求との関連付けも可能です。
  23. 23. アイデア同士やDJを関連付ける 23 ドロップして、青い枠線が出たら関連付けは成功です。関連付けは、右中央のエリアから 確認できます。確認したいソリューションをクリックしてください。
  24. 24. アイデア同士やDJを関連付ける 24 関連付けは、以下のように付箋の左右にある点を結ぶ方法でも行えます。
  25. 25. 議論する 25 アイデアについて詳しく知りたいときや議論したいときは、チャットを行うことができます。 対象となる付箋をクリックして、コメントしましょう!
  26. 26. ソリューションを評価する 26 評価はソリューションに対してのみ行えます。青付箋上のアイコンから、支払うMonkey紙幣の数 を記入してください。付箋には合計評価数が現れるので、優れたアイデアが一目でわかります。
  27. 27. 目次 27 • 概要紹介 • IMDJの開催方法 • IMDJの参加方法 • ワークショップページの操作方法 • Q&A
  28. 28. Q&A 28 Q 文字サイズが大きくてマップが見づらいのですが… A Chromeの仕様でそうなってしまう場合があります。 「設定→フォントをカスタマイズ→最小フォントサイズ」 から最小フォントサイズを極小に設定すると改善します。 Q 挙動がおかしくなったのですが… A お手数ですがリロードしてください。
  29. 29. Now, let’s start data utilization!!

×